NYダウとは?価格動向や今後の見通し・予想を徹底解説

NYダウ
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

NYダウという言葉をニュースなどメディアで聞いたことがある方は多いでしょう。

NYダウは米国の株式市場の代表的な株価指数の1つで、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社により選出されたアメリカ各業種の代表的な30銘柄で構成されています。

銘柄は定期的に入れ替えが行われており、常に成長率が高い銘柄で構成されているため米国の経済の動向を知るために欠かすことのできない指標であると言えます。

今回の記事では、NYダウの価格動向や今後の見通し、NYダウに連動するおすすめのETFなどについてご紹介します。

この記事からわかること
  • NYダウの価格動向の要因は、「米国の金利政策」「コモディティ価格の上昇」「中国など米国とつながりの強い国の景気状況」
  • NYダウの現在の価格動向は米国の繰り返しの利上げやウクライナ危機の影響により下落トレンド
  • NYダウは2008年のリーマンショックや2020年のコロナショックで一時的に下落したがその後最高値を更新し続けている
  • NYダウの今後の見通しとしては、2023年前半までは下落トレンド、長期的には高値を更新していく見解
  • NYダウに連動するおすすめETFの1つは「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信」
  • NYダウ取引で最適な証券会社はSBI証券楽天証券
  • 情報収集にはmoomoo証券が最適
  • SBI証券は日本で最大のネット証券会社で初心者から上級者まで幅広く人気がある

NYダウに連動した米国ETFへの投資を始めるなら、日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

SBI証券は累計口座開設数が1000万口座を突破しており、豊富な種類の投資商品を取り扱っているため人気が高いです。

まだSBI証券の口座をお持ちでない方はこの機会にチェックしてみましょう。

目次

NYダウとは

NYダウとは、通称ダウ工業株30種平均を指す言葉です。

アメリカの主要銘柄を中心に構成されており、構成銘柄の株価の合計を「除数」で割って算出する株価平均型の指数を表しています。

NYダウの構成銘柄
コード銘柄名
AAPLアップル
AXPアメリカン・エキスプレス
BAボーイング
CATキャタピラー
CSCOシスコシステムズ
CVXシェブロン
DISウォルト・ディズニー
DWDPダウ・デュポン
GSゴールドマン・サックス・グループ
HDホーム・デポ
IBMIBM
INTCインテル
JNJジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
JPMJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
KOコカ・コーラ
MCDマクドナルド
MMM3M
MRKメルク
MSFTマイクロソフト
NKEナイキ
PFEファイザー
PGプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
TRVトラベラーズ
UNHユナイテッドヘルス・グループ
UTXユナイテッド・テクノロジーズ
Vビザ
VZベライゾン・コミュニケーションズ
WBAウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
WMTウォルマート
XOMエクソンモービル

アメリカの主力産業に合わせて不定期で銘柄変更が行われています。

過去は農業や製造業中心の構成でしたが、現在はハイテク企業やサービス業中心に構成されている点が特徴です。

米国市場全体の動きを表す代表的な指標であり、1928年に30銘柄へ更新されるなど長い歴史を誇る銘柄です。

NYダウに連動した米国ETFへの投資を始めるなら、日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

SBI証券は累計口座開設数が1000万口座を突破しており、豊富な種類の投資商品を取り扱っているため人気が高いです。

まだSBI証券の口座をお持ちでない方はこの機会にチェックしてみましょう。

NYダウの価格動向の要因・理由

まず、NYダウの価格動向の要因となりやすいものについてご紹介します。

NYダウの価格動向の要因・理由
  • 米国の金利政策
  • コモディティ価格の上昇
  • 中国など米国とつながりの強い国の景気状況

米国の金利政策

NYダウの価格動向の要因として1つ目は、米国の金利政策が挙げられます。

金利が下がると株価は上がりやすく、金利が上がると株価は下がりやすい傾向にあります。

利上げが実行された場合に株価が下がる原因にはさまざまなものがありますが、企業の借入金の利息が増えて収益が圧迫されることや、投資家が株式投資から安全性が高い債券投資に移行することが挙げられます。

米国の金利政策は、約6週間ごとに年8回開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で発表されるため注目しておきましょう。

コモディティ価格の上昇

NYダウの価格動向の要因として2つ目は、コモディティ価格の上昇が挙げられます。

例えば原油など多くの製品の原料になるコモディティの価格が上昇すると企業の収益は圧迫されます。

コロナショックやロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー価格の上昇によりNYダウは下落を見せました。

NYダウはエネルギー関連株の寄与度が高いため影響を受けやすいのです。

米国とつながりの強い国の景気状況

NYダウの価格動向の要因として3つ目は、中国など米国とつながりの強い国の景気状況が挙げられます。

例えば、米国との取引量が多い中国が新型コロナ対策として長期的なロックダウンを実施したことは米国にマイナスの影響を及ぼしました。

他国の景気状況は米国の輸出入に影響を及ぼすため注目しておく必要があるでしょう。

日本で最大のネット証券会社のSBI証券では、操作性の高い取引ツールを提供しており初心者でも簡単にNYダウに連動したETFに投資が可能です。

お得にVポイントやTポイントが貯まって使うこともできるため、まだSBI証券の口座をお持ちでない方は、この機会にチェックしてみましょう。

NYダウの現在の価格動向

それでは、ここでNYダウの現在の価格動向を確認していきましょう。

こちらが現在のNYダウのチャートです。

NYダウの現在の価格動向
引用:TradingView

NYダウは、2021年12月にNYドルは史上最高値の3万6,000ドルまで到達しましたが、2022年の年明けからは下落トレンドとなっています。

2023年9月現在では3万5370ドルです。

2022年の年明けからの下落の要因としては、米国の繰り返しの利上げやウクライナ危機が影響していると考えられています。

米国では、インフレ抑制のために2022年の年明けから米連邦準備制度理事会(FRB)が連続して大幅な利上げを実施しています。

その結果、先行きの景気減速懸念が高まり株価の下落につながったと考えられます。

またロシアのウクライナ侵攻が2022年2月に始まり長期化していることや、それに伴う原油高なども株価の下落に影響を与えていると言えるでしょう。

しかし、2022年末から米金利の縮小予想で徐々に反発を見せ始めています。

2023年現在約1年5カ月ぶりの高値更新

2022年には下落基調の相場でしたが、2023年より好調ぶりを見せています。

2023年7月25日には約1年5カ月ぶりの高値更新となる3万5411ドル24セントを記録しました。

上昇の要因
アメリカの景気減速懸念が揺らぐ
今後発表される決算に向け期待が高まる

米金利上昇ぺースは2023年をピークとされており、景気減速懸念が揺らいでいます。

また、2023年7月後半から8月にかけて行われる各企業の決算に向けて事前に買いが集中している相場です。

NYダウに連動した米国ETF取引を始めるなら、日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

NYダウに連動したETFを含めて豊富な種類の投資商品を取り扱っており、投資によりVポイントやTポイントも貯まるためお得です。

まだSBI証券の口座をお持ちでない方は、この機会に公式サイトをチェックしてみましょう。

NYダウのこれまでの価格推移

続いて、NYダウのこれまでの価格推移を確認していきましょう。

直近15年間で株価の大きな動きがあった時期を中心にみていきましょう。

NYダウのこれまでの価格推移
  • 2008年リーマンショック
  • その後経済は回復して高値を更新
  • 2020年コロナショック

こちらが直近15年間(2007年〜2023年)のNYダウ平均株価の価格推移です。

ダウ指数
引用:TradingView

リーマンショック2008年

2008年には、米国投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻したリーマンショックが起こりました。

株価はリーマンショック前の1万1,000ドル台から、リーマンショック後には6,000ドル台まで約5,000ドルの大幅な下落を見せました。

米国のみでなく日本、他の各国へ影響を及ぼして世界的な大不況につながったことは多くの方がご存知かと思います。

しかし、リーマンショック後から多少の波はありながらも堅調に右肩上がりの相場が続いて、2015年にはリーマンショック前の高値を更新して経済は回復を見せました。

さすが世界を牽引する企業が集まる米国だけあるでしょう。

コロナショック2020年

ご存知の通り、2020年には世界で新型コロナウイルスが大流行しました。

NYダウは2万8,000ドル台から1万8,000ドル台まで約1万ドルと大幅な下落を見せました。

リーマンショック時以上の大暴落でしたが、一時的なもので長くは続かず2020年後半にはコロナショック前の高値を更新しました。

そして、2021年12月には史上最高値の3万6,000ドルまで到達しており、ここでも米国経済の回復力の強さを世界に見せつけています。

米国の大幅な金融緩和政策が、株価成長を支えていると言えるでしょう。

個人取引シェアNo.1を誇る証券会社であるSBI証券では、投資初心者にも人気が高いです。

豊富な投資商品を揃えており、投資について学びながら経験を積めることが魅力です。

まだSBI証券の口座をお持ちでない方は、この機会にチェックしてみましょう。

NYダウの今後の見通し・予想

続いて、NYダウの今後の見通しを確認していきましょう。

ぜひ、ポイントを押さえて投資の参考にしてください。

NYダウの今後の見通し・予想
  • 短期的な見通しでは、2023年後半にかけて下落もあり得る
  • 長期的な見通しでは、長期的には株価は上昇していく見解

2023年の前半にかけては下落が続く予想

米国では各月のCPI(消費者物価指数)は予想を上回っており、インフレの勢いが収まりません。

これにより、FRBは連邦公開市場委員会(FOMC)で段階的な利上げを続けてきました。

現在は利上げぺースも徐々に鈍化していますが、FRBはインフレ抑制を急務としているため、まだ2023年後半にかけて利上げが行われる可能性も充分あり得ます。

2023年6月FOMCでは据え置きとなっていますが、2023年7月FOMCでは再度0.25%の利上げが予想されている状況です。

2023年の後半にかけて景気が鈍化・減速していく可能性が高くNYダウの株価は下落することが予測されています。

徐々に反発は見せているので、下降トレンドは早々に落ち着く可能性があります。

長期的には株価は上昇していく見解

いっぽうで、多くの専門家は長期的には株価は上昇していく見解をみせています。

前述したように、NYダウはリーマンショックやコロナショックなどの株価暴落を乗り越えて最高値を更新し続けています。

米国の経済回復力の強さや、成長が期待できる多くの企業が米国に集結していることなどから、米国ではさらなる経済の発展を見せるでしょう。

そのため、長期的に見ると下落している現時点で押し目買いをすることも1つの投資戦略であると言えるでしょう。

SBI証券は累計口座開設数が1000万口座を突破した日本で最大のネット証券会社です。

初心者向けのサポートも充実しているため、投資の経験がない方でも始めやすいでしょう。

初心者の方で、どの証券会社にするか悩んでいる方は、この機会にSBI証券の公式サイトを確認してみてください。

NYダウに連動するおすすめETF

NYダウ取引をするならETFがおすすめです。

ETFは複数の銘柄から構成されているためリスクの分散につながりやすく、さらに株式投資に比べて少額から投資が可能なため初心者にもおすすめです。

そこで、ここではNYダウに連動したETFについてご紹介していきます。

人気の高いETFを3つ紹介するので、ぜひ投資先を検討する際の参考にしてください。

NYダウに連動するおすすめETF
  • NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
  • SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF
  • Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信

NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(1546)

商品名NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
銘柄コード1546
管理会社野村アセットマネジメント株式会社
設定日2010年08月16日
総資産総額16,755百万円
分配金利回り1.76%
信託報酬率(年率・税込)0.33%

NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信は、野村アセットマネジメントが運営している人気の高いNYダウ連動ETFです。

信託報酬が0.33%とNYダウに連動するETFのなかでも低いためコストを抑えたい方におすすめです。

SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF(DIA)

商品名SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF
ティッカーDIA
管理会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
設定日1998年01月14日
総資産総額29.682十億USD
3年リターン8.73%
分配金利回り0.91%
信託報酬率(年率・税込)0.16%

SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETFは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが運用しています。

1998年1月13日に設定された米国で最も古い上場投資信託の1つです。

歴史が長く実績も十分にあるため初心者でも安心して投資をすることができるでしょう。

Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信(1679)

商品名Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信
銘柄コード1679
管理会社シンプレクス・アセット・マネジメント
設定日2009年12月10日
総資産総額1,250百万円
分配金利回り1.59%
信託報酬率(年率・税込)0.55%

Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信はシンプレクス・アセット・マネジメントが運営しているNYダウ連動ETFです。

NYダウ平均株価に連動したETFのなかでも分配金利回りが高いため、長期的に保有しておくことで高配当を受け取ることが可能です。

インカムゲインとキャピタルゲインの両方を期待できるため最適なETFです。

また、1口約4万円程度から取引が可能なので手元の資金が少ない方でも取引を始めやすいでしょう。

SBI証券は2023年8月現在累計口座開設数が1000万口座を突破して、個人取引シェアNo.1を誇る証券会社です。

上記のETF以外にも様々な商品を取り揃えているため、ご自身が取引をしたい商品が見つかるでしょう。

興味を抱いた方は、SBI証券の公式サイトを確認してみてください。

NYダウに投資するのにおすすめの証券会社

ここでは、NYダウへの取引に最適な証券会社についてご紹介する。

SBI証券楽天証券moomoo証券3つの人気証券会社のそれぞれの特徴や、現在開催中のお得なキャンペーンなども紹介するのでぜひ参考にしてください。

NYダウに投資するのにおすすめの証券会社

SBI証券

SBI証券Top
証券会社の名称SBI証券
取引きできる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
手数料銘柄による
サービス自動積立 
ロボアドバイザー「WealthNavi」 
オンラインセミナー 
Tポイント投資
公式サイトSBI証券の公式サイト

NYダウに連動した米国ETF取引を始めるなら、日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

SBI証券は1000万口座を突破して、個人取引シェアNo.1を誇る証券会社です。

豊富な種類の投資商品を取り扱っているため初心者から上級者まで幅広く人気があります。

SBI証券では、操作性の高い取引ツールを提供しているため初心者でも始めやすいでしょう。

また、SBI証券はつみたてNISAやiDeCoにも対応しているため節税しながら投資が可能です。

投資によりお得にVポイントやTポイントが貯まって使うこともできることもSBI証券の魅力でしょう。

VポイントやTポイントを貯めて利用したいという方は、SBI証券の公式サイトをチェックしてみてください。

楽天証券

rakuten--top
証券会社の名称楽天証券
取引できる金融商品国内株式、外国株式、投資信託、債券、先物・オプション、FX、債券、CFD 他
手数料銘柄による
サービスブラウザ、スマートフォンアプリ
楽天ポイント投資
24時間チャットサービス
公式サイト楽天証券の公式サイト

楽天証券は楽天グループが運営しており、SBIに続く国内No.2の証券会社で人気が高い証券会社です。

NYダウに連動したETFを含めて豊富な種類の投資商品を取り扱っているため、ご自身が取引したい銘柄が見つかるでしょう。

また、楽天証券では初心者向けのコンテンツも充実しているため、投資の知識が浅くても学びながら経験を積めることができます。

さらに、投資により楽天ポイントがお得に貯まったり、貯まっている楽天ポイントで投資商品を取引できるため楽天ユーザーに特におすすめです。

初心者の方で学びながら取引を行いたいという方や楽天ポイントを集めたいという方は、楽天証券の公式サイトをぜひこの機会にチェックしてみてください。

moomoo証券

moomoo証券Top
証券会社の名称moomoo証券
金融商品外国株式
手数料デモトレードのみ
サービスデモトレード
投資情報閲覧
テーマ投資
株式分析ツール
公式サイトmoomoo証券公式サイト

moomoo証券は、世界2000万人が利用する株式分析アプリです。

SBI証券や楽天証券のように実際のNYダウ取引はできませんが、NYダウの動向を分析するツールとして人気が高いです。

moomoo証券では、以下の豊富な方法で情報収集ができます。

・価格チャートや板情報の閲覧
・大口投資家の資産動向の閲覧
・60種類以上のテクニカルツールで分析
・投資家同士での意見交換

さらに、デモトレードも可能なため、NYダウなどの株式を分析する際に最適です。

いきなり資金を投資するのが怖い、まずは情報収集からしたいという方は、moomoo証券公式サイトをチェックしてみてください。

NYダウに関するよくある質問

ここで、NYダウに関するよくある質問と回答を見ていきましょう。

3つご紹介するので、ぜひ投資の参考にしてください。

NYダウに関するよくある質問
  • NYダウ平均株価に投資する場合の為替リスクはどうですか?
  • 国内ではなく米国に投資するメリットは何ですか?

NYダウ平均株価に投資する場合の為替リスクはどうですか

NYダウ平均株価に投資する場合には為替リスクがあるため注意が必要です。

円安ドル高の場合は利益が大きくなりますが、円高ドル安になると利益が減ってしまうと言うものです。

国内の銘柄に投資をする際には為替リスクを考える必要がないため、米国に投資をするのはデメリットと感じる方も多いかもしれません。

しかし、NYダウに連動するETFには為替相場の変動から受ける影響を小さくする「為替ヘッジあり」というものがあるため、為替リスクを減らしたい方はこれを選択することをおすすめします。

国内ではなく米国に投資するメリットは何ですか?

米国投資の最大のメリットは「高い成長力」と言えるでしょう。

米国は世界を牽引する経済大国であり、今後の成長を期待できる大企業が集まっています。

前述したように、過去の価格推移からも世界が不況に陥った時に米国はすさまじい回復力を見せています。

日経平均株価の史上最高値が30年前のバブル経済であり現在は伸び悩んでいるのに対して、米国は右肩上がりで継続的に成長していることからも今後の株価上昇が期待できるでしょう。

米国経済に投資をするなら日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

SBI証券では豊富な米国銘柄へ業界最安の手数料で投資をすることが可能です。

NYダウの今後の予想まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、NYダウの今後の予想について紹介しました。

NYダウの今後の予想まとめ
  • NYダウの価格動向の要因は、「米国の金利政策」「コモディティ価格の上昇」「中国など米国とつながりの強い国の景気状況」
  • NYダウの現在の価格動向は米国の繰り返しの利上げやウクライナ危機の影響により下落トレンド
  • NYダウは2008年のリーマンショックや2020年のコロナショックで一時的に下落したがその後最高値を更新し続けているNYダウに連動するおすすめETFの1つは「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信」
  • NYダウ取引に最適な証券会社はSBI証券楽天証券
  • 情報収集にはmoomoo証券が最適
  • SBI証券は日本で最大のネット証券会社で初心者から上級者まで幅広く人気がある

NYダウはこれまでにリーマンショック(2008年)やコロナショック(2020年)で一時的に暴落しましたが、その後最高値を更新し続けており米国経済の力強さを見せています。

現在は金利政策やウクライナ戦争などの影響で下落トレンドとなっていますが、今後も長期的には最高値を更新していく見解がみられています。

NYダウに連動した米国ETFへの投資を始めるなら、日本で最大のネット証券会社のSBI証券が最適です。

SBI証券は累計口座開設数が1000万口座を突破しており、豊富な種類の投資商品を取り扱っているため人気が高いです。

人気の高い証券会社を利用したいという方は、SBI証券の公式サイトを一度ご覧になってはいかがでしょうか。

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次