Solana(ソラナ)/SOL(ソル)の特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説|日本で入手できる取引所とは?

Solana

アルトコインの中でも数多くのDappsやプロジェクトが開発されているのがイーサリアム(ETH)ですが、そのイーサリアムを超える可能性があるとされる銘柄がSolana/SOLです。

特にSolana/SOLは上場から短い期間で大きく価格を上昇させてきた歴史があり、最も期待値が大きいイサーリアムキラーの仮想通貨となっています。

この記事では、そんなSolana/SOLの特徴やこれまでの価格動向、今後の見通しなどを解説していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • Solana/SOLとは、2020年4月にローンチされた比較的歴史の浅いレイヤー1のブロックチェーンとそのネイティブトークンのこと
  • Solana/SOLはトランザクションの処理速度が非常に速く、かつ取引手数料(ガス代)を大きく削減できるブロックチェーンであるため、イーサリアムキラーの銘柄の一つとして期待されている
  • Solana/SOLで多くのプロジェクトの開発が進んでおり、将来的にはイーサリアムを超える可能性も予想されている
  • Solana/SOLは国内取引所SBI VCトレードにて扱っている

今後に大きな期待が寄せられているSolana/SOLですが、ほとんどの国内取引所ではSolana/SOLを取引することができません。

しかし、国内取引所ではSBI VCトレードにて扱っています。

Solanaの取引を検討している方は、SBI VCトレードをチェックしてみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Solana(ソラナ)/SOL(ソル)とは

Solana(ソラナ)SOL(ソル)とは
名称Solana
シンボルSOL
現在の価格(2023年1月現在)¥3,205.38
時価総額(2023年1月現在)¥1,190,877,806,634
時価総額ランキング(2023年1月現在)10位
入手できる取引所国内取引所:
SBI VCトレード
GMOコイン
海外取引所Binance、Bybitなど
詳細Solana公式サイト

Solana/SOLとは、2020年4月にローンチがされたレイヤー1のブロックチェーンおよびそのネイティブトークンです。

上記の基本情報からも分かるように、比較的歴史の短い仮想通貨銘柄であるにも関わらず時価総額ランキング9位に位置しており、大きな期待が寄せられている銘柄となっています。

通貨の特徴は後に詳しく解説しますが、Solana/SOLはトランザクションの処理スピードが非常に速く、かつガス代などのコストを安く抑えられる点が最大の特徴と言えるでしょう。

これまでSolana/SOLを取引する際は海外取引所を経由するのが一般的ではありました、国内取引所SBI VCトレードが取り扱いを始めたため、気軽に取引ができるようになりました。

Solanaの取引を検討している方は、SBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

Solana/SOLの特徴

ここでは、Solana/SOLの特徴についてより詳しく解説していきます。

Solana/SOLという仮想通貨を深く理解したい方は、ぜひチェックしてみてください。

Solana/SOLの特徴
  • トランザクションの処理スピードが非常に速い
  • 他のブロックチェーンと相互運用できるインターオペラビリティの機能がある
  • 様々な企業と連携しエコシステムが拡大している

トランザクションの処理スピードが非常に速い

Solana/SOLの第一の特徴として、トランザクションの処理速度が非常に速いことが挙げられます。

ビットコインやイーサリアムなど主要なパブリックチェーンと比較しても、その処理速度の速さは群を抜いていると言えるでしょう。

ブロックチェーン1秒あたりのトランザクション処理速度数ブロックの生成速度
SOL(ソラナ)約50,0000.4秒
BTC(ビットコイン)約6〜7600秒
ETH(イーサリアム)約13~15300秒
XRP(リップル)約4,0004秒

上記のようにSolana/SOLはトランザクションの処理速度が非常に速く、一般的に処理スピードが速いと言われているリップル(XRP)よりも優れています。

また、Solana/SOLであればガス代(手数料)も非常に安価に抑えることができるため、イーサリアムのようにスケーラビリティ問題に悩まされる必要はないでしょう。

他のブロックチェーンと相互運用できるインターオペラビリティの機能がある

インターオペラビリティとは日本語で「相互運用性」を意味しており、異なるブロックチェーン同士を接続するテクノロジーです。

ビットコインやイーサリアムといった従来のブロックチェーンにはこのインターオペラビリティがありませんが、Solana/SOLにはブロックチェーン間で相互運用できる機能が搭載されています。

2020年には「Wormhole」という機能を搭載したことを発表しており、すでにイーサリアムとソラナ間でのブリッジを行うことができます。

スケーラビリティ問題を抱えるイーサリアムがSolana/SOLと連携することで、トランザクションの処理スピードを上げられると期待されています。

様々な企業と連携しエコシステムが拡大している

ここまでご紹介したように、Solana/SOLは低コストかつ高速なブロックチェーンであることから様々な企業がSolana/SOLと提携を発表しています。

2022年12月現在でも、Solana/SOLと提携しているプロジェクトは100を超えており、そのエコシステムは日々拡大し続けています。

Solana/SOLと提携しているプロジェクト例
  • Serum(分散型取引所/DEX)
  • USDT(ステーブルコイン)
  • USDC(ステーブルコイン)
  • Terra/UST(ステーブルコイン)
  • Chainlink(ブロックチェーン/仮想通貨)

上記のように、Solana/SOLは非常に有名な仮想通貨プロジェクトとも連携していることから、その将来性が大きく期待されているのが分かるのではないでしょうか。

また、2022年2月には米議員の1人がソラナ決済のSolana Payを試験的に利用したことも大きな話題となりました。(参考:米議員、ソラナ決済で「Solana Pay」を試す)

これからSolana/SOLの保有を検討している方は、SOLを取り扱っている国内取引所SBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

Solana/SOLの現在の価格動向

Solana/SOLの現在の価格動向
引用:TradingView

ここでは、Solana/SOLの現在の価格動向を確認していきましょう。

上記の画像は、Solana/SOLの直近1年間の価格動向を表しているチャートとなります。

一時期はロシアがウクライナに侵攻したことをきっかけに仮想通貨市場全体が大きく下落し、それに伴いSolana/SOLも価格を落としてしまう場面も見られました。

しかし、ロシア・ウクライナ間の紛争がある程度収束を見せていること、3月のFOMCにおいて市場にとってサプライズとなる発表がなかったことにより、3~4月の価格は上昇傾向を見せ始めています。

一時は回復の兆しを見せたSOLですが、2022年に起きたUSTのディペッグ騒動をきっかけに再下落をした状況です。

また、大手仮想通貨取引所FTXの破綻が影響し、SOLの価格も大きく下落しました。

2021年に起きた上昇トレンド前の価格帯まで下落をしており、現在も安値圏で停滞をしていると言えるでしょう。

現在の下落は仮想通貨全体での下落に連動したものであり、SOL単体での動向が影響したものではありません。

今後SOL単体でポジティブなニュースがあれば大きく上昇する可能性は充分にあり得ます。

現に2023年に入ってからは、仮想通貨全体での反発によりSOL価格も徐々に上昇し始めています。(参考:ETH前日比2.7%高、SOL24%高など年明けの仮想通貨相場反発)

現在は、約¥3,206.60ほどの価格で推移しています。

まだ不安材料が一切ないとは言えない状況ですが、これからSolana/SOLの取引を少しでも検討している方は、国内取引所SBI VCトレードをチェックしてみてください。

Solana/SOLのこれまでの価格動向

次に、Solana/SOLのこれまでの価格動向を詳しく見ていきましょう。

いくつか時期を区切って価格動向を解説していくので、Solana/SOLの過去の価格変動が気になる方は参考にしてみてください。

ローンチから2021年5月の上昇相場までの価格動向

ローンチから2021年5月の上昇相場までの価格動向
引用:TradingView

2020年4月にローンチをしたSolana/SOLですが、上場後はしばらく低調な相場が継続していました。

しかし、2021年に入ると仮想通貨全体の市場が盛り上がりを見せ始めたことに加え、Solana/SOLがステーキングサービスを開始したこともあり、大きく価格を上昇させました。

その後、5月には過去最高値となる約58ドルを記録するまで上昇相場が続きましたが、その後は中国での仮想通貨禁止のニュースの影響を受け、大きく価格を下落させてしまいます。

2021年後半から現在までの価格動向

2021年後半から現在までの価格動向
引用:TradingView

2021年5月に大きく価格を落としたSolana/SOLですが、その後の3ヶ月間の価格は横ばいを継続します。

しかし、8月以降はビットコインの先物ETFの承認、エルサルバドルでのビットコイン法定通貨化の発表などのファンダメンタルズにより一気に上昇相場に転じました。

11月には過去最高値となる約260ドルを記録するなど大きな盛り上がりを見せたSolana/SOLですが、その後はFRBによる過度なインフレ抑制のための利上げの議論などの理由により、一転して下落相場が継続しています。

SOL2022年以降の下落
引用:TradingView

その後もロシア・ウクライナ間の戦争が原因となり、再び価格を下落する局面もありましたが、現在は上昇相場への転換点を見せている状況となっています。

SOLは、人気のNFTゲームSTEPNで用いられる通貨のため、一時的な価格価格上昇は見られましたが、現在は下落トレンドの過程にある状況です。

2022年11月にはFTXの破綻もあり、SOL価格も大きく下落してしまいました。

SOL単体での動きではなく、仮想通貨市場全体での動きが要因になっていると考えていいでしょう。

ここまでSolana/SOLの価格動向を解説してきましたが、上昇局面へと転じる糸口を見せてはいますが、まだまだ先行きが不透明なことは否めません。

それでも今後Solana/SOLの取引を検討している方は、ぜひこの機会にSBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

Solana/SOLの今後の見通し・予想

ここでは、Solana/SOLの今後の見通しや予想について徹底解説していきます。

今後のSolana/SOLの価格に変動を与える要素についても解説していくので、Solana/SOLの取引を検討している方は詳しく確認してみてください。

Solana/SOLの今後の見通し・予想
  • 様々なプロジェクトがSolana/SOLのブロックチェーン上で開発される
  • 今後の動向によってはイーサリアムを超える可能性もある
  • 新しい国内の仮想通貨取引所への上場
  • ハッキング被害からの信頼回復

様々なプロジェクトがSolana/SOLのブロックチェーン上で開発される

今後のSolana/SOLの見通しとして、数多くプロジェクトがSolanaのブロックチェーン上で開発されることが予想できます。

ここまででも解説したように、Solana/SOLはトランザクションの処理速度が非常に速く、かつコストも大幅に抑えられるという大きな特徴を持ったブロックチェーンです。

現在でも最も多くのDappsなどの開発が進んでいるのがイーサリアム(ETH)ですが、イーサリアムは需要過多によるスケーラビリティ問題を抱えています。

すでに100以上のプロジェクトがSolana/SOL上での開発を進めていることからも、今後は非常に多くのDappsが高速・低コストのブロックチェーンであるSolana/SOLで開発される可能性は十分に考えられるでしょう。

2022年7月には、低迷する仮想通貨市場を懸念して、SOL発展と課題についての概況が示されています。(参考:ソラナ(SOL)の発展と課題・今後の重要イベントについて、Messari社レポート)

今後の動向によってはイーサリアムを超える可能性もある

PoSとは

上記でも解説したように、今後様々なプロジェクトがSolana/SOLで開発されるだけでなく、現在イーサリアム上で進めているプロジェクトがSolana/SOLへ移行する可能性も否めません。

特に2021年はイーサリアムにとって脅威となるレイヤー1のトークンが非常に大きな盛り上がりを見せ、その中の筆頭としてSolana/SOLも価格を大きく上昇させました。

現在、イーサリアムもPoWからPoSへとコンセンサスアルゴリズムを移行するETH2.0を進めており、スケーラビリティ問題も改善していくと予想されますが、まだまだ先行きが見通せない状況が続いています。

もちろん確実なことはわかりませんが、今後の動向によってはSolana/SOLがイーサリアムを超える日が来る可能性も否定することはできないでしょう。

新しい国内の仮想通貨取引所への上場

取引所への上場

今後のSolana/SOLの見通し・予想として、新しい国内取引所への上場が考えられます。

その理由の一つとして、2022年3月22日に日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が、国内取引所への仮想通貨上場審査を効率化させる「グリーンリスト制度」の導入を発表しました。

一般社団法人日本暗号資産(仮想通貨)取引業協会(JVCEA)の調査部は22日、「暗号資産の認知度向上に向けた取り組み」を公開した。特に暗号資産の新規取扱(上場)審査プロセスの改善とグリーンリスト制度の導入によって、仮想通貨審査の効率化を図る。

〜中略〜

同協会は以前より、日本市場に既に流通している銘柄を新たに上場する際の審査や、日本には流通していない銘柄の審査を簡略化する計画をしており、その方針が決定した格好だ。

引用:COINPOST

この新しい「グリーンリスト制度」が導入されることにより、仮想通貨上場審査が効率化されるので、今後国内取引所で取引できる銘柄が大幅に増える可能性があります。

まだ国内では上場している取引所が少ないですが、SBI VCトレード上場されたことをきっかけに、今後多くの取引所で取り扱うようになる可能性も充分あり得るでしょう。

ハッキング被害からの信頼回復

仮想通貨SOLを発行するソラナのエコシステムでは、2022年に起きたハッキング被害が問題となっています。

SOLを含むSLP規格で発行されたトークンが奪われている状況となっており、多くの被害者が出ていると言われています。

SOL価格には特に大きな影響を与えていないですが、今後SOL価格が上昇するには、信頼回復が必要と言えるでしょう。

Solana/SOLは2023年1月現在でSBI VCトレードが扱っています。

取引を検討している方は、SBI VCトレード公式サイトをチェックしてみてください。

Solana/SOLを取引するならSBI VCトレード

SBI VCトレード
取引所名SBI VCトレード
取扱銘柄14種類
最低取引金額(BTC)販売所形式:0.0001BTC
取引所形式:0.000001BTC
サービス取引所
販売所
貸暗号通貨サービス
詳細SBI VCトレードの公式サイト
関連記事SBI VC トレードの評判

SBI VCトレードは、ネット証券やネット銀行をはじめとした金融事業を幅広く手がけるSBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

証券会社としてのノウハウを活かした使いやすい取引ツールも用意されているので、仮想通貨初心者の方でも問題なく使いこなすことができるでしょう。

また、Solanaを扱っている国内取引所としても人気が高まっています。

定期的に豪華なキャンペーンも実施しているので、少しでも気になる方はSBI VCトレードの公式サイトをチェックしてみましょう。

Solana/SOLに関するQ&A

最後に、Solana/SOLに関連するよくある質問をご紹介していきます。

Solana/SOLに関するQ&A
  • Solana/SOLの総発行枚数はどれくらいですか?
  • Solana/SOLに関連してよく言われるイーサリアムキラーとは何ですか?
  • Solana/SOLのステーキングしたい際はどうすればよいですか?

Solana/SOLの総発行枚数はどれくらいですか?

Solana/SOLの総発行枚数は、最大5億枚となっています。

しかし、過去にはSolana/SOLの価格維持のために大規模なBurn(焼却)が行われたこともあり、2022年11月現在では約3億3千万枚が市場に供給されている状況となっています。

Solana/SOLに関連してよく言われるイーサリアムキラーとは何ですか?

イーサリアムキラーとは、イーサリアムのブロックチェーンに取って代わると予想されているレイヤー1のブロックチェーンのことです。

ここまででも解説したように、Solana/SOLは非常に高速かつコストを安く抑えられる特徴があり、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決できると期待されています。

まだまだDapps開発のプラットフォームとしてイーサリアムのシェアは大きいですが、イーサリアムキラーと言われるレイヤー1トークンの今後の動きは注目しておく必要があるでしょう。

Solana/SOLのステーキングしたい際はどうすればよいですか?

Solana/SOLのステーキングをする際は、取引所もしくは仮想通貨ウォレットを利用する必要があります。

中でも手軽にSolana/SOLのステーキングをするなら、Binanceをはじめとした海外取引所で提供されているステーキングサービスを利用するのが便利でしょう。

ただし、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けておらず安全性を担保できていない可能性もあるので、利用する際は自己責任で使うようにしてください。

Solana/SOLのまとめ

今回の記事では、イーサリアムキラーと呼ばれるレイヤー1のブロックチェーンであるSolana/SOLの特徴や今後の見通しなどを解説してきました。

最後の記事の内容をもう一度振り返っていきます。

この記事のまとめ
  • Solana/SOLとは、高速かつ取引コストを抑えることができるレイヤー1のブロックチェーンとそのネイティブトークン
  • Solana/SOLはトランザクションの処理速度が非常に速いため、現在仮想通貨市場で課題となっているスケーラビリティ問題を解決できると期待されている
  • Solana/SOLは、将来的にイーサリアムを超える可能性を秘める「イーサリアムキラー」の筆頭銘柄となっている
  • これからSolana/SOLを保有したい方は、国内取引所SBI VCトレードをチェック

記事でもご紹介したように、Solana/SOLはトランザクションの処理速度が非常に速く、かつコストも抑えられることから今後に大きく期待されているブロックチェーンです。

そんなSolana/SOLをこれから取引していきたい方は、国内取引所でSOLを扱っているSBI VCトレードをチェックしてみてはいかがでしょうか。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる