DeFi(Decentralized Finance)とは?使い方・始め方やおすすめな関連銘柄を徹底解説

DeFI

2020年に大きな話題となったDeFiですが、言葉は知っていても詳しい特徴や、どういったものなのか把握していない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、DeFiの特徴や仕組み、またDeFiの始め方までわかりやすく解説していきます。

また、DeFi関連の仮想通貨銘柄や有名なDeFiプロジェクトもご紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • DeFi(Decentralized Finance)とは、日本語で「分散型金融」を表す言葉
  • DeFiでは関連銘柄の取引以外にも、レンディングや流動性マイニングといった方法で収益を得られる
  • DeFiに関連する有名なアプリケーションの紹介
  • DeFiを利用するためにはLINE BITMAXなどの国内取引所でイーサリアムを取引する必要がある

DeFiは既存の金融システムとは一線を画しており、DeFiが広まることで世界の金融が大きく様変わりするとも言われています。

また、DeFiの中には資金を預けておくだけで年利20%を超えるような既存金融では考えられないほど収益性の高いプロジェクトも存在しています。

DeFiのサービスを利用するためには、まずイーサリアムなどを保有する必要があるので、国内取引所の中でも人気の高いLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

DeFiとは

Defi分散型金融とは

DeFi(Decentralized Finance)とは、日本語で「分散型金融」を意味する言葉であり、簡単に言うと中央の管理者がいない金融システムのことです。

従来の金融システムは銀行や証券会社などに資金を預けるなど、必ず中央集権的な管理者を経由する必要がありますが、DeFiでは中央管理者を介さずにユーザー同士で金融サービスを利用できるという大きな特徴があります。

中央の管理者がいない分、DeiFiではスマートコントラクトという自動で取引を承認するプログラムが使われており、ある一定の条件が満たされた際に取引が成立する仕組みとなっています。

また、ユーザー間の取引は全てブロックチェーン上に刻まれるため透明性も高く、不正行為やデータの改竄を行うことはほぼ不可能な点もDeFiの特徴と言えるでしょう。

DeFiの仕組みの特徴

次に、DeFiの特徴や仕組みについて詳しくご紹介していきます。

DeFiの仕組みの特徴
  • 中央の管理者がいない分散型の金融システム
  • コンポーザビリティがある
  • ウォレットさえあれば世界中のどんなDeFiサービスでも利用できる

中央の管理者がいない分散型の金融システム

先ほどもご紹介したように、DeFiは日本語で「分散型金融」と呼ばれており、中央の管理者がいない金融システムのことを指します。

DeFiでは取引データが全てブロックチェーンに記録され、かつ中央管理者によって一手に情報が管理されないので、今までの金融サービスよりも透明性が高い特徴が挙げられます。

また、従来の金融サービスでは銀行や証券会社などを介することで必ず手数料が発生しますが、DeFiはスマートコントラクトというプログラミングコードで動いているため、大幅に手数料を抑えられるメリットもあります。

加えて中央集権的な存在がいないことにより、政治情勢などを理由に突然のアカウント停止や口座凍結といったリスクを避けることができるのもDeFiの特徴と言えるかもしれません。

コンポーザビリティがある

DeFiでは従来の金融サービスでは提供できない「コンポーザビリティ」を実現しています。

コンポーザビリティとは、日本語で「構成可能性」という意味となっており、DeFiでは様々な要素を簡単に組み合わせることができます。

例えば、Compoundというレンディングサービスに資金を預けることで「預かり証」が発行されますが、この預かり証を別のDeFiサービスで運用するといったことも可能です。

こういった概念は「マネーレゴ」とも呼ばれており、既存金融にはないDeFiの大きな特徴と言えるでしょう。

ウォレットさえあれば世界中のどんなDeFiサービスでも利用できる

ウォレットとは

DeFiの大きな特徴として、ウォレットさえあればどんなDeFiサービスでも利用できる点が挙げられます。

DeFiにはこれまでによくある「会員登録」という概念が存在しておらず、自分のウォレットを接続するだけであらゆるサービスを利用することができます。

国籍や年齢、性別など関係なく、誰でも平等に利用できるのがDeFiの大きなメリットと言えるでしょう。

DeFiを利用するためには国内取引所でイーサリアムを取引する必要があります。

LINE BITMAXはセキュリティが強固で安心して仮想通貨取引を行える取引所なので、興味がある方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

DeFi関連銘柄コインの取引方法

次に、DeFi関連銘柄のコインを取引する方法をご紹介していきます。

DeFi関連銘柄の通貨は国内取引所で取り扱いしていないことが多いので、国内から海外取引所へ送金する流れも解説していきます。

DeFi関連銘柄コインの取引方法
  • 国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する
  • 調達した仮想通貨を海外取引所に送金し、DeFi関連銘柄のコインを取引する

国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する

DeFi関連銘柄の多くは海外取引所で取引することができるので、まずは国内取引所でビットコインなどを取引し、海外取引所に送金しましょう。

海外取引所への送金手数料を抑えたい方は、LINE BITMAXで取引できるリップル(XRP)などを送金するのも良いでしょう。

LLINE BITMAX top

まだ国内取引所のアカウントをお持ちでない方は、利用者の満足度も高く評判も良いLINE BITMAXが使いやすい取引所となるので、LINE BITMAX公式サイトを確認してみてください。

調達した仮想通貨を海外取引所に送金し、DeFi関連銘柄のコインを取引する

次に、国内取引所で調達した仮想通貨を海外取引所に送金していきます。

DeFi関連銘柄のコインは複数ありますが、取引を行う前にはしっかりとプロジェクトや将来性などを調査してから取引するようにしましょう。

また、仮想通貨は誤ったアドレスに送金してしまうとコインが失われてしまうので、アドレスの入力ミスが起こらないように細心の注意を払うようにしてください。

DeFiレンディングの利用方法

DeFiでお金を稼ぐ方法として、DeFi関連銘柄コインの取引だけに限りません。

ここでは、仮想通貨を貸し付けて利息収入を得られるレンディングサービスを利用する方法を解説していきます。

DeFiでレンディングからお金を稼ぐ方法
  • 国内取引所でイーサリアムを調達する
  • 調達したイーサリアムを仮想通貨ウォレットに送金する
  • DeFiプロトコルと接続し、イーサリアムをレンディングする

国内取引所でイーサリアムを調達する

レンディングサービスを提供している多くのDeFiプロトコルは、イーサリアムブロックチェーン上で開発されています。

2022年7月現在でも、レンディングサービスを利用するにはイーサリアムを保有している方が便利なので、まずは国内取引所でイーサリアムの取引を行いましょう。

先ほどもご紹介したように、国内取引所でイーサリアムを取引するならLINE BITMAXが非常に利用しやすい取引所となっているので、LINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

調達したイーサリアムを仮想通貨ウォレットに送金する

次に、取引したイーサリアムを仮想通貨ウォレットに送金しましょう。

イーサリアムチェーンの通貨を保管できるウォレットとしてはMetamaskが利用者も多く、使いやすいウォレットです。

MetaMask

送金時には入力するアドレスに誤りがないかしっかり確認し、送金を行うようにしてください。

DeFiプロトコルと接続し、イーサリアムをレンディングする

最後に、レンディングサービスを提供するDeFiプロトコルとMetamaskを接続します。

2022年7月現在、レンディングサービスを提供しているDeFiプロトコルの中でも最も有名なサービスとして、Compoundが挙げられるでしょう。

Compound

Compoundの公式サイトにアクセスしたら、画面右上の「App」を選択してMetamaskを連携させてください。

提携が無事完了したら、資金を預けたいプールを選択してレンディングを開始しましょう。

DeFi流動性マイニングの利用方法

流動性マイニングとは

次に、DeFiの特徴的な機能である流動性マイニング(イールドファーミング)を利用する方法を紹介していきます。

DeFi流動性マイニングの利用方法
  • 国内取引所でイーサリアムを調達する
  • 調達したイーサリアムを仮想通貨ウォレットに送金する
  • DEX(分散型取引所)と接続して流動性を提供する

国内取引所でイーサリアムを調達する

DeFiの流動性マイニングを利用する際でも、まずはイーサリアムを国内取引所で保有する必要があります。

先ほどもご紹介したように、国内取引所の中では特にLINE BITMAXが利用しやすいので、まだアカウントをお持ちでない方はLINE BITMAX公式サイトを確認してみてください。

調達したイーサリアムを仮想通貨ウォレットに送金する

上記で調達したイーサリアムをMetamaskなどの仮想通貨ウォレットに送金していきます。

ここでも送金アドレスの入力間違いには、十分に注意するようにしてください。

DEX(分散型取引所)と接続して流動性を提供する

最後に、MetamaskとDEX(分散型取引所)を接続して、自分が資金を預けたい通貨ペアのプールに流動性を提供していきましょう。

2022年9月現在、流動性マイニングを提供している有名なDEX(分散型取引所)として、以下が挙げられます。

有名なDEX(分散型取引所)の例

また、上記の中でもPancakeswapのみバイナンススマートチェーン(BSC)で開発されている分散型取引所なので、利用する場合はイーサリアムではなくCAKEを用意しておく必要があるでしょう。

DeFiのおすすめアプリケーション

ここでは、数あるDeFiアプリケーションの中でも、特におすすめのアプリケーションをご紹介していきます。

DeFiのおすすめアプリケーション
  • Compound
  • MakerDAO
  • Curve

Compound

Compound

Compoundとは、仮想通貨のレンディングサービスを提供するDeFiアプリケーションです。

仮想通貨を預けたり貸したりすることができる機能があり、スマートコントラクトによってアプリケーションが動作しています。

通常の銀行金利よりも高い金利収入を得ることができるので、今後DeFiがより広がりを見せる中で大きな注目を集めていくアプリケーションでしょう。

MakerDAO

MakerDAO

MakerDAOとは、イーサリアムなどの仮想通貨を預けることでDAIというステーブルコインが発行されるDeFiアプリケーションです。

2014年に開発がされており、現在あるDeFiの中でも最も歴史があるサービスの一つと言えるでしょう。

また、2022年1月にはbitbankでガバナンストークンであるMKR、2022年2月にはGMOコインでMKRとDAIがラインナップされたことでも大きな注目を集めました。

今後も多くの国内取引所で上場される可能性もあり、投資家の期待が高まっています。

Curve

Curve

Curveとは、ステーブルコイン同士の交換ができるDeFiアプリケーションです。

一見すると利用する機会があまりないように感じるDeFiアプリケーションですが、Curveでは一般的な分散型取引所よりもステーブルコインの交換手数料が安く設定されています。

特にDeFiではステーブルコインの種類によって運用利回りが違うことは珍しくないので、少しでも利回りの良いプールに資金を預けたい際などには利用しやすいアプリケーションと言えるでしょう。

DeFi関連おすすめ仮想通貨銘柄

次に、DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄をご紹介していきましょう。

DeFi関連おすすめ仮想通貨銘柄
  • イーサリアム(ETH)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • PancakeSwap(CAKE)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム
名称イーサリアム
シンボルETH
現在の価格(2022年11月現在)¥164,485.44
時価総額(2022年11月現在)¥20,100,881,874,403
時価総額ランキング(2022年11月現在)2位
調達できる取引所LINE BITMAX
ビットフライヤー
DMM Bitcoin

GMOコインなど
詳細イーサリアム公式サイト
関連記事イーサリアム今後

イーサリアムは、現在最も多くのDeFiプロトコルが開発されているDeFiで最もベーシックな仮想通貨です。

時価総額ランキングでもビットコインにつぐ2位に位置しており、仮想通貨全体でも非常に人気が高い銘柄となっています。

今後もイーサリアムをベースにしたプロジェクトが多数開発されると思われるので、今後も注目しておくべき仮想通貨銘柄と言えるでしょう。

2022年8月には大型アップデート「The Merge」の完了が発表されており、今後の発展も期待されています。

各社がイーサリアムアップデートへの対応を始めているので、この機会にチェックしておきましょう。

アイオーエスティー(IOST)

アイオーエスティー(IOST)
名称アイオーエスティー
シンボルIOST
現在の価格(2022年11月現在)¥1.19
時価総額(2022年11月現在)¥22,176,466,242
時価総額ランキング(2022年11月現在)136位
調達できる取引所Coincheck(コインチェック)など
詳細IOST公式サイト
関連記事IOST今後

アイオーエスティーとは、PoB(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨銘柄です。

この独自のコンセンサスアルゴリズムにより非中央集権性と処理速度を実現しており、今後の動向が大きく注目されている銘柄となっています。

また、アイオーエスティーでは多くのエンジニアが使用する「JavaScript」でDappsが開発できる点も、大きな特徴と言えるでしょう。

2022年に入り国内取引所でも続々と上場を決めており、日本人にも馴染み深い通貨となってきました。

PancakeSwap(CAKE)

PancakeSwap(CAKE)
名称PancakeSwap
シンボルCAKE
現在の価格(2022年11月現在)¥548.40
時価総額(2022年11月現在)¥82,462,143,955
時価総額ランキング(2022年11月現在)63位
調達できる取引所PancakeSwap、Binanceなど
詳細PancakeSwap公式サイト
関連記事PancakeSwapとは

PancakeSwap(CAKE)とは、バイナンススマートチェーン上で開発されている分散型取引所のガバナンストークンです。

先ほどご紹介した、流動性マイニングを提供している取引所となっており、一時期大きな注目を浴びたことでも知られています。

また、PancakeSwapは、UniswapやSushiswapと並ぶ世界最大級の分散型取引所でもあるので、今後大きな期待がされている銘柄となっています。

関連仮想通貨を取引するのにおすすめな国内取引所

ここでは、DeFi関連銘柄のコインを取引するのに使いやすい国内取引所をご紹介していきます。

DeFi関連仮想通貨を取引するのにおすすめな国内取引所

LINE BITMAX(ラインビットマックス)

BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINEの関連企業であるLVC株式会社が手掛ける仮想通貨取引所で、2019年9月から本格的に稼働を開始しました。

取扱通貨は、ビットコインやイーサリアム、リップルなど6種類で、その中にはLINEグループが発行するオリジナルの仮想通貨リンク(LN)も含まれています。

LINEアプリを使って手軽に通貨の取引ができるほか、レンディングやレバレッジ取引などの各種機能が備わっています。

特にレンディングは、最大利率8%と業界最高水準となっています。

LINEやLINE Payのユーザーで、少額から仮想通貨取引をしてみたい人なら、LINE BITMAXの公式サイトを参考にしてみて下さい。

ビットフライヤー

bitflyer-top
取引所名bitFlyer
取扱銘柄数17種類
レバレッジ×
最小発注数量(btc)0.00000001 BTC ( 1 satoshi)約0.011
取引手数料(btc)販売所:0円(スプレッドあり)
取引所: 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)
取引ツールスマホ:アプリ ○
PC:WEBブラウザ ○
その他のサービスビットコインをもらう
Pay
Tポイントをビットコインに交換
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

ビットフライヤーは、数ある国内取引所の中でも6年連続でビットコイン取引高No.1を記録している取引所です。

DeFiでよく利用されるイーサリアムをはじめとした17銘柄を取り扱っており、ビットコインからアルトコインまで幅広く取引をすることができます。

セキュリティ面でも力を入れており、顧客の資産をコールドウォレットに保管しているなど、ハッキングリスクを少なく資産の保有ができるでしょう。

利用者の評判も高く非常に使いやすい取引所なので、まだアカウントをお持ちでない方はぜひこの機会にビットフライヤーの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
取扱暗号資産数現物取引:17種類
レバレッジ取引:24種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinとは、様々なインターネット事業を展開するDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

国内でも最大級の24銘柄(レバレッジ取引を含む)を取り扱いしており、もちろんイーサリアムも取引することができます。

また、DMM Bitcoinではレバレッジを効かせた取引もできるため、少額しか運用する資金がない方でも利用しやすい取引所と言えるでしょう。

アカウント作成手続きもスマホで簡単に取引できるので、少しでも気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱通貨数23種類
売買手数料販売所:無料
取引所:Maker:-0.01%,Taker:0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
大口出金:400円
提供サービス販売所
取引所(現物・レバレッジ)
暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインとは、大手のGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

2022年11月現在、国内でも最大となる23銘柄をラインナップしており、手軽に様々な仮想通貨の取引を行うことができます。

また、GMOコインでは海外取引所や仮想通貨ウォレットへの送金手数料が無料なので、DeFiサービスを利用したい際にも非常に便利でしょう。

取引画面も使いやすいと評判なので、気になる方はGMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

Coincheck

コインチェック-top
名称Coincheck
取扱通貨数19種類
売買手数料販売所:無料
取引所:無料
※手数料相当額:0.1~5.0%
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料は顧客負担)
コンビニ入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
クイック入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス
Coincheck IEO
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

コインチェックは、大手金融グループのマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄はイーサリアムをはじめとした18銘柄を取り扱っており、マイナーなアルトコインも保有することができます。

また、コインチェックでは「コインチェックつみたて」という仮想通貨の長期取引ができる機能も有しており、長期的にコインを保有したい方には利用しやすいでしょう。

国内アプリダウンロード数もNo.1と非常に人気が高いので、気になる方はコインチェックの公式サイトを確認してみてください。

また、これ以外の仮想通貨取引所が気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認してみてください。

DeFiに関するQ&A

最後に、DeFiに関するよくある質問をご紹介していきます。

DeFiに関するQ&A
  • DeFiは今後世界的に広がりを見せていきますか?
  • 中央の管理者がいないのにどうやって運用されているのですか?
  • DeFiを利用する上でリスクはありますか?

DeFiは今後世界的に広がりを見せていきますか?

確実なことは分かりませんが、今後DeFiはより一般層の利用者にも広がりを見せると予想されています。

特に今後は既存の金融サービスとDeFiの融合が予想されており、大きな期待が寄せられている分野となっています。

また、新興国の中には既存の金融システムを利用できない方もいますが、そういった方にもDeFiは普及していくことが考えられるでしょう。

中央の管理者がいないのにどうやって運用されているのですか?

DeFiサービスの中には、中央管理者がいないDAOという組織によって運営されているものもあります。

DAOとは日本語で「自立分散型組織」と呼ばれる組織形態となっており、誰でも自由に組織運営に携わることができる点が特徴と言えるでしょう。

また、ここまでにご紹介したスマートコントラクトによって自動的にサービスが運用されるDeFiサービスもあります。

DeFiを利用する上でリスクはありますか?

現在、様々なDeFiサービスが提供されていますが、その多くはプログラミングコードがオープンとなっているため、ハッキングにあうリスクは常に考えておく必要があります。

特にここ最近はDeFiのハッキング事例も増えてきているので、利用する前には必ずリスクを把握しておくようにしましょう。

DeFiのまとめ

今回は、2020年頃から大きな広がりを見せたDeFiの特徴や仕組み、またDeFi関連銘柄などをご紹介してきました。

記事のまとめとして、もう一度今回の内容を振り返っていきます。

この記事のまとめ
  • DeFi(Decentralized Finance)とは、分散型金融を意味する用語
  • DeFiでは関連銘柄の取引だけでなく、レンディングや流動性マイニングなどの方法で収益を得ることができる
  • DeFiを利用するため必要なイーサリアムを保有するなら、利用者からの評判も高いLINE BITMAXが使いやすい

ここまでご紹介したように、DeFiは既存の金融システムとは大きな違いがあり、今後数年間でさらに大きく普及していくことが考えられます。

これからDeFiサービスの利用やDeFi関連銘柄を取引していきたい方は、まず国内取引所のアカウントを作成する必要があるでしょう。

数ある国内取引所の中でも、スマホアプリLINEから手軽に仮想通貨の売買ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる