仮想通貨フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)とは?将来性・見通しやこれまでの価格動向/購入方法を徹底解説!

LINK
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LNは、人気のSNSアプリLINEを運営するLINEグループの会社が発行している暗号通貨です。

普段からLINEを使っている人でも、このフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)についてはあまり知らないという人も多いと思います。

そこで今回は、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の特徴や取引方法、今後の動向などを紹介していきます。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)に興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。

この記事からわかること
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEのグループ会社が発行する暗号通貨である
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINE Blockchain上に作られている
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINENFTの購入などに使用できる
  • LINE Blockchain上ではDappsの開発が行われている
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)が取引できる取引所は3箇所のみ

Lフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEグループ会社「LINE TECH PLUS PTE. LTD.」が発行している暗号通貨で、LINE独自のプライベートチェーンLINE Blockchain」を使用して発行されているのが特徴です。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、2018年9月の発行からすでに10倍以上の値上がりをしており、今後も継続的に値上がりしていくことが期待されています。

また、最近では、LINEのNFTマーケットで決済に使用されるなど、用途の幅を広げているため、今後さらに普及していくことができます。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は国内で唯一LINE BITMAXで扱っています。

ぜひこの機会にLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

ただし、LINE BITMAXでは7種類の通貨しか扱っていないので、豊富な通貨を取引したいという方は、BITPointをチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)とは?

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)はどのような通貨なのでしょうか?

概要と共に詳しく見ていきましょう。

LINKとは
名称フィンシア
シンボルFNSA
現在の価格(2024年1月現在)¥4,103.27
時価総額(2024年1月現在)¥30,979,201,831
時価総額ランキング(2024年1月現在)198位
購入できる取引所LINE BITMAX、Bithumb、Bitfront
詳細公式サイト

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINE独自の経済圏を構築するために作られたエコノミートークンです。

このフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEが提供するサービス上で使用される基軸通貨として使用することを目的としており、LINE NFTマーケットや、その他サービスで使用されています。

また、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を使用することでインセンティブ(報酬)が発生するような仕組みを作ることで、LINE独自の経済圏を作り、利用者とWin-Winの関係を作ることを目指しています。

そのため利用者が増えれば、LINEのサービス向上と共に、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の保有者は大きな利益を得ることができるでしょう。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、あまり馴染みのない暗号通貨かもしれませんが草コインとして大きな価格上昇が期待されています。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は国内で唯一LINE BITMAXで扱っています。

ぜひこの機会にLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

また、LINE BITMAXの取り扱い通貨は7種類のみなので、豊富なアルトコインを取引したい方には向いていません。

豊富な通貨を取引したい方は、BITPointの公式サイトをチェックしてみましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の特徴

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の特徴を3つほどまとめました。

LINK(リンク)の特徴
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、エコノーミートークンである
  • LINE Blockchainを使用して開発されている
  • LINEアプリを使用して取引ができる

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEエコノミーで使用されるエコノミートークンです。

エコノミートークン

エコノミートークンとは、ある経済圏の中で使用される基準となる通貨のこと。

日本の経済圏の中で使用されるのが「円」であるように経済圏ごとに基準となる通貨が存在する。

LINEが提供するサービス内でフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を使用して、料金の決済や手数料の支払いができるようになります。

また、LINEエコノミーの中でサービス向上に貢献する活動をすることで、インセンティブ(報酬)としてフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)をもらうことも可能です。

インセンティブ機能は一部では実装されていますが、まだ開発中のものもあるので、全てのサービスでインセンティブを得ることはできません。

しかし、開発が進み機能が実装されれば、以下の活動でインセンティブをもらうことができます。

インセンティブがもらえる活動
  • LINEコンテンツへのレビューやクリエイター活動
  • SNS上でのいいね・シェアなどの情報共有および拡散行為
  • LINEネットショッピングやLINE Payなどを使用したお買い物
  • LINEが提供するゲーム内での報酬

これらは、現在公開されている情報の一部なので、今後さらに多くの活動に対してインセンティブが付与される可能性があります。

LINE Blockchainを使用して開発されている

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、「LINE Blockchain」を使用して開発されました。

このLINE Blockchainは、LINEが開発した独自のブロックチェーンで、すでに多くのLINEサービスに使用されています。

LINE Blockchainの導入事例
  • LINE証券
  • LINE shopping
  • LINE BITMAX
  • LINE Pay
  • リーグオブキングダム 
  • SOMESING for LINE Blockchain

LINE Blockchainの特徴は、相互運用が可能なリーフチェーン構造を採用しているため、異なるチェーンとも取引が可能な点です。

また、シャーディング機能も搭載しているため、たくさんのトランザクション(取引)が発生しても高速な取引処理を実行することができます。

さらに、LINE Blockchainでは、チェーン上にアプリを作るための「LINE Blockchain Platform」があるため、誰でも簡単にアプリの開発をすることができます。

このように、LINE Blockchainは非常に使い勝手が良くなっているので、さらに多くのアプリが開発されたり、他のチェーンと取引ができるようになるでしょう。

LINEアプリを使用して取引ができる

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEアプリの中にあるLINE BITMAXのアプリから取引ができるので、手軽に取引をすることができます。

他の仮想通貨取引アプリは、独立したアプリとして存在していますが、LINE BITMAXはLINEから直接取引ができるので、SNSを使う感覚で取引できます。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は国内で唯一LINE BITMAXで扱っています。

ぜひこの機会にLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

また、LINE BITMAXの取り扱い通貨は7種類のみなので、豊富なアルトコインを取引したい方には向いていません。

豊富な通貨を取引したい方は、BITPointの公式サイトをチェックしてみましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の現在の価格動向

ここからは、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の現在の価格動向を見ていきます。

以下の画像は、2023年1月〜2024年1月時点のチャートになります。

FNSA現在価格動向
引用元:コインマーケットキャップ

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、2022年後半は価格を落としていましたが、2023年に入ると再び価格を上昇させています。

仮想通貨市場全体のトレンドが上向きになった影響を受け価格を上昇させました。

しかし、年初の上昇は長く続かず、再び仮想通貨市場全体での下落に連動して下降トレンドを形成しました。

2024年1月現在はビットコインを含む主要通貨の上昇に引っ張られ上昇していますが、今後はどこまで上昇トレンドを継続できるかがポイントになりそうです。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、特に大きなニュースもなかったので、一連の動きは市場に連動した動きになっているといえるでしょう。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)のこれまでの価格動向

続いてはこれまでのフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の価格動向を見ていきましょう。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)のこれまでの価格動向
  • 2020年3月6日〜2020年12月31日
  • 2021年1月1日〜2021年12月31日

2020年3月6日〜2020年12月31日

こちらは、2020年3月6日〜2020年12月31日のチャートになります。

2020年3月6日〜2020年12月31日のLINK
引用元:コインマーケットキャップ

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、計測が始まった3月には価格を落としていますが、その後は徐々に価格を上昇させています。

この頃は、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を取引できる取引所が韓国の取引所のみだったので、流通量も少なく価格変動も小さなものでした。

しかし、2020年8月にLINE BITMAXに上場することを受けて、6月以降に価格を急騰させ8月14日に過去最高値である$30.9を記録しています。

また、上場後には一時的に価格を落としていますが、12月に入ると再び価格上昇を始めています。

2021年1月1日〜2021年12月31日

こちらは、2021年1月1日〜2021年12月31日のチャートになります。

2021年1月1日〜2021年12月31日のリンク
引用元:コインマーケットキャップ

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は2021年に入るとさらに価格を上昇させます。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は3月を過ぎたあたりから急騰を始め、4月1日には最高値を10倍以上更新する$326を記録しました。

このとき、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は3月の急騰からわずか1ヶ月で価格は25倍近く上昇しており、非常に急激な上昇をしていることがわかります。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は3月にブロックチェーンを使用した動画配信サイト「THETA.tvと提携を結んで、日本向けのサービスを提供することを発表しており、このニュースが原因で急騰したと考えられます。

そして、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は同年の11月にも最高値に迫る急騰をしています。

このときの価格上昇は、DeFiブームが大きく影響しているといえるでしょう。

DeFiブームでは、市場全体が上昇トレンドにあったため、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)も連動して価格上昇をしたと考えられます。

現在、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は価格を落としており、最高値から3分の1ほどの価格で推移しているので、大きなニュースがあれば再び価格が大きく動く可能性があります。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は国内で唯一LINE BITMAXで扱っています。

ぜひこの機会にLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

また、FNSAのようなアルトコインを取引したい方は、国内取引所のBitPointが最適です。

豊富な通貨を取引したい方は、BITPointの公式サイトをチェックしてみましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の今後の見通し・予想

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の今後を見通すうえで重要なポイントをまとめました。

以下の3つが今後を見通すために必要なポイントです。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の今後の見通し・予想
  • 新しいDappsの開発
  • アジア圏での普及
  • 大手取引所への上場
  • LINE NFTの普及

新しいDappsの開発

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)が普及するには、新しいDapps(分散型アプリケーション)の開発が欠かせません。

現在、LINE Blockchain上にいくつかDappsは存在していますが、人気のアプリケーションはあまりありません。

ですので、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)が普及するにはまずLINE Blockchain上に人気のDappsを作る必要があります。

人気のアプリができれば当然ですが利用者が増え、それに伴いフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)流動性も多くなります。

また、アプリ上の取引では手数料としてフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)が使用されることが予想されるので、利用者が増えればLINEのエコシステムの拡大も狙えます。

そのため、今後LINE Blockchain上に開発されるDappsの開発には注目です。

アジア圏での普及

LINEは、日本をはじめアジア圏で1億9千万人以上の利用者がいます。

しかし、そのうち日本人のユーザーが9000万人ほどいるので、日本以外のアジア圏でさらにLINEが普及することが必要です。

LINEの利用者が増えれば、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を取引する人も増えるので価格上昇につながると予想できます。

近年では、SNSの利用者も増加していますし、LINE自体の利用者も毎年増加しているので、今後の増加度合いによっては、価格が大きく変化することもあるので、利用者数の増加にも注目です。

大手取引所への上場

取引所への上場

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の価格が上昇するには、大手取引所への上場が必須といえます。

現在、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)日本と韓国の取引所で3カ所にしか上場していません。

ですので、中国のBainanceアメリカのcoin baseといった大手仮想通貨取引所へ上場する必要があります。

大手取引所に上場することで、世界中の人が取引できるようになるので、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の価格が上場することが予想できます。

また、LINEユーザーが多い日本でもLINE BITMAX以外では取引できないので、日本の取引所へ上場することも重要といえます。

ユーザー数の増加は価格上昇につながるので、今後どこの取引所に上場するのかも注目です。

LINE NFTの普及

LINEでは、NFT取引ができるNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」を2022年3月にリリースしました

このNFTマーケットでは、日本人のお笑い芸人やアーティストなどがNFTを発行しており、決済にフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を使用しています。

そのため、利用者が増えればフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の価格が上昇することが予想できます。

また、海外ではNFTアートなどの売買が盛んに行われているので、LINEのNFTマーケットに海外の投資家などが参入して来れば、さらにフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の価格が上昇することが考えられます。

LINE NFTは、まだサービスを開始したばかりですが、すでに日本以外の利用者がサービスを利用しているので、今後の動向に注目です。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)に関するQ&A

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)に関するQ&Aをまとめました。

以下の3つが良くあるQ&Aです。

LINK(リンク)に関するQ&A
  • NFTは日本円で購入できますか?
  • ウォレットにある通貨はどのように日本円に換金できますか?
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は他の取引所へ上場しますか?

NFTは日本円で購入できますか?

LINE NFTでは、日本円でのNFT購入はできません。

LINEのNFTマーケットでNFTを取引するには、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を使用して取引することになります。

ですので、LINENFTマーケットでNFTを取引したい方は、LINE BITMAXフィンシア(FNSA/旧LINK・LN)を取引してからNFTを取引するようにして下さい。

また、フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)だけでなくLINE Payでの支払いも可能です。

ウォレットにある通貨はどのように日本円に換金できますか?

ウォレットにある通貨は、「LINE Payへの出金」「銀行口座への出金」の2つの方法で出金します。

「LINE Pay」に出勤する場合は、LINEアプリ内にあるLINE Pay残高に出金したお金が反映されるようになっています。

また、銀行への出金を選んだ方は、通常の銀行振込のように出金先の口座番号を入力して出金することで、ウォレット内の通貨を出金できます。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は現時点で、他の取引所への上場は予定していません。

しかし、今後は他の取引所への上場を積極的に進めていくとのことなので、近いうちに他の取引所へ上場する可能性は十分にあります。

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)のまとめ

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)の特徴や購入方法、今後の動向などを紹介しました。

この記事のまとめ
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINEのグループ会社が発行する暗号通貨である
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINE Blockchain上に作られている
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、LINENFTの購入などに使用できる
  • LINE Blockchain上ではDappsの開発が行われている
  • フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)が取引できる取引所は3箇所のみ

フィンシア(FNSA/旧LINK・LN)は、現在はまだあまり人気のある通貨とは言えませんが、LINEの利用者が増えている点やNFTマーケットのサービスが開始したことを考えると、今後さらに価格が上昇する可能性はあります。

また、上場している取引所が3カ所ながら、仮想通貨の時価総額ランキングでは100番台に入っているので、上場する取引所が増えればさらに人気になることも期待できます。

ぜひこの機会にLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\LINEでどこでも簡単取引!/

また、FNSAのようなアルトコインを取引したい方は、国内取引所のBitPointが最適です。

豊富な通貨を取引したい方は、BITPointの公式サイトをチェックしてみましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次