NFTにおけるMint(ミント)とは?仕組みやOpenSeaを用いたやり方・かかるガス代について徹底解説

NFT Mint

NFTについて調べると、「Mint(ミント)」という言葉が出てきます。

いったい、Mintとはどういう意味の言葉なのでしょうか。

今回は、NFTにおけるMintの意味や仕組み、特徴、Mintの方法、よくある質問などについてまとめます。

この記事からわかること
  • Mintとは、NFTを新たに発行すること
  • Mintするにはイーサリアムなどの特定の仮想通貨が必要
  • MintはNFTの仕組みであるスマートコントラクトを利用して発行される
  • 現在、もっとも多用されているブロックチェーンはイーサリアムのERC721
  • NFTを簡単にMintする方法はOpenSeaなどの共用コントラクトを利用すること
  • Mintする際にかかる手数料をガス代という
  • ガス代を抑えるには、混雑を避け処理スピードを遅くするとよい
  • 利便性を維持しながらガス代を抑えたいならPolygonを利用するとよい
  • イーサリアムなどの暗号資産はbitFlyerのような国内暗号資産取引所で手に入れなければならない

仮想通貨を利用した取引で重要なのは、仮想通貨に関する日本の法律や税金の知識を持つことです。

bitFlyerでは、仮想通貨法や所得税などについて詳しく解説しています。

重要な法律や税金について詳しく学びたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

NFTのMintとは

NFTとは

Mintとは、NFTを新たに作り出すことで、英語の「Minting(鋳造する)」を語源とする言葉です。

Mintは文脈によって若干意味合いが異なることがありますが、概ね、NFTを作り出すという意味でとらえて差し支えないでしょう。

MintできるNFTは、デジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなどです。

NFTは自分で作成し市場で販売できますが、他の人がつくったNFTを入手することもできます。

その際に必要なのがイーサリアムなどの仮想通貨です。

仮想通貨を手に入れるためにはbitFlyerなどの国内暗号資産取引所にアカウントを作成しなければなりません。

bitFlyerなら、ビットコインやイーサリアムをはじめとする合計15種類の仮想通貨を取り扱っているので、NFTの入手に必要な仮想通貨を手に入れやすいといえます。

デジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなどのNFTを手に入れたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTのMintの仕組み

NFTを作り出す「Mint」はどのような仕組みなのでしょうか。

NFTのMintの仕組み
  • NFTはスマートコントラクトによってつくられる
  • OpenSeaは共用コントラクトの一つ
  • Mintで多用される「ERC721」

NFTはスマートコントラクトによってつくられる

NFTはスマートコントラクトによって作られます。

スマートコントラクトはNFTを作り出すための設計図のようなもので、ある条件を満たせば契約内容が自動的に実行される仕組みです。

スマートコントラクトとは

そのため、スマートコントラクトはブロックチェーン上で自動的に契約を実行する仕組みともいわれます。

スマートコントラクトを利用すると、NFT作成の過程で発生する様々な手間を省略でき、効率よくNFTを発行できます。

OpenSeaは共用コントラクトの一つ

コントラクト(NFTを製造する場)は、独自コントラクトと共用コントラクトに分けられます。

独自コントラクトは自分で一からNFTを発行する方法であり、共用コントラクトはすでに誰かが作り上げたコントラクトを皆で利用してNFTを発行する方法です。

よく知られている「OpenSea」は共用コントラクトの一つです。

OpenSeaの利用者は、コントラクトやNFTに関する知識があまりなかったとしてもOpenSeaがもっている共用コントラクトを利用することで比較的容易にNFTを生み出せます。

Mintで多用される「ERC721」

ERC721とは

NFTを発行するとき、もっとも多用されるブロックチェーンはイーサリアムの「ERC721」です。

NFTの発行や売買に関わるOpenSeaもERC721を前提としたサービスを展開していますので、NFTの基本となる技術といってよいでしょう。

多くのNFTはイーサリアムの技術をベースにして発行されているため、NFT取引をする際はイーサリアムを保有していた方が便利です。

日本国内でイーサリアムを手に入れるには、国内暗号資産取引所で日本円と交換しなければなりません。

その際は、bitFlyerのような多くの仮想通貨を取り扱っている暗号資産取引所を利用すると容易にイーサリアムを手に入れられます。

容易にイーサリアムを手に入れたいという方は、安心で使いやすいbitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTのMintのやり方/作り方

NFTをMintするにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、OpenSeaでのMintの方法を解説します。

NFTのMintのやり方/作り方
  • 国内暗号資産取引所でイーサリアムを入手
  • OpenSeaでアカウントを作成
  • MetaMaskに入金し、OpenSeaと接続
  • OpenSeaでフォルダを作成
  • オリジナルコンテンツを作成しアップロード

国内暗号資産取引所でイーサリアムを入手

まず、国内暗号資産取引所でイーサリアムを入手します。

OpenSeaで取り扱っているNFTの多くはイーサリアムを基盤としているため、NFTを出品・販売するにはイーサリアムが必要となるからです。

OpenSeaでアカウントを作成

次にOpenSeaのアカウントを作成します。

OpenSeaはNFTを取引する場(マーケットプレイス)で、ここを利用するとスムーズにNFTの売買・出品が可能となります。

MetaMaskに入金し、OpenSeaと接続

MetaMask(メタマスク)とは

OpenSeaでアカウントを作成したら、MetaMaskと接続します。

MetaMaskはイーサリアム系の仮想通貨やNFTが保管できるウォレットで、ここに国内暗号資産取引所で入手したイーサリアムを入金します。

そうすることで、OpenSeaでNFTの売買や出品が可能となります。

OpenSeaでフォルダを作成

OpenSeaでNFTをMintするにはフォルダが必要です。

OpenSeaでフォルダを作成:Discover, collect, and sell extraordinary NFTs

OpenSeaのトップ画面右上にある色がついた●印をクリックし、「My collections」を選択します。

すると、必要情報の記入画面が現れます。

Logo imageロゴ画像
Featured imageアイキャッチ画像
Banner imageバナー画像
Nameコレクションの名前
URLコレクションのURL
Descriptionコレクションの詳細説明
Categoryコレクションのカテゴリーを選択
Creator Earningsクリエイターが受け取るロイヤリティの設定
Blockchainブロックチェーンの選択
Payment tokens売買するときに使用する仮想通貨の選択
Display themeコレクションの表示方法の選択

これらの情報を入力することで、OpenSeaの利用準備が完了します。

オリジナルコンテンツを作成しアップロード

最後に、OpenSeaに自分だけのNFTを作成し、アップロード(Mint)します。

デジタルアートや音楽、動画、ゲームアイテムなど様々なものがアップロードできますが、他人の著作物をアップロードして自分のNFTとしてMintすることはできません。

以上で見てきたとおり、NFTをMintするにはイーサリアムなどの仮想通貨が欠かせません。

bitFlyerなら、販売所取引の手数料が無料で、取引所の利用料も比較的安価に抑えられます。

利用料を安く抑えて取引を行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTのMintに関するよくある質問

NFTのMintに関するよくある質問をまとめました。

NFTのMintに関するよくある質問
  • NFTのMintにかかるガス代とは?
  • ガス代を安くすることはできるのか?
  • MintされたNFTの中に不正なものはある?

NFTのMintにかかるガス代とは?

ガス代とは

ガス代とはNFTをMintするときにかかる手数料です。

ガス代は常に一定ではなく、取引している人が多くネットが混雑している時や取引の処理スピードを速く設定していると高くなります。

ということは、混雑を避け処理スピードを遅くするとガス代を抑えることができるのですが、そうすると利便性が低下してしまいます。

ガス代を安くすることはできるのか?

利便性を維持しつつガス代を安くすることはできないのでしょうか。

実は、ガス代が高くなっているのはイーサリアム上のブロックチェーンを利用するNFTであり、それ以外のブロックチェーンを用いるとガス代を抑えられます。

たとえば、OpenSeaでは「Polygon(ポリゴン)」というブロックチェーンがガス代無料で利用できます。

ポリゴンを利用してもイーサリアムを得られますが、設定を誤ると売却した利益であるイーサリアムを手に入れられないこともありますので、しっかりと事前に調べてからポリゴンを利用したほうが良いでしょう。

MintされたNFTの中に不正なものはある?

2022年1月28日にツイッターに投稿されたOpenSeaのコメントの中に次のような一文があります。

However, we’ve recently seen misuse of this feature increase exponentially. Over 80% of the items created with this tool were plagiarized works, fake collections, and spam.

Twitter

OpenSeaで作成されたNFTのうち80%以上が盗作、偽のコレクション、スパムであったとしています。

かねてからデジタルコンテンツは偽造や盗作のリスクが高いとみられていましたが、そういった懸念を裏付ける結果が出ています。

OpenSeaを利用してNFTを作成する際には、偽造や盗作、スパムになっていないか今一度確認したほうが良いでしょう。

とはいえ、NFTの取引は今後も活発化することが予想され、将来有望であることに変わりありません。

しかしながら、NFTの入手にはイーサリアムなどの仮想通貨が必要で、それは国内の暗号資産取引所から手に入れるしかありません。

せっかく手に入れた仮想通貨を安心して保有するには高いセキュリティ能力をもった暗号資産取引所でアカウントを持つのが最も良いと考えられます。

bitFlyerでは、7年連続ハッキングゼロという高いセキュリティを実現しています。

NFTの取引に興味がある方は、安心して利用できるbitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTのMintのまとめ

今回はNFTのMintについてまとめました。

NFTのMintのまとめ
  • Mintとは、NFTを新たに発行すること
  • Mintするにはイーサリアムなどの特定の仮想通貨が必要
  • MintはNFTの仕組みであるスマートコントラクトを利用して発行される
  • 現在、もっとも多用されているブロックチェーンはイーサリアムのERC721
  • NFTを簡単にMintする方法はOpenSeaなどの共用コントラクトを利用すること
  • Mintする際にかかる手数料をガス代という
  • ガス代を抑えるには、混雑を避け処理スピードを遅くするとよい
  • 利便性を維持しながらガス代を抑えたいならPolygonを利用するとよい
  • イーサリアムなどの暗号資産はbitFlyerのような国内暗号資産取引所で手に入れなければならない

今回はNFTのMintについてまとめました。

MintとはNFTを新たに発行することで、発行の際にはスマートコントラクトの仕組みを利用します。

NFTをMintするときにはガス代とよばれる手数料が発生しますが、手数料を抑えたいならネット上の混雑を避け、処理スピードを遅く設定します。

OpenSeaを利用しつつ、より根本的にガス代を減らすにはPolygonというブロックチェーンを使うとよいでしょう。

いずれにせよ、NFTをMintするにはイーサリアムなどの仮想通貨が必要となります。

仮想通貨取引の際、取引ツールはとても重要で自分に合ったツールを使ったほうが良いでしょう。

たとえば、bitFlyerのツールであるbitFlyer Lightningはシンプルでとても見やすくなっています。

この記事を読んで、NFTのMintに興味を抱いた方は、簡単で使いやすいbitFlyerの公式サイトでご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる