【2022年最新版】NFTゲームとは?特徴・おすすめランキングから稼ぎ方まで徹底解説

NFTゲーム

2020年から猛威を振るっている新型コロナウイルス。

自宅にいる時間が多くなった中で、テレビゲームやスマートフォンアプリにハマる方が増えてきています。

ゲームは自宅でひとりで遊べることから「スキマ時間」をつぶすのにはもってこいですが、もし、そのゲームでお金を稼げたらもっと嬉しいはず。

今回は、稼げるゲーム「NFTゲーム」の特徴について紹介していきます。

この記事からわかること
  • NFTゲームとは、仮想通貨の「ブロックチェーン技術」をベースに開発されたゲームのこと
  • ユーザーは、NFTゲームをプレイするだけでお金を稼ぐことができる
  • NFTゲームでは、自分だけのオリジナルキャラクターやアイテムを作成可能
  • NFTゲームは国内外で法規制が追いついておらず、展開次第では収益化が難しくなるおそれも

「NFTゲームで作成したキャラクターやアイテムを売却したい」という方は、アプリから簡単に利用できるLINE BITMAXが便利でしょう。

様々な関連サービスも提供しており、日ごろから仮想通貨を貯めたい方にはぴったりの取引所です。

取引したい方は是非LINE BITMAXの公式サイトを確認してみてください。

目次

NFTゲームとは

NFTゲーム

NFTゲームとは、仮想通貨の「ブロックチェーン技術」をベースに開発されたゲームのことです。

ゲームをプレイするだけでお金を稼ぐことができる(Play To Earn)点が大きな特徴。

2021年から市場が急拡大している「NFT(非代替性トークン)」の影響で、ユーザー数がどんどん増えてきている、今大注目の分野となっています。

NFTゲームの特徴

まずは、NFTゲームの特徴について紹介します。

NFTゲームの特徴
  • ゲームをプレイするだけでお金を稼ぐことができる
  • 自分だけのアイテムやキャラクターを作成可能
  • データ改ざんによる「不正行為」が発生しにくい

通常のテレビゲームやスマートフォンアプリとは異なる特徴を多く有していることがわかります。

ゲームをプレイするだけでお金を稼ぐことができる

NFTゲームは、ゲームを遊んでいるだけでお金を稼ぐことができます。

具体的に説明すると、ゲーム内で作成したり・獲得したキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで売却したりすることで、収益を得ることができるのです。

また、プレイするゲームによっては好成績を残すと報酬として売却可能な「トークン」を入手できる場合もあります。

このように、NFTゲームはプレイしながらお金を稼ぐことができる魅力的なゲームとなっております。

自分だけのアイテムやキャラクターを作成可能

NFTゲームは、ゲーム内で自分だけのアイテムやキャラクターを作成可能です。

一般的なテレビゲームやスマートフォンアプリの場合、入手可能なキャラクターやアイテムはすでにゲーム内で設定が施されており、自身でイチから作成することはできず、この点はNFTゲームの大きな特徴のひとつとなるでしょう。

また、作成したキャラクターやアイテムの性質は「唯一無二」のものとなるので、その分価値が上昇しやすいというメリットもあります。

データ改ざんによる「不正行為」が発生しにくい

NFTゲームは、仮想通貨を流通する際によく用いられる「ブロックチェーン技術」を開発に利用することで、データ改ざんによる「不正行為」が発生しにくい仕様になっています。

ブロックチェーンとは?
ブロックチェーンとは

インターネット上でおこなうさまざまな取引の履歴(=ブロック)を1本の鎖状に連結したもの。

作成されたブロックチェーンはユーザー全員が共有で管理(監視)することで、不正行為を未然に防止。

イーサリアムやビットコインをはじめ、ほとんどの仮想通貨はブロックチェーンを用いて開発が進められており、高度なセキュリティ体制を維持しています。

通信対戦がメインのゲームの場合、裏技や専用ツールを用いて不正をはたらく「チート行為」が横行し問題になっていますが、NFTゲームはこのブロックチェーン技術を応用することでゲームを不正行為から守っているのです。

このように、自分だけのアイテムやキャラクターを作成したり、ゲームをプレイしたりするなかで、お金を稼ぐことができます。

NFTゲームに興味のある方は、LINE BITMXの公式サイトを確認し、準備のための通貨を確認しててみてください。

NFTゲームの人気ランキング・一覧

NFTゲームに興味が湧いた方は、実際にNFTゲームに挑戦してみましょう。

ここでは、今人気のNFTゲームについて紹介していきます。

ユーザー数の多い主なNFTゲーム
  • Sorare(ソラーレ)
  • The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)
  • Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

もちろんどのNFTゲームでも、プレイするだけでお金を稼ぐことができます。

Sorare(ソラーレ)

公式サイト:https://sorare.com/

Sorare(ソラーレ)は、現役サッカー、野球、バスケットボール選手を扱うトレーディングカードゲームです。

実在するスポーツ選手を取り扱うゲームは世界中にたくさん存在していますが、このSorareの面白いポイントは「実際の試合の戦績がゲームに反映される」こと。

自身の保有している選手が現実世界で活躍すると、ゲーム内で報酬や賞品を獲得することができるのです。

サッカーが好きな方は、試合の応援により力が入ること間違いなしです。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)
公式サイト:https://www.sandbox.game/jp/

The Sandbox(ザ・サンドボックス)は、バーチャル空間「メタバース」の中でキャラクターを自由に操作して遊ぶサンドボックス(箱庭)ゲーム。

無料ツール「VoxEdit」を使ってオリジナルキャラクターやアイテムをデザインから作成できたり、「GameMaker」という専用ツールで自作のゲームまで作成できたりと、ゲームをプレイする際の「自由度の高さ」が特徴です。

The Sandboxで遊びたい場合、メタバース内の土地となる「LAND」が必要となります。

LANDの面積は有限で、プレイヤー数の増加によってその価値がどんどん上昇してきています。

中には、自分の持っているLANDを他のプレイヤーに貸し出し不動産収入を得ているプレイヤーもいるほどなので、興味のある方は早めに挑戦してみることをおすすめします。

現在に至るまで、世界各国の名だたる企業やブランドが参入を決めており、今後主流のNFTゲームになるとも言われています。

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)
公式サイト:https://axieinfinity.com/

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、自身が保有しているモンスター「Axie(アクシー)」を戦わせて遊ぶ対戦型ゲームです。

このゲームは、決められた条件をクリアすることで、ゲーム内で流通しているトークン「SLP(Smooth Love Potion)」や「AXS(Axie Infinity Shards)」を獲得することができます。

獲得したトークンは一部の海外取引所でほかの仮想通貨と交換できるため、段階を踏みさえすれば日本円に「換金」することも可能です。

ゲーム開始時にAxieを購入する必要があるためマイナスからのスタートとなりますが、NFTゲームの中でも資金稼ぎの手段が多いゲームとなっています。

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)
公式サイト:https://cryptospells.jp/

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は、日本初のトレーディングカードゲーム。

2019年にリリースされると、初日で600ETH(当時のレートに換算するとおよそ2,000万円)を売り上げたとして話題になりました。

ゲーム内で獲得したカードは、NFTマーケットプレイスで売却するほかに、NFTコンバーターを通じて他のNFTゲーム内で「相互使用」することができます。

Axie Infinityと違い無料でゲームを始めることができるので、はじめてNFTゲームに挑戦する方におすすめのゲームとなっています。

このように、多様なNFTゲームが人気を博し、大きな注目を集めています。

LINE BITMAXからウォレットに送金すれば初心者の方でもNFTを購入できるので、気になる方はLINE BITMAX公式サイトを確認してみてください。

NFTゲームの稼ぎ方

ここでは、人気NFTゲーム「Crypto Spells」とNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」を例に、NFTゲーム内で作成したキャラクターやアイテムを出品する方法について紹介していきます。

出品までのプロセスはたったの「3つ」です。

ぜひ当記事を参考に、キャラクターやアイテムの売却にトライしてみてください。

Crypto SpellsのアイテムをCoincheck NFTで出品する手順
  1. Coincheck NFTにアクセス
  2. マイページからウェブウォレット「メタマスク」をインストール
  3. Coincheck NFTにCrypto Spellsのアイテムを入庫・出品

Coincheck NFTにアクセス

まずはアイテムを取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT」にアクセスするのですが、Coincheck NFTを利用するには運営元の仮想通貨取引所「Coincheck」のアカウントを保有する必要があります。

Coincheck-top

Coincheckのアカウント作成には本人確認書類(運転免許証もしくはマイナンバーカード)が必要ですのであらかじめ準備しましょう。

スマートフォンで本人確認書類を提出する「かんたん本人確認」を利用すると、最短でその日中にアカウント作成が可能で、多くの方が利用しています。

マイページからウェブウォレット「メタマスク」をインストール

アカウント作成が完了したら、Coincheck NFTのマイページからウェブウォレット「メタマスク」をインストールすると便利です。

MetaMask-インストール

ちなみに、メタマスクはGoogle chromeの拡張機能からもインストール可能です。

ウェブウォレットは、NFTのやり取りの他にも仮想通貨の管理や送金に役立つので、このタイミングでインストールしておくことを便利です。

Coincheck NFTにCrypto Spellsのアイテムを入庫・出品

メタマスクのインストールが完了したら、Coincheck NFTにCrypto Spellsのアイテムを入庫・出品していきます。

Coincheck NFTのマイページにてメタマスクと連携し、「MetaMaskから入庫」ボタンをクリックして必要なアイテムを入庫。

その後、マイページから「受け取る通貨」と「出品金額」を設定し出品手続きをおこなったら、手続きは完了です。

手順が分かった方は、以上の手順でNFTゲームに挑戦してみましょう。

NFTゲームの今後の見通し

2021年に入り、ユーザ数が急拡大しているNFTゲームですが、この勢いはいったいいつまで続くのでしょうか。

ここでは、NFTゲームの今後を占う3つのポイントについて紹介していきます。

NFTゲームの今後の見通し
  • NFT市場のさらなる盛り上がり
  • 巨大資本の新規参入
  • 法規制の対象となるおそれ

NFT市場のさらなる盛り上がり

2021年はNFT市場にとって「急成長」の1年になりました。

市場分析サイト「DappRadar」の集計によると、2021年7月~9月期のNFT取引高は約1兆2,000億円。

これは、前期(4月~6月期)と比較するとおよそ「8倍」、さらに前年同期と比較すると、なんと「380倍」です。

NFTゲームはNFT市場と非常に深い関係にあるので、NFT市場の盛り上がりが続く限りはNFTゲームの勢いも続いていくと考えられています。

巨大資本の新規参入

NFTゲームの取引市場は規模としてはまだ成長段階。

今後さらなる発展をしていくには、「巨大資本」の新規参入は不可欠でしょう。

そして、国内では「ファイナルファンタジーシリーズ」や「ドラゴンクエストシリーズ」などで知られる「スクエア・エニックス社」がNFT市場に参入するなど、大手ゲーム会社が本格的にNFTゲーム界への進出を伺っています。

ゲーム会社がNFTゲームを開発することで、今まで仮想通貨に興味のなかった層がNFTゲームをプレイすることになり、その結果、市場規模も一気に拡大していく可能性が高いです。

法規制の対象となるおそれ

NFTを含む仮想通貨分野は、市場が急拡大したため法律の整備がまだ追いついていません。

国内外の有識者は現在、慎重にルールを検討していますが、その結果によっては強めに規制がかけられてしまうおそれも。

加速度的に価値を高めているNFT市場の勢いにブレーキがかかってしまうケースも十分考えられるので、注意しておく必要があります。

このように、「スクエア・エニックス社」が参入するなど、NFTゲームには大きな勢いがあります

この機会に是非LINE BITMAXの公式サイトを覗いて見ましょう。

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

NFTゲームの評判/口コミ

この項では、NFTゲームの評判や口コミについてTwitterへの投稿を引用する形で紹介していきます。

Twitter上のコメントは実際にプレイしている「生の声」となっているので、ぜひ参考にしてください。

良い評判

あとは時間取られないアクシーみたいなゲームをちょこちょこやってるけど稼げるな!! まだ言えないけどw ゲームして稼げるなんて、この時代に生まれて良かった!

Twitterより引用

NFTゲームのボムクリプト 13キャラガチャ、全て最低のコモン。 初期投資6万円ほど。 3日稼働で4500円。(1日1500円) 2週間で原資回収ペース。 キャラガチャが最低でこのペースなら、ガチャで良いキャラ出てたら日給5000円もぜんぜんある。

Twitterより引用

なんだかんだ言ってますが、NFTゲームのおかげでタワマンに引っ越すことができました。家賃稼ぐためによりいっそうゲーム頑張ります

Twitterより引用

まずは、良い評判から。

ほとんどの口コミで、「NFTゲームは稼げる」と記載があります。

稼げる金額は、日々のお小遣い稼ぎ程度のものから1日あたり数千円のものまでさまざまですが、NFTゲームは「楽しむ」より「稼ぐ」ための手段であることがわかります。

悪い評判

nftゲームに課金して継続的に稼ぐより、通貨に投資してキャピタルゲインを得る方が成功しやすいと思う。 ETH使って参入したらETH上がり相場に転換して参入したゲームの通貨は下がり相場に転換() 原資回収まで時間かかるし、その時間イーサ寝かした方がよっぽど儲かるじゃん?

Twitterより引用

NFT、ゲームのガス代戦争はDxsaleよりも全然やばい。ガス代数千ドルとか詰めないよ。

Twitterより引用

NFTゲームは日本では流行らないかもしれない あれは金稼ぐって意味ならわかるけど そうじゃなくて遊びの延長で考えると 正直微妙かも

Twitterより引用

続いて、悪い評判について。

NFTゲームは、プレイ前の初期費用や取引時に手数料として「ガス代」が発生するため、マイナスからのスタートに。

収益化するためには数ヶ月もの間プレイをし続けなくてはいけないので、その点はリスクと言えるでしょう。

また、NFTゲームは通常のゲームと比較すると「面白さ」は少ないという声も。

ゲームを「楽しむ」という観点で考えている方は、NFTゲームはまだおすすめではないかもしれません。

NFTゲームで稼いでみたい方はLINE BITMAXの公式サイトを確認してみて下しさい。

NFTゲームのよくある質問

最後に、NFTゲームをプレイするうえで出てくる疑問点についてQ&A形式で紹介していきます。

NFTゲームをこれからプレイする、という方は事前に目を通しておくことをおすすめします。

NFTゲームのよくある質問
  • NFTゲームで稼いだお金に税金は発生するの?
  • 未成年でもNFTゲームはプレイできるの?
  • NFTゲームに初期費用は必要?

NFTゲームで稼いだお金に税金は発生するの?

NFTゲームで稼いだお金はすべて「雑所得」として課税対象に。

雑所得は20万円を超えた場合、税務署で確定申告をおこなう必要があります。

複数のNFTゲームをプレイしている方や、仮想通貨投資に挑戦している方は特に注意してください。

未成年でもNFTゲームはプレイできるの?

NFTゲームは、未成年でもプレイ可能です。

対象年齢はプレイするゲームによって異なるため、まずは公式サイトを確認しましょう。

ただ、NFTゲームで収益化を狙いたい場合は、仮想通貨取引所で口座開設をおこなう必要があります。

国内取引所の場合、口座開設は20歳以上の方が対象となっているので、未成年の方はNFTゲームをプレイしながら成人を待つようにしてください。

NFTゲームに初期費用は必要?

プレイするゲーム次第ですが、NFTゲームを「遊んで楽しむだけ」であれば、初期費用は発生しないことが多いです。

ただし、NFTゲームで「稼ぎたい」場合はそうはいきません。

高額で取引されているアイテムやキャラクターを入手・作成したい方は、数万円程度の出費は覚悟しておいたほうが良さそうです。

NFTゲームに興味がある方は、これらの点に注意してLINE BITMAXの公式サイトを是非確認してみて下さい。

NFTゲームのまとめ

今回は、稼げるゲーム「NFTゲーム」の特徴について紹介しました。

今回のまとめ
  • NFTゲームとは、仮想通貨の「ブロックチェーン技術」をベースに開発されたゲームのこと
  • ユーザーは、NFTゲームをプレイするだけでお金を稼ぐことができる
  • NFTゲームでは、自分だけのオリジナルキャラクターやアイテムを作成可能
  • NFTゲームは国内外で法規制が追いついておらず、展開次第では収益化が難しくなるおそれも

NFTゲームをするために必要な仮想通貨はbitFlyerから入手することができます。

ビットコイに関連するサービスも多数展開しており初心者の方からも使いやすいです。

NFTゲームに挑戦してみたいと思った方は是非LINE BITMAXの公式サイトを確認してみてください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる