【仮想通貨】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の見通し・将来性を徹底解説|おすすめ国内取引所や購入方法は?

BCH

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生されて生まれた仮想通貨です。

ビットコインとは名前は似ていますが、性能や価格は全く異なります。

ビットコインと価格が連動する傾向にあり、今後もビットコインの価格上昇に伴ってビットコインキャッシュの価格上昇も期待されている銘柄です

今回はそんなビットコインキャッシュについて、これまでの価格推移や今後の見通しや価格予想について解説していきます。

この記事の要点
  • ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークした仮想通貨
  • ブロックサイズが大きいためビットコインよりも送金速度が速い
  • 2020年4月に半減期を迎えている
  • 国内の取引所へ上場すれば価格上昇がさらに期待できる
  • ビットコインキャッシュに取引するなら少額から始められるDMM Bitcoinが便利

これからビットコインキャッシュに取引したいと考えている方は、関連サービスも多数あるDMM BitcoinからBCHを気軽に取引できます。

取扱い銘柄が豊富で知名度も高い取引所なので、この機会にDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいてみて下さい。

目次

【2022年7月】ビットコインキャッシュの現在の価格動向

ビットコインキャッシュの2022年7月現在までの価格動向を見ていきましょう。

下の画像は2022年7月まで直近1年間でのBitocoinCash /Thetherのチャートです。

【2022年7月】ビットコインキャッシュの現在の価格動向
引用:tradingview

ビットコインキャッシュの価格は2022年7月5日時点で¥14,633.22です。

2021年4月から上昇トレンドを形成し2021年5月から6月にかけて最高値を更新しました。

しかし、その後ビットコインが大暴落をした影響から、ビットコインキャッシュもつられて暴落しました。

BCHとBTC比較
引用:tradingview

このようにビットコインキャッシュは単体で価格変動することはもちろん、ビットコインに連動することも多いので、ビットコインの動きに注目することが大切です。

最高値と比べるとかなり下落してしまいましたが、ビットコインキャッシュの性能は優れているため、注目度が高く将来性が期待されている通貨となっています。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュには3つの特徴があります。

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインからハードフォークした通貨
  • ブロックサイズが大きい
  • アプリケーション開発ができる

それでは順番に説明していきます。

ビットコインからハードフォークした通貨

ハードフォークとは

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォーク(分裂)がきっかけで誕生しました。

そもそもハードフォーク(分裂)とは、既存のブロックチェーンを分裂して、新しい通貨を生み出すことです。

ビットコインの知名度が年々上がっていく中で徐々に送金スピードが遅くなっていました。

その問題を解決するために、ハードフォークという形で誕生したのがビットコインキャッシュです。

ブロックサイズが大きい

ビットコインでは1MBだったブロックサイズをビットコインキャッシュでは8MBまで拡大されました。

ブロックチェーンは複数のブロックがつながっており、各ブロックに取引履歴の情報が書き込まれています。

このブロックサイズが大きければ大きいほど処理能力が高くなるので、ビットコインが抱えていた処理スピードの遅さをビットコインキャッシュの誕生により解決されました。

なお、2018年5月にはそのブロックサイズが32MBまで拡大しているため、さらに送金時間が短くなり、手数料も安く抑えられます。

実際に送金時間については取引量によっても変動しますが、ビットコインが10分〜20分かかるのに対してビットコインキャッシュは5分〜10分程度です

アプリケーション開発ができる

ビットコインキャッシュはdAppsを用いてアプリケーション開発ができます

dAppsとは、ブロックチェーンを用いた非中央集権型のアプリケーションです。

今までのアプリケーションは管理やアップロードするための管理者がいましたが、dAppsは、ユーザー同士で管理ができるため、管理者が存在しません。

イーサリアム(ETH)もdAppsの開発で有名ですが、今後さらにdAppsが普及すれば、ビットコインキャッシュの注目度も高まります。

このような特徴があるビットコインキャッシュに興味がある方は、ビットコインキャッシュを扱っているDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

【2022年】ビットコインキャッシュの今後の予想・見通し

現在は下落傾向にあるビットコインキャッシュですが、今後を占うには以下の3つのポイントが重要になってきます。

ビットコインキャッシュの今後の予想・見通し
  • 半減期は2020年4月に終えている
  • ビットコインキャッシュが利用されるサービス
  • スマートコントラクトの活用

それでは順番に説明していきます。

半減期は2020年4月に終えている

半減期とは

ビットコインキャッシュは2020年4月に半減期を迎えました

そもそも半減期とは、マイニング報酬を半分にして通貨の発行量を調整する期間のことです。

半減期があるのは、仮想通貨がすぐに発行上限枚数に到達してしまいインフレを起こす要因になってしまうからです。

半減期を迎えるとマイナーが減り、市場の流通量が減るため通貨の価値が上昇すると言われています。

一方でマイナー減少により通貨としての魅力が下がり、通貨の価値が下がることもあります。

どちらにせよ、半減期は仮想通貨の価格を大きく変動させる大きなイベントなので、今後の値動きに注目です。

ビットコインキャッシュが利用されるサービス

Bitcoin.comでは2020年6月にビットコインキャッシュを利用してメールアドレス宛に送付できるサービスが開始されました。

Bitcoin.comとは、ビットコインやビットコインキャッシュのツール開発や情報提供を行っているプラットフォームです。

これまで仮想通貨の入出金には、口座アドレスが必須で、送金アドレスと入金アドレスがあるため、誤って送金するトラブルが度々発生していました。

しかし、Bitcoin.comを利用すれば、受け取り側のアドレスを知らなくても、メールアドレスを入力することで仮想通貨の送金が可能になりました。

このサービスが浸透すれば、入出金によるトラブルが軽減できると考えられています。

今後もBitcoinのような関連サービスが拡大されていけば、ビットコインキャッシュの需要が高まることが予想されます。

スマートコントラクトの活用

スマートコントラクトとは

ビットコインキャッシュは、スマートコントラクトの活用機能にも注目です。

スマートコントラクト(自動契約技術)とは契約を自動で実行してくれる仕組みで、さまざまなビジネス分野への活用が期待されています。

たとえば、仲介者が入る分野においては、スマートコントラクトを活用することで、人件費や手数料の削減に繋がります。

実際にイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)スマートコントラクトの実用化に成功している通貨として有名です。

スマートコントラクトがさらに普及すれば、ビットコインキャッシュの実用性が増え、将来性への期待も高まるでしょう。

ビットコインキャッシュを取引したいと考えている方は、 国内仮想通貨取引所であるDMM Bitcoinが便利です。

ビットコインキャッシュを含む豊富な通貨を扱っているので、、是非この機会にDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

ビットコインキャッシュの価格が上がる要因

ビットコインキャッシュの価格が今後上がる要因は下記の3つです。

ビットコインキャッシュの価格が上がる要因
  • 国内の取引所へ新規上場
  • 海外の取引所にて基軸通貨としての需要がある
  • 決済手段として導入される

これからビットコインキャッシュへの取引を検討している方は、これらの情報に注目してみてください。

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

国内の取引所へ新規上場

取引所への上場

ビットコインキャッシュは、現在扱っていない国内の取引所で今後上場する可能性が十分考えられます。

仮想通貨が国内取引所への上場は大きなニュースになります。

なぜなら、日本国内の取引所には信頼性が高い通貨しか上場できないからです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂している仮想通貨で、すでに複数の海外取引所に上場しています。

既に多くの取引所で扱っていますが、まだ扱っていない取引所もあるので上場への期待は高いです。

海外の取引所にて基軸通貨としての需要がある

ビットコインキャッシュは海外の取引所にて基軸通貨として採用されています。

基軸通貨とは取引所の基準となる通貨のことです。

現在、多くの取引所ではビットコインを基軸通貨として採用していますが、一部の取引所ではビットコインキャッシュを採用しています。

取引所の基軸通貨として採用されるということは将来性や需要を見込んでいる証拠と言えるでしょう。

今後さらにビットコインキャッシュを取引所の基軸通貨として採用されていけば、取り扱う人口が増えて価格が上がると考えられます。

決済手段として導入される

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも決済手段として優秀な点があります。

それは、ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きいため遅延が少なく、手数料も安い点です。

現に、ビットコインキャッシュを決済手段として導入する店舗が海外で増えており、需要が高まっていることがわかります。

今後、ビットコインキャッシュの機能性が買われて、決済手段として導入される可能性が十分あるでしょう。

ビットコインキャッシュは今後価格が上昇することが十分考えられているので、取引を考えている方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

ビットコインキャッシュを購入できる仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュを購入するためには仮想通貨取引所のアカウントが必要です。

実際にビットコインキャッシュを扱っている仮想通貨取引所は以下の3社です。

ビットコインキャッシュを購入できる仮想通貨取引所

1つずつ説明していきます。

DMM ビットコイン

DMM bitcoin-top
取引所名DMM ビットコイン
暗号資産数現物取引:12種類
レバレッジ取引:19種類
最低取引額販売所形式:0.0001BTC
取引所形式:0.01BTC
レバレッジ2倍
公式サイト公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM ビットコインは、大手企業のDMM.comグループが運営している仮想通貨取引所です。

現物取引よりもレバレッジ取引がメインで、ビットコインキャッシュを含む19種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができます。

なお、レバレッジ取引では、資金を担保にして売り注文から仕掛けることができるので下落相場で利益を狙うことも可能です。

土日祝を含めて365日サポート体制が整っているため、取引初心者でも安心して取引ができるメリットがあります。

BitMatch注文を利用すれば、販売所形式でネックになるスプレッドを抑えることができ、人気の取引方法です。

仮想通貨取引をしたことがない方もDMMビットコイン公式サイトを確認してみて下さい。

\もれなく2000円もらえる/

ビットフライヤー

bitflyer-top
取引所名ビットフライヤー
銘柄数15銘柄
最低取引額販売所形式:0.0000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ2倍
公式サイト公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された国内大手の老舗仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引所と比べて運営歴が長くビットコインの取引量がNo.1です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

長い運営歴があるため、知名度でも国内トップクラスといえます。

アルトコインを豊富に取り扱っており、販売手数料が無料なのでお得に仮想通貨取引を始めることができます。

Coincheck同様、仮想通貨の積立取引が行えることも大きな特徴です。

わずか100円からビットコインキャッシュが取引できるため、少額から始めたい方はbitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Coincheck

コインチェック-top
取引所名Coincheck
銘柄数17銘柄
最低取引額500円
レバレッジ不可
公式サイト公式サイト
関連記事コインチェックの評判

Coincheckは東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社にもつ、国内大手仮想通貨取引所です。

取り扱っている銘柄数も17種類と豊富なので、ビットコインキャッシュの取引はもちろん、他の通貨の取引にも向いています。

Coincheckでは、ビットコインキャッシュを含めて全ての仮想通貨に対して500円から取引可能です。

さらに、最近では貸仮想通貨や積立投資といった幅広いサービスをリリースして利便性が向上しました。

アプリの使いやすさに定評があるので、スマホで仮想通貨取引をしてみたいという方は、 コインチェックがぴったりです。

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

ビットコインキャッシュとビットコイン(BTC)の違い

ビットコインキャッシュはビットコインから派生したため基本的な仕様は同じです。

しかし、ビットコインキャッシュはビットコインの欠点を改善するために誕生したので、もちろん違いもあります。

ビットコインキャッシュとビットコイン(BTC)の違い
  • ブロックサイズ
  • マイニング難易度調整機能

1つずつ説明していきます。

ブロックサイズ

前述した通り、ビットコインキャッシュとビットコインにはブロックサイズの違いがあります。

ビットコインのブロックサイズは1MBに対して、ビットコインキャッシュは32MBと大きいです。

このブロックサイズが大きければネットワークの処理能力が高くなるので送金速度が速くなります。

マイニング難易度調整機能

マイニングとは

マイニング難易度調整機能にも違いがあります。

ビットコインキャッシュは「DAA」というアルゴリズムでマイニング難易度調整を行っています。

これはビットコインよりも難易度調整の頻度が多いという特徴があります。

難易度調整の頻度が多いと、ネットワークの安定性が高く報酬の偏りが減少するため、安定した送金の実現が可能です。

この機会にビットコインキャッシュに取引したい方は、便利なDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

【2022年】ビットコインキャッシュの今後の見通し・予想まとめ

今回は、ビットコインキャッシュの今後の見通しについて解説しました。

この記事のまとめ
  • ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークした仮想通貨
  • ブロックサイズが大きいためビットコインよりも送金速度が速い
  • 2020年4月に半減期を迎えている
  • 国内の取引所へ上場すれば価格上昇が期待されている
  • ビットコインキャッシュの取引をするなら少額から開始できるDMM BItcoinが便利

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォーク(分裂)した仮想通貨です。

ビットコインと比べると知名度や時価総額は劣るものの、ビットコインの欠点を補うために誕生した通貨なので性能自体は優れています。

さらにビットコインとの連動して価格が変動する傾向にあるため、ビットコインの価格上昇に伴ってビットコインキャッシュの価格が伸びていく可能性があります。

ビットコインキャッシュ単体で考えても、海外の取引所にて基軸通貨として採用されていたり、決済手段としての需要が高まることでの価格上昇が十分考えられます。

なお、ビットコインキャッシュに取引するなら、BCHを少額から取引できるDMM Bitcoinで気軽に始められます。

仮想通貨初心者から経験者まで幅広い投資家に人気のある国内取引所なので、ぜひこの機会にDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる