Sleep To Earnとは?始め方やおすすめプロジェクト・仕組みを徹底解説!

sleep to earn

近年、〇〇 to Earnという言葉を聞く機会が多くなりました。

自身の行動の対価として仮想通貨を稼げるという、ブロックチェーン技術を応用した新しい概念です。

中でも、現在は睡眠をとることで仮想通貨を稼げる「Sleep to Earn(S2E)」が注目を集めており、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、Sleep to Earn(S2E)の仕組みや稼ぐ方法などについて解説します。

この記事でわかること
  • Sleep to Earn(S2E)は睡眠の対価として仮想通貨を獲得できるプロジェクト
  • 仮想通貨の獲得によって、健康的な睡眠の促進を目的としている
  • Move to Earnの次に来るプロジェクトとして、その将来性が期待されている
  • 睡眠の他にも、NFT売買やステーキングを活用して稼げる
  • 初期費用が必要な点や仮想通貨に触れたことのない人の参入ハードルの高さが課題
  • Sleep to Earn(S2E)を始めるには国内取引所で仮想通貨を入手しておく

2022年現在はMove to Earnが爆発的に普及し、多くのユーザーが〇〇 to Earnに参入するきっかけとなりました。

Sleep to Earn(S2E)はそんなMove to Earnの次に来るプロジェクトとして期待されています。

Sleep to Earn(S2E)を始めるためには、まず国内取引所のアカウント作成を行い、仮想通貨を準備しましょう。

LINE BITMAXでは、LINE上から簡単にアカウント作成が行えますので、興味のある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

sleefi-top

また、現在かなり注目されているSleep to EarnプロジェクトとしてSleeFiがあります。

こちらのプロジェクトはベッドNFTを用いてオリジナルトークンが入手できるという仕組みです。

ぜひ公式サイトを確認してプロジェクトに参加してみてください。

目次

Sleep to Earn(S2E)とは

Sleep To Earn(S2E)とは

Sleep to Earn(S2E)は名前の通り、十分な睡眠を確保することで仮想通貨が得られるというプロジェクトです。

そもそもSleep to Earn(S2E)が誕生した背景には、現代人が抱える睡眠不足が大きく関わっています。

睡眠不足は深刻な問題に

Zepp Health Corporationが発表した世界睡眠ホワイトペーパーによると、世界全体の平均睡眠時間は減少傾向にあり、その平均睡眠時間は7時間9分であるとされています。

しかし、日本の平均睡眠時間は7時間を下回っており、平均6時間44分とワースト2位です。

Sleep to Earn(S2E)は私たちが抱える睡眠不足のストッパーとして機能することが期待されています。

そのため、仮想通貨の獲得を通して、健康的な睡眠を促進することがSleep to Earn(S2E)の最大の目的といえるでしょう。

快適な睡眠から仮想通貨を獲得するためには、あらかじめ仮想通貨の準備が必要になる場合があります。

LINE BITMAXではビットコインやイーサリアムなど、主要な仮想通貨を取り揃えているため、興味のある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみましょう。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Sleep to Earn(S2E)の仕組みと稼ぐ方法

ここではSleep to Earn(S2E)の仕組みや稼ぎ方を詳しく見ていきましょう。

Sleep to Earn(S2E)の仕組みと稼ぐ方法
  • 睡眠をとることで仮想通貨を稼ぐ
  • NFTの獲得・売買によって稼ぐ
  • ステーキングを行うことで稼ぐ

睡眠をとることで仮想通貨を稼ぐ

Sleep to Earn(S2E)でのメインの仕組み・稼ぎ方は、睡眠を通した仮想通貨の獲得です。

具体的にはウェアラブル機器やアプリ内の睡眠トラッカー機能を利用して、睡眠時間やその深さを計測します。

計測した時間、またはあらかじめ設定した時間での起床により、アプリ内から仮想通貨を受け取れる仕組みが特徴です。

また、Sleep to Earn(S2E)で獲得できる仮想通貨は、プラットフォームごとでもそのタイプが異なります。

プラットフォーム内で獲得できる仮想通貨のタイプ
  • ユーティリティートークン:アプリ内での決済等に利用可能
  • ガバナンストークン:保有することでプロジェクトの運営への意思決定に参加可能
  • ソフトカレンシー:市場での流動性がなく、アプリ内でのみ利用可能

ソフトカレンシーを除く2つのトークンは、仮想通貨取引所にて他の仮想通貨や法定通貨への交換が可能です。

そのため、Sleep to Earn(S2E)で稼ぐ場合は、仮想通貨取引所を経由して仮想通貨を現金化するのがメインになってきます。

NFTの獲得・売買によって稼ぐ

睡眠の対価としては仮想通貨のみならず、NFTアイテムを獲得できるアプリも少なくありません。

NFTとは?
NFTとは

固有の価値を持ったデジタル資産。

ブロックチェーン技術によって、その価値や所有権の証明が可能になっている。

NFTアイテムは睡眠によって稼げる仮想通貨を増やせたり、マーケットを通じて売却益を得たりと、活用の幅が広いのが特徴です。

つまり、NFTアイテムはSleep to Earn(S2E)での稼ぎの根幹を担う要素のひとつになっています。

特にレアリティの高いNFTアイテムほど、稼ぎに直結してくるのがポイント。

レアリティの低いNFTアイテムと比べても、仮想通貨の獲得量に大きく影響してくるため、マーケットでも高値で売買されやすいでしょう。

ステーキングを行うことで稼ぐ

Sleep to Earn(S2E)の中には、独自トークンのステーキングを行うことで報酬を獲得できるアプリも存在します。

ステーキングとは?
ステーキングとは

対象の仮想通貨を保有してネットワークに参加することで、仮想通貨を報酬として獲得できる仕組み。

ステーキングでは仮想通貨を保有しているだけ稼げるため、仮想通貨を手放さなくても利益を出せる点がメリットです。

今後保有する仮想通貨が値上がりしていけば、価格上昇した分だけ大きな利益を期待できるでしょう。

日本人がファウンダーであるSleeFiは盛り上がりのあるプロジェクトですので、ぜひ公式サイトを確認してみてください。

Sleep to Earn(S2E)のメリット

Sleep to Earn(S2E)を始めるメリットは次の通りです。

Sleep to Earn(S2E)のメリット
  • 睡眠をとるだけなので手間がかからない
  • 規則正しい睡眠リズムを身につけられる
  • 先行車利益を獲得できる可能性がある

睡眠をとるだけなので手間がかからない

Sleep to Earn(S2E)では他のプロジェクトと異なり、仮想通貨の獲得に手間がかからないのがメリットです。

例えば、Move to Earnは運動のきっかけにはなりますが、運動を億劫に感じる人にとっては毎日運動の継続は困難でしょう。

その点、Sleep to Earn(S2E)では「睡眠」という生活の一部にスポットを当てています。

毎日必ず行う行為に連動して仮想通貨を稼げるため、「やらなきゃ」という義務感なく始められるのがポイントです。

規則正しい睡眠リズムを身につけられる

Sleep to Earn(S2E)を活用していくことで、規則正しい睡眠リズムを身につけられるでしょう。

Sleep to Earn(S2E)アプリの多くでは、睡眠時間の長さに比例して仮想通貨の獲得量が増える仕組みになっています。

さらに、独自トークンの市場価値が高騰することによって、睡眠による利益はより大きなものになるでしょう。

睡眠をとるだけでお金になるのであれば、誰もが少しでも長く睡眠を取ろうという心理が働きやすくなります。

このように、Sleep to Earn(S2E)は仮想通貨や人の欲を巧みに利用し、睡眠不足の解消を促進しているのです。

先行車利益を獲得できる可能性がある

Sleep to Earn(S2E)はまだ新しい概念・仕組みであるため、今のうちに参入しておくことで大きな利益が狙える点もメリットでしょう。

現に〇〇 to Earnで大きく利益を獲得する人の多くが、アプリのリリース前といった早期からプロジェクトに注目しています。

早めにプロジェクトに参入してNFTアイテムや仮想通貨を獲得しておくことで、アプリの需要の高まりによって購入時よりも高値で売却しやすくなるでしょう。

そのため、先行者利益を得ることを念頭に置き、常に新しいプロジェクトの情報をチェックしておくことが重要です。

Sleep to Earn(S2E)をスタートするために、仮想通貨の準備も行っておきましょう。

LINE BITMAXではスマホから簡単に仮想通貨取引が行えるので、興味のある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Sleep to Earn(S2E)のデメリット

メリットの多いSleep to Earn(S2E)でしたが、以下のようなデメリットには注意しておきましょう。

Sleep to Earn(S2E)のデメリット
  • 初期費用がかかる場合がある
  • 仮想通貨に触れていない人には参入ハードルが高い

初期費用がかかる場合がある

Sleep to Earn(S2E)のプロジェクトにもよりますが、基本的に初期費用がかかる点がデメリットでしょう。

あらかじめNFTアイテムや仮想通貨を保有しておくことが報酬獲得条件になっている場合が多いためです。

例えば、この後紹介する「SleeFi」では、報酬を獲得する場合はNFTベッドをあらかじめ保有しておく必要があります。

プロジェクトの注目度によってはNFTアイテムの価格が高騰している可能性もあるため、ある程度資金力が必要になる点には注意が必要でしょう。

仮想通貨に触れていない人には参入ハードルが高い

ある程度仮想通貨に触れている人でなければ、Sleep to Earn(S2E)への参入ハードルが高く感じられるでしょう。

前述したように、NFTアイテムの購入には仮想通貨の準備が必須になるためです。

Sleep to Earn(S2E)系の仮想通貨のほとんどは、海外取引所での入手が前提となってきます。

そのため、国内取引所のアカウント作成や送金といったように、仮想通貨取り扱いの手間がかかるのが難点といえるでしょう。

事前に仮想通貨の知識や取引が必要になるため、仮想通貨の準備を難しく感じ、プレイを断念するユーザーも少なくありません。

Sleep to Earn(S2E)の始め方

Sleep to Earn(S2E)はそれぞれのプラットフォームでも、始め方の手順には違いがあります。

ここでは一般的なSleep to Earn(S2E)の始め方について解説します。

Sleep to Earn(S2E)の始め方
  1. 国内取引所のアカウント作成
  2. 海外取引所のアカウント作成
  3. 海外取引所のアカウント作成後の流れ

1.国内取引所のアカウント作成

まずは国内取引所のアカウント作成を行い、NFTアイテム購入の元になる仮想通貨を取引していきましょう。

LINE BITMAX

LLINE BITMAX top
名称LINE BITMAX
取扱通貨数6種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円
銀行口座:400円
最小取引数量1円相当
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判


LINE BITMAXは、SNSアプリである「LINE」のグループ企業が運営する仮想通貨取引所です。

他の取引所とは異なり、事前に専用アプリをダウンロードする必要がないのがポイント。

取引所のアカウント作成はLINEアプリ上から簡単に進められ、そのままアプリ上から利用できます。

また、少額から仮想通貨取引が行えるのが特徴であり、なんと最小1円での仮想通貨を入手可能

資金力がない方や仮想通貨に慣れていない初心者の方でも、仮想通貨取引を始めやすいのがポイントです。

また、LINE Payをすでに利用しているのであれば、LINE BITMAXとの連携も行えます

さらに、相互間での日本円送金が無料で行えるため、入出金の際の手数料を気にする必要がないのがメリットでしょう。

利便性がよく、少額からの取引に対応したLINE BITMAXに興味のある方は、ぜひLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

2.海外取引所のアカウント作成

国内取引所でのアカウント作成・仮想通貨の入手後は海外取引所のアカウント作成を行いましょう。

Sleep to Earnアプリで発行される仮想通貨のほとんどは、海外取引所を経由しないと入手できません。

例えば、以下のような主要な海外取引所の利用を検討してみるとよいでしょう。

Sleep to Earn(S2E)の独自トークンを取り扱う海外取引所
  • Binance
  • Coinbase
  • Bybit

上記のような主要な取引所であれば取扱通貨数が多いため、Sleep to Earn銘柄を取り扱っている場合があります。

しかし、日本の金融庁は海外取引所の利用に警告を発しているため、仮に海外取引所を利用する場合は自己責任で仮想通貨取引を進めてください。

3.海外取引所のアカウント作成後の流れ

海外取引所のアカウント作成後の流れは次の通りです。

海外取引所のアカウント作成後の流れ
  1. 国内取引所から海外取引所へ仮想通貨の送金
  2. 海外取引所で仮想通貨とSleep to Earn銘柄の交換
  3. アプリ内のウォレットに仮想通貨を送金
  4. アプリ内からNFTアイテムを購入

国内取引所で入手した仮想通貨を元に、Sleep to Earn銘柄を交換しましょう。

その際注意したいのは、仮想通貨送金時での送金アドレスの指定を間違わないことです。

仮に送金先を誤ってしまうと、仮想通貨を紛失してしまう可能性があります。

送金アドレスの指定の際には極力コピペを利用して、入力ミスによる仮想通貨紛失リスクを防ぎましょう。

海外取引所で交換したSleep to Earn銘柄は、アプリ内のウォレットに送金することでNFTアイテム入手に利用できます。

アプリスタートに必要なNFTアイテムを入手して、Sleep to Earn(S2E)を始めましょう。

Sleep to Earn(S2E)のおすすめゲーム

Sleep to Earn(S2E)ではすでにいくつかのアプリが開発されています。

ここでは代表的なSleep to Earn(S2E)アプリを3つ紹介します。

Sleep to Earn(S2E)のおすすめゲーム
  • SleeFi
  • Sleep ecosystem
  • Sleepagotch

SleeFi

SleeFi
引用:SleeFi
アプリ名SleeFi(スリーファイ)
対応デバイスiOS / Android
ブロックチェーンAvalancheブロックチェーン
基軸通貨SLFT、SLGT
リリース日未定
公式サイトSleeFi公式サイト

SleeFiはAvalancheブロックチェーンを採用したSleep to Earnプロジェクトです。

あらかじめ起床時間を設定しておき、翌朝起床してアプリを起動することで仮想通貨を獲得できます。

その際、設定した時間と起床時間の差によって、獲得できる仮想通貨量が変化していきます。

また、規則正しい睡眠リズムをとるほど独自トークンを多く獲得できるよう、その報酬配分を調整されており、健康的な睡眠を積極的に促進しているのが特徴です。

今後はクエストシステムやレンタルシステムなど、他のアプリとは異なる機能性が追加予定であり、睡眠と合わせてプレイしておくことで、より効率良く独自トークンを獲得できるでしょう。

将来性のあるプロジェクトですのでぜひ公式サイトを確認してプロジェクトに参加してみてください。

Sleep ecosystem

Sleep ecosystem
引用:Sleepagotchi
アプリ名Sleep ecosystem(スリープエコシステム)
対応デバイスiOS / Android
ブロックチェーンBNB Chain
基軸通貨$SHEEP
リリース日未定
公式サイトSleep ecosystem公式サイト

Sleep ecosystemはBNB Chain上に構築されたSleep to Earnプロジェクトです。

睡眠をスコア化して算出し、そのスコア数に応じて$SLEEPを獲得できます。

ただ睡眠をとるだけではなく、DeFiやメタバースといった機能によって仮想通貨を稼げるようになるものポイント。

例えば、$SLEEPの保有量や保有期間によって報酬が獲得できるステーキングを採用したり、仮想空間上で街を作れるようになったりと、さまざまな方法から仮想通貨を稼げます。

Sleep ecosystemは開発段階中ながらも、公式Twitterのフォロワー数が2.4万人と多く、Sleep to Earn(S2E)の中では現在最も注目を集めているプロジェクトです。

Sleepagotch

Sleepagotch
引用:Sleepagotchi
アプリ名Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
対応デバイスiOS
ブロックチェーン現在検討中
基軸通貨SHEEP
リリース日未定
公式サイトSleepagotchi公式サイト

Sleepagotchiはハーバード大学の学生プロジェクトが元になっているSleep to Earnプロジェクトです。

SleeFi同様にあらかじめ起床時間を設定することで、仮想通貨を稼いでいく仕組みになっています。

また、MetaRoomという仮想空間機能を搭載しているのもポイントでしょう。

ベッドやライトスタンドなどのNFT化したアイテムをインテリアとして飾ることができ、今後は他のユーザーのMetaRoomを閲覧できる機能追加を予定しています。

現在はiOSを中心に開発が進んでいますが、今後はAndroidでもサービスを展開していくとのことです。

NFT化したアイテムの購入には仮想通貨が必要になってきます。

LINE BITMAXではスマホから簡単に仮想通貨取引が行えるため、興味のある方はぜひLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみましょう。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Sleep to Earn(S2E)に関するQ&A

ここではSleep to Earn(S2E)でよくある質問について回答します。

これからSleep to Earn(S2E)をプレイしていきたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

Sleep to Earn(S2E)に関するQ&A
  • Sleep to Earn(S2E)ではどのくらい稼げるの?
  • Sleep to Earn(S2E)に将来性はあるの?

Sleep to Earn(S2E)ではどのくらい稼げるの?

そもそも現在開発段階にあるアプリが多いため、一概にいくら稼げるとは言えないのが現状です。

特にプロジェクトが発行する独自トークンの価格変動によっては、同じ通貨量でも日本円に換算した際の額には大きく違いが出る場合があります。

そのため、Sleep to Earn(S2E)での稼ぎに大きく影響してくることは間違いありません。

プロジェクトのみならず、自身が保有する独自トークンの価格動向にも常に目を光らせておきましょう。

Sleep to Earn(S2E)に将来性はあるの?

Sleep to Earn(S2E)の今後の将来性は明るいといえます。

Sleep to Earn(S2E)では、現在主流のMove to Earnよりも仮想通貨獲得効率は落ちますが、誰でも簡単に仮想通貨を獲得できます。

また、大手企業が市場に大金を投じ、業務提携をおこなっていることからも、Sleep to Earn(S2E)の将来性を感じられるでしょう。

私たちの生活により密着したSleep to Earn(S2E)は、今後さまざまなアプリ展開によってその市場規模や知名度を広く拡大させていく可能性は十分考えられます。

Sleep to Earn(S2E)のまとめ

ここまでSleep to Earn(S2E)の仕組みや稼ぐ方法などについて解説しました。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • Sleep to Earn(S2E)は睡眠の対価として仮想通貨を獲得できるプロジェクト
  • 仮想通貨の獲得によって、健康的な睡眠の促進を目的としている
  • Move to Earnの次に来るプロジェクトとして、その将来性が期待されている
  • 睡眠の他にも、NFT売買やステーキングを活用して稼げる
  • 初期費用が必要な点や仮想通貨に触れたことのない人の参入ハードルの高さが課題
  • Sleep to Earn(S2E)を始めるには国内取引所で仮想通貨を入手しておく

Sleep to Earn(S2E)プロジェクトは現在開発中のものが多く、これからのリリースが期待されているプロジェクトがほとんどです。

しかし、中にはベータ版を配信しているプロジェクトもあり、Discord等からテスターとしての参加者を募っています。

ベータ版から一足先に参入し、Sleep to Earn(S2E)がどんなものであるのかを体感しておくのもよいでしょう。

Sleep to Earn(S2E)では、NFTアイテム購入のために独自トークンを入手しておく必要があります。

LINE BITMAXでは独自トークン入手に必要な仮想通貨を取り揃えているため、興味のある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる