1BTC(1ビットコイン)はいくら?少額でも儲かる理由や価格推移を徹底解説

1BTCはいくら?
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

ビットコインってどのくらいの価値があるの?」

「ビットコインはいくらから買えるの?」

このページをご覧の方は、そのような疑問を持っているかもしれません。

1ビットコイン(BTC)は1,000万円台で、取引可能金額は暗号資産取引所によって異なります。

※ビットコインの価格は2024年4月4日現在

今回は、ビットコインの単位や少額取引の最低金額、現在の価格動向、ビットコインが儲かる理由、可能性や買い方などについてまとめます。

この記事からわかること
  • ビットコインの主な単位はBTCとsatoshi
  • 2024年4月現在、1BTC=¥10,024,325.32
  • ビットコインはビットコインETFや決済受け入れ企業の増加など社会に浸透しつつある
  • 法定通貨として認める国が増える可能性がある
  • ビットコイン取引なら手軽に取引可能なDMM Bitcoinが最適

ビットコインはほとんどの国内暗号資産取引所で取り扱っています。

手軽にビットコインを入手したいと考えているなら、DMM Bitcoinのようなスマホで取引が完結する暗号資産取引所が候補の一つとなるでしょう。

ビットコイン取引を始めたい方は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認しておきましょう。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

目次

現在の1ビットコイン(1BTC)あたりの価格

現在、1BTCはこちらの価格で推移しています。

2023年は全体を通して価格が低迷していた年でしたが、10月以降価格は上昇傾向に戻しています。

現在は、過去最高値を超える1,000万円台で推移しています。

ビットコインはDMM Bitcoinなどの国内取引所にて取引可能です。

まだ口座をお持ちでない方は、ぜひこの機会に公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

1BTC(1ビットコイン)の単位

ビットコインの単位は2つあります。

1つ目はBTCで、もう一つがsatoshiです。

1BTC(1ビットコイン)の単位
  • BTC(ビーティーシー)
  • satoshi(サトシ)

BTC(ビーティーシー)

BTCはビットコインの基本単位で、補助単位と併せて用いられます。

主な単位・補助単位は以下の通りです。

単位読み方詳細
BTCビーティーシービットコインの基本単位
mBTCミリビーティーシー1mBTC=0.001BTC
μBTCマイクロビーティーシー1μBTC=0.000001 BTC

このほかにも1BTCよりも大きな単位がありますが、ビットコインが高額になり大きな単位での取引が少ないためか、日常的に目にするのは1BTCよりも小さいmBTCやμBTCなどです。

satoshi(サトシ)

satoshiはビットコインの考案者とされる「サトシ・ナカモト」氏の名前に由来する単位です。

1satoshi=0.00000001BTCと定められていますので、1BTC=300万円なら1satoshi=0.03円となります。

1BTC以下の単位をあらわすとき、mBTCやμBTCの他にsatoshiを使って表すこともありますので覚えておきましょう。

ビットコイン取引をしてみたいけれども、いきなり多額の取引は怖いという方に見ていただきたいのがDMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinは少額から取引が可能ですので、少額から取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BTC(ビットコイン)の少額取引の最低金額

ビットコインはどのくらいの金額から取引できるのでしょうか。

2024年4月現在、1BTC=約1000万円前後であることから、そのくらいの資金がなければ取引できないのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、どのくらいの金額からビットコインを取引できるかは暗号資産取引所ごとで異なります。

0.001BTCの取引所もあれば、0.0001BTCの取引所もあります。

たとえば、DMM Bitcoinで約400円ほどの少額から取引可能なので、リスクに応じて金額を調整することができます。

金額を調整しながら取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

1BTC(1ビットコイン)の現在の価格動向

1BTCの市場価格はどうなっているのでしょうか。チャートで確認してみましょう。

1BTC(1ビットコイン)の現在の価格動向
TradingView

2024年4月現在、1BTCは¥10,025,239.05です。

2021年後半に記録した1BTC=770万円を超えており、過去最高値を更新中です。

2018年後半から2021年前半にかけて、1BTC=100万円前後で推移していたことを考えると、大きく上昇したと言えるでしょう。

「ビットコインに興味があるけれども、なかなか一歩踏み出せない」

そんな方に最適なのがDMM Bitcoinです。

安全性やツールの使いやすさから高い人気を誇ります。

気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BTCが儲かる理由

BTCが儲かる理由は何でしょうか。

儲かる3点の理由を解説します。

BTCが儲かる理由
  • 仮想通貨の代表格として注目されているから
  • ビットコインETFがアメリカで上場したから
  • ビットコイン決済を受け入れる大企業が増えているから

仮想通貨の代表格として注目されているから

仮想通貨の代表格として注目されているから
引用元:TradingView

将来性がある理由の一つ目は、ビットコインが仮想通貨の代表格として注目されているからです。

上のチャートは仮想通貨の時価総額の割合について示したものです。ビットコインは全体の約53%を占め、他の仮想通貨を圧倒しています。

2位のイーサリアムで約17%、3位のテザーで約13%であることを踏まえるといかにビットコインの占有率が高いかわかります。

ビットコインETFがアメリカで上場したから

将来性がある理由の二つ目は、ビットコインETFがアメリカで上場したからです。

ETFは上場投資信託といい、株式などと同じく証券取引所で取引されます。

従来、ビットコインを含む仮想通貨は仮想通貨取引所で扱っているため一般の投資家からみるとなじみの薄いものでした。

ETFとして証券取引所で取り扱われるようになれば、ビットコインに対する投資がさらに活発になると期待されています。

ビットコイン決済を受け入れる大企業が増えているから

将来性がある理由の三つ目は、ビットコイン決済を受け入れる大企業が増えているからです。

たとえば、Starbucks Coffeeやコカ・コーラ、モバイル決済大手のPaypalなどでビットコイン決済が実行もしくは検討されています。

日本でも家電量販店のビッグカメラやコジマ、ソフマップ、動画配信サービスなどを運営しているDMM.com、クラウドファンディングサイトのCAMPFIREなどでビットコイン決済を受けれています。

こうした動きが拡大すれば、ビットコインの利用価値が高まると予想されます。

ビットコインを保有するとき、気になることの一つは自分のビットコインの安全性ではないでしょうか。

国内暗号資産取引所では、外部からのハッキングなどに備えて取引所ごとでセキュリティ対策をとっています。

DMM Bitcoinは国内取引所の中でも安全性の高い取引所として有名です。

気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BTCの今後の見通し/将来性

ビットコインはどのようになっていくのでしょうか。

可能性についてまとめました。

BTCの可能性
  • 法定通貨として認める国が増える可能性がある
  • 投資対象としてビットコインが見直される可能性がある
  • 寄付の透明性を高められる

法定通貨として認める国が増える可能性がある

ビットコインを国の正式な通貨(法定通貨)として認める動きが出始めています。

2021年6月、中米のエルサルバドルでは米ドル、サルバドール・コロン(現在は流通していない)に続く3つ目の法定通貨としてビットコインを採用しました。

2022年4月、中央アフリカ共和国もビットコインを法定通貨とすると発表しました。

さらに、2022年5月にはエルサルバドルでビットコイン国際会議が開催されると発表され、32カ国の中央銀行と12ヵ国金融当局が参加します。

ビットコインの国際的な認知が高まれば、法定通貨として採用する国が増える可能性があり、ビットコインの将来性にプラスの影響を与えるでしょう。

ただし、法定通貨への採用は国際通貨基金(IMF)から警告が出されている状況なので、今後安全性の担保が重要となってくるでしょう。

投資対象としてビットコインが見直される可能性がある

ビットコインETFがアメリカで上場されたことにより、ビットコインの価値が見直される可能性があります。

ビットコインは市場価格の不安定性などから投資対象として的確かどうか議論されてきました。

その議論に一石を投じたのがアメリカでのビットコインETFの上場です。

ビットコインが証券市場でも取引されるようになれば、認知度や信頼性が高まり取引が活発化する可能性があります。

寄付の透明性を高められる

仮想通貨のメリットの一つに透明性の高さがあります。

もし、誰かがビットコインを入手したり使用したりすれば、その記録はブロックチェーン上に残されるので非常に透明性が高いものだといえます。

透明性の高さが生かされるのは、寄付などをする際です。

誰が、どのように寄付したかが明確に記録されるため、第三者が勝手に使用することができず、寄付の透明性が高まるのです。

ビットコインなどの仮想通貨の将来性を見込んで、ビットコインの取引をしたいともう方もいるかもしれません。

中には、手続きなどに書ける時間がない方もいらっしゃるでしょう。

最近は、スマートフォンですべての手続きが完結できる暗号資産取引所が増えてきました。

DMM Bitcoinもその一つで、スマホアプリから手軽に取引が可能です。

気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしておきましょう。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BTCの買い方

ビットコインを買うにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、ビットコインの取引についてまとめます。

BTCの買い方
  • 国内暗号資産取引所でアカウントを作成
  • 日本円を入金
  • ビットコインの取引を実行

国内暗号資産取引所でアカウントを作成

取引を開始するには国内暗号資産取引所でアカウントを作成しなければなりません。

アカウント作成にはメールアドレスや本人確認書類が必要です。

本人確認書類として認められるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 日本政府発行のパスポート

これらの書類を用意し、アカウント作成をしましょう。

取引所のサイトでは必要事項の記入や本人確認書類の撮影・提出が求められるので指示に従って順番に作業を進めます。

すべての手続きが終わると、取引所が提出した書類などを審査し、特に問題がなければアカウント作成は終了します。

日本円を入金

作成したアカウントに日本円を入金します。

アカウントを作成した暗号資産取引所が国内であれば、銀行やコンビニなどから日本円を入金できます。

海外の仮想通貨取引所を利用する場合、日本円の入金を受け付けていないことが多いので注意しましょう。

ビットコインの取引を実行

ビットコイン取引について、DMM Bitcoinを例として説明します。

まず、取引したい仮想通貨をDMM Bitcoinの20銘柄から選択して取引をします。

DMM Bitcoinの画面は非常にシンプルで、初心者でも簡単に利用することができるので、気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BTCを取引するのにおすすめの国内取引所

おすすめの国内暗号資産取引所を紹介します。

BTCを取引するのにおすすめの国内取引所

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:28種類
レバレッジ取引:34種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン(PR)公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは動画配信サービスの他に株式やFXなど様々なサービスを展開しているDMMグループに所属する暗号資産取引所です。

DMM Bitcoinのメリットはレバレッジ取引ができる仮想通貨が多いことや売買手数料・入出金手数料が無料であることです。

レバレッジ取引をうまく利用すると手持ち資金よりも金額が大きい取引ができます。

手数料を安く抑えたい方やレバレッジ取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご覧ください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BitPoint

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担あり
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

ビットポイントは、仮想通貨取引の初心者から上級者まで幅広く利用されている国内取引所です。

取引手数料などの各種手数料が無料ですので、取引回数が多い人も安心して利用できます。

スマートフォンアプリ「BITPOINT」を使うことで、初心者でも簡単に取引ができます。

また、ビットコインやイーサリアムなどの人気の銘柄だけでなく、信頼性の高い様々なアルトコインを取り扱っています。

運用方法も多彩で、現物取引のほかに、貸して増やす「レンディング」や、保有するだけの「ステーキング」などが利用できます。

詳しくは、ビットポイントの公式サイトをチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

1BTC(1ビットコイン)はいくらに関するQ&A

1BTCはいくら?に関する質問を2点まとめました。

1BTC(1ビットコイン)はいくら?に関するQ&A
  • ビットコインを日本円にするにはどうすればいいのですか?
  • ビットコイン取引で得た収入に課税されますか?
ビットコインを日本円にするにはどうすればいいのですか?

ビットコインを日本円にするには、国内暗号資産取引所で取引しなければなりません。

海外の仮想通貨取引所にあるビットコインを日本円にするには、日本の国内暗号資産取引所に送金したうえで取引し、日本円に替えなければなりません。

ビットコイン取引で得た収入に課税されますか?

ビットコイン取引で得た収入にも課税されます。

ビットコインで得た収入は「雑所得」に区分され、給与所得などと合算され「総合課税」の対象となり、確定申告が必要です。

総合課税は所得が大きいほど税率が高くなり、最高で45%の課税となります。

不明な点は各自で税務署などにご確認ください。

1BTC(1ビットコイン)はいくらのまとめ

今回は「1BTCはいくら?」と題してビットコインの単位や将来性などについてまとめました。

この記事からわかること
  • ビットコインの主な単位はBTCとsatoshi
  • ビットコイン取引の最低金額は暗号資産取引所によって異なるが、bitFlyerなら実質1円から投資できる
  • 2024年4月現在、1BTC=約1,000万円台
  • ビットコインはビットコインETFや決済受け入れ企業の増加など社会に浸透しつつある
  • 法定通貨として認める国が増える可能性がある
  • ビットコイン取引なら手軽に取引可能なDMM Bitcoinが最適

ビットコインの主な単位はBTCとsatoshiで、日本の取引所ではmビットコインやμビットコインなどの補助単位が用いられています。

現在は1000万円とビットコイン価格は飛躍的に上昇したため、ビットコインには高額であるというイメージがついてしまいました。

現物を対象としたビットコインETFやビットコイン決済の広がり、法定通貨採用国の増加などがプラスの要因が発生すれば、ビットコイン価値が上昇する可能性があります。

仮想通貨取引が初めての人は、多くの仮想通貨を扱っている取引所よりビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨に絞って取り扱っている取引所の方が「どれを買うべきだろう」と悩むことが少ない分、使いやすいといえます。

暗号資産取引を考えている方は、ぜひ一度DMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次