NFTとは?仕組みや作り方・始め方から仮想通貨との関連までわかりやすく解説

NFT

現在発行されているほとんどの仮想通貨は、手続きをおこなう際に「ブロックチェーン」という技術を採用しています。

ブロックチェーン技術は、仮想通貨の取引が正しいものであると保証する特別なシステムなのですが、最近ではこの技術が新たな可能性を秘めているとして話題になっています。

今回は、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアート「NFT」について紹介していきます。

今回の記事のまとめ
  • NFTとは、デジタルデータに仮想通貨のブロックチェーン技術をかけ合わせたもの
  • 複製が容易だったデジタルアートの「唯一性」を保証することで、価値をもたらしている
  • NFTは、ゲームのアイテムやTweetなど多種多様な「アート」をマーケットプレイスで出品可能
  • 現在、ほとんどのNFTはイーサリアムのブロックチェーン上で流通
  • イーサリアムは、取引量の増大によって手数料が高額になる「スケーラビリティ問題」を抱えている

「NFTの取引に挑戦してみたい」という方は、まずは取引に必要な仮想通貨を購入しましょう。

NFTの取引には「ビットコイン」や「イーサリアム」などのメジャーな銘柄が用いられており、ほとんどすべての国内取引所で購入が可能です。

その中でも特に評判が良いのが、LINEアプリから利用できて便利なLINE BITMAXです。

仮想通貨を利用した関連サービスの数も豊富に用意されているので、 公式サイトなどを是非チェックしてみてください。

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

NFTとは

NFTとは

NFT(Non-Fungible Token・非代替性トークン)は、画像や音声などのデジタルデータに「唯一性」を付加したトークンのこと。

仮想通貨で取引の際によく用いられる「ブロックチェーン技術」を応用しており、イーサリアム」という銘柄のブロックチェーン上でそのほとんどが流通しています。

現在は、絵画や音楽のような「アート作品」を取引する市場となっていますが、選挙の際の電子投票システムや不動産の所有証明などアートの域を超えたさまざまなサービスで実用化を目指して開発が進められています。

NFTの仕組み

ERC721とは

NFTの仕組みを解説するうえで欠かせない存在が、「ERC721」という言葉。

「ERC721」とは、NFTの売買によく用いられる「イーサリアム」という仮想通貨の規格のひとつで、他の規格としては、仮想通貨の発行によく利用されている「ERC-20」という規格などが有名です。

「ERC721」の特徴は、「ひとつひとつのデータに独立した価値を付加できる」というもの。

ブロックチェーン技術を採用している仮想通貨は数多くありますが、基本的に、仮想通貨は法定通貨同様に「代替」が可能でないといけないため、「ERC721」のような「非代替性」をウリにしている規格は珍しいと言えます。

さきほど、NFTのほとんどはイーサリアムブロックチェーン上で流通しているとお伝えしましたが、そこには実はこんな理由があったのです。

NFTの非代替性を応用することでNFTアートNFTゲームNFT音楽が生まれ、大きな注目を集めています。

興味のある方は、ビットコインを多く取り扱い関連サービスも豊富なLINE BITMAX公式サイトを是非参考にしてみてください

NFTのメリット

まずは、NFTのメリットについて紹介します。

NFTがなぜここまで話題になっているのかを「3つ」のポイントから解説していきます。

NFTのメリット
  • データに付加価値を加えられる
  • 誰でも作成できる
  • 破損や紛失のおそれがない

データに付加価値を加えられる

NFTアートとは

単体では複製が無限に可能なことから「ひとつの作品」として価値がつくことはなかったデジタルデータですが、ブロックチェーン技術を組み合わせることで、NFTとして「個性」を生み出すことに成功しました。

さらに、NFTは所有権の証明や取引条件の設定といったさまざまな追加機能を搭載していることから、売買に適した環境が揃っていますが、これらも「NFTバブル」が発生するひとつのきっかけではないかと考えられています。

誰でも作成できる

NFT市場に出品可能なアイテムは、デジタルデータであればなんでも可能です。

パソコンで作成した絵画や音楽はもちろん、芸術的なセンスが無い方でも、NFTゲームのアイテムや自身のTweetのようにさまざまなデジタルデータを「NFT」として価値づけることができます。

Tweetを高額で販売するにはある程度の知名度が必要になってきますが、興味のある方はまずは実際にデジタルデータをNFTとして出品してみることをおすすめします。

破損や紛失のおそれがない

ブロックチェーン技術を利用していない「デジタルデータ」は、パソコンのバックアップを取っていないと破損もしくは紛失してしまうリスクがあります。

一方NFTは、デジタルデータを各ユーザーのブロックチェーン上に「記録」しているため、自身のパソコンがたとえ故障してしまったとしても破損や紛失のおそれはありません。

このように、「データに付加価値を与える」「誰でも作成できる」「破損や紛失の恐れがない」ことが、NFTのメリットになります。

国内最大手の仮想通貨取引所LINE BITMAXは、手数料が安くその他サービスも充実しており、初心者でもわかりやすいサービスとなっていますので是非公式サイトを確認してみて下さい。

NFTのデメリット

NFTには、今までのデジタルアートにはなかった多くのメリットが存在していることがわかりましたが、実はデメリットも存在しています。

ここでは、NFTの注意すべきポイントについて触れていきます。

NFTのデメリット
  • 法整備が追いついていない
  • 手数料(ガス代)が上昇しやすい
  • 物理的な「所有」ができない

法整備が追いついていない

NFTは2021年に入って急速に市場を拡大したため、国内外の法整備がまだ追いついていない現状です。

そもそも、イーサリアムをはじめとする仮想通貨に関する法整備も落ち着いておらず、NFTについてのルールがはっきりするのもまだ時間がかかりそうです。

今後の国の対応によっては、NFT市場の発展スピードが著しく失われる可能性も考えられます。

手数料(ガス代)が上昇しやすい

ガス代とは

2022年現在、NFT作品のほとんどはイーサリアムという仮想通貨のブロックチェーン上に流通しています。

イーサリアムのブロックチェーンは、ユーザーが取引をおこなう度に「ガス代」という手数料が必要になるのですが、このガス代はネットワークの混雑状況に応じて増加していきます。

NFT市場は2021年に入り急拡大しているため、今後はこのガス代が取引をおこなう人にとってネックとなってくるかもしれません。

物理的な「所有」ができない

NFTは、デジタルデータ同様インターネット上で管理する作品のため、現実世界で所有することができません。

たとえ購入しても自分の持ち物であるという実感が湧かない方は、NFTの購入は避けたほうが良いかもしれません。

ただ、メタバース空間でNFTを展示するといったことも可能ですので、それでもいい方は気にならないかもしれません。

NFTの評判/口コミ

ここでは、NFTに関連した発言をしているTweetをいくつか紹介していきます。

実際に利用している方の「生の声」なので、是非参考にしてください。

NFTは、デジタルアートにブロックチェーンを掛け合わせることで価値を付与することができる、今までにない技術。

自らの「想像力」で生計を立てるアーティストにとっては、市場が大きく広がるチャンスとなるでしょう。

アーティストにとってメリットの大きい「NFT」ですが、一般人にとっては現状「投機対象」と考えられている場合が多いです。

最近でこそ、選挙の際の電子投票システムや不動産の所有証明といった多様なサービスの開発が進められていますが、実用化にはまだまだ時間がかかりそうですね。

NFTは出品したデジタルアートに「唯一性」を付与できる画期的なアイデアですが、このTweetのように、ちょっとした隙に悪用されるおそれがあります。

仮想通貨に関する法律はまだまだ整備中であるため、まずは自分で自らの作品を守る手段を考えなくてはいけません。

NFTは世界から大きな注目を集めているため、この機会にLINEアプリから利用できて初心者でも使いやすいLINE BITMAX公式サイトを確認してみてください。

NFTの作品事例

続いて、現在話題になっているNFTの作品事例について紹介。

NFTの作品事例
  • 現時点で最高額「約75億円で落札されたNFTアート」
  • 坂本龍一が自身の楽曲をNFT市場で販売しアクセス殺到
  • NFTゲームのトレーディングカードが約2270万円で落札

この事例を見るだけでも、さまざまな種類の「NFTアート」が存在することがわかりますね。

現時点で最高額「約75億円で落札されたNFTアート」

2022年1月時点で最高額で落札されたNFTアートは、デジタルアーティストBeeple氏の「Everydays: The First 5,000 Days」という作品。

この作品は、Beeple氏が1日につき1つずつ作成した5,000ものデジタルアートを1枚にまとめたデジタルコラージュ作品で、2021年2月にオークションサイトで出品されると翌月落札。

その金額は、なんとおよそ7,000万ドル(約75億円)。

このオークションによって、Beeple氏は「もっとも価値のある作品を生み出す存命のアーティスト」のひとりとして名乗りをあげることになりました。

坂本龍一が自身の楽曲をNFT市場で販売しアクセス殺到

日本が誇る音楽家坂本龍一氏も、自身の楽曲をNFT市場にて出品しています。

公式サイト:https://lp.adam.jp/ryuichi-sakamoto-595nfts-en.html

坂本龍一氏は、自身の代表曲「戦場のメリークリスマス」のメロディーを595音に分割した音声データの一部をNFTとして2021年12月に出品すると、販売開始と同時にアクセスが殺到し、サーバーは取引不能に陥りました。

1音ずつの音声データを出品しているだけなのにこれだけのアクセスが殺到するとは、坂本龍一氏とNFT市場への注目度の大きさがわかりますね。

NFTゲームのトレーディングカードが約2270万円で落札

NFT市場は、ゲーム分野でもその領域をすこしずつ拡大中。

2021年2月、米バスケットボールリーグ(NBA)を題材にしたNFTカードゲーム「NBA Top Shot」内で使用される1枚のトレーディングカードが、NFTマーケットプレイスで2,270万円で取引されました。(公式サイト:https://nbatopshot.com/)

日本でも「遊戯王」や「デュエルマスターズ」などのカードが高値で取引されることはありますが、ここまで高額な例は見たことがありません。

このように、NFTは大きな可能性を秘めており、これからもさらに発展することが期待されます。

興味のある方は、国内大手の仮想通貨取引所LINE BITMAX是非参考にしてみてください。

NFTの将来性・今後の見通し

2022年現在、飛躍的に市場を拡大させているNFTですが、今後の見通しについてはいったいどうなっているのでしょうか。

この項では、NFTの将来性について良い点・悪い点の双方からお伝えしていきます。

NFTの将来性・今後の見通し
  • NFTを売買するマーケットプレイスの整備
  • 投機目的以外でNFTを活用する方法の発見
  • イーサリアムが抱える「スケーラビリティ問題」

NFTを売買するマーケットプレイスの整備

2022年現在、日本国内ではNFT市場の整備は進んでいません。

日本のおもなNFTマーケットプレイス
  • Coincheck NFT
  • Adam by GMO など

今後、海外で言うOpenSeaのように、規模の大きいNFTマーケットプレイスが誕生するようなことがあれば、国内のNFT熱はさらに増していくのではないかと考えられています。

投機目的以外でNFTを活用する方法の発見

さきほど紹介したように、NFTの活用方法は多くは「投機目的」となっています。

投資先としては注目されているNFTですが、今後のさらなる発展のためには、NFTに新たな価値を見出す必要があるでしょう。

現在国内外では、選挙時に便利な「電子投票システム」や不動産の所有証明など、今までにないサービスの開発を進めています。

これらのサービスが実用化されるようなことがあれば、NFTの価値もさらに向上していくはずです。

イーサリアムが抱える「スケーラビリティ問題」

NFT市場の拡大するにつれて問題になっているのがイーサリアムの「スケーラビリティ問題」。

これは、ネットワークが混雑することで処理速度が低下してしまう現象です。

イーサリアムはこの問題を解決するために、「イーサリアム2.0」というアップデートを2020年末に実施していますが、このスケーラビリティ問題が解消されるかどうかが、NFT市場の今後を握っていると言っても過言ではないでしょう。

NFTの始め方・買い方

ここまでの内容を読んで「NFTに興味が湧いた」という方は、実際にNFTを取引してみましょう。

「NFTの始め方・買い方」はたったの3ステップです。

NFTの始め方・買い方
  1. 仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
  2. ウェブウォレットに購入した仮想通貨を入金
  3. NFTマーケットプレイスで目当ての作品を購入

ここではNFTが取引される一般的な手順を解説していきます。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入

基本的に、NFTの売買には法定通貨ではなく仮想通貨を利用します。

仮想通貨を所持していない方は、国内取引所のアカウントを用意する必要があります。

取引に使用する仮想通貨は売り主やマーケットプレイスによって指定されている場合があるので、事前に確認しておきましょう。

NFTの売買は、流通量の多い「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」で行われるのが一般的です。

LINE BITMAXは最低一円から取引でき、初心者でも利用しやすい取引所ですので下記の評判記事も参考にしながら公式サイトを確認してみてください。

ウェブウォレットに購入した仮想通貨を送金

国内取引所で仮想通貨を購入したら、インターネット上の仮想口座「ウェブウォレット」に購入した通貨を送金する必要があります。

仮想通貨を管理できるウェブウォレットはたくさんありますが、その中でもよく使われているのが「メタマスク」です。

連携サービスが多く、日本語にも対応している点がこの「メタマスク」の強みです。

NFTマーケットプレイスで目当ての作品を購入

ウェブウォレットへの送金が完了したら、NFTマーケットプレイスで好みの作品を購入しましょう。

主なNFTマーケットプレイス

この中でも国内で多くの利用者がいるのが、仮想通貨取引所が運営する国内初のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」です。

オフチェーンで取引に対応している点が大きな特徴で、近頃問題になっている「ガス代(手数料)」をかけずにNFTをやり取りすることができます。

現在はβ版ということもあり、NFTゲームのアイテム市場が主ですが、今後の市場拡大が大きく期待されているマーケットプレイスです。

NFTの購入を検討しているという方は、上記の内容を確認しておきましょう。

NFTの作り方・売り方

今までデジタルアートを作成した経験がある方は、これを期にNFTマーケットプレイスへの出品を考えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、「NFTの作り方・売り方」について3つのステップでお伝えしていきます。

作り方・売り方
  • NFTとして出品するデジタルアートを用意
  • NFTマーケットプレイスに登録
  • 必要に応じて「ガス代」を支払い、出品手続きをおこなう

ここではNFTの一般的な作成方法や売り方について解説していきます。

NFTとして出品するデジタルアートを用意

まずは、NFTとして出品するデジタルアートを用意しましょう。

ただ、普段からデジタルアートを作成している方は、特に専用ツールみたいな道具を準備する必要はありません。

NFTの作成時にお金をかけずに済むので、アーティストにとってはメリットが大きいですね。

みなさんがいつも使っているツールで、「画像」や「音楽」などのデジタルアートを作成してください。

NFTマーケットプレイスに登録

NFTとして出品するデジタルアートが用意できたら、販売予定のマーケットプレイスで「登録作業」を進めていきましょう。

主なNFTマーケットプレイス
  • OpenSea(オープンシー)
  • Rarible(ラリブル)
  • Coincheck NFT など

利用するマーケットプレイスは、デジタルアートの種類に応じて決めるのが一番ですが、「Open Sea」はグローバルでも取引量が多く、一般的に使えるでしょう。

マーケットプレイスによっては登録時にデジタルアートの詳細情報や付加情報を設定する必要があるので、そのような場合は説明に従って入力をおこないましょう。

必要に応じて「ガス代」を支払い、出品手続きをおこなう

マーケットプレイスにデジタルアートを登録したら、最後に出品手続きをおこなって完了。

出品手続きの際には、「販売形式」や「販売期間」などの条件を設定します。

特におすすめの条件などは無いので、他に出品されているNFTの出品方法を参考に価格などの条件を設定するようにしてください。

なお、出品するマーケットプレイスによっては、出品者も「ガス代」と呼ばれる手数料を支払う場合があります。

売却したタイミングで仮想通貨を受け取る必要があるので、仮想通貨取引所の口座開設とウェブウォレットの作成が必要になります。

以上の手順でNFTを出品することができるので、NFTを出品したい方は是非参考にしてみてください。

NFTとはのまとめ

今回は、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアート「NFT」について紹介しました。

今回のまとめ
  • NFTとは、デジタルデータに仮想通貨のブロックチェーン技術をかけ合わせたもの
  • 複製が容易だったデジタルアートの「唯一性」を保証することで、価値をもたらしている
  • NFTは、ゲームのアイテムやTweetなど多種多様な「アート」をマーケットプレイスで出品可能
  • 現在、ほとんどのNFTはイーサリアムのブロックチェーン上で流通
  • イーサリアムは、取引量の増大によって手数料が高額になる「スケーラビリティ問題」を抱えている

「NFTの取引に挑戦してみたい」という方は、まずは取引に必要な仮想通貨を購入しましょう。

NFTの取引には「ビットコイン」や「イーサリアム」などのメジャーな銘柄が用いられており、ほとんどすべての国内取引所で購入が可能です。

その中でも特に国内で利用しやすいのがアプリから簡単に使えるLINE BITMAXですので、是非公式サイトを確認してみてください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる