仮想通貨MANA/Decentralandとは?今後の見通しや将来性、メタバースとの関連を徹底解説

MANA

Decentraland(MANA)は、DecentralandというVRプラットフォーム内で利用される通貨。

Facebookが社名をMetaに変更し、メタバースという言葉は社会的にも認知度が上がってきました。

メタバースの先駆けともいえるDecentraland、そしてDecentralandの中で使えるDecentraland(MANA)への魅力も合わせて高まっています。

今回はDecentraland(MANA)がどのような値動きをするのかなど、Decentraland(MANA)について詳しく解説します。

この記事からわかること
  • Decentraland(MANA)はDecentralandのプラットフォーム上で利用される
  • 大企業のDecentraland参入が相次いでいる
  • Decentralandは他のNFTゲームとの互換性がある
  • Decentraland(MANA)を扱う日本の取引所はないが今後上場の可能性がある

しかし、Decentraland(MANA)へ魅力を感じたとしてもDecentraland(MANA)は国内の取引所で取引できません。

するには海外の取引所で取引する必要があり、その前に国内取引所からの送金が必要となります。

海外送金を考える際には、画面が見やすく操作しやすいDMM Bitcoinが便利です。

気になる方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Decentraland(MANA)とは?

MANA
名称Decentraland
シンボルMANA
現在の価格(2022年8月現在)¥135.77
時価総額(2022年8月現在)¥251,502,497,153
時価総額ランキング(2022年8月現在)36位
購入できる取引所国内:×
海外:Binance
Coinbase
OKEx.
詳細公式サイト

Decentraland(MANA)は先ほどもお伝えした通り、VRプラットフォーム上で利用されることを想定された仮想通貨です。

すでに日本の企業もDecentraland上にNFTを活用したメタバースの文化都市「メタトーキョー」を作る構想も発表しています。

すでに時価総額ランキングで35位まで上がっていることが、大勢の期待を集めていることの表れと言えるでしょう。

Decentraland(MANA)への取引を考える方は、送金用の取引所としてDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

取引できる海外取引所としては、BINANCEやCoinbase、OKExなどが挙げられます。

\もれなく2000円もらえる/

Decentraland(MANA)の特徴

Decentraland(MANA)はメタバース社会を代表する新時代の仮想通貨です。

どんなところが今までの通貨とは違うのか?

ここでは以下の特徴について詳しく解説します。

Decentraland(MANA)の特徴
  • Decentralandのプラットフォーム内でNFTを売買できる
  • 他のNFTゲームと互換性がある
  • 自分の土地(LAND)を持てる

詳しく調べてみましょう。

Decentralandのプラットフォーム内でNFTを売買できる

Decentraland(MANA)は、Decentraland内において利用することができます。

VRプラットフォームであるDecentraland内でユーザーは、広大な空間において探索したり、他プレイヤーとミニゲームを楽しんだりできます。

Decentralandはまさに、もう一つの「現実」としての機能があるということです。

他のNFTゲームと互換性がある自分の土地(LAND)を持てる

Decentraland内でユーザーは、個人でLANDを持つことができます。

この広大な土地の一部であるLANDの売買によって、Decentraland(MANA)を稼げるのです。

また、自分でカスタマイズしたLAND内で作ったアイテムはスマートコントラクトによってユーザー個人で保有可能です。

LAND内のアイテムの所有者は情報がスマートコントラクトにて、ブロックチェーンで承認記録されているので、本人以外だれもそのデータを触れません。

他のNFTゲームと互換性がある

Decentraland内で作ったアイテムは、他の提携したNFTゲーム上で利用可能です。

実際すでにDecentralandは、AxieInfinityやEtheremon、 Battle RacersといったNFTゲームと提携しています。

NFT自体まだまだこれから社会に浸透していく技術です。

Decentraland、そしてNFTが発展するのに従って、Decentraland(MANA)の価値も認められていくと言われています。

今後本格的にDecentraland(MANA)が浸透する前に、一足早く取引しておきたい方は、まず海外送金するための元手を用意しましょう。

元手となる通貨を入手するには、手数料を抑えて取引できるDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Decentraland(MANA)の現在の価格動向

Decentraland(MANA)の今後の価格動向を知るためにも、現在の値動きについて調べてみましょう。

Decentraland(MANA)の現在の価格動向
引用:TradingView

Decentraland(MANA)は現在、下落相場の過程にあると言えます。

2021年11月に高値を更新後、大きく価格を落としてきました。

これは、Decentraland(MANA)への関心が薄れたというより、仮想通貨全体での下落が要因と言えるでしょう。

MANAと他通貨の比較
引用:TradingView

直近6か月の動きは、代表的な仮想通貨であるBTC,ETHと似たような動きになっていることが分かります。

Decentraland(MANA)の取引をする際は、国内取引所から海外取引所への送金をしなけいけません。

海外送金する際には送金用の国内取引所としてDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Decentraland(MANA)のこれまでの価格動向

Decentraland(MANA)のこれまでの価格動向はどのようなものだったでしょうか。

TradingViewのチャートを見ながら調べてみましょう。

Decentraland(MANA)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

チャートをみると、Decentraland(MANA)はこれまで長い間0.5ドルから1ドル近辺を推移していたことがわかります。。

しかし2021年11月から突如暴騰がはじまり、価格は11月後半一度最高値の6ドルをつけます。

その後再び下落して、2021年初頭の1ドル付近まで価格を戻した形です。

現在の価格は低めですが、過去には5倍以上もの価値をつけていたことから、ポテンシャルを秘めている通貨と言われています。

一度注目された通貨、今後いつ再び価格が大きく変動するかわかりません。

タイミングを逃さないためにも、DMM Bitcoin公式サイト確認して海外取引所への送金方法等を確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

Decentraland(MANA)の今後の見通し・予想

Decentraland(MANA)の特徴を調べてみれば、今後さらに人気が高まっていく通貨である可能性を感じる方も多いかと思います。

それではもう少し具体的に、Decentraland(MANA)の価格が今後どうなるか、どんな要因で価格が変動するのか。

詳しく見ていきましょう。

Decentraland(MANA)の今後の見通し・予想
  • メタバース社会の浸透と比例して価格が上がる可能性
  • Decentralandへの企業参加が相次いでいる
  • 日本国内での上場で価格高騰への期待感

メタバース社会の浸透と比例して価格が上がる可能性

メタバースとは

Facebookが社名をMetaに変更したのを改めて言うまでもなく、社会は現在メタバースへの移行を行なっています。

Metaだけでなく、マイクロソフトやウォルトディズニーなど、多くの大企業も続々とメタバースへの参入の動きを見せています。

NFTによってデジタル資産を保有できるようになり、メタバース上で土地も保有できるようになるなど、リアルに近い産業研が今後ますます確立されていくと言われているのです。

先んじてメタバースへの進出を果たしていたDecentralandは、その中で大きな存在感を発揮する通貨となり得ます

通貨としてのDecentraland(MANA)も、メタバース社会浸透に比例して、今後希少価値が高まっていくことが予想されています。

Decentralandへの企業参加が相次いでいる

メタバースへの進出だけでなく、もっと具体的に、Decentralandへの進出を公表する企業も増えています。

例えばサムスン電子アメリカは、Decentraland上に実際あるマンハッタンの旗艦店をモデルにしたバーチャルストアをオープンしました。

他にもカナダの投資企業Tokens.comも、Decentralandで2.88億円に相当する土地を購入したとニュースになりました。

このように、Decentralandはすでに企業からの熱い目線が送られています。

Decentralandへの参入の流れがもっと一般的になれば、通貨としてDecentraland(MANA)の価値が上がっていくかもしれません。

日本国内での上場で価格高騰への期待感

現在日本国内の取引所では、Decentraland(MANA)を取り扱っているところはありません。

しかし、今後日本国内でのDecentraland(MANA)上場が行われれば、さらに人気が上昇する要因になり得ます。

Decentraland(MANA)の買い方

記事のなかで何度もお伝えした通り、Decentraland(MANA)を扱っている国内の取引所は存在しません。

そのため、Decentraland(MANA)を取引するためには、Decentraland(MANA)を扱う国外の取引所への送金が必要です。

Decentraland(MANA)の買い方
  • DMM Bitcoinのアカウントを作成
  • DMM Bitcoinで元手となる通貨の入手
  • DMM Bitcoinから海外取引所へ送金
  • 海外取引所でDecentraland(MANA)を取引

操作がわかりやすいDMM Bitcoinでの送金が便利なので、ここではDMM Bitcoinを使った送金と取引の流れをご紹介します。

\もれなく2000円もらえる/

DMM BItcoinなどの国内取引所でアカウント作成

最初にやるべきなのはDMM Bitcoinのアカウント作成です。

DMM Bitcoin公式サイトまたは公式アプリから、アカウント登録と本人確認を行うことで、アカウントの作成が可能です。

口座にはあらかじめ必要資金を入金しておきましょう。

DMM Bitcoinで元手となる通貨の入手

まずはDecentraland(MANA)を入手するために必要な通貨の取引が必要です。

DMM Bitcoinアプリから、購入する通貨を選んで実際に取引します。

DMM Bitcoinは多くの通貨を取り扱っていますが、ここでは流動性が高いビットコインの取引で進めます。

DMM Bitcoinから海外取引所へ送金

DMM Bitcoinからビットコインを入手したら、次は入手したビットコインを海外取引所へ送金します。

DMM Bitcoinでは、BTCを送金する際の手数料として0.0005BTCかかるとされています。

手数料に関しては、あらかじめ注意しておきましょう。

海外取引所でDecentraland(MANA)を取引

DMM Bitcoinから送金した海外取引所にて、Decentraland(MANA)を取引します。

Decentraland(MANA)を扱っている取引所はいくつかあり、例えばBINANCEやCoinbaseなどがそれにあたります。

なるべくマイナーな取引所は利用せず、大手の取引所を通して取引するようにしましょう。

海外取引所は、利用者が詐欺などの被害に巻き込まれることもあるからです。

また、海外取引所は国内の取引所のように金融庁の認可を受けているわけではありません。

利用する際は余剰資金を使って、自己責任での取引を行うようにしましょう。

Decentraland(MANA)に関するQ&A

徐々に世間の認知が高まってきているとはいえ、まだまだ本格的なサービス稼働からは遠いDecentraland。

これから取引を検討している方にとっては、事前に気になるポイントがいくつかあるのではないでしょうか。

Decentraland(MANA)に関するQ&A
  • 今からDecentraland(MANA)を買うのは遅い?
  • 一時大きく値上がりしたのはなぜ?
  • Decentraland(MANA)は国内での上場がありますか?

ここではよくある質問に対して、Q&Aの形でお答えしていこうと思います。

今からDecentraland(MANA)を買うのは遅い?

まだまだ社会的な認知の低さなどから、投機的な扱いを受けることが多いDecentraland(MANA)。

ボラティリティが大きく、一時期の値段からすると一見バブル的な高騰を遂げていることもあり「今から買うのは遅い」と思っている方も多いかもしれません。

しかし、Decentraland(MANA)は将来性のある通貨と言われ期待値が高いのも事実です。

今後もスケーラビリティ問題の解決や、メタバース、NFTの普及によりさらに人気上昇が期待できます。

ただし、価格上昇するかは誰にも分からないので、取引をする際は自身の判断で行うようにしましょう。

一時大きく値上がりしたのはなぜ?

過去のDecentraland(MANA)チャートにおける値動きをみると、一時的に価格が高騰するタイミングがあったのがわかります。

2021年11月以降です。

この時は、他の仮想通貨や一部株式などリスク資産にお金が流れていたこともありますが、NFT」という言葉自体が注目されていたというのも理由で挙げられます。

まだまだ時価総額も多くないので、ボラティリティこそあれ、NFTが普及することで再び大きく値上がりする可能性があります

Decentraland(MANA)は国内での上場がありますか?

現在まだまだ日本ではメタバース文化が広まっておらず、一部企業がメタバース事業をはじめることを公表するなどにとどまっています。

しかしメタバースが今より国内で普及することで、普及に伴って自ずと関連通貨へのニーズが高まっていくと言われています。

そうすると、国内取引所でも需要に対応するために売買に対応する取引所が出てくる可能性があります

\もれなく2000円もらえる/

Decentraland(MANA)のまとめ

今回の記事では、メタバース時代に対応した次世代の通貨「Decentraland(MANA)」について開設しました。

Decentralandのプラットフォーム内でやりとりする通貨として利用されるDecentraland(MANA)は、今後Decentralandの普及に伴って価格の上昇が見込まれています。

今後世界はビジネスがメタバースに移行していく可能性が高いと言われており、その中でも時価総額の高いDecentraland(MANA)への注目度は高いです。

この記事のまとめ
  • Decentraland(MANA)はDecentralandのプラットフォーム上で利用される
  • 大企業のDecentraland参入が相次いでいる
  • Decentralandは他のNFTゲームとの互換性がある
  • Decentraland(MANA)を扱う日本の取引所はないが今後上場の可能性もある

もし本格的なメタバース社会到来の前にDecentraland(MANA)を保有しておきたいという方がいれば、まずは国内から海外取引所への送金が必要になります。

送金する際に利用する国内の取引所は、手数料無料で取引画面も見やすく初めての海外送金でも安心の、「DMM Bitcoin」が便利です。

気になる方はDMM Bitcoin公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる