Theta Fuelとは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

Theta Fuel

動画プラットフォームの定番といえば「YouTube」です。

YouTubeは、Google社の動画プラットフォームであり、中央集権的に運営されています。

一方で、Thetaブロックチェーンは、ビデオストリーミングやデータ配信を非中央集権的に実装しています。

「Theta Fuel」は、Thetaブロックチェーンが発行している仮想通貨です。

今回は、Theta Fuelの特徴や今後の予測、価格動向を解説していきます。

この記事からわかること
  • YouTubeは、Google社の動画プラットフォームであり、中央集権的に運営
  • Thetaブロックチェーンは、ビデオストリーミングやデータ配信を非中央集権的に実装
  • Theta Fuelは、Thetaブロックチェーンで発行されている仮想通貨のひとつ
  • Theta FuelのコンセンサスアルゴリズムはPoS
  • TFUELは、国内の取引所では取り扱っていない
  • 動画コンテンツの市場は、拡大予測である

「Theta Fuel」は、Thetaブロックチェーンの仮想通貨です。

Thetaブロックチェーンは、Theta Fuel(TFUEL)とTheta Token(THETA)の2種類の仮想通貨を発行しています。

これら2種類の違いは後述します。

Thetaブロックチェーンは、ビデオストリーミングやデータ配信を非中央集権的に実装しているチェーンです。

Theta Fuelに興味がある方は、DMM Bitcoin公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Theta Fuelとは?

YouTubeは、Google社の動画プラットフォームであり、中央集権的に運営されています。

一方、Thetaネットワークは、ブロックチェーンを利用することで非中央集権的に実装されている動画配信プラットフォームです。

Theta Fuelとは?
Theta公式サイト
名称Theta Fuel
シンボルTFUEL
現在の価格(2022年7月現在)6.67円
時価総額(2022年7月現在)35,372,910,543円
時価総額ランキング(2022年7月現在)103位
取引できる取引所国内取引所:なし
海外取引所:Binance,KuCoin,AAX,Upbit
詳細公式サイト

Theta Fuelは、Thetaブロックチェーンで発行されている仮想通貨です。

Thetaブロックチェーンは、非中央集権的に運営されている動画プラットフォームであり、従来の動画プラットフォームの問題点を解決する可能性があります。

YouTubeの共同創業者であるSteve Chen氏
Theta公式サイト

Thetaプロジェクトには、YouTubeの共同創業者であるSteve Chen氏が支援していることも注目すべき点です。

Steve Chen氏は、「ストリーミング領域の次の進化に携わり、より優れた動画配信を低コストで提供できる分散型ピアツーピアネットワークを構築するThetaを支援できることを嬉しく思っています」と述べています。

Steve Chen氏が支援をおこなっているTheta Fuelに期待されている方は、DMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Theta Fuelの特徴

ここでは、Theta Fuelの特徴を3点ご紹介します。

Theta Fuelの特徴
  • Thetaチェーンは、2種類の仮想通貨を有している
  • Theta FuelのコンセンサスアルゴリズムはPoS
  • 非中央集権的な運営

Thetaチェーンは、2種類の仮想通貨を有している

Thetaチェーンは、2種類の仮想通貨を有しています。

それぞれの役割を見ていきましょう。

Thetaチェーンは、2種類の仮想通貨を有している

Theta Fuel(TFUEL)の役割は大きく2つです。

Theta Fuel(TFUEL)の役割
  • 分散型の動画やデータ配信におけるユーティリティトークン
  • ガストークン

つまり、動画を配信するための手数料やスマートコントラクトのデプロイなどThetaチェーンを利用する際に発生する費用に利用しています。

Theta Token(THETA)の役割
  • ガバナンストークン

一方のTheta Token(THETA)は、Thetaチェーンを運営するためのガバナンストークンとして機能しています。

Theta FuelのコンセンサスアルゴリズムはPoS

Theta FuelのコンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)です。

つまり、Theta Fuelをステーキングすることで利益を得ることができます。

PoS(Proof of Stake)とは

Theta Fuelを多く保有している人は、Thetaを正しく運用使用というモチベーションが働きます。

このモチベーションに支えられているのが、PoS(Proof of Stake)です。

また、PoSであるため、ガス代が安く済む可能性があります。

イーサリアムチェーンは、ガス代が高騰しており、コンセンサスアルゴリズムをPoSへ移行する計画が進んでいます。

非中央集権的な運営

非中央集権的な運営
Theta公式サイト

Theta Fuelは、非中央集権的に運営されています。

非中央集権的に運営することでのメリットに、高画質な動画を低コストで配信することがあります。

なぜなら、中央集権的に運営すると大量の動画を保存するサーバーが必要になります。

例えば、YouTubeはGoogleが運営しています。

そのサーバーの運営コストがかかり、コスト削減のためには、画質を落とさざるを得ませんでした。

また、Googleのガイドラインに準じない動画に対しては、Googleが一方的にアカウントをbanすることが可能です。

一方、非中央集権的で分散させることで、これらの問題を解決する可能性があります。

パブリックブロックチェーンを利用することで、サーバーを有することなく世界中のコンピューターに分散することができます。

その結果、低コストで高画質な動画をPCで楽しむことが可能です。

Theta Fuelの保有を検討している方は、DMM Bitcoin公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Theta Fuelの現在の価格動向

Theta Fuelの価格動向を確認しましょう。

まずは、直近1ヶ月の価格動向から紹介します。

TradingViewから引用します。

引用:TradingView

Theta Fuelの1ヶ月間の価格変動は上記の通りです。

おおよそ1TFUEL=6円〜8円程度で推移しています。

ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨全体の価格が冷え込んでおり、価格の上昇・下降と影響を受けていると考えられます。

Theta Fuelの価格変動に興味がある方は、DMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Theta Fuelのこれまでの価格動向

では、もう少し長期スパンで価格変動を確認します。

期間は、2020年6月〜2022年7月までです。

同じくTradingViewから引用します。

Theta Fuelのこれまでの価格動向
  • 2020年6月〜2022年7月までの全体像
  • 2020年6月〜2021年5月
  • 2021年5月〜2022年7月

2020年6月〜2022年7月までの全体像

2020年6月〜2022年7月までの全体像
引用:TradingView

2020年6月〜2022年7月までの全体像は上記の通りです。

2021年2月〜3月ごろから急激に価格は上昇しています。

そして、その後約1年間程度高値を維持しておりました。

この期間を2つに分割して解説していきます。

2020年6月〜2021年5月

2020年6月〜2021年5月
引用:TradingView

2020年6月〜2021年5月の価格動向は上記の通りです。

2021年2月〜3月ごろに価格が急上昇しています。

この背景には、以下4点の要因が考えられています

価格上昇の要因
  • 4つのファンドが、合計100億円程度のThetaをステーキング
  • 日本向けに、LINEブロックチェーン上で配信提供を開始
  • 米グレースケールがTHETAの投資信託を検討
  • メインネット3.0

2021年5月〜2022年7月

2021年5月〜2022年7月
引用:TradingView

2021年5月〜2022年7月の価格動向は上記の通りです。

2022年5月ごろまでは、価格を維持しておりましたが、5月以降暴落しております。

これは、仮想通貨全体の価格暴落が影響していると考えられます。

しかし、Theta Fuelの良いニュースもいくつか報告されており、その一つが海外大手仮想通貨取引所のBinanceで新規通貨ペア取引が追加されました

Binanceで新規通貨ペア取引が追加
  • Theta Fuel(TFUEL)/バイナンスUSD(BUSD)

Theta Fuelの価格動向に引き続き注目されている方は、DMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Theta Fuelの今後の見通し・予想

ここでは、Theta Fuelの今後の見通し・予想を解説していきます。

Theta Fuelの今後の見通し・予想
  • 多くの投資・パートナー企業がある
  • 動画コンテンツの市場拡大予測
  • ROADMAP

多くの投資・パートナー企業がある

Theta Fuelに対して、多くの大手企業が支援をおこなっています。

Theta公式サイト
投資企業
  • Sony Innovation Fund
  • SAMSUNG
  • GREE
Theta公式サイト
パートナー
  • LINE
  • NASA
  • Decentraland

このような有名大手企業が投資・パートナーとなっており、Theta Fuelへの期待が伺えます。

動画コンテンツの市場拡大予測

動画コンテンツの市場は、これから益々拡大していくと予想されています。

実際、一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、2021年の動画配信市場規模は4,230億円(前年比114%)と発表しました。

引用:PRTIME

この調査では、2026年まで市場拡大が見込まれています。

つまり、ブロックチェーンで分散化されているビデオストリーミングなども同様に市場拡大が見込めます。

むしろNFTや仮想通貨の注目されることで、Thetaプロジェクトに注目が集まるかもしれません。

ROADMAP

Thetaプロジェクトには、ROADMAPがありますので、こちらをピックアップしていきます。

Theta公式サイト
2022 Q2
  • EdgeStore Alphaゲートウェイ
  • Theta Video API アドバンスド・アナリティクス
  • Theta Video API ライブストリーミング対応(ベータ版)
2022 Q4
  • EdgeStoreベータ版リリース
  • Metachainのテストネットターゲットローンチ
  • Mainnet 4.0 MetachainとSDKのターゲットリリース
2023
  • EdgeStoreの製品版リリース
  • エンコード、ストレージ、中継のための分散型Theta Video API
  • Edge Streaming、Storage、Computeの新しいユースケース

Theta Fuelの買い方

Theta Fuelの買い方を見ていきましょう。

Theta Fuelの買い方
  • 国内取引所:DMM Bitcoin
  • Theta Fuel取り扱っている海外取引所
  • 海外取引所への送金の流れ

国内取引所:DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
DMM Bitcoin公式サイト
取引所DMM Bitcoin
取り扱い銘柄数現物取引:12銘柄
レバレッジ取引:19銘柄
売買手数料無料※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金点数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
評判DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、現物で11種類、レバレッジ取引で15種類の仮想通貨銘柄を取り扱っています。

DMM Bitcoinでは、販売所形式の取引のみで、取引所形式には対応していません。

入金手数料や出金手数料が無料であることも特徴のひとつです。

興味を抱いた方は、DMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Theta Fuelを取り扱っている海外取引所

Theta Fuelを取り扱っている海外取引所は以下の通りです。

Theta Fuelを取り扱っている海外取引所
  • Binance
  • KuCoin
  • AAX
  • Upbit

海外取引所への送金の流れ

海外取引所への送金の流れは以下の通りです。

海外取引所への送金の流れ
  • 国内取引所にアカウントをつくる
  • 国内取引所で、仮想通貨を入手する
  • 海外の取引所にアカウントをつくり、アドレスに入手した仮想通貨を送金する
  • 海外の取引所で、仮想通貨建てで、「Theta Fuel」を取引する

Theta Fuelに関するQ&A

ここまでで、Theta Fuelの特徴や価格動向、今後の予測、買い方を解説していきました。

最後のパートでは、よくある質問をQ&A形式で紹介します。

取り上げる質問は、以下の3つです。

Theta Fuelに関するQ&A
  • Thetaネットワークは安全ですか
  • Theta Fuelの供給量は決まっていますか
  • ファウンダーは誰ですか

Thetaネットワークは安全ですか

確実に安全であるとは言い切れません。

しかし、前述の通り、コンセンサスアルゴリズムでPoSを採用しています。

また、NEO(ネオ)プラットフォームでも取り入れている、ビザンチンフォールトトレランス(dBFT)を追加することで高いセキュリティを保っています。

Theta Fuelの供給量は決まっていますか

流通量は決まっていません。

現在TFUELの流通量は、5,232,675,200コインです。

ただ、ステーキング報酬用にTFUELが増加していきますので、流通量は毎年増加していきます。

ちなみに、THETAは最大供給量が決まっており、1,000,000,000コインで既に流通しています。

ファウンダーは誰ですか

共同設立者は、以下の二人です。

共同設立者
  • MITHCH LIU:Cofounder/CEO
  • JIEYI LONG:Cofounder/CTO
共同設立者
MITHCH LIU:Cofounder/CEO
JIEYI LONG:Cofounder/CTO
Theta公式サイト

Theta Fuelのまとめ

Theta Fuelの特徴や価格動向、今後の予測、買い方、Q&Aを解説しました。

Thetaブロックチェーンは、ビデオストリーミングやデータ配信を非中央集権的に実装しています。

動画コンテンツの市場は、拡大予測であるため、Theta Fuelプロジェクトへ期待が高まる可能性があります。

この記事のまとめ
  • YouTubeは、Google社の動画プラットフォームであり、中央集権的に運営している
  • Thetaブロックチェーンは、ビデオストリーミングやデータ配信を非中央集権的に実装
  • Theta Fuelは、Thetaブロックチェーンで発行されている仮想通貨のひとつ
  • Theta FuelのコンセンサスアルゴリズムはPoSを採用している
  • TFUELは、国内の取引所では取り扱っていない
  • 動画コンテンツの市場は、拡大予測である

Theta Fuelへ期待されている方は、DMM Bitcoin公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる