NFTアートとは何かわかりやすく解説!作品の購入方法や作り方/販売方法まで紹介

NFTアート

最近では、インドネシアの大学生がNFTアートとして出品した自撮り画像が約1億1400万円まで値上がりしたとして、大きな話題を呼んでいます。

そんな今注目のNFTアートですが、まだ世間一般での認知度はそれほど高くはなく、「NFTアートの取引には関心があるけれど、どのようなものなのか良くわからない」という方も多いことでしょう。

そこで今回はNFTアートの詳細から取引方法まで、詳しく解説していきます。

この記事から分かること
  • NFTはブロックチェーン技術により実現した、改ざん不可能なトークン
  • NFTアートは現物の絵画と同じように高い価値を付けることが可能
  • NFTアートは誰でも平等に取引を行うことができる
  • Openseaでの取引では、手数料が特に高くなるタイミングがあるので、注意が必要
  • NFT市場は仮想通貨市場の落ち込みに影響されにくい

NFTアートとは代替不可能なトークンでできたデジタルアート作品です。

ブロックチェーン技術を用いることにより、世界でたった一つのデジタルアートとして高い価値を付けることが可能です。

そんな今話題のNFTアートの取引を始めるに、まずはbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

NFTアートとは?

NFTアートの取引を始めるにあたって、NFTアートがどういうものなのか知っておくのは大切です。

ここでは、NFTアートについて、初心者にもわかりやすいようにNFTの概要から順番に解説していきます。

NFTとは

NFTとは

NFTNon-Fungible Tokenを略した言葉で、日本語にすると「代替不可能なトークン」です。

NFTは仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術を利用しており、様々なデジタルデータからたった一つのデジタルデータを特定する、識別子を持っています。

また、このブロックチェーン技術によりデータの改ざんができない仕組みを実現し、デジタルデータに高い資産性を見出すことができるようになりました。

ブロックチェーンとは
ブロックチェーンとは

NFTアートとは

NFTアートとは

上記のNFTの技術をデジタルアートに反映させたものが「NFTアート」です。

これまではデジタルアートは簡単にコピーができてしまうため、どれが本物か見分ける手段がなく、高い価値をつけることは難しいと言われていました。

一方で、NFTアートはブロックチェーン技術によりデータの改ざんを不可能にし、唯一無二のデジタルアートとして価値を保存することができるようになったのです。

現物の絵画と同じように高い価値をつけることが可能であるため、数億円でNFTアートが取引される例も珍しくありません。

このような、資産として価値のあるNFTアートの取引を始めるなら、まずはbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの仕組み

ここでは、NFTアートの仕組みについて解説していきます。

現物のアートや一般的なデジタルアートとの違いを理解していただけるかと思います。

NFTアートの仕組み
  • 公平な取引ができる
  • アーティストに適切な収入が入る
  • 投資対象になる

公平な取引ができる

NFTアートを取り扱っている、NFTプラットフォームでは誰もが公平に取引を行うことができます。

これまでのアート市場では、招待制であったり、知名度の高いアーティストしか出品できなかったりなど、全ての人に開かれているとは言い難い状況でした。

一方で、NFTアートはNFTプラットフォームで取引ができるため、仮想通貨とウォレットを所有してさえいれば身分や国籍、知名度などに左右されず、誰でも平等にアートの取引を楽しめるようになりました。

アーティストに適切な収入が入る

これまではアーティストが作品を出品するにあたって、ギャラリーやアート会社に手数料を差し引かれることが多いため、アーティストとして十分な収入を得ている人はほんの一握りという状況でした。

一方で、NFTアートではアーティストはギャラリーやアート会社への手数料を支払う必要がなく、さらにはNFTプラットフォーム上で簡単に作品を出品できるという手軽さなども相まって、多額の収入を手にするアーティストが増えてきています。

また、アート作品が売れた時だけでなく作品が転売される際にもアーティストに収益が入る仕組みがあるため、アーティストが収益を得るチャンスも広がりました。

作品の購入者にとっても、自身が応援しているアーティストへダイレクトにお金を投じることができるのは嬉しいポイントでしょう。

投資対象になる

これまでもアート投資などを行っている人は多くいたかと思いますが、NFTアートはより投資対象としての側面が大きいのが特徴です。

NFTアートの価格変動は比較的大きく、短期間で暴騰・暴落するような例も見られます。

そのため、短期的な利益獲得を狙ってNFTアート取引を行う人々もいるようです。

NFTアートで投資を始める場合は、仮想通貨取引と同様でこれまでの価格変動や、アーティストが有名になった経緯などなるべく詳しくリサーチするのが大切です。

NFTアートの代表例

続いて、NFTアートについてよりリアルにイメージしていただけるように、NFTアートの代表例をご紹介していきます。

どれも世界的に有名な作品やアーティストですので、ぜひチェックしてみてください。

CryptoPunks

CryptoPunks

CryptoPunksは24×24ピクセルのアート画像です。

ここ一年ほどで有名インフルエンサーがTwitterのアイコンにCryptoPunksを設定するなど、少しずつ知名度が上がってきているので、一度は目にしたことのある方もいることでしょう。

シンプルなデザインが特徴の画像で、ほとんどが男性と女性のイラストですが、中には猿やゾンビ、エイリアンなどの珍しい種類もあります。

当初CryptoPunksは無料で配布されていましたが、少しずつ価格が上がっていき、2022年8月8日現在での最低価格のパンクは74.95ETH(107,179円)となっています。

パンクは全部で1万個しかないため、その希少性もあって、高額な水準で価格が保たれています。

Meebits

meebits

Meebitsは、Larva Labs社によってリリースされた2万個限定の3Dボクセルアートです。

Meebitのタイプには一般的な人間以外にも、スケルトンやロボットなど珍しい種類のものがあり、個数が少ないものほど価格が高くなります。

Meebitsはアニメーションを取り入れることができ、メタバース上でアバターとしても活用可能です。

Decentraland」や「The Sandbox」などのメタバースゲームの利用者が増え続ける中、今後の人気上昇にも期待できるアートと言えるでしょう。

2022年8月現在も高い人気を誇り、高額での取引が行われています。

Beeple

beeple

Beepleは米国のデジタルアーティストで、本名はマイク・ヴィンケルマンです。

2021年3月にクリティーズというオークションサイトで彼のNFTアート作品「Everydays:The First 5000 Days」が約75億円で販売されたとして話題になりました。

この作品は彼のアート作品をコラージュしたもので、同オークションサイトで販売されたデジタルアート作品の中で最高値となったといいます。

クリティーズは1766年に設立されたアート会社で、シェイクスピアの肖像画やレオナルドダヴィンチの絵画といった、歴史的に有名な作品の数々を販売してきています。

このような歴史あるオークションサイトで作品が販売されたことから、Beepleの芸術家としての高い実力と、アート業界でNFTアートの存在が認められてきていることがうかがえます。

このようなNFTアートを取引したい方は、まず国内取引所でイーサリアムのような仮想通貨を用意する必要があります。

まずは国内取引所としても評判が高いbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートを購入できるプラットフォーム

続いて、NFTアートの取引ができるプラットフォームを3つご紹介していきます。

NFTマーケットプレイス
  • Coincheck NFT
  • OpenSea
  • LooksRare

Coincheck NFT

coincheck NFT

Coincheck NFTは、仮想通貨取引所が運営する国内初のNFTマーケットプレイスです。

仮想通貨取引所のCoincheckと一体化しているため、同取引所で仮想通貨を入手したら、そのままダイレクトにNFTを購入できます。

また、NFT取引をする際の問題となっていた、ガス代(手数料)や難しい取引方法などを解消し、簡単かつ手数料無料で取引できるのが特徴です。

そのため、とにかく手軽にNFT取引を始めたい方にぴったりのNFTマーケットプレイスです。

一方で、これからご紹介するOpenSeaなどのマーケットプレイスと比べると商品の種類・数ともに少ない点が唯一のデメリットと言えるでしょう。

OpenSea

opensea

OpenSeaは、世界で最も有名なNFTマーケットプレイスです。

2017年に世界初のイーサリアムブロックチェーン上のNFTマーケットプレイスとして誕生しました。

2021年8月時点での一ヶ月の取引量は15億6400万ドルを記録し、今もなお取引量を増やし続けています。

NFTマーケットプレイスの中で最も歴史があり、利用者数もトップクラスであることから、初めてNFTの取引を行う場合でも安心して利用していただけるマーケットプレイスです。

ただし、取引手数料が高いため、手数料が特に高いタイミングは避けるのがおすすめです。

LooksRare

looksrare

LooksRareは2022年1月10日にサービスが開始された、仮想通貨LOOKSのコミュニティによって運営されているNFTマーケットプレイスです。

コミュニティファーストのマーケットプレイスであり、NFTの購入者や出品者に積極的に報酬を与えていく姿勢を見せているのが特徴です。

そのため、お得にNFTの取引を始めたい方におすすめできます。

また、過去には競合のOpenSeaから顧客を引きつけるために、過去にOpenSeaで3ETH以上の取引を行った人に向けて、無料でトークンが配布されるサービスを行っていました。

今後もゲリラ的にお得なサービスが開始される可能性は充分に考えられるでしょう。

デメリットとしては、サービスが開始されてから間もないため、日本語での使い方の情報が少ないことから、初心者には挑戦しづらいかもしれません。

NFTアートの作り方・始め方

それでは、次にNFTアートの作り方と始め方をご紹介していきます。

ここではCoincheckを例として、NFTアート出品の前準備までの手順を解説します。

オリジナルのデジタルアートを作成する

まずは、NFTアートの元となるデジタルアートを作成しましょう。

デジタルアートとはパソコンやスマホなどを利用して作られたアート作品のことを指し、イラストやアニメーション、写真を加工したものなど多岐に渡ります。

最近では手軽に画像や動画の作成ができるスマホアプリなども出てきており、デジタルアート作成の初心者でも簡単に作品が作れます。

アーティストではない一般の方のNFTアートが高額で取引されているケースも多々ありますので、一度チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

bitFlyerでアカウントを作成する

NFTマーケットプレイスでNFTアートの取引をするには、まずは仮想通貨取引所のアカウントを保有する必要があります。

ここでは、bitFlyerのアカウント作成の方法を解説します。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

会員登録をする

bitFlyer公式サイトにいくと会員登録画面が表示されるので、メールアドレス等を入力します。

会員登録をすると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

メールに記載のURLをクリックしたら、会員登録が完了となります。

本人確認をする

会員登録が終わったら、最後に本人確認として、住所や氏名などの入力と本人確認書類の提出を行います。

本人確認が完了したら、全ての取引が可能になります。

bitFlyerで仮想通貨を入手する

NFTアートの取引を始めるには、仮想通貨を入手する必要があります。

今回ご紹介するOpenseaでNFTアートの取引をする際にはイーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムは国内のほとんどの仮想通貨取引所で取り扱いがありますが、bitFlyerであれば操作性の高いツールを使って手軽に入手できます。

取引手数料が安いため、お得にNFTアートの取引を始めることができます。

仮想通貨をウォレットに送金する

OpenseaでNFTアートの取引をする前に、仮想通貨をウォレットに入れておきましょう。

仮想通貨ウォレットは様々なものがありますが、有名で多くの方に利用されているMetaMaskが使いやすいです。

このような手順でデジタルアートをNFTアートにすることが可能ですので、やってみたい方は参考にしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの売り方・販売方法

続いて、NFTアートの販売方法を解説していきます。

ここではOpenseaを例に画面をお見せしながらお伝えします。

Opensea

はじめにOpensea公式サイトを開き、右上に表示されている「作成」をクリックします。

Opensea

そうすると、ウォレットを選択する画面が表示されるので、自身が所有しているウォレットを選びます。

Opensea

次に、「新しいアイテムを作成する」という画面が出てくるので、作品をアップロードして、必要事項を入力しましょう。

※ここで、作品の詳細をしっかりと記入することが売りやすくなるポイントです。

必要事項の入力ができたら、画面下の「作成」ボタンを押します。

Opensea

次に作品の詳細が書かれた画面が出てくるので、画面右上の「売る」を選択します。

Opensea

最後に、販売方法や価格を設定していきます。

これらの設定が終わったら、「Post Your Listing」をクリックして、作品出品の手続きは完了となります。

自身で作成したNFTアートを販売してみたい方は、国内取引所のbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

Openseaでの取引で必要となる、MetaMaskへの送金もスムーズに行えますので便利です。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの将来性

NFTアートの将来性は次の3つが挙げられます。

NFTアートの将来性
  • NFTの取引高の増加
  • NFTマーケットプレイスの競争激化
  • 有名人のNFT市場参入

NFTの取引高の増加

最近では仮想通貨市場全体が落ち込んでいますが、NFT市場はほとんど影響を受けることなく、取引高を伸ばし続けています。

2022年1月13日に発表されたDappRadarのレポートによると、イーサリアム のNFT アプリケーションに接続されたUAW(ユーザーアクティブウォレット)は2021年第3四半期(7~9月)から43%増加したといいます。

また、ブロックチェーンゲームも仮想通貨市場の影響をあまり受けていないとのことで、NFTとブロックチェーンゲームは仮想通貨市場に左右されず発展していることがわかります。

NFT市場は2021年に非常に盛り上がりましたが、2022年も引き続き大きく躍進する可能性が高いでしょう。

NFTマーケットプレイスの競争激化

これまではOpenseaがNFTマーケットプレイスの中では一人勝ちというような状況でしたが、ここ最近ではOpenseaの競合と言われるマーケットプレイスが出てきて、競争が激しくなっています。

2022年1月10日に始動したNFTマーケットプレイスのLooksRareがOpenseaの強敵になるとして話題になっており、サービス開始間もないながらも、多くのユーザーを獲得しています。

また、仮想通貨取引所のCoinbaseはMastercardと提携し、マスターカードでNFTを購入できる仕組みを取り入れています。

一方でOpenSeaも負けじと、イーサリアムベースのウォレットサービスを行っているDharmaLabsを買収し、利用者のよりスムーズなNFT取引を目指しています。

このようにNFTマーケットプレイスの競争が激化することにより、それぞれのマーケットプレイスが新しいサービスを打ち出しており、NFTマーケットプレイスがさらに使いやすくなっていくことが予想されます。

有名人のNFT市場参入

NFT市場の盛り上がりに伴って、有名人も次々とNFT市場に参入してきています。

最近では世界的ラッパーのエミネムがTwitterのプロフィール画像にBAYCNFTを設定し、話題になりました。

彼はすでに300個以上のNFTを所有しており、その総額は約28万8600ドルにも上るといいます。

また、米国の人気DJであり、BTSとコラボした経歴のあるスティーヴ・アオキも過去にBAYCNFTを購入し、NFTのコレクションを着々と増やしています。

今後も有名人のNFT市場参入が続いていけば、NFT市場はさらに拡大していく可能性があります。

NFTアートでよくある質問

ここでは、さらにNFTアートについて理解を深めていただくために、NFTアートでよくある質問をご紹介していきます。

NFTアートに関する3つの質問
  • Openseaのガス代を安く抑えるには?
  • NFTアートの活用方法が知りたい
  • NFTアートはいくらから買える?

Openseaのガス代を安く抑えるには?

ガス代とは

最近はNFTの人気により、OpenSeaのガス代が高くなっています。

ガス代が特に高騰するのは、以下のような新しいサービスが開始された時が多いため、このようなタイミングを避けるのが得策です。

  • NFTコレクションの公開
  • ステーキング
  • エアドロップ

また、協定世界時(UTC)の午前1時~午後5時までの間、月曜~金曜(特に金曜日)にガス代が高くなる傾向があるため、そのタイミングを避けるのもポイントとなります。

NFTアートの活用方法が知りたい

NFTアートの活用例の一つとしては、メタバースゲーム内でコレクションとして楽しむことです。

The sandboxやDecentralandなどのメタバースゲームでは、購入した土地の敷地内に美術館を建設して、そこにNFTアートを飾ることができます。

また、自分で眺めるだけでなく、他のプレイヤーに美術館を鑑賞してもらい、コミュニケーションを取るのも新しい楽しみ方です。

NFTアートはいくらから買える?

NFTアートは2022年7月現在、最も安いものだと0.00000001ドルほどで入手することができます。

NFT関連のニュースを見ていると数億円などと高額で取引されている例が目立ちますが、NFTマーケットプレイスには様々な価格のNFTがあります。

余剰資金で無理なく購入できるものを探してみましょう。

NFTアートまとめ

今回は今話題のNFTアートについてお伝えしました。

この記事のまとめは以下のとおりです。

この記事のまとめ
  • NFTはブロックチェーン技術により実現した、改ざん不可能なトークン
  • NFTアートは現物の絵画と同じように高い価値を付けることが可能
  • NFTアートは誰でも平等に取引を行うことができる
  • Openseaでの取引では、手数料が特に高くなるタイミングがあるので、注意が必要
  • NFT市場は仮想通貨市場の落ち込みに影響されにくい

NFTアートは仮想通貨市場が不調な中でも高い需要を保っており、取引量はまだまだ増加する兆候を見せています。

現状では米国がメインとなって盛り上がっていますが、今後は日本にもその大きな波が来るかもしれません。

そのため、今のうちからNFTアートの取引を始めて、先行者利益の獲得を狙ってみるのも面白いでしょう。

まずは、高いセキュリティが世界からも認められているbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる