GameFiとは?仕組みや特徴・おすすめ関連銘柄を徹底解説!

Gamefi

これまで、仮想通貨は単純に価値やお金を代替するもの、というイメージがありましたが、最近はユースケースの1つとして、ゲームが注目されるようになってきました。

仮想通貨は現実のお金と交換できることから、ゲームで稼ぐことが出来るようになり、その概念はGameFi(ゲームファイ)と呼ばれます。

今回は、そんなGameFiの銘柄について、解説していきます。

この記事からわかること
  • GameFiは、GameとFinanceから出来た言葉
  • 2019年に生まれた新しい概念で、Play-to-earnやNFTゲーム、ブロックチェーン・ゲームとも呼ばれる
  • ゲーム内で仮想通貨やNFTを獲得し、ゲーム外に持ち出し、法定通貨と交換できることが特徴
  • GameFiなら5つの銘柄がオススメ。
  • GameFi銘柄のトークンを取引するなら、LINE BITMAX

因みに、GameFi内で使用される仮想通貨銘柄は、国内取引所での上場はまだ多くなく、海外取引所での取引がメインとなります。

一方、海外取引所での入手の前段階として、日本円を別な仮想通貨に変える場所としては、国内取引所のアカウントは大変便利です。

LINE BITMAXなら、スマートフォンで本人確認から取引まで完結できる、使いやすい仕様の取引所ですので、この機会に公式サイトをご覧になってみて下さい。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

GameFiとは

GameFi(ゲームファイ)は、Game(ゲーム)とFinance(金融)をつなげた言葉で、「プレイすることで、ゲーム外においても価値がある仮想通貨やNFTを獲得し、経済的価値、つまり現実世界のお金を稼ぐことができるゲーム」を指す、と言われています。

一方、まだ誕生から間もない言葉であるため、現在も明確な定義が定められていません。

初めてGameFiという言葉が使用されたのは、2019年11月に中国で開かれた国際会議Wuzhen World Blockchain Conferenceにて、シンガポール発のブロックチェーン・ゲーム会社MixMarvel社のMary Ma氏による講演、と言われています。

Play-to-earnと呼ばれる事もあり、ブロックチェーン技術やNFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)を用いていることから、ブロックチェーンゲームNFTゲームと言われる事もあります。

そんなGameFiの特徴は何なのでしょうか。

一般的なゲームと比較する形で、見ていきましょう。

GameFiの特徴

GameFiの特徴は以下の3つです。

GameFiの特徴
  • プレイの報酬として仮想通貨を稼ぐ
  • キャラクターやアイテムが、NFTとして発行される
  • ゲーム外のプラットフォームで取引できる

プレイの報酬として仮想通貨を稼ぐ

GameFiの1つ目の特徴としては、プレイの報酬として仮想通貨を稼げることです。

通常のゲームでは、ゲーム内のミッションをクリアする、敵を倒すなどで得られる報酬は、経験値やゲーム内の通貨です。

スクエアエニックスの世界的人気ゲーム、ドラゴンクエストであればゴールド、ファイナルファンタジーならギル、任天堂のゼルダの伝説であればルピーです。

ただ、それらはゲーム内専用の通貨で、現実世界では経済的価値がありません。

一方、GameFiでは獲得する報酬が仮想通貨であるため、円やUSDなど、現実世界で価値のある通貨に交換し、利用することができるのです。

この「ゲーム内で仮想通貨を稼ぐ」ことで、「ゲーム外の現実世界で価値のある通貨に交換ができる」ことが、1つ目の特徴です。

キャラクターやアイテムが、NFTとして発行される

2つ目は、ゲーム内のキャラクターやアイテムがNFTとなっている事です。

1つ目の特徴同様、通常のゲームでは、獲得したアイテムは、ゲーム内でしか使用できません。

一方、GameFiは、キャラクターや、武器、防具、土地などのアイテムは、NFTとして発行されます。

それはつまり、ブロックチェーン技術を用いている事から、現実世界でも自分の所有権を証明できる、という事です。

所有権を証明できるということは、そのNFTに経済的な価値が付けば、法定通貨との交換もできるのです。

これにより、特に平均収入が比較的低めの国では、アルバイトや正社員として働く収入よりもGameFiの収益の方が高くなる場合があるため、ゲームだけで生計を立てる人も登場しています。

特徴1つ目の「仮想通貨を稼ぎ、現実世界のお金に交換可能」と同様に、GameFiは「NFTを獲得することで、現実世界のお金を稼ぐ」こともできるのです。

ゲーム外のプラットフォームで取引できる

3つ目の特徴は、ゲーム外のプラットフォームで取引が出来る点です。

仮想通貨やNFTは、ブロックチェーン技術が用いられています。

ゲーム内通貨やキャラクター、アイテムを交換し、かつ所有権を証明できることは前述の通りですが、加えて、ブロックチェーンという全ての取引がオンラインの公開台帳に記録されることで、ゲーム外のプラットフォームでも取引ができるようになるのです。

仮想通貨を例に挙げると、交換の際は、ゲームから中央集権取引所やDEX(分散型取引所)、web3.0のウォレットに送金し、交換をします。

また、NFTの場合だと、2021年の総売上額が13億USDを超えた、キャラクター育成型GameFiであるAxie infinityは、キャラクターNFTが、外部のNFTプラットフォームOpensea取引されています。

gamefi銘柄
引用:Opensea

この外部で取引できる事は、例えゲームの運営会社にトラブルが起こっても通貨やキャラクター、アイテムを失う心配はない、という事です。

このように、「ゲーム外のプラットフォームで、アイテムなどを取引できる」という点が3つ目の特徴です。

ここまで、GameFiの特徴を解説してきました。

上述の通り、GameFiで稼いだ仮想通貨は、取引所を通して法定通貨に交換ができます。

次の章では、おすすめのGameFi銘柄を5つ紹介しますので、実際にプレイしてみたい、と思われた方は、「日本円での出金」、もしくは「ゲームを有利に進めるための、日本円からGameFi通貨への交換」のために、LINE BITMAXなどの国内取引所のアカウントを活用すると良いでしょう。

GameFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄

上述のように、GameFiはゲーム内の通貨に仮想通貨が用いられています。

そんなGameFi関連の、おすすめの仮想通貨銘柄5つご紹介します。

1〜3番目が海外発4,5番目が日本発のタイトルです。

GameFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄
  • The Sandbox(サンドボックス, Sand)
  • Lucky Block(ラッキーブロック, LBLOCK)
  • Illuvium(イルビウム, ILV)
  • 元素騎士オンライン(MV)
  • PolkaFantasy(ポルカファンタジー, XP)

The Sandbox(サンドボックス, Sand)

gamefi銘柄
引用:The Sandbox公式サイト
仮想通貨の銘柄(シンボル)SAND(サンド)
ゲーム名The Sandbox(サンドボックス)
ジャンルメタバース
現在価格(2022年現在)1.30 USD
時価総額(2022年現在)1,610,168,107 USD
時価総額ランキング(2022年現在)第40位
入手できる取引所Binance(バイナンス)
ByBit(バイビット)他
詳細公式サイト

1つ目のオススメは、メタバース・ゲームThe Sandboxの通貨SANDです。

The Sandboxは、2012年に初めてリリースされたゲームで、現在はGameFiとメタバースが組み合わさった、世界でも人気のゲームです。

ボクセル調のキャラクターを操作し、メタバース内で土地の入手やアイテムの交換、イベント参加からアルバイトまで、様々な経済活動でSANDを稼ぎながら、他のプレイヤーとの交流を楽しむことが目的です。

現在は正式版ローンチ前のα版ながらも、GucchiAdidasなどの有名アパレル・ブランドから、ケイティ・ペリーウィルスミスなどの著名人まで、積極的なコラボレーションを行っていることが特徴です。

日本企業も注目している銘柄で、ソフトバンクやスクエア・エニックス、SHIBUYA109も投資や提携を行っています。

今後も積極的なコラボレーションの継続により、ますますのユーザー拡大が期待できる、GameFiやメタバースの中でも注目の銘柄と言えるでしょう。

Lucky Block(ラッキーブロック, LBLOCK)

gamefi銘柄
引用:Lucky Block公式サイト
仮想通貨の銘柄(シンボル)LBLOCK(エルブロック)
ゲーム名Lucky Block(ラッキーブロック)
ジャンル宝くじ
現在価格(2022年現在)0.001302 USD
時価総額(2022年現在)53,092,313 USD
時価総額ランキング(2022年現在)第3,469位
入手できる取引所PancakeSwap(パンケーキスワップ)
詳細公式サイト

Lucky Blockは、BNBチェーンでローンチされた、宝くじ型GameFiです。

透明性と公平性を重視するゲーム設計をしており、ゲーム内トークンLBLOCKを保有していれば、大当たりであるジャック・ポットが出た場合に、報酬がシェアされます。

トークンがローンチされた2022年1月末、0.00015 USDだった価格が、たったの約1ヶ月で60倍0.009USDとなり、時価総額も一時10億USDを超えるなど、話題を集めた銘柄でもあります。

Illuvium(イルビウム, ILV)

gamefi銘柄
引用:Illuvium公式サイト
仮想通貨の銘柄(シンボル)ILV
ゲーム名Illuvium(イルビウム)
ジャンルRPG、メタバース
現在価格(2022年現在)269.16 USD
時価総額(2022年現在)175,415,177 USD
時価総額ランキング(2022年現在)201位
入手できる取引所Binance(バイナンス)
Digifinex(デジフィネックス)
Bitget(ビットゲット)他
詳細公式サイト

3つ目のオススメ銘柄は、Illuvium(イルビウム)のILVトークンです。

Illuvium(イルビウム)は、イーサリアム・チェーンとImmutable X(NFT向けの、イーサリアム・レイヤー2ソリューション)にてローンチされたRPGゲームです。

3Dで描かれたIlluvialsと呼ばれるNFTキャラクターを集めてチームを作り、オープン・ワールド型のフィールドでバトルをさせます。

正式リリースはこれからでありながら、既にキャラクターのコレクティブルNFTは取引されており、2022年6月2日はランド(土地NFT)セールも開始され、総額約7,200万USDで完売するほど、先行入手可能なNFTに人気が集まる銘柄になっています。

Discordは20万人以上、Twitterは30万人超えのフォロワーを集めるほど注目されており、現在、公式サイトからベータ版参加の登録が可能です。

元素騎士オンライン(MV)

gamefi銘柄
引用:元素騎士オンライン公式サイト
仮想通貨の銘柄(シンボル)MV
ゲーム名元素騎士オンライン
ジャンルMMORPG(Massive Multiplayer Online Roll Playing Game、大規模多人数同時参加型ロールプレイング・ゲーム)、メタバース
現在価格(2022年現在)0.588092 USD
時価総額(2022年現在)86,013,150 USD
時価総額ランキング(2022年現在)第313位
入手できる取引所Bibit(バイビット)
Gate.io(ゲート)
Kucoin(クーコイン)他
詳細公式サイト

4つ目は、元素騎士オンラインのMVトークンです。

元素騎士オンラインは、Polygon(ポリゴン、MATIC)チェーンで開発されているファンタジー調のRPGゲームで、MMOと呼ばれる大人数で同時にプレイし、バトルを楽しめることが特徴です。

元々はPlaystationやNintendo Switchで、日本や台湾を中心に人気を集める「Elemental Knights Online」というオンラインゲームで、2021年12月からブロックチェーン・ゲームの開発が開始されました。

現在は、一部のユーザー限定で、正式版リリース前のα版がプレイされており、将来的には装備やランドNFTを盛り込んだメタバースがローンチ予定です。

そのゲーム内で装備を割安で取引できるなどの機能を持った、ユーティリティ兼ガバナンストークンが、MVです。

元LINE社長の森川亮氏や、俳優の水嶋ヒロ氏など、著名な方もアドバイザーとして参加するなど、日本での注目も集まるGameFiと言えるでしょう。

PolkaFantasy(ポルカファンタジー, XP)

gamefi銘柄
引用:PolkaFantasy公式サイト
仮想通貨の銘柄(シンボル)XP
ゲーム名PolkaFantasy(ポルカファンタジー)
ジャンルトレーディング・カードゲーム
現在価格(2022年現在)0.1156 USD
時価総額(2022年現在)1,695,406 USD
時価総額ランキング(2022年現在)第3,865位
入手できる取引所MEXC Global(メックスシーグローバル)
Uniswap v2(ユニスワップ・バージョン2)
詳細公式サイト

PolkaFantasyは、日本のアニメ調で描かれたカードを集めてバトルをさせるNFTカードゲームです。

イーサリアム、ポリゴン、BNBの3つにクロスチェーン対応しているため、手に入れたNFTカードを広く交換できることが特徴です。

そのゲーム内でのトークンがXPで、NFTアイテム入手やアップグレードなどを行いながら、運営にまつわる投票に参加できる、ユーティリティ兼ガバナンストークンです。

正式リリースは2023年第1〜2四半期を予定しており、元スクエア・エニックス岡田大士郎氏が戦略アドバイザーとしてジョインするなど、実績のあるゲームの専門家を迎え入れた本格的な開発が期待されています。

以上5つが、オススメのGameFi関連の仮想通貨銘柄でした。

GameFiは、プレイすることでゲーム内通貨を稼げることはもちろん、プレイはしないけれども、ゲームの将来性に期待ができる、という場合は、取引所に上場されているゲーム内通貨を入手することもできます。

入手した通貨は、ステーキング、インターネットに繋がっていないオフラインのコールドウォレットに移すなどし、手放すタイミングまで枚数を増やしたり、保管したりすると良いでしょう。

もし将来性を高く評価できるGameFiを見つけた方は、まずは国内取引所のLINE BITMAXに日本円を入金し、各海外・分散型取引所に送金するとスムーズです。

GameFi銘柄の今後の見通し

最後に、GameFi銘柄の今後の見通しについて、見ていきましょう。

GameFi銘柄の今後の見通し
  • ベンチャーキャピタルによる投資拡大
  • メタバースとの融合
  • 法規制が強化されるか

ベンチャーキャピタルによる投資拡大

GameFi銘柄の今後の見通しを考える上で、ベンチャーキャピタルによる投資拡大は見逃せません。

あらゆるゲームを含めた全世界の市場規模は、約1,780億USDである中で、GameFiは約210億USDを占めています。

2025年には2,500億USDを突破すると見られているゲーム市場と、その拡大とともに成長するGameFi市場に対して、2021年中だけで、下記のチャートのようにGameFiに対する投資件数が大きく伸びを見せました。

gamefi銘柄
引用:CRYPTOSLATE

2022年2月には、時価総額トップ10の中央集権取引所であるFTXが、GameFiへの投資に特化したチームを設立した事からも、GameFiに対する投資家の注目度は高いと言えます。

今後も投資が拡大し続けるのかが、GameFiの今後に大きく関わる、と言えるでしょう。

メタバースとの融合

見通しの2つ目としては、GameFiのメタバースとの融合です。

一見似ているGameFiとメタバースですが、仮想通貨関連に特化したニュースサイトCoinTelegraphによると、メタバースは、「GameFi内で経済モデルを働かせる」存在であり、GameFiに融合したメタバースは、ユーザーがゲーム内トークンを消費する場所になる、と述べています。

加えて、メタバースは、GameFiのりテンション(より長い期間、止めずにプレイすること)にも貢献しているとも主張しています。

このことから、今後多くのGameFiがメタバースを融合すると見られ、ユーザーに選ばれ続けるゲームになる為には、メタバースを含めた魅力的なゲーム内経済の設計が鍵になる、と言えるでしょう。

法規制が強化されるか

GameFiに対する、各国の法規制の動きにも注目が集まります。

現状、2021年頃からのGameFiの流行からは、どの国でも大きな法律の変更は起こっていません。

ただ、日本や韓国、中国などの多くのゲームユーザーを持つアジアの国では、GameFiが法律に抵触する可能性があります。

日本について言えば、ゲーム内のガチャや、ランダム性のある機能が、刑法の賭博罪(第185条)、もしくは景品表示法の対象になる場合があるため、GameFiが拡大する障害になっていると考えられています。

今後、よりGameFiをプレイするユーザーが増えていく事で、政府による法規制が強められる可能性は十分考えられるため、GameFiの今後を検討するに当たっては、各国政府の動きにも注視すると良いでしょう。

GameFI銘柄を取引するならLINE BITMAX

LLINE BITMAX top
引用:LINE BITMAX公式サイト
名称LINE BITMAX
現物取引(銘柄数)BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
LN(リンク)
レバレッジ取引非対応
最小取引数量1円相当額より可
入金手数料無料
売買手数料無料
出金手数料LINE Payを利用:110円(税込)
銀行口座を利用:400円(税込)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○(LINEアプリに一体化)
公式サイト公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

もし「GameFi銘柄を取引されたい」と思われた方に、LINE BITMAXをご紹介します。

LINE BITMAXは、シンプルな仕様で人気の国内取引所です。

「かんたん」「安心」「やさしい」の3つをキーワードに開発され、大きな特徴はLINEアプリ内からの取引ができることです。

また、仮想通貨取引に付き物の手数料ですが、LINE BITMAXなら日本円入金手数料と売買手数料が無料、LINE Payを利用すれば、日本円出金手数料もたったの110円と、手数料を抑えた取引が可能になっています。

スマートフォンだけで本人確認も完結、承認もスピーディなので「ゲームをプレイするスマートフォンで、素早く取引できるアカウントを一つ持っておきたい」という方に大変オススメの取引所ですのでまずは公式サイトを確認してみてください。

GameFi銘柄に関するQ&A

最後に、GameFi銘柄に関するQ&Aを見ていきましょう。

GameFi銘柄に関するQ&A
  • GameFiとメタバースの違いは何ですか。
  • プレイするために、仮想通貨を入手する必要はありますか。
  • GameFi銘柄のリスクは何ですか。

GameFiとメタバースの違いは何ですか。

GameFiは「ゲームのプレイ自体が目的」に対して、メタバースは「手段」です。

具体的には、メタバースは、「現実世界の活動」や「現実世界で出来ない活動」を、オンラインで実現する手段です。

プレイするために、仮想通貨を入手する必要はありますか。

ゲームによっては、必ずしも必要ではありません。

ただ、多くの場合は初期投資としてNFTの入手が必須になるケースが多く見受けられます。

GameFi銘柄のリスクは何ですか。

トークンやNFTの値下がりによる損失はもちろんですが、開発者によるRug pull(ラグプル、詐欺の事)にも注意が必要です。

NFTやGameFiにまつわる記事に特化した海外メディアNFTandGameFiは、ここ数年で起きたGameFi銘柄のラグプル案件を9件も紹介しています。

公式サイトだけではなく、ホワイトペーパーやツイッター、ディスコードなどのコミュニティトークン配分が開発者に偏りすぎていないか等、充分なリサーチの上で投資を行うと良いでしょう。

また、こういったリサーチは、今後人気を集める銘柄を見極める時にも有効でしょう。

GameFi銘柄のまとめ

今回は、GameFiの特徴から、具体的な銘柄までを解説してきました。

この記事のまとめ
  • GameFiは、GameとFinanceから出来た言葉
  • 2019年に生まれた新しい概念で、Play-to-earnやNFTゲーム、ブロックチェーン・ゲームとも呼ばれる
  • ゲーム内で仮想通貨やNFTを獲得し、ゲーム外に持ち出し、法定通貨と交換できることが特徴
  • GameFiなら5つの銘柄がオススメ。
  • GameFi銘柄のトークンを取引するなら、LINE BITMAX

ゲーム市場の成長とともに拡大が見込まれるGameFiは、ゲーム内トークンを投資対象として考えることも有効である事が分かりました。

そんなGameFi銘柄を取引されたい方は、国内取引所のLINE BITMAXを利用して、海外取引所に送金の上、トークンを入手されてみては、いかがでしょうか。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる