プラチナ価格の今後の見通しや予想・将来性を徹底解説|2022年現在のおすすめ証券会社とは?

プラチナ

プラチナは白銀に輝く金属で、装飾品や工業製品の原材料として利用されてきました。

金よりも採掘量が少ないことから、一時は金以上の価格で取引されていたこともある希少な金属です。

今回はプラチナの価格動向や今後の価格の見通し、プラチナ取引におすすめの会社、プラチナの価格変動要因、プラチナに投資する方法などについてまとめます。

この記事でわかること
  • 過去のプラチナ価格は世界経済の拡大期に上昇し、世界経済の混乱や実需の減少により下落した
  • プラチナ価格は米国の金利動向や世界経済の動向、実需の動向により変動する
  • 景気回復や脱炭素の推進によりプラチナ価格が上昇する可能性がある
  • 米国金利の上昇や世界経済の減速により下落する可能性がある

プラチナに投資する方法の一つは現物のやり取りを行わないCFD取引です。

CFD取引といえば、IG証券を外すことはできません。

なぜなら、世界各地に拠点を持つIG証券は貴金属・農作物・エネルギー資源といった幅広い商品CFDを取り扱っているからです。

IG証券のCFD取引は「売り」から入ることもできますので、下落相場でも利益を上げられます。

商品CFDの取引ルールやスプレッドなどについて知りたい方は、IG証券の公式サイトをご参照ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEでA仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

プラチナのこれまでの価格動向

プラチナはこれまでどのように価格変動してきたのでしょうか。

プラチナの価格変動についてまとめます。

プラチナのこれまでの価格動向
  • 2002年~2008年:BRICsを中心とする経済成長
  • 2008年~2011年:リーマンショックによる急落と回復
  • 2011年~2020年:実需の減少による価格下落

2002年~2008年:BRICsを中心とする経済成長

2002年~2008年:BRICsを中心とする経済成長
Trading view

ITバブルのショックから回復した2002年以降、世界経済は徐々に回復しプラチナ需要が増加しつつありました。

このころ、世界経済をけん引したのがBRICsと呼ばれる国々で、ブラジル・ロシア・インド・中国などが著しい成長を遂げていました。

はじめ、徐々に上昇していたプラチナ価格は2007年後半から急騰し、2008年には最高値を記録しました。

2008年~2011年:リーマンショックによる急落と回復

2008年~2011年:リーマンショックによる急落と回復
Trading view

拡大を続けてきた世界経済は、2008年9月に発生したリーマンショックによって急激に落ち込みます。

プラチナ相場はそれ以前から下降傾向にありましたがリーマン・ブラザーズ社の破綻が決定的となった2008年9月に一気に急落してしまいます。

この結果、2008年10月には最高値の半分以下にまで下落してしまいました。

その後、プラチナ相場はある程度持ち直しましたが、2008年の最高値を上回ることはありませんでした。

2011年~2020年:実需の減少による価格下落

2011年~2020年:実需の減少による価格下落
Trading view

リーマンショック後、徐々にプラチナ価格は上昇していましたが、2014年に大きな転機を迎えます。

2014年2月にロシアがウクライナ領のクリミア半島に侵攻し制圧、6月に「ISIL(イスラム国)」によるイラク北部攻撃、イスラエルのガザ侵攻などで地政学的リスクが増大しました。

これにより世界経済は減速します。

さらに、2015年にはチャイナショックと呼ばれる中国株の暴落などもあり、世界経済の成長率が低下しました。

それにともなってプラチナ価格も下落します。

また、技術革新により脱プラチナ化やプラチナの主要産出国である南アフリカの通貨(ランド)の下落が進んだこともプラチナ価格下落に拍車をかける結果となりました。

直近のプラチナ価格動向
Trading view

2022年の前半はロシア・ウクライナ情勢の悪化で上昇しましたが、それ以降は米金利の上昇に伴う米ドル高で下落基調になっています。

しかし、直近相場を見ると米金利高止まりの噂やプラチナ価格の需要増によって徐々に価格を戻しています。

世界経済に連動するプラチナは地政学的リスクを受けやすい資源です。

価格の急変を察知するには常日頃からアンテナを張り巡らせ、情報を集めておかなければなりません。

IG証券では最新情報を顧客に提供し、相場を判断する材料を提供し続けています。

最新情報や相場の動向分析などIG証券の持つ豊富で正確な情報にアクセスするのであれば、IG証券の公式サイトをご参照ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

プラチナの今後の価格の見通し

今後、プラチナ価格はどのように推移するのでしょうか。

プラチナ価格の見通しについてまとめます。

プラチナの今後の価格の見通し
  • アメリカの利上げにより価格が下がる可能性がある
  • 景気回復で実需が増え、価格が上がる可能性がある
  • 脱炭素対策で需要が増え、価格が上がる可能性がある

アメリカの利上げにより価格が下がる可能性がある

1つ目のポイントはアメリカの利上げにより価格が下がる可能性があることです。

世界ナンバー1の経済大国であるアメリカはプラチナ価格に大きな影響を与えうる存在です。

米国で身近なモノの値段が急上昇していることを表す図
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20220204/biz/00m/070/001000d

アメリカの金利をつかさどるFRB(連邦準備制度理事会)は、2022年にアメリカで進行しているインフレを食い止めるため、金利を引き上げることを表明しています。

2022年後半に入っても猛スピードで金利があげられており、その勢いが止まることがありません。

一般に、金利が引き上げられると景気が減速し、商品需要が低迷します。

プラチナを必要とする自動車などの生産が減少すれば、プラチナ価格は大きく下落する可能性があります。

景気回復で実需が増え、価格が上がる可能性がある

2つ目のポイントは景気回復で実需が増え、プラチナ価格が上がる可能性があることです。

プラチナと金の用途を表すグラフ
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/platinum_etf/

少し前のデータですが、プラチナと金の用途を比較したグラフです。

プラチナは金に比べて工業での利用割合が高く、実需の強い影響を受けることがわかります。

プラチナの主な用途は自動車触媒需要で工業用のうち42%を占めています。

それゆえ、景気が回復し自動車需要が増大すればプラチナへの実需が高まり価格上昇が見込まれるのです。

脱炭素対策で需要が増え、価格が上がる可能性がある

3つ目のポイントは脱炭素対策で需要が増え、価格が上昇する可能性があることです。

プラチナは脱炭素技術とかかわりが深い資源で、特に燃料電池や水素関連と密接に関連しています。

燃料電池車とは水素と酸素の化学反応で発電する燃料電池を使用し、モーターを駆動させる自動車のことです。

燃料電池車の普及が進めば、燃料電池に必要なプラチナの価格が上がる可能性があります。

グレー水素、ブルー水素、グリーン水素が作られる過程を表す図
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suiso_tukurikata.html

また、水素を作り出す際にCO2を排出しない「グリーン水素」は脱炭素のエネルギー源として注目されていますが、水の電気分解装置にはプラチナが欠かせません。

グリーン水素の普及が進めばプラチナ需要が高まり、価格上昇につながるかもしれません。

プラチナは希少な金属であるというだけではなく、新時代の技術に必要不可欠な金属でもあります。

株式CFD, プラチナCFD, ETF
https://www.ig.com/jp/commodities/platinum-trading

IG証券ではプラチナCFDだけではなく、プラチナ関連企業のCFDやプラチナETFなどプラチナ関連銘柄も取り扱っています。

プラチナに関する豊富な商品ラインアップもIG証券の魅力といえるでしょう。

プラチナ関連銘柄についても詳しくご覧になりたい方は、IG証券の公式サイトを覗いてみてください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

プラチナの取引におすすめの会社

プラチナ取引におすすめの会社を紹介します。

プラチナの取引におすすめの会社
  • IG証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券

IG証券

ig-top
銘柄種類・株式CFD
・株価指数CFD
・商品CFD
・債券先物CFD
レバレッジ・株式CFD:5倍
・株価指数CFD:10倍
・商品CFD:20倍
・債券先物CFD:50倍
取引手数料・株式CFD(日本株):最低110円
・株式CFD(米国株):最低16.50ドル
・株価指数CFD:無料
・商品CFD:無料
・債券先物CFD:無料
公式ページIG証券の公式ページ
関連記事IG証券の評判

CFDといえばIG証券といえるほど、幅広い銘柄を扱っているのがIG証券です。

2022年10月現在、IG証券で取り扱っている商品CFDは金や銀などの貴金属、小麦を代表とする農産物、石油や天然ガスといったエネルギー資源、鉄や銅などの金属資源など多岐にわたっています。

レバレッジをかけた取引ができるため、少額で大きな利益を狙えるのもCFDの特徴です。

IG証券で扱っているCFD取引の商品内容について知りたい方はIG証券の公式サイトをご確認ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

楽天証券

楽天証券CFD-top
銘柄種類株価指数CFD
商品CFD
レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
取引手数料無料
公式ページ楽天証券の公式ページ

楽天証券はネット証券大手であり、あらゆる金融商品を取り扱っている証券会社です。

楽天証券で扱っているCFD取引は金・銀・原油のみですが、世界経済と密接にかかわる日経225やダウ先物・S&P500先物・ナスダック100先物などに投資できます。

プラチナに限らず、幅広い株価指数に投資したい場合は楽天証券を検討してもよいでしょう。

楽天証券の取扱銘柄やルールについて知りたい方は楽天証券の公式サイトをご覧ください。

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD-top
銘柄種類株価指数CFD
商品CFD
バラエティCFD
株式CFD
レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
バラエティCFD:5倍
株式CFD:5倍
取引手数料無料
公式ページGMOクリック証券の公式ページ
関連記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券はGMOフィナンシャルグループに属する証券会社で幅広い商品ラインアップで知られています。

GMOクリック証券もプラチナそのものは扱っていませんが、世界各国の株価指数や南アフリカ通貨のランドに対するFX投資が可能なので、間接的にプラチナ投資が可能です。

GMOクリック証券の取扱金融商品の詳細について知りたい方は、GMOクリック証券の公式サイトをご覧ください。

プラチナの価格変動要因

プラチナ価格が変動する要因には何があるのでしょうか。

変動要因を3つ取り上げます。

プラチナの価格変動要因
  • 米国金利の動向により価格が変動する可能性がある
  • 世界経済の動向により価格が変動する可能性がある
  • 実需の増減により価格が変動する可能性がある

米国金利の動向により価格が変動する可能性がある

1つ目の変動要因は米国金利の動向です。

世界一の経済大国であるアメリカの金利は世界経済に大きな影響を与えます。

FRBがインフレ抑制を最優先し、金利の大幅引き上げや引き上げ後もやすやすと金利を低下させない姿勢を示していることから、景気が抑制される可能性が高まっています。

しかし、CPI(消費者物価指数)などが下落し、インフレが落ち着く傾向見せた場合、FRBによる利上げが想定よりも早く終わる可能性も否定できません。

その場合、景気回復への期待が高まりプラチナ価格が上昇する可能性もあります。

世界経済の動向により価格が変動する可能性がある

2つ目の変動要因は世界経済の動向です。

新型コロナウイルスによるパンデミックが世界的に収まりつつあり、景気回復への期待から2021年にはプラチナ価格が上昇しました。

その後、アメリカをはじめとする主要国の金利引き上げより景気回復期待が減速し、プラチナ価格も下落してしまいました。

仮に、各国がインフレを抑え景気回復路線の舵を切った場合、プラチナ価格は2021年のように上昇する可能性があります。

しかし、インフレ抑制に苦戦した時は景気回復への政策転換が遅れ、プラチナ価格が今よりも下落する可能性も否定できません。

実需の増減により価格が変動する可能性がある

3つ目の変動要因は実需の動向です。

プラチナ産出量のおよそ6割が工業用として利用されているプラチナは実需によって価格が支えられている金属です。

世界経済が回復し、自動車の触媒としての需要が高まったり、脱炭素技術の開発が進んでプラチナ需要が増大したりしたときは、価格が上昇する可能性があります。

しかし、インフレが長引き金利が高止まりすると、景気回復への道が遠のき実需も回復せず、プラチナ価格が低迷する市治りも想定できます。

このように、プラチナはアメリカの金利動向や世界経済の動向、実需の動向など様々な要因により需給が決まり、価格が変動する金属です。

IG証券の学習コンテンツ
https://www.ig.com/jp/market-training

そうなると、日ごろから様々な情報を集めて価格の変動に備えなければなりません。

IG証券では学習コンテンツを用意し、ニュースの分析や取引戦略のレポート、世界各地から集まってくる最新の情報を整理し顧客に提供しています。

豊富な情報を集め、それに基づいて取引したいと考えている人はIG証券の公式サイトをご参照ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

プラチナに投資する方法

プラチナに投資するにはどのようにすればよいでしょうか。

投資方法についてまとめます。

日経平均に投資する方法
  • 先物取引
  • 投資信託・ETF
  • CFD取引

先物取引

1つ目の投資方法は先物取引です。

先物取引は以前から行われている伝統的な取引の手段で原油や天然ガス、金・銀などの商品取引において多く用いられてきました。

先物取引には少額で取引でき「売り」から入れるメリットがありますが、期限が来たら必ず売買をしなければならないという制約があります。

その点、CFD取引と比べ融通が利かない商品だといえるでしょう。

投資信託・ETF

2つ目の投資方法は投資信託・ETFです。

プラチナを扱っている投資信託やETFを購入し、価格が上昇したら売却することで利益を上げます。

信用取引を活用できる場合は信用取引と同じく「売り」から入れるので下落局面でも利益を上げられるでしょう。

CFD取引

3つ目の投資方法はCFD取引です。

CFD取引を表す図
https://www.click-sec.com/corp/lp/cfd_description/

CFD取引とは差金決済取引のことです。

差金決済取引とは証拠金を証券会社に預け入れ、利益が出れば証拠金に加算され、損失が出れば証拠金から差し引かれる仕組みのことです。

したがって、差金決済取引では現物のやり取りが発生せず、貴重品の管理といった問題が発生しません。

1974年に設立されたIG証券はCFD証券取引で豊富な経験と実績を有している証券会社です。

FXをはじめ株価指数・個別株・商品・債券先物など幅広いCFDを取り扱っており、その数は17,000銘柄にもなります。

無料講座も開設できるので、気になる方はIG証券の公式サイトで無料講座を利用した取引を体験してもよいでしょう。

\多数の銘柄を取り扱い!/

プラチナのよくある質問

プラチナに関するよくある質問についてまとめます。

プラチナのよくある質問
  • プラチナの産出量が多い国はどこですか?
  • プラチナの現物を売却した場合、課税対象となりますか?
  • CFD取引でプラチナを売買した場合、課税対象となりますか?

プラチナの産出量が多い国はどこですか?

プラチナ産出量が最も多い国は南アフリカ共和国で、産出量全体のおよそ75%を占めています。

南アフリカの政治・経済の動向はプラチナ価格に大きな影響を与えると予想できます。

プラチナの現物を売却した場合、課税対象となりますか?

課税対象となります。

給与所得者など個人がプラチナを売却して利益を得た場合、譲渡所得とみなされます。

譲渡所得は50万円までが控除対象となりますが、それを超えると課税対象となり他の所得と合算される総合課税の対象となります。

保有期間などにより課税方法が異なるため、不明点があれば最寄りの税務署や税理士、国税局などに問い合わせたほうがよいでしょう。

CFD取引でプラチナを売買した場合、課税対象となりますか?

課税対象となります。

CFD取引で発生した所得は雑所得とみなされ、20万円以上の所得が発生した場合は確定申告が必要となります。

20万円以下の場合でも住民税の課税対象となります。

税金に関する問い合わせは最寄りの税務署や税理士、国税局などにお問い合わせください。

課税に関する心配も必要ですが、それにもまして大事なのは以下の取引で損失を抑えて利益を出すかです。

IG証券ではCFD取引にまつわるリスクについて顧客に十分説明し、リスク管理の徹底を促しています。

また、手数料についても非常に明確に示していますので、あらかじめコスト計算がしやすいというメリットもあります。

リスク管理のノウハウや手数料の詳細について知りたい方はIG証券の公式サイトをご参照ください。

プラチナのまとめ

今回はプラチナについてまとめました。

プラチナのまとめ
  • 過去のプラチナ価格は世界経済の拡大期に上昇し、世界経済の混乱や実需の減少により下落した
  • プラチナ価格は米国の金利動向や世界経済の動向、実需の動向により変動する
  • 景気回復や脱炭素の推進によりプラチナ価格が上昇する可能性がある
  • 米国金利の上昇や世界経済の減速により下落する可能性がある

プラチナは金より高い貴金属というイメージがありますが、実際には金よりも価格が低く工業の実需により支えられた資源です。

そのため、景気動向の影響を受けやすく、景気が上向けば需要が増大して価格が上昇する一方、景気が下向けば需要が減速し価格が下落してしまいます。

今後の価格は世界経済の動向にかかっているため、地政学的リスクなどに注意を払いながらプラチナ投資をする必要があるでしょう。

少額で大きな利益を上げられる取引方法がCFD取引です。

CFD取引で一目置かれる存在がIG証券で、17,000以上のCFD銘柄を取り扱っています。

プラチナ以外にも小麦や金・銀、原油などあらゆる商品を取引対象にしているため、自分の興味がある資源で取引することが可能です。

取扱商品の詳しい内容について知りたい方はIG証券の公式サイトをご覧ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる