【仮想通貨】ポルカドット(DOT)の特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説|おすすめな国内取引所は?

DOT

2021年は仮想通貨全体が大きく成長した年でもありましたが、その中でも急成長した銘柄の1つとして知られるのがポルカドット(DOT)です。

ポルカドット(DOT)は、2020年8月に上場した比較的歴史の浅い通貨ではありますが、2021年末には上場価格から約30倍もの価格を記録しています。

この記事では、そんなポルカドット(DOT)の特徴や今後の見通し、これまでの価格動向などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • ポルカドット(DOT)とは、異なるブロックチェーンを繋ぐ「インターオペラビリティ」の実現を目指しているプロジェクトのこと
  • 2020年8月に上場したばかりの新しい仮想通貨であるものの、その将来性には大きく期待されている
  • ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速く、スケーラビリティ問題を解決することができる
  • ポルカドット(DOT)の取引をするなら、利用者も非常に多く評判も高いbitFlyerが使いやすい

これからポルカドット(DOT)の取引を検討している方は、国内取引所の中でも利用者が多く、ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerが非常に使いやすいでしょう。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

まだ国内取引所のアカウントをお持ちでない方は、ぜひこの機会にbitFlyerの公式サイトにアクセスしてみてください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

ポルカドット(DOT)とは

ポルカドット(DOT)とは?
名称ポルカドット(Polkadot)
シンボルDOT
現在の価格(2023年1月現在)¥795.97
時価総額(2023年1月現在)¥915,702,180,766
時価総額ランキング(2023年1月現在)12位
入手できる取引所ビットフライヤー
GMOコイン
コインチェック
SBI VCトレード
BitPoint
FTX Japan
Huobi Japan
bitbank
詳細ポルカドットの公式サイト

ポルカドット(DOT)とは、異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ」の実現を目的としているブロックチェーンのプロジェクトです。

ポルカドットのブロックチェーンで使われるネイティブトークンはDOT(ドット)と呼ばれており、複数の国内取引所で取引することができます。

また、冒頭でもご紹介したように、ポルカドット(DOT)は2020年8月に上場された比較的新しいブロックチェーンであり、スイスにある「Web3財団」によって開発されました。

Web3財団の創設メンバーの中にはイーサリアムの共同開発者の一人であるギャビン・ウッド氏がいることもでも知られており、そういったバックボーンもありポルカドット(DOT)は大きく将来を期待されているプロジェクトとなっています。

時価総額の高さプロジェクトの将来性、通貨の安全性が考慮され多くの国内取引所でも上場されています。

そんなポルカドット(DOT)は大手国内取引所のbitFlyerで取引ができるので、少しでも気になる方はbitFlyerの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)の特徴

次に、ポルカドット(DOT)の特徴についてより詳しくご紹介していきます。

今後ポルカドット(DOT)の保有を考えている方は、詳しくチェックしていきましょう。

ポルカドット(DOT)の特徴
  • 異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができる
  • トランザクションの処理速度が速い
  • セキュリティの機能が高い

異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができる

先ほども少し触れたように、ポルカドット(DOT)は異なるブロックチェーン同士を繋ぐ「インターオペラビリティ(相互運用性)」の実現を目的としたプロジェクトです。

一般的にビットコインとリップルといった異なるブロックチェーンは相互運用性がないため、通貨の交換などを行うためには一度仮想通貨を取引所を介する必要があります。

しかし、ポルカドット(DOT)を利用することで、違うブロックチェーン同士を繋ぐことができるという大きな特徴を持っています。

特に近年は様々なブロックチェーンで有望なプロジェクトが多数開発されているので、それらを繋げるための「インターオペラビリティ」はより重要な役割を持つことになっていくでしょう。

トランザクションの処理速度が速い

ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速く、スケーラビリティ問題に悩まされることがないブロックチェーンです。

ポルカドットでは、Parachain(パラチェーン)と呼ばれるトランザクションを並行処理するためのシャドーチェーンにより、トランザクションの処理速度を飛躍的に高めています。

特に近年は、スケーラビリティ問題によるガス代(手数料)の高騰が大きな問題となっているので、そういった面からもポルカドット(DOT)は将来大きな期待をすることができるでしょう。

セキュリティの機能が高い

ポルカドット(DOT)の特徴として、セキュリティ機能が高いことも挙げられます。

ポルカドット(DOT)では、ビットコインやイーサリアムをはじめとした多くのパブリックチェーンとは異なり、セキュリティがブロックチェーンのネットワークにプールされる「Pooled Security」という仕組みを採用し、セキュリティ性能を高めています。

また、ビットコインが採用するPoWのように大きなリソースを割かずともセキュリティ機能を高められる点も、ポルカドット(DOT)の特徴と言えるでしょう。

これからポルカドット(DOT)の取引を少しでも考えている方は、ぜひbitFlyerの公式サイトもチェックしてみてください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)の現在の価格動向

ポルカドット(DOT)の現在の価格動向
引用:TradingView

ここでは、ポルカドット(DOT)の現在の価格動向について詳しく見ていきましょう。

上記のチャートは、ポルカドット(DOT)の2022年1月から直近1年間の価格を表したチャートとなっています。

特に注目が必要な点は、2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことをきっかけに仮想通貨全体の価格が大きく下落し、それに伴いポルカドット(DOT)も約14ドル近くまで価格を落としていました。

現在は、ロシア・ウクライナ間での停戦交渉開始のニュースや、3月に行われたFOMCでも大きなサプライズはなく予想通りの結果だったこともあり、ある程度価格を戻してきている状況となっています。

それでも、今後のロシア・ウクライナの戦況によっては再度下落方面を意識する可能性も否定できないので、ロシア・ウクライナ間の戦争の状況には注目しておく必要があるでしょう。

また、直近では2022年5月のUSTディペッグ騒動やFTXの破綻騒動を受けて大きく下落しています。

ポルカドット単体での悪いニュースではないですが、仮想通貨全体への不信感からポルカドットも連動して下落した状況です。

2023年1月時点では約¥795.41付近で推移しています。

そんなポルカドット(DOT)ですが、数ある国内取引所の中でも利用者数も多く、取引画面も使いやすいbitFlyerで取引を行うことができます。

bitFlyerは6年連続でビットコイン取引量No.1となっている人気の取引所でもあるので、今後ポルカドット(DOT)を保有していきたい方はbitFlyerの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)のこれまでの価格動向

次に、ポルカドット(DOT)のこれまでの価格動向について確認していきます。

まだまだ上場してから歴史の浅いポルカドット(DOT)ですが、時期を2つに区切って詳しく確認していきましょう。

2020年8月の上場〜2021年6月までの価格動向

2020年8月の上場〜2021年6月までの価格動向
引用:TradingView

まずは、2020年8月の上場から、大きく価格を上昇させた2021年6月までの価格動向を確認していきます。

2020年8月の上場後、しばらくは大きな値動きのなかったポルカドット(DOT)ですが、2021年に入ってから大きな上昇相場となり、約48ドルを超える過去最高値を記録しました。

これは仮想通貨市場全体が上昇相場だったことも影響していますが、世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)がポルカドット(DOT)をサポートしていくファンドの設立を発表したことも大きな上昇要因と考えることができるでしょう。

しかし、2021年5月の後半には中国での仮想通貨禁止のニュースなどをきっかけとして大きく価格が下落し、最高値から3分の1程度の約14ドルにまで価格を落としています。

2021年4月〜2023年1月現在までの価格動向

2021年4月〜2023年1月現在までの価格動向
引用:TradingView

2021年5月以降、ポルカドット(DOT)をはじめ仮想通貨市場全体が大きく下落した状況でしたが、その後は再度大きな上昇相場に転じることになります。

特にアメリカでのビットコイン先物ETFの許可や、エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化などポジティブなファンダメンタルズが続き、2021年11月には再び過去最高値となる約55ドルを記録しています。

しかし、2021年末からはアメリカでのインフレ懸念による大幅な利上げの検討や、ロシアによるウクライナ侵攻などにより現在まで下落相場が継続しています。

先ほどもご紹介したように、まだまだロシアとウクライナの戦争状況がはっきりしていないので、今後の動向には注目しておく必要があるでしょう。

また、仮想通貨市場全体でのニュースにも目を向けていく必要があります。

2022年8月には、パウエル米FRB議長が米金利の利上げを継続することを発表したため、さらに仮想通貨業界全体に悪い影響を与えている状況です。(参考:米FRBパウエル議長、利上げ継続の意思を表明)

これからポルカドット(DOT)の取引を少しでも検討している方は、ビットコイン取引高6年連続No.1のbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ポルカドット(DOT)の今後の見通し・予想

次に、ポルカドット(DOT)の今後の見通しや予想を解説していきます。

ポルカドット(DOT)の価格に変動を与えるようなポイントもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ポルカドット(DOT)の今後の見通し・予想
  • ステーキング市場の拡大によりポルカドット(DOT)の知名度向上
  • 新しい有望なプロジェクトがポルカドット上で開発される
  • 新しい仮想通貨取引所への上場

ステーキング市場の拡大によりポルカドット(DOT)の知名度向上

PoSとは

ポルカドット(DOT)は、仮想通貨を保有してネットワークに預け入れることで金利収入を得ることができる「ステーキング」の需要が高い銘柄となっています。

仮想通貨のステーキングデータサイトである「Staking Rewards」でも、ポルカドット(DOT)は数ある銘柄の中で堂々の6位にランキングしています。

また、JPモルガンの発表によると、ステーキング市場は2025年までに400億ドル規模の市場に成長すると予想しており、こういった外部環境もポルカドット(DOT)の知名度を向上させていくと考えられるでしょう。

レポートでは、PoSブロックチェーンでステーキングによって年間約90億ドルの収益を生み出していると推定している。

イーサリアムが来年、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行を完了させれば、この収益が2倍以上の200億ドルになるとレポートは予想している。

さらにブロックチェーン業界全体のステーキングによる収益は2025年までに400億ドルになるとも予測している。

引用:コインテレグラフジャパン

新しい有望なプロジェクトがポルカドット上で開発される

今後、ポルカドット(DOT)のブロックチェーン上では、様々な優良プロジェクトが開発されていくと予想されています。

ポルカドット(DOT)がローンチされた2020年から様々なプロジェクトの開発が継続的に発表されており、その数は300種類を超えると考えられています。

ポルカドット(DOT)の保有を考えている方は、ポルカドットのブロックチェーン上での開発に関するニュースには敏感になっておく必要があるでしょう。

新しい仮想通貨取引所への上場

取引所への上場

今後、ポルカドット(DOT)が新しい仮想通貨取引所に上場することは十分に考えられるでしょう。

後に詳しくご紹介していますが、日本国内の主要な取引所でもポルカドット(DOT)をラインナップしており、時価総額も高いことから常に需要が高い銘柄となっています。

新しい取引所に上場すると大きな資金流入が起こるので、ポルカドット(DOT)の価格変動になることは十分に予想することができます。

2022年9月1日からは、大手国内取引所であるコインチェックでの取り扱いが開始されていますが、国内取引所への上場は通貨の安全性がある程度担保されている表れと言えるでしょう。

ポルカドット(DOT)の取引におすすめな国内取引所

ここでは、ポルカドット(DOT)を取引することができる国内の仮想通貨取引所について詳しくご紹介していきます。

ポルカドット(DOT)が取引できる国内取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
取引所名ビットフライヤー
取扱銘柄18種類
最低取引金額(BTC)0.00000001BTC
サービス取引所
販売所
bitFlyer Lightning
ステーキングリワードサービス
詳細ビットフライヤーの公式サイト
関連記事ビットフライヤーの評判

bitFlyerは、数ある国内取引所の中でも知名度が非常に高く、利用者数も多い人気の仮想通貨取引所です。

ポルカドット(DOT)以外にも多数の銘柄を取り扱っており、ビットコインやアルトコインあわせて国内最大級となる14銘柄をラインナップしています。

また、bitFlyerはセキュリティ面も高いことが特徴となっており、顧客の資産をインターネット環境から遮断しているコールドウォレットで保管しています。

取引画面もわかりやすく仮想通貨初心者の方でも安心して使うことができるので、ぜひこの機会にbitFlyerの公式サイトを確認してみてください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱銘柄23銘柄
最低取引額0.0001BTC
サービス取引所
販売所
レバレッジ取引所
暗号資産FX
貸仮想通貨
つみたて暗号資産
ステーキング
公式サイトGMOコインの公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、日本国内で様々なインターネット事業を運営するGMOグループの仮想通貨取引所です。

GMOコインでは国内でも最大となる23銘柄の仮想通貨を取り扱っているので、ポルカドット(DOT)をはじめとした様々なアルトコインも保有することができます。

また、GMOコインでは日本円や仮想通貨の入出金手数料を無料としているので、手数料の負担を軽減できる点も利用するメリットと言えるでしょう。

取引画面もわかりやすく使いやすいと評判なので、少しでも気になる方はGMOコインの公式サイトにアクセスしてみてください。

SBI VCトレード

SBI VCトレード
取引所名SBI VCトレード
取扱銘柄14種類
最低取引金額(BTC)販売所形式:0.0001BTC
取引所形式:0.000001BTC
サービス取引所
販売所
貸暗号通貨サービス
詳細SBI VCトレードの公式サイト
関連記事SBI VC トレードの評判

SBI VCトレードは、ネット証券やネット銀行をはじめとした金融事業を幅広く手がけるSBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

証券会社としてのノウハウを活かした使いやすい取引ツールも用意されているので、仮想通貨初心者の方でも問題なく使いこなすことができるでしょう。

また、SBI VCトレードは日本国内で最も速くポルカドット(DOT)を取り扱い開始した取引所としても知られています。

定期的に豪華なキャンペーンも実施しているので、少しでも気になる方はSBI VCトレードの公式サイトをチェックしてみましょう。

BITPoint

bitpoint-top
取引所名BITPoint
取扱銘柄16種類
最低取引金額(BTC)0.0000001BTC
サービス現物取引
レンディングサービス
詳細BITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

BITPointは、ポルカドット(DOT)をはじめ国内でも屈指の14銘柄を取り揃える仮想通貨取引所です。

BITPointはイーサリアムビットコインキャッシュライトコインの取引量が国内No.1となっており、利用者数も多く流動性が高いことは大きな特徴でしょう。

また、BITPointでも顧客の資産をコールドウォレットで保管しているので、ハッキングに遭遇する確率も大きく下げることができます。

現物取引の手数料なども無料に設定されている取引所なので、一度BITPointの公式サイトを詳しくチェックしてみてはいかがでしょうか。

これ以外の取引所が気になる方は、おすすめ国内取引所ランキングの記事を確認してみてください。

ポルカドット(DOT)に関するQ&A

最後に、ポルカドット(DOT)に関するよくある質問をご紹介していきます。

ポルカドット(DOT)についてまだ疑問がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポルカドット(DOT)に関するQ&A
  • ポルカドット(DOT)に将来性はありますか?
  • ポルカドット(DOT)は海外取引所で取引した方がよいですか?
  • ポルカドット(DOT)をステーキングするにはどうすればいいですか?

ポルカドット(DOT)に将来性はありますか?

ここまででも解説したように、ポルカドット(DOT)はブロックチェーン間を繋ぎ連携させることを目的としたプロジェクトです。

インターオペラビリティはここ最近のブロックチェーンの大きな課題でもあるので、多くの投資家などからもポルカドット(DOT)に対して大きな期待が寄せられていることは間違いないでしょう。

確実なことは言えませんが、ポルカドット(DOT)の今後の将来性は明るいと言えるのではないでしょうか。

ポルカドット(DOT)は海外取引所で取引した方がよいですか?

ポルカドット(DOT)は、国内よりも海外の方が取り扱っている取引所の数が多いので、利用できる取引所の選択肢は増えると考えられています。

しかし、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないことから、中には安全性が担保されていない取引所も多いです。

海外取引所を利用して取引を行う際はあくまでも自己責任で行うようにしてください。

ポルカドット(DOT)をステーキングするにはどうすればいいですか?

ポルカドット(DOT)をステーキングするには、Binance(バイナンス)などの海外取引所を利用する必要があります。

2023年1月現在、Binance(バイナンス)で利用できるポルカドット(DOT)のステーキングは120日のロック期間で預けることで、24.39%と非常に魅力的なAPYが提供されています。

ポルカドットステーキング

しかし、上記でもご紹介したように海外取引所は日本の金融庁の認可を受けている訳ではないので、利用する際はあくまでも自己責任で行うようにしましょう。

ポルカドット(DOT)のまとめ

今回の記事では、ポルカドット(DOT)の特徴やこれまでの価格動向、ポルカドット(DOT)を取引できる国内取引所などをご紹介してきました。

最後にこれまでの記事の内容をもう一度振り返っていきましょう。

この記事のまとめ
  • ポルカドット(DOT)とは、異なるブロックチェーン間を接続する「インターオペラビリティ」の実現を目指しているブロックチェーンプロジェクト
  • 2020年8月に上場した歴史の浅い通貨ではあるものの、その将来性を期待する投資家も非常に多い
  • ポルカドット(DOT)はトランザクションの処理速度が速いことも大きな特徴であり、スケーラビリティ問題を解決できると期待されている
  • ポルカドット(DOT)の保有を検討している方は、ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerが使いやすい

ここまで解説してきたように、ポルカドット(DOT)は異なるブロックチェーンを繋ぐ技術である「インターオペラビリティ」を実現することを目的としているプロジェクトです。

特に2022年以降はブロックチェーンの開発だけでなく、開発されたブロックチェーン同士を連携させることに大きな注目が集まっているので、今後のポルカドット(DOT)の動向には目を光らせておく必要があるでしょう。

この機会に少しでもポルカドット(DOT)を保有しておきたいという方は、ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerの公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる