NFTの始め方/やり方は?利益を出す方法や取引の注意点を徹底解説!

NFT始め方
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

すでに市場が大きくなって、企業や機関も参入しはじめているNFT。

「儲かりそうだから、NFTを始めてみたい」

そんな方のために今回は、NFTの始め方について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • NFTはNon-Fungible Tokenの略
  • デジタルデータの唯一無二のオリジナルであることを証明できる
  • NFT市場は成長している
  • コンプライアンスの整理などが不十分
  • 今からはじめれば先行者利益が得られる可能性もある

NFTをはじめるにはまず、国内の取引所で元手となる通貨を取引する必要があります。

まず元手となる通貨を取引する際には、取引に関して手数料がかからないBITPointでの取引が便利です。

NFT取引には、諸々手数料がかかってきますから、なるべく手数料がかからない方法での取引が便利です。

国内取引所BITPointについて詳しく知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

目次

NFTとは

NFTとは

そもそもNFTとは、「Non Fungible Token」の略で、日本語で訳すと非代替性トークンとなります。

「変えが効かない」という意味の非代替性という言葉が指す通り、ブロックチェーン技術を用いて変えが効かない価値をデジタルコンテンツに提供するのがNFTとなります。

これまでのように、誰でも気軽にダウンロードしてコピー複製も可能な過去のデジタルコンテンツと違い、オリジナルの価値が担保できるのが大きな違いです。

これにより、たとえデジタルの産物にも、唯一無二の価値が証明できるようになりました。

この技術と概念を用いて、デジタルアートや会員権など、NFTが商業利用されることも多くなってきています。

世界中の人はすでに、マーケットプレイスを通して自分が欲しいNFTを取引する時代が来ているのです。

日本人でNFTが欲しいと思ったならまず、国内の取引所でNFTを取引するための元手通貨を手に入れる必要があります。

その際利用する国内の取引所は、手数料が安くセキュリティ面も安心なBITPointでの取引が便利です。

詳しく知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Market α(マーケットアルファ)
NFTとは?仕組みや作り方・将来性を初心者向けにわかりやすく解説 | Market α(マーケットアルファ) ※この記事はLINE BITMAXの広告を含みます。現在発行されているほとんどの仮想通貨は、手続きをおこなう際に「ブロックチェーン」という技術を採用しています。 ブロックチ...

NFTの仕組み

現在すでに世界中で流通しているNFTですが、NFTがどのような仕組みで稼働しているのか、まずはそこから調べてみましょう。

NFTの仕組み
  • ブロックチェーン技術でオリジナル性が証明される
  • プログラマビリティで流通の手数料がとれる仕組みにできる

ブロックチェーン技術でオリジナル性が証明される

NFTの非代替性は、ブロックチェーン技術によって担保されます。

これまでのデジタルデータのように、コピーされたものとオリジナルの違いがわからない状態では、データのオリジナル性は証明できませんでした。

しかしブロックチェーン技術によって、データが唯一無二であること、オリジナルであることが証明できるようになったのです。

プログラマビリティで流通の手数料がとれる仕組みにできる

これまでのデジタルデータは、コピー複製が自由でした。

しかしNFTはプログラマビリティによって、デジタルデータの2次流通で手数料が権利者に付与されるようになります。

これがもし現実のアート作品なら、どれだけ2次流通したとしても画家などクリエイターには一円も入ってきません。

しかしNFTならば、この構造を変えられるのです。

これだけ自由なNFTアート、自分も保有してみたいと思った方は、国内取引所のBITPointにてまず取引するために必要な元手通貨を手に入れてください。

BITPointについて詳しく知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

NFTの活用例

次に、NFTにはどのように活用されているのか説明します。

NFTの活用例
  • NFTアート
  • NFTゲーム
  • NFT不動産

NFTアート

NFTアートとは

NFTをよく知らない人でも、NFTアートは一度は耳にしたことのある言葉なのではないでしょうか。

NFTアートはNFTの活用例のなかで一番有名と言えるでしょう。

従来のデジタルアートとは異なり、NFT化することによってコピーされて本物と偽物の区別がつかないということがありません。

そのため、NFTアートにはデジタルアートには無い、唯一無二性が生じ、現在活発に売買されています。

また、NFTアートにはコレクション性があるものがあり、コレクション性のあるNFTアートは高値で取引されています。

Market α(マーケットアルファ)
NFTアートとは何かわかりやすく解説!作品の購入方法や作り方/販売方法まで紹介 | Market α(マーケットア... 最近では、インドネシアの大学生がNFTアートとして出品した自撮り画像が約1億1400万円まで値上がりしたとして、大きな話題を呼んでいます。 そんな今注目のNFTアートですが...

NFTゲーム

NFTゲームは、ブロックチェーンを基盤としてゲーム内のキャラクターやアイテムがNFT化されているゲームです。

ブロックチェーンを基盤としているため、ブロックチェーンゲームと呼ばれることもあります。

NFTゲームの特徴は遊びながら稼げるという点です。

NFTゲームで稼ぐ方法としては、ゲームをプレイした報酬に仮想通貨をもらう方法と、キャラクターやアイテムをゲーム内のNFTマーケットプレイスで売買して利益を得る方法などがあります。

また、ゲーム内で手に入れたキャラクターやアイテムはゲームのサービスが終了しても、ゲーム外に持ち出して保有し続けることができます。

Market α(マーケットアルファ)
NFTゲームとは?おすすめランキングや始め方/稼ぎ方を徹底解説 | Market α(マーケットアルファ) ※この記事はLINE BITMAXの広告を含みます。2020年から猛威を振るっていた新型コロナウイルス。 自宅にいる時間が多くなった中で、テレビゲームやスマートフォンアプリにハ...

NFT不動産

NFT不動産では、実際の不動産投資と同様に売却益や家賃収入などが得られます。

NFTゲーム内の土地を購入し、NFT不動産として所有することで自分の所有している土地を貸すことができ、賃貸利益が得られ、売却することで売却利益が得られる仕組みになっています。

また、NFT不動産は購入時に実際の不動産購入と同様にローンを組むことができるため、まとまった仮想通貨を保有していなくてもNFT不動産投資を始めることが可能です。

ローンを組んで購入するとしても、NFT不動産投資を行うには仮想通貨が必要になるため、国内取引所のアカウントを作成しておくことをおすすめします。

NFT不動産投資を始めたい方やNFTに興味を持った方はBITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

NFTの始め方

NFTについてわかったところで、NFTの始め方、取引をはじめる方法を調べてみましょう。

NFTの始め方
  • 国内取引所で元手通貨を取引
  • ウォレットを作って元手通貨を送金
  • NFTマーケットプレイスでNFTを取引する

国内取引所で元手通貨を取引

まずNFT取引のために国内取引所で元手通貨を取引します。

この時取引した通貨をつかって、マーケットプレイスにてNFTを取引することになります。

通貨の取引に用いる取引所は、取引手数料がかからない、シンプルでみやすいBITPointでの取引が便利です。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

ウォレットを作って元手通貨を送金

元手通貨が手に入ったら、通貨を管理するウォレットを作る必要があります。

自分用のウォレットができたら、国内取引所で取引した通貨を送金しましょう。

これでNFTを取引する準備は完了です。

NFTマーケットプレイスでNFTを取引する

あとは、NFTのマーケットプレイスにて目当てのNFTを取引してください。

NFT利益を出す方法

NFTを取引することで利益を狙う方法は大きく分けて二つ。

順番に説明します。

NFT利益を出す方法
  • NFTを取引して売却益を狙う
  • 市場にコンテンツを出品する

NFTを取引して売却益を狙う

NFTも、他の金融商品と同じく注目度の変動が起こります。

そのため、注目度の低い段階で保有しておき、高まった段階で取引して手放すことで、売却益を狙えます。

マーケットプレイスで今後注目度が上がりそうなNFTに目を配っておくと、将来的な大きな利益につながるかもしれません。

市場にコンテンツを出品する

市場で目当てのNFTを取引するだけでは、やはり利益には限界が出てきます。

本当に大きな利益を狙うならば、コンテンツを提供する側に回るのも一つの手です。

デジタルアートなど世界中で注目されるコンテンツを生み出せれば、それだけで億万長者になれる可能性も

NFTの取引に関わってみたいという方は、BITPointを確認してみてください。

BITPointの公式サイトでは基本的な通貨の取引方法が記載されています。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

NFTを始めるメリット

現在まだ十分高まっているとは言えないNFTへの注目度。

ですが今の段階からNFT取引に関わっておくと、多くのメリットがあります。

具体的に説明します。

NFTを始めるメリット
  • 先行者利益を得られる可能性がある
  • 注目度上昇を見込める
  • 参入障壁が低い
  • 偽物をつかまされる可能性がほぼゼロ

先行者利益を得られる可能性がある

多くの市場は、参入する人や会社が増えれば増えるほど、市場が成熟し取引の利益幅は小さくなります。

人の注目度が上がりきらない段階でNFTを始めておくことで、注目度が上がった時大きな利益を得られるのです。

人気が高まってから「自分も」と始める人を「イナゴ」と呼んだりすることも。

将来的な注目度上昇を見込める

先行者利益と似た話ではありますが、今からNFTを保有しておくことでNFTの価値上昇を見込めます。

投資の基本はやはり「安く買って高く売る」ことです。

将来性を考えた時、NFTはかなり有望な投資先といえます。

参入障壁が低い

売る側にとっても買う側にとっても、NFTは参入する障壁が小さいのも魅力です。

オリジナルコンテンツを作れる人ならば、誰でもマーケットプレイスに出品できますし、マーケットプレイスにアクセスできる人ならば誰でも取引できます。

つまりこれは「世界中の人が今後参入してくる可能性がある」ことに他なりません。

偽物をつかまされる可能性がほぼゼロ

デジタルデータであっても、そのデータのオリジナル性がブロックチェーン上で証明できるのがNFTの最大のメリット。

そのため、正規に出品されているものなら、偽物である可能性は低く、本物かどうか鑑定するのもそれほど難しいことではありません。

この点も、本物のアート作品と少し異なる点だといえます。

先ほど紹介した通り、NFT取引には誰でも参入できます。

取引を検討される方は、BITPointなど使いやすい取引所での取引を検討してください。

詳しくは、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

NFTを始める時の注意点

NFT取引は、お金の問題が絡む場合が多いので、注意点も存在します。

NFTを始める時の注意点
  • コンプライアンスの基準が未整備である
  • ガス代に要注意

コンプライアンスの基準が未整備である

NFTを始める際のリスクは「NFT」という概念が新しいということにあります。

ゲーム内で用いられることもあれば、アートとして存在するNFTもあり、監督問題が及ばない範囲が広いのです。

また、NFTは暗号資産とは扱われていないため、事業者は金融規則の監督外での運営となります。

そのため、規則を無視した運営が行われている可能性も排除できないのです。

ガス代に要注意

NFTは取引や送付または発行する際にガス代(取引手数料)がかかります。

取引の履歴を残すのに必ず必要なガス代。

大きな金額を払うほど優先して記録してくれる場合もあり、時にはNFT取引時大きな金額のガス代を支払うケースも存在します。

手数料にさえ注意すれば、十分取引で利益を狙えるNFT。

まずは国内取引所にて、NFT取引に必要な元手通貨の取引を行いましょう。

国内取引所には、セキュリティレベルが高く安心なBITPointの利用を検討してください。

興味がある方は、BITPointを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Market α(マーケットアルファ)
NFTのガス代はなぜ発生する?仕組みや特徴・安くする方法を徹底解説! | Market α(マーケットアルファ) 2021年から大きな盛り上がりを見せているNFTですが、取引する際に必ずガス代という手数料が発生します。 しかし、数あるブロックチェーンの中でも多くのNFTが発行されてい...

NFTを始めるのにおすすめの取引所

NFTを始めるにはまず国内の取引所で元手となる通貨を取引する必要があります。

その際利用する取引所で便利なところをいくつか具体的にご紹介します。

NFTを始めるのにおすすめの取引所
  • BITPoint
  • DMMBitcoin

BITPoint

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数21種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担あり
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

ビットポイントは、仮想通貨取引の初心者から上級者まで幅広く利用されている国内取引所です。

取引手数料などの各種手数料が無料ですので、取引回数が多い人も安心して利用できます。

スマートフォンアプリ「BITPOINT」を使うことで、初心者でも簡単に取引ができます。

また、ビットコインやイーサリアムなどの人気の銘柄だけでなく、信頼性の高い様々なアルトコインを取り扱っています。

運用方法も多彩で、現物取引のほかに、貸して増やす「レンディング」や、保有するだけの「ステーキング」などが利用できます。

bitpointキャンペーン

現在は、新規口座作成後の初回取引で最大2,000相当のビットコインがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

詳しくは、ビットポイントの公式サイトをチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

DMMBitcoin

DMM-Bitcoinトップ
名称DMM Bitcoin
暗号資産数現物取引:28種類
レバレッジ取引:34種類
売買手数料無料※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、NFT取引を始めるにあたって元手通貨を取引する場所として最適です

まず取引に手数料がいっさいかからないこと。

セキュリティ面での安心感が強いこと。

少額から仮想通貨投資がはじめられるのも、特に初心者にとって嬉しいポイントですよね。

NFTをはじめるにあたって取引所はどうしよう、と考えている方は便利なDMM Bitcoinでの取引を検討してください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

NFTの始め方に関するよくある質問

ここではNFTの始め方に関するよくある質問をまとめました。

これからNFTの取引を始める方は参考にしてください。

NFTの始め方に関するよくある質問
  • NFT取引の始めるメリットは何ですか?
  • NFTはどのような分野で進んでいますか?
NFT取引の始めるメリットは何ですか?

NFTはブロックチェーン技術によって唯一無二にのデジタルトークンとして価値が保証されているため、改ざんやコピーによってその価値が落ちることがないというメリットがあります。

長期的な保有や売買商品として大きな可能性があると言えます。

NFTはどのような分野で進んでいますか?

現在、NFTは多岐に渡る分野で開発が進んでおり、NFTゲームやNFTアート、NFT音楽がその一例と言えます。

今後も様々な分野での活用が見込まれるので、最新情報に注意しておきましょう。

NFT 始め方のまとめ

今回の記事では、これからNFTに関わっていこう、初めていこうという方に向けて情報を提供しました。

特に日本ではまだまだ注目度が低いNFTですが、世界に目を広げれば、多くの国や機関が関わっています。

まだ新しすぎるので、コンプライアンス整理が間に合っていないことには、注意が必要かもしれません。

この記事のまとめ
  • NFTはNon-Fungible Tokenの略
  • デジタルデータの唯一無二のオリジナルであることを証明できる
  • NFT市場は成長している
  • コンプライアンスの整理などが不十分
  • 今からはじめれば先行者利益が得られる可能性もある

NFTをはじめるにあたって、まずは元手となる通貨が必要です。

元手通貨を取引する取引所は、少額から仮想通貨取引が行えるBitPointがおすすめです。

手数料を抑えて取引できるので、通貨の取引にあたって無駄な手数料のコストをかけたくない方には特に、BitPointが最適かもしれません。

興味のある方は、BITPointの公式サイトを確認してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次