OpenSea/オープンシーの使い方や始め方を徹底解説|NFT取引時のガス代や出品方法は?

OpenSea

2021年から日本でも非常に大きな盛り上がりを見せているのが、日本語で非代替性トークンと呼ばれるNFT(Non-Fungible Token)です。

そんなNFTですが、その多くがOpenSeaという世界最大規模のNFTマーケットプレイスで取引されています。

この記事では、OpenSeaの特徴や始め方、取引方法まで詳しくご紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • OpenSeaとは、様々なNFTの取引ができる世界でも最大のNFTマーケットプレイスのこと
  • OpenSeaではアートや音楽など取引できるNFTの種類が多いかつ、CryptoPunksBAYCといった有名なプロジェクトのNFTもラインナップしている
  • OpenSeaでは、簡単にNFTの作成から販売までを行うことができる
  • OpenSeaでNFTを取引するためには、まずbitFlyer(ビットフライヤー)どの国内取引所でイーサリアムを取引する必要がある

後に詳しく解説しますが、OpenSeaを利用するためには事前にイーサリアムとMetaMaskのアカウントを用意しておく必要があります。

イーサリアムを取引するなら国内取引所の中でも非常に人気が高く、利用者も多いbitFlyer(ビットフライヤーが使いやすいので、この機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

OpenSea/オープンシーとは

OpenSea topページ
引用:OpenSea公式サイト

OpenSeaとは、数々のNFT作品を取引することができるNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaでラインナップしているNFT作品は非常に種類が多く、NFTアートや音楽、写真など日々様々なNFT作品が取引されています。

また、OpenSeaは取り扱いしているNFTの数が優れているだけでなく、CryptoPunksBAYCといった非常に有名なNFTプロジェクトも数多く取引されています。

これからNFTの保有や取引を検討している方にとっては、必ずOpenSeaのマーケットはチェックしておく必要があると言えるでしょう。

OpenSeaでNFTの取引を行うためには、まず原資となるイーサリアムが必要になるので、この機会に国内取引所の中でも特に人気の高いbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSea/オープンシーの特徴

ここでは、OpenSeaの特徴についてさらに詳しく解説していきます。

数あるNFTマーケットプレイスの中でもOpenSeaがどのような特徴を持っているのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

OpenSeaの特徴
  • 世界でも最大規模のNFTマーケットプレイス
  • イーサリアム以外にも数多くのブロックチェーンに対応している
  • 無料でNFTの作成〜販売まで行える

世界でも最大規模のNFTマーケットプレイス

OpenSeaは、複数あるNFTマーケットプレイスの中でも世界最大規模の取引量を記録しているプラットフォームです。

月間20万人を超えるアクティブユーザーを抱えており、2022年1月9日には1日あたりの過去最大取引高となる2億6100万ドルを記録するなど、世界で最も盛り上がりを見せているマーケットプレイスと言えるでしょう。

Dune Analyticsのデータによると、1月前半のOpenSeaの取引高は約27億ドル(約3100億円)で、2021年8月に記録した過去最高の34億ドルを上回る勢いとなっている。

1月9日には、1日あたりの取引高としては過去最大の2億6100万ドルを記録。1月は今のところ毎日、取引高は1億5000万ドルを超えている。

引用:coindesk JAPAN

もちろん利用者が多いだけでなく、非常に多くのNFT作品をラインナップしており、種類もNFTアートや音楽、NFTゲームのキャラクターなど多岐に渡ります。

イーサリアム以外にも数多くのブロックチェーンに対応している

OpenSeaでは、イーサリアム以外にも数多くのブロックチェーンに対応している特徴もあります。

OpenSeaで対応しているブロックチェーン例として、以下の種類が挙げられます。

OpenSeaで対応しているブロックチェーン

特に近年では、イーサリアムの需要過多によるスケーラビリティ問題が課題となっており、OpenSeaにてNFTを取引する際にも高額のガス代(手数料)が発生してしまいます。

もちろんイーサリアム上で作成されているNFT作品が多い分ラインナップは少なくなってしまいますが、他のブロックチェーン上のNFTであれば取引時のガス代を大きく節約することができるでしょう。

簡単にNFTの作成〜販売まで行える

OpenSeaでは、簡単にNFTの作成から販売まで行うことができます。

他のマーケットプレイスではNFTの作成にガス代が発生することも珍しくありませんが、OpenSeaでは無料でNFTを作成できる点はクリエイターにとっては嬉しいポイントでしょう。

また、販売方法も後に詳しくご紹介しますが、OpenSeaでは面倒な手続きがなく簡単にNFTを出品できる点も大きな特徴と言えます。

これからOpenSeaでNFTの取引をしていきたいと少しでも考えている方は、原資となるイーサリアムの取引ができるbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSea/オープンシーの始め方

次に、OpenSeaの利用を始めるための手順について解説していきます。

各手順を実際の画面とあわせて分かりやすく解説していくので、これからOpenSeaを利用していきたい方はぜひ参考にしてみてください。

OpenSeaの始め方
  • 国内の仮想通貨取引所のアカウントを作成する
  • 国内取引所でイーサリアムを取引する
  • MetaMaskのアカウントを作成する
  • 取引したイーサリアムをMetaMaskに送金する
  • OpenSeaとMetaMaskを接続する

国内の仮想通貨取引所のアカウントを作成する

2022年8月現在、OpenSeaで取り扱いされているNFTの多くがイーサリアムのブロックチェーン上で作成されたものとなっています。

OpenSeaでNFTを取引するためにも、まずはイーサリアムの取引ができる国内取引所のアカウントを作成しましょう。

まだ国内取引所のアカウントをお持ちでない方は、国内取引所の中でも人気の高いbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

国内取引所でイーサリアムを取引する

次に、国内取引所でイーサリアムの取引を行っていきます。

FTX Japanにログインしたら「販売所」のページに移動し、イーサリアムの取引を行いましょう。

保有したい数量を入力して間違いがないことを確認したら、イーサリアムの取引を行ってください。

MetaMaskのアカウントを作成する

FTX Japanでイーサリアムを無事に取引できたら、次にMetaMaskにイーサリアムを送金していく必要があります。

MetaMaskとは、簡単に言うと仮想通貨やNFTを保管しておく財布のようなものであり、OpenSeaを利用する際に必ず必要になるツールです。

MetaMaskはGoogle Chromeの拡張機能となっているので、まずはMetaMaskの公式サイトにアクセスしてダウンロードを行いましょう。

MetaMask topページ

MetaMaskのダウンロードが完了すると、12個の英単語で構成される「シードフレーズ」というものが付与されます。

このシードフレーズはウォレットを復元する際などに使用する非常に大切なものなので、誰にも教えず絶対に忘れないように紙に書き記して保管しておきましょう。

取引したイーサリアムをMetaMaskに送金する

次に、先ほどFTX Japanで取引したイーサリアムをMetaMaskのウォレットに送金していきます。

MetaMaskでの送金ページ

まずは、MetaMaskにログインして「イーサリアムメインネット」になっていることを確認し、送金アドレスをコピーしておきましょう。

次にFTX Japanの管理画面に移動したら「入出金」のページにアクセスし、MetaMaskのアドレスを入力して送金を行います。

ここで入力するMetaMaskのアドレスには間違いがないよう、細心の注意を払うようにしてください。

OpenSeaとMetaMaskを接続する

最後に、OpenSeaの公式サイトにアクセスし、MetaMaskと接続していきます。

OpenSeaでMetaMaskと接続する

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面中央に表示されている「Create」を選択してMetaMaskと接続しましょう。

MetaMaskで表示される署名に同意すれば、OpenSeaでNFTの取引ができるようになります。

ここまでOpenSeaの始め方をご紹介してきたように、OpenSeaでNFTの取引をするためには事前にイーサリアムを用意しておく必要があります。

これからNFTの保有や取引を少しでも検討している方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSea/オープンシーの稼ぎ方

ここでは、OpenSeaを使った2つの稼ぎ方をご紹介していきます。

いまいちNFTでの収益方法を把握していない方は、詳しくチェックしていきましょう。

OpenSeaの稼ぎ方
  • NFTを取引して稼ぐ
  • 自分のNFT作品を出品して稼ぐ

NFTを取引して稼ぐ

OpenSeaでの最も一般的な稼ぎ方として、NFTを取引することが挙げられます。

NFTは有望なプロジェクトであれば時間とともに値上がりすることは珍しくなく、保有した当初よりも価値が上がることは十分に考えられます。

仮想通貨の稼ぎ方と同じですが、取引した当初よりもNFTの価値が上昇していれば、その差額を分を利益として出すことができるでしょう。

自分のNFT作品を出品して稼ぐ

NFTの取引をして稼ぐ以外にも、自分のNFT作品を出品する方法も挙げられるでしょう。

特に最近では小さな子供が描いた絵がNFTとして高値で取引されている例もあり、ナイラ・ヘイズ氏という12歳の少女が描いた「ロング・ネッキーズ(Long Neckies)」というシリーズが合計1億8000万円で取引され、大きな話題となりました。

また、ここまででも解説したように、OpenSeaでは無料でNFTを作成することができるので、クリエイター側にとって活動しやすい環境が整っているとも言うことができます。

これからNFTの取引や作成に興味があるという方は、ぜひ国内取引所の中でも人気が高いbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSea/オープンシーの取引方法

実際にOpenSeaでNFTを入手したいと思っても、取引する手順がわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、OpenSeaでNFTを入手するまでの手順を解説していきます。

OpenSeaの取引方法
  • NFT作品を検索する
  • 取引方法①:入手したいNFT作品を取引する(Buy Now)
  • 取引方法②:入手したいNFT作品に入札する(Place bid)

NFT作品を検索する

まずは取引をしたいNFT作品を検索から探していきましょう。

OpenSeaでは、アートや音楽、写真など様々なカテゴリーからNFT作品を検索することができます。

NFT作品を検索する

この他にも取引高が多い順のランキングからNFTを検索することもできるので、自分にあった検索方法で探してみてください。

取引方法①:入手したいNFT作品を取引する(Buy Now)

OpenSeaでNFT作品を入手

取引したいNFTが決まったら、早速取引を行っていきましょう。

取引したいNFTの詳細ページに移動したら、「Buy Now」をクリックしてNFT作品を入手しましょう。

取引方法②:入手したいNFT作品に入札する(Place bid)

OpenSeaで入手したいNFT作品に入札する

OpenSeaでNFTを入手する際は、「Place bid」というオークション形式での取引方法もあります。

オークション形式でNFTを入手する際は取引したい金額を入力し、オファーを送りましょう。

オークション形式の場合、必ずしもオファーした金額でNFTを入手できるわけでないのでその点はあらかじめ注意しておいてください。

NFTの取引を考えている方は、ぜひこの機会にbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSea/オープンシーの販売方法

ここまで、OpenSeaでのNFTの取引方法をご紹介してきました。

次に、取引方法だけでなくNFTを販売する方法もあわせてご紹介していきます。

OpenSeaの販売方法
  • 販売したいNFTのページに移動する
  • NFTの販売条件を設定する

販売したいNFTのページに移動する

まずは、自分が所有している販売したいNFTの詳細ページに移動してください。

OpenSeaで販売したいNFTのページに移動する

詳細ページに移動したら、上記画像のように画面右上にある「Sell」をクリックしましょう。

NFTの販売条件を設定する

OpenSeaでNFTの販売条件を設定する

NFTの詳細ページで「Sell」を選択したら、次にNFTの販売条件について設定してきましょう。

また、OpenSeaでのNFT販売では「Set Price(固定価格販売)」「Highest Bid(オークション形式販売)」「Bundle(グループでの販売)」という3つの種類があります。

自分で販売する形式を選択したら、OpenSeaでの販売手順は完了となります。

ここまで手順をご紹介したように、OpenSeaでは非常に簡単にNFTの販売を行うことができます。

今後、OpenSeaでのNFT販売を検討している方は、まず原資となるイーサリアムの取引ができるbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

OpenSeaを始めるならbitFlyer

bitflyer-top
取引所bitFlyer(ビットフライヤー)
手数料販売所:無料
取引所:約定数量×0.01% 〜 0.15%
取引銘柄17種類
最低取引額(BTC)販売所形式:0.0000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引最大2倍
入金手数料0円〜330円
出金手数料220円〜770円
送金手数料BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料
公式サイトbitFlyer公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された国内大手の仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引所と比べて長い運営歴があるため、知名度でも国内トップクラスといえます。

そして、SMBCベンチャーキャピタルや第一生命、リクルートなどの企業から出資を受けているため、業者の安全性は定評があります。

OPenSeaを始めてみたい方は、国内で人気なbitFyerの公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

OpenSea/オープンシーに関するQ&A

最後に、OpenSeaに関するよくある質問をご紹介していきます。

OpenSeaに関するQ&A
  • OpenSeaはスマホのアプリでも利用できますか?
  • NFTはOpenSeaでしか取引できないのですか?
  • OpenSeaを利用する際にかかるガス代(手数料)はどれくらいですか?

OpenSeaはスマホのアプリでも利用できますか?

OpenSeaは、PC版だけでなくスマホアプリにも対応しています。

iOSだけでなくAndroid版のアプリもダウンロードできるので、どんなスマホ機種を利用している方でも使うことができるでしょう。

しかし、アプリ版のOpenSeaは閲覧がメインの機能となるので、NFTの売買ができない点は注意してください。

NFTはOpenSeaでしか取引できないのですか?

OpenSeaは、あくまでNFTの取引ができるマーケットプレイスの1つなので、OpenSea以外のサイトでもNFTの取引は可能です。

ただし、NFT作品の取扱数や利用者の数はOpenSeaが世界でも最大なので、2022年7月現在ではOpenSeaが最も利用しやすいマーケットプレイスと言うことができるでしょう。

OpenSeaを利用する際にかかるガス代(手数料)はどれくらいですか?

OpenSeaでNFTの取引をする際には、イーサリアムのブロックチェーンに情報を記録することになるため、その都度ガス代(手数料)が発生します。

しかし、ガス代(手数料)はその時のトランザクションの混み具合によっても変動するので、その都度確認していくしかありません。

時間帯によってトランザクションの混み具合が緩和されガス代が安くなるタイミングもあるので、少しでもガス代を安く抑えたい方は取引する時間帯にも気をつけるとよいでしょう。

OpenSeaのまとめ

今回の記事では、世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaの概要や特徴、使い方などを解説してきました。

記事の最後にもう一度内容を振り返っていきましょう。

この記事のまとめ
  • OpenSeaとは、数多くのNFTの取引ができる世界でも最大規模のNFTマーケットプレイス
  • OpenSeaでは取引できるNFTの種類が多いかつ、CryptoPunksBAYCをはじめとした世界有数のプロジェクトのNFTも取り扱いしている
  • OpenSeaでは、無料でNFTの作成ができることからクリエイターにとって活動しやすい環境が提供されている
  • OpenSeaでNFTの取引原資となるイーサリアムを保有するためには、国内取引所の中でも人気が高いbitFlyerが使いやすい

ここまでご紹介したように、OpenSeaでNFTの取引をするためには事前にイーサリアムとMetaMaskを準備しておく必要があります。

イーサリアムの取引をするなら、国内取引所の中でも利用者も非常に多く、取引画面が分かりやすいFTX Japanが使いやすいでしょう。

NFTの取引に興味がある方はbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる