仮想通貨(ビットコイン)のマイニングとは?やり方/仕組みや稼ぐコツを解説

マイニング
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

仮想通貨について調べていると、「マイニング」という言葉を必ず目にします。

しかし、「マイニングとはなんなのか」、「マイニングは誰でもできるのか」気になっている方も多いのではないでしょうか。

マイニングは仮想通貨やブロックチェーンを理解する上で重要な知識です。

そこで今回は、マイニングについて仮想通貨初心者にもわかるように詳しく解説します。

この記事からわかること
  • マイニングは仮想通貨取引の承認作業
  • マイナーとはマイニングを行う人
  • マイニングを実施すると報酬として仮想通貨を獲得できる
  • マイニングには初期投資が必要
  • マイニングの種類はソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3つ

マイニングは仮想通貨取引の承認をすることです。

マイニングを実施すると仮想通貨の報酬を得られるため、ビジネスとして展開している企業もあります。

ただし、現時点では個人がマイニングで稼ぐことが難しくなっています。

マイニングで稼ぐことが現実的ではないので、個人の方は仮想通貨取引で稼ぐ方が効率が良いでしょう。

DMM Bitcoinでは、新規アカウント作成で2000円が貰えるキャンペーンを実施しているので、ノーリスクで2000円分の仮想通貨取引ができます。

仮想通貨取引で稼ぎたい方は、まずDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

目次

マイニングとは

マイニングとは

マイニングとは仮想通貨の取引を承認する作業です。

仮想通貨取引は、ブロックチェーン上に「いつ、誰が、どれだけ」取引したのかを記録したブロックが生成されます。

マイニングでは、ブロックに記録するデータに不正がないことを確認し、取引を承認しています。

また、「マイナー」はマイニングを実施する人です。

日本円などの法定通貨は国や中央銀行がお金の取引を管理し安全性を保っています。

一方、仮想通貨は中央管理者がいないため、マイナーが取引をチェックすることで安全に取引できる環境を維持しています

マイナーが取引をチェックするといっても、すべてPCが作業しており、マイナーが不正するわけではありません。

マイニングを実施すると、仮想通貨の報酬を得られます。

報酬を日本円に換金する際に取引所が必要ですので、興味がある方はDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングの仕組み

マイニングの仕組みを知るには、マイニングの流れを知ることが重要です。

ここではビットコインでトランザクションが発生した例をもとに解説をしていきます。

トランザクション
以前の持ち主から受け取ったハッシュ値と、送り先のアドレスを秘密鍵で電子署名すること

マイニングの流れは以下の通りです。

マイニングの流れ
  1. トランザクションの発生
  2. mempoolに待機
  3. マイナーによるマイニング作業
  4. ブロックの生成

トランザクションの発生

ビットコインが送金されると、ビットコインのブロックチェーン上でトランザクションデータが発生します。

この段階では取引が成立しておらず、トランザクションがブロックにまとめられた段階で取引成立です。

取引成立までの流れ
①トランザクションがブロックにまとめられる
②ブロックがブロックチェーンと連結した後に記録される

まずは、上記の流れで取引が成立するということを覚えておきましょう。

mempoolに待機

トランザクションはブロックに生成されるまで待機します。

mempool(メモリプール)
トランザクションがブロックにまとめられるまでに待機する場所

トランザクション発生後すぐにブロックへ生成されるわけではなく、一旦mempool(メモリプール)に待機する流れです。

ナンス値の発見とハッシュ値の返還

mempoolに待機したトランザクションは、マイナーによるマイニングで新しいブロックが生成されます。

この作業こそがマイニングで、ナンス値を早く発見したマイナーに報酬を受け取る権利が与えられます。

ナンス値
暗号通信などで用いられる使い捨ての32ビットの値

マイナーはナンス値を発見して、他のマイナーに発見したナンス値が正しいかをチェックしてもらいます。

ナンス値が正しいと承認されれば、トランザクションのデータにブロックを保存します。

また、トランザクションのデータは特定のアルゴリズムで作られる不規則な文字列のハッシュ値に変換する必要があります。

ブロックの生成

ナンス値の発見と承認、ハッシュ値への変換が完了したら、いよいよブロックの生成を行います。

正解となる数値を見つけ出したマイナーのみがブロックを生成し、報酬を受け取ることが可能です。

mempoolにあるトランザクションを新しいブロックに暗号化して記録することで生成ができます。

記録された時点でトランザクションが完了となる流れです。

マイニング作業は費用がかかりすぎる点や難易度の上昇によって、個人が行ってもなかなか稼ぐことが難しくなっています。

そのため、現時点ではマイニングではなく、仮想通貨取引で稼ぐ方が効率的と言えるでしょう。

DMM Bitcoinでは、新規アカウント作成で2000円が貰えるキャンペーンを実施しているので、ノーリスクで2000円分の仮想通貨取引ができます。

仮想通貨取引を検討している方は、まずDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングでどのくらい稼げる?稼げないと言われている理由は?

マイニングは現在、稼ぐことが難しいと言われています。

ビットコインで見ると2023年5月現在マイニング報酬は6.25BTCなので、1回成功すると2500万円が報酬として受け取れる仕組みです。(1BTC=400万円で計算)

1回で2500万円の報酬であれば夢のある作業に感じますが、現時点での実態を見ると思うように稼げないと考える人が多いのが現状です。

マイニングが稼げないと言われている理由
  • 膨大なコストがかかる
  • マニニングの難易度が上昇している
  • 仮想通貨の価格下落

膨大なコストがかかる

マイニングを始めるには、初期費用とランニングコストが発生します。

始める上でかかるコストが膨大という面がマイニングが稼げないと言われている大きな要因と言えるでしょう。

マイニングは当初家庭用のパソコンで行うことができましたが、取引量が増加したことで処理速度の高い専門のパソコンがっ必要となりました。

また、マイニングでは必要電力も多いため、世界で電力不足が懸念されている現在では膨大なコストがかかるようになってしまったのです。

仮にマイニングによる報酬が発生したとしても、かかるコストの方が上回り損失を出してしまうというケースも少なくありません。

マイニングの難易度が上昇している

マイニングの難易度は取引量の増加により上昇しています。

仮想通貨がで始めの頃はマイニングの知名度も低かったため、参入してくる人も少ない傾向にありました。

しかし、仮想通貨市場の過熱によってマイナーが増加し、成功率が下がっているのが現状です。

マイニングは必ず報酬が受け取れるわけではなく、ナンス値を最も早く発見しないといけないので、参入者の増加で稼ぎにくくなっています。

仮想通貨の価格下落

仮想通貨の価格は一定ではなく、投資家の売買によって常に変動しています。

マイニングの報酬は一律で定められているケースが多いため、仮想通貨の価値が上がれば上がるほどマイニング報酬も上がる仕組みです。

仮想通貨の価格下落
引用:Tradingview

こちらは、2017年から2023年現在までのビットコインチャートです。

2021年に高値更新をしたビットコインですが、現在ではその半値付近で推移しています。

2022年から長期間、仮想通貨市場は価格下落が続いており、過去の過熱していた時期のようにマイニングで稼ぐことができなくなっています。

マイニングの特徴・メリット

マイニングの特徴・メリットは次の3点です。

マイニングの特徴・メリット
  • マイニングで報酬を得られる
  • 個人でもマイニングに参加できる
  • 自動的に報酬を得られる

それぞれ解説します。

マイニングで報酬を得られる

マイニングをすると報酬を得られます。

仮想通貨には日本銀行のような通貨の発行元がいません。

代わりにマイナーが、マイニングをすることで仮想通貨を発行しています。

マイナーはマイニングを実施した報酬を得るだけでなく、仮想通貨を発行する役割があります。

個人でもマイニングに参加できる

マイニングはPCとマイニング用のソフトがあれば、個人でも参加できます。

必ずしも企業に所属したり、チームを作ったりする必要はないため、誰でも参加できる環境はメリットと言えます。

自動的に報酬を得られる

マイニングは自動的に報酬を得られます

マイニングとはブロックを生成し取引の承認を行う作業ですが、その作業はPCに組み込まれたアルゴリズムに従って自動で実施されます。

また、クラウドマイニングのようにマイナーに出資する場合、設備や専門知識も不要です。

マイニングで得た報酬を日本円に換金する場合、国内の仮想通貨取引所が必要です。

マイニングを行ってみたい方は、まず国内取引所のアカウントが必要となるので、DMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングのデメリット

マイニングのデメリットは次の3点です。

マイニングのデメリット
  • 初期投資が必要
  • 半減期により報酬額が減る
  • 必ず報酬を得られるとは限らない

それぞれ解説します。

初期投資が必要

マイニングを始める場合、初期投資が必要です。

自分でPCやマイニングソフトを揃えてマイニングを行う場合、設備投資として数十万円の初期費用がかかります。

クラウドマイニングと呼ばれる、マイナーに出資してマイニングをする場合にも、まとまった収入を得る場合は、数十万、数百万円の投資が必要です。

財力のない人がマイニングに参加するのは難しいと言えます。

半減期により報酬額が減る

半減期により報酬額が減ります

ビットコインなど発行上限枚数が決まっている仮想通貨には「半減期」があり、一定期間ごとにマイニング報酬が半分になります。

例えば、ビットコインの報酬額は、2012年は25BTC、2016年は12.5BTC、2020年は6.25BTCと推移しています。

2012年と2020年を比べると、同じ作業をしてるのに、報酬額に4倍の差があります。

2024年には3.125BTCに減ると予想されていますので、半減期はマイニングのデメリットです。

必ず報酬を得られるとは限らない

マイニングを実施しても必ず報酬を得られるとは限りません

その理由は、マイニングの報酬は取引情報を最も速く処理して、承認作業を行った人に支払われるからです。

つまり、世界中にいるマイナーとのスピード勝負に勝たなければ、報酬を得られないということです。

報酬を得るためには、お金をかけてよりハイスペックなPCを準備するか、ライバルの少ない草コインのマイニングを行うなどの対策が必要です。

マイニングの種類

マイニングは大きく3種あります。

マイニングの種類
  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

一つずつ解説します。

ソロマイニング

ソロマイニングは、一人で実施するマイニングです。

自分でPCやマイニングソフトを揃え、専門知識を身につけた状態でマイニングに参加します。

自分のペースでマイニングに参加でき、報酬額がすべて自分のものになるのがメリットです。

ただし銘柄によっては、企業がライバルになるため注意が必要です。

プールマイニング

プールマイニングは自分のPCをインターネットで共有し、間接的にマイニングに参加する方法です。

ソロマイニングが一人であるのに対し、プールマイニングは複数人でマイニングに参加します。

複数人で参加するため報酬を得やすいですが、報酬が分配されるので一人当たりの報酬額は低めです。

クラウドマイニング

クラウドマイニングは、マイニング事業を行っている企業に出資して、企業が得た報酬の一部をもらう方法です。

マイニングの知識や高性能PCを持っていなくても、資金さえあればマイニングに参加できます。

ただし、マイナーに出資金を持ち逃げされるケースもあるため、出資する場合は出資先の情報を細かくリサーチする必要があります。

マイニングに関する基本用語

ここではマイニングをするにあたり抑えておきたい基本用語を解説します。

ディフィカルティ

ディフィカルティは、マイニングでナンスを見つける難易度を表します。

仮想通貨はそれぞれマイニングに要する時間が決まっています。

そのため、難易度を設定することで、時間のかかるマイニングを難易度を下げ、時間がかからないマイニングには難易度を挙げて作業時間を調整しているということです。

ハッシュレート

ハッシュレートはH/sという単位で表される計算力を指します。

H/sは1秒間に何回計算できるかを表しており、例えば100H/sは1秒間に100回計算できることになります。

マイニングのやり方

ソロマイニングのやり方を紹介します。

手順は次の通りです。

マイニングのやり方
  1. 高性能PCを準備する
  2. 周辺機器を揃える
  3. ウォレットを作成する
  4. マイニングソフトをインストールする
  5. マイニングソフトとウォレットを接続する
  6. マイニングを開始

順番に解説します。

高性能PCを準備する

まずマイニングに適したPCを準備します。

マイニングで報酬を得る場合、誰よりも速く計算し、処理を完了する必要があります。

しかし、一般的なPCに内蔵されているCPUでは処理速度が不十分です。

ゲーミングPCなどハイスペックなPCを選びましょう。

周辺機器を揃える

冷却ファンなどPCの周辺機器を揃えます。

マイニングは消費電力が大きく、大量の熱を発します。

そのまま使うとPCが壊れるだけでなく、発火の危険性もあるため、周辺機器も重要です。

ウォレットを作成する

次にウォレットを作成します。

マイニングの報酬は仮想通貨で支払われるために、通貨を保管するためにウォレットが必要です。

マイニングソフトをインストールする

マイニングソフトをPCにインストールします。

マイニングソフトがないと、マイニングを実施できません。

おすすめのマイニングソフトは後ほど紹介します。

マイニングソフトとウォレットを接続する

次にマイニングソフトとウォレットを接続します。

マイニングを開始

マイニングソフトを立ち上げて、マイニングを始めましょう。

マイニングを始めたら、国内取引所で報酬を日本円に換金する必要がありますので、マイニングを開始しようとしている方は、まずDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングで稼ぐコツ

マイニングで稼ぐコツは次の3つです。

マイニングで稼ぐコツ
  • マイニングに適したPCを準備する
  • 銘柄に適したマイニングソフトを選ぶ
  • 専門家に任せる

それぞれ解説します。

マイニングに適したPCを準備する

マイニングで稼ぐにはマイニングに適したPCが必要です。

マイニングで報酬を得る場合、誰よりも速く承認作業を行う必要があります。

しかし、マイニングで実施される計算は非常に複雑であるため、一般的なPCでは性能が足りず、処理に時間がかかります

これでは、他のマイナーとの勝負にも勝てず報酬も得られません。

したがって、マイニングをする場合はCPUが高く、マイニングに適したPCを選ぶ必要があります。

銘柄に適したマイニングソフトを選ぶ

銘柄に適したマイニングソフトを選びましょう

マイニングソフトの種類はさまざまです。

銘柄を限定せずアルトコインの中から最適な銘柄を選んでくれるソフトや、イーサリアムなど特的の銘柄に特化したソフトがあります。

狙っている銘柄にあったマイニングソフトを選ぶ方が効率が良いです。

専門家に任せる

専門家に任せるのもマイニングで稼ぐコツです。

マイニングで稼ぐためには、マイニングに関する専門知識が必要ですが、知識の習得にも時間がかかります。

報酬を獲得する際のライバルは、何年もマイニング事業に関わってる人です。

そのような環境の中で、これからマイニングに参入するのは難しいため、専門家に任せるのも1つの方法と言えます。

クラウドマイニングなら、マイナーに出資することで報酬の一部を獲得できます。

マイニングで稼いだ報酬を日本円に換金したい方は、DMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングにおすすめのソフト

マイニングにおすすめのソフトは次の3つです。

マイニングにおすすめのソフト
  • NiceHash
  • Minergate
  • Awesome Miner

それぞれ特徴を紹介します。

NiceHash

1つ目のおすすめソフトは、「NiceHash」です。

NiceHashはマイニングに必要なパワーを取引できるサービスです。

仮想通貨のマイニングで世界最大手と言われています。

NiceHashMinerというソフトをPCにダウンロードし、スタートボタンを押すだけで利用可能です。

NiceHashは仮想通貨の価格やマイニングの難易度に応じて、自動的にマイニングする銘柄を選んでくれます。

銘柄をリサーチする手間が省けるため、効率的にマイニングを実施できます。

Minergate

2つ目のおすすめソフトは、「Minergate」です。

Minergateの特徴は、操作性が高く、初心者にも使いやすい点です。

GUIタイプと呼ばれる、アイコンやメニューなどを視覚的に認知させるデザインを導入しています。

初めてマイニングソフトを利用する方も迷うことなく利用できます。

Awesome Miner

3つ目のおすすめソフトは、「Awesome Miner」です。

Awesome Minerの特徴は、大規模なマイニングファームにも対応しており、クラウドマイニングができる点です。

また、効率良くマイニングできる銘柄を自動的に選ぶ機能があるため、マイニングに慣れていない人も簡単に利用できます。

マイニングにおすすめの仮想通貨銘柄

マイニングにおすすめの仮想通貨銘柄を紹介します。

マイニングにおすすめの仮想通貨銘柄

仮想通貨と言えば、ビットコインやイーサリアムが有名です。

しかし、これらの銘柄のマイニング事業には資金力のある大企業が参入しており、これから参入してマイニングで稼ぐのは難しいと言えます。

特にソロマイニングでの参入は困難です。

そこでマイニングにおすすめの仮想通貨銘柄は、知名度の低いアルトコインです。

草コイン

おすすめの仮想通貨銘柄は草コインです。

草コインとは、アルトコインの中でも認知度や時価総額が低い仮想通貨です。

認知度が低いためマイニングを狙っている人も少ないと言えます。

ただし、草コインは取引量が少ないため注意が必要です。

取引量が少ないと、マイニングする機会も少ないため報酬を得られません。

また、仮に報酬を得たとしても通貨の価値がないこともあり、利益が0に近いこともあります。

将来性のある草コインを見極める知識が必要です。

イーサリアムクラシック

草コイン以外のおすすめの仮想通貨銘柄は「イーサリアムクラシック」です。

イーサリアムクラシックの他には、「モナコイン」などがあります。

ビットコインやイーサリアムほどの人気がないため、個人でもマイニングで稼ぐチャンスはあります。

また、国内の仮想通貨取引所で取り扱いがあるため、マイニングで得た報酬をすぐに日本円に換金できます。

興味がある方は、国内取引所のDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

マイニングにおすすめの国内取引所

マイニングにおすすめの国内取引所は次の通りです。

マイニングにおすすめの国内取引所

各取引所の特徴を紹介します。

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
取り扱い銘柄数販売所形式:23種類
レバレッジ取引:31銘柄
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド及びレバレッジ手数料あり ※BitMatch注文を除く)
入金手数料銀行振込:無料
クイック入金:無料
日本円の出金手数料無料
ツールネットブラウザ、スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に対応した銘柄が25種類と豊富です。

複数の銘柄の取り扱いは、リスク分散になるためメリットと言えます。

また、独自の決済方法であるBitMatch注文を提供しており、お得に仮想通貨を取引できます。

DMM FXで得た知見をもとに制作されて取引ツールは、初心者から上級者まで利用できますので、興味がある方はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

LINE BITMAX

LLINE BITMAX top
名称LINE BITMAX
暗号資産数7種類
最低取引金額1円相当額
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ

取引所(フィンシアのみ)
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨フィンシア(FNSA)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINEの関連企業であるLINE Xenesis株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

LINEアプリから、手軽に仮想通貨の取引ができます。

レンディングサービスの倍率が高くお得に利用できますので、興味がある方はLINE BITMAXの公式サイトを確認してみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

Coincheck

コインチェック-top
取り扱い銘柄数販売所形式:26種類
取引所形式:7種類
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:500円
取引所形式:0.005BTCかつ500円
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:無料
入金手数料銀行振込:無料
コンビニ入金:3万円未満…770円
       3万円~30万円…1,018円
クイック入金:3万円未満…770円
       3万円~50万円…1,018円
       50万以上…入金金額の0.11%+495円
日本円の出金手数料407円
ツールネットブラウザ、スマホアプリ
その他のサービスCoincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT(β版)
Coincheckでんき/ガス
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)
公式サイトCoincheckの公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckのスマホアプリは、ダウンロード数が国内の取引所でNo.1※になっており、利用者の多い取引所です。

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

スマホアプリを使って手軽に仮想通貨取引が可能です。

また仮想通貨の積立投資やNFTマーケットプレイスの提供など、独自サービスが豊富なので、さまざまな利用方法があります。

取り扱い通貨が19種類と豊富なので、興味がある方はCoincheckの公式サイトを確認してみてください。

マイニングに関する質問

マイニングに関する質問に回答します。

マイニングに関する質問
  • ビットコインのマイニングの報酬額はいくら?
  • マイニングにかかる費用はいくら?
ビットコインのマイニングの報酬額はいくら?

2023年時点での、ビットコインマイニングの報酬額は、6.25BTCです。

ただし、報酬額は半減期ごとに下がる仕組みなのでご注意ください。

ビットコインの半減期は4年周期で、前回は2020年に実施されました。

報酬額は半減期ごとに半分になるので、2024年に実施予定の半減期で3.125BTCに減額します。

マイニングにかかる費用はいくら?

マイニングにかかる費用は、ソロマイニングとプールマイニングの場合、初期費用で数十万円必要です。

さらに、PCや冷却ファンを動かすための電気代が毎月かかります。

マイニングにかかる電力は通常のPCよりも大きく、24時間稼働するので、日常生活の電気代よりも高額になります。

クラウドマイニングの場合は、数千円から始められますが、出資金が少ないと得られる報酬も小さいことを理解しておきましょう。

マイニングのまとめ

今回は仮想通貨のマイニングについて解説しました。

この記事のまとめ
  • マイニングは仮想通貨取引の承認作業
  • マイナーとはマイニングを行う人
  • マイニングを実施すると報酬として仮想通貨を獲得できる
  • マイニングには初期投資が必要
  • マイニングの種類はソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3つ

マイニングは仮想通貨を稼げるため、ビジネスとしても注目されています。

この記事を読んでマイニングに興味を抱いた方は、マイニング報酬を日本円に換金する際に国内取引所の利用が必要です

興味がある方は、スマホから手軽に仮想通貨取引ができる国内取引所のDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間:2023年10月1日(日)午前6時59分まで

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次