人民元円(CNH/JPY)の今後の見通し・予想を徹底解説|変動要因やおすすめFX会社について紹介

人民元円
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

高額なスワップポイントを狙い、人民元円に投資しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

米ドル円ユーロ円といった安全な通貨ペアと同時に取引を行うことで、投資効率を高められるでしょう。

しかし、人民元は独自の性質を持つ法定通貨なので、いくつか注意すべきポイントも存在します。

過去にはその性質が原因で、大きな暴落を起こしたこともあります。

人民元の特徴や仕組みをよく理解しておくことで、人民元円の今後の値動きが予測しやすくなります。

本記事では、人民元円の価格変動要因や今後の見通しについて詳しく解説します。

人民元円をうまく活用して資金回転率を高めましょう。

この記事からわかること
  • 人民元円は、価格の安定性に特徴がある通貨ペア
  • 急な価格変動を抑えるために政府が為替介入を行うのが特徴
  • 日本との金利差が大きく、高額なスワップポイント(金利差による利益)を獲得できる
  • 政府の為替介入によって予想外の価格変動が起きる場合があるのが難点
  • 今後の見通しは、新政権の運営手腕によって価格が大きく動く可能性がある
  • 人民元の価格上昇にはデジタル人民元の存在も欠かせない

最近では、数多くのFX会社が人民元円の通貨ペアを取り扱っています。

そのなかでも、初めて人民元円を取引するなら外為どっとコムがおすすめです。

外為どっとコムは、1,000通貨から取引できるので最小900円程度の元手で済むほか、「らくらくFX積立」を活用すれば最小140円ほどから積立投資を行えます。

少額投資でリスクを抑えたい方にとって最適なFX会社だといえるでしょう。

気になる方は、外為どっとコムの公式サイトを確認してみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

人民元円(CNH/JPY)の現在のレート

人民元円(CNH/JPY)の現在のレート
出典:https://jp.tradingview.com/

2022年1月から2024年5月現在までの人民元円のレートは上画像の通りです。

2024年5月時点において21.607円を記録しています。

2022年の年初には18円前後の価格をつけていた人民元円ですが、同年4月あたりに一気に人民元高・円安へと動き、6月には20円の大台を突破しました。

その理由は人民元の価値が高まったというよりも、世界の国々とは対照的に日本が金融緩和政策の継続を発表したことで、日本円の価値が下落したのが要因です。

2023年年始は一時的な下落も見られましたが、2024年5月現在は円安の影響で再度上昇傾向です。

人民元円の通貨を取引したいなら、FX会社のひとつである外為どっとコムをおすすめします。

外為どっとコムは1,000通貨単位で取引ができるため、最小900円ほどの元手で投資を行えます。

少額投資を行いたい初心者の方におすすめです。

この機会に人民元円の取引をしたい方は、こちらから外為どっとコムの口座を開設してみてはいかがでしょうか。

人民元円(CNH/JPY)のレートの変動要因

人民元円は、米ドル円やユーロ円といったほかの通貨ペアと同様、日々価格が変動します。

その価格変動要因は次の3点に分類できます。

3つの変動要因
  • PBOCによる為替コントロール
  • 日本との金利差
  • 米中間の対立

ここでは、上記3つの変動要因について詳しく解説します。

PBOCによる為替コントロール

PBOC(Peoples Bank Of China)とは、国家の中央銀行である中国人民銀行を指します。

中国は他国とは異なり、管理変動為替相場制という体制を採用しており、中央銀行が為替相場に直接介入できる権利を持っています。

中国は過去に何度も為替介入を行っています。

その目的は、主に輸出産業の競争優位性を維持・強化するためです。

人民元の為替レートを市場予想よりも低く設定することで、意図的に人民元安へと誘導できるため、輸出企業はより有利にビジネスを行えるようになります。

しかし、過度な為替介入を行った結果、2015年には人民元が大幅に暴落するチャイナショックを引き起こしました。

このような政府の介入により、予想もしない価格変動に巻き込まれやすい点には注意が必要です。

日本との金利差

前述した通り、人民元はPBOCによってある程度の為替コントロールが行われるものの、人民元円は世界各地で取引されているため、市場の思惑も大きく価格に反映されます。

その要因のひとつが中国と各国との金利差です。

人民元円もほかの通貨ペアと同様、2国間の金利差によってそれぞれの価格が変動します。

金利の高い国のほうが預金や債券投資でより大きな利益を獲得でき、その国の通貨の需要が高まる(=価格が上がる)からです。

2024年5月時点における中国の政策金利は3.45%です。

一方の日本の政策金利は0.1%となっており、両者には大きな開きがあります。

米中間の対立

米国と中国との対立次第で為替が動きやすいのも人民元円の特徴です。

基本的に対立が激化するほど人民元安に、緩和すると人民元高に動きやすくなります。

米中間での対立は政治・経済の両面から生じ得ます。

たとえば最近では、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、米国と中国の間でワクチン開発競争が繰り広げられたのは記憶に新しい出来事です。

人民元円を取引する場合は、中国と日本だけではなく米国との関係も注視する必要があるでしょう。

これから人民元円の取引を行いたい方は、外為どっとコムに口座を開設してみてはいかがでしょうか。

外為どっとコムでは、定期的にスワップポイント増額キャンペーンが実施されています。

このキャンペーンを活用すると、人民元円取引の利益率を大幅に向上できます。

人民元円(CNH/JPY)のこれまでの変動とその原因

ここでは、これまでに起こった人民元円の大きな価格変動とその原因をご紹介します。

人民元円のこれまでの変動とその原因
  • 2015年:米ドルに対する基準値引き下げで人民元が大幅安
  • 2018年:米国の利上げによる人民元の価値下落
  • 2020年:コロナショックによる人民元の暴落

2015年:米ドルに対する基準値引き下げで人民元が大幅安

2015年:米ドルに対する基準値引き下げで人民元が大幅安
出典:https://jp.tradingview.com/

人民元に対してはPBOCの介入が働くことは前述した通りですが、為替介入を行う際は基準が存在します。

その基準とは、米ドルに対して前後2%の価格で取引を行うというものです。

この基準通りに取引を行うことで、米ドルに対する人民元の安定感が生まれます。

しかし、2015年8月にその基準値が約4.5%引き下げられ、大幅な人民元安を引き起こしました。

人民元が安くなることで、中国国内の輸出企業の競争力が高まり、中国経済を刺激することが目的だといわれています。

人民元円を取引する場合、このように予測不可能な為替介入が実施される可能性があるため、注意が必要です。

2018年:米国の利上げによる人民元の価値下落

2018年:米国の利上げによる人民元の価値下落
出典:https://jp.tradingview.com/

人民元円は、人民元と日本円の通貨ペアではあるものの、米国の利上げの影響も強く受けます。

米国の政策金利の動向により、人民元や日本円の通貨価値が変動するからです。

米国は2008年のリーマンショック以降、景気を回復させるために長らくゼロ金利政策を続けてきましたが、2018年に計4回の利上げを実施しました。

その目的は、景気回復によって上昇し始めたインフレを抑えるためです。

結果的に2018年の米国の政策金利は2.5%まで上昇しています。

当時の中国は、政策金利が4.35%と高水準でしたが、よりリスクの低い米ドルへと資金が流れ人民元安となりました。

2023年6月現在も、米国は利上げに積極的な姿勢を見せており、人民元よりも米ドルに対する需要が高まりやすい環境にあります。

2020年:コロナショックによる人民元の暴落

2020年:コロナショックによる人民元の暴落
出典:https://jp.tradingview.com/

中国も他国と同様、新型コロナウイルスの感染拡大により、大幅な通貨安を記録しました。

しかも、中国は新型コロナウイルスが初めて発見された国だけあり、ほかの国々よりも通貨安への影響が強く現れました。

一方、その後1年足らずで、2019年頃の水準に人民元の価格を戻しています。

PBOCの為替介入のほか、市場の予想よりも早期に経済回復を果たしたことが要因です。

コロナショック以降、現在に至るまで人民元は上昇傾向にあり、これを買い時と捉える方も多いかもしれません。

この機会に人民元円を取引したい方は、外為どっとコムを活用しましょう。

外為どっとコムなら、人民元円を最小140円程度から積み立てられるため、リスクを抑えながら運用したい方におすすめです。

人民元円(CNH/JPY)の今後の見通し・予想

人民元円の今後の見通しは次の通りです。

人民元円の今後の見通し・予想
  • 金利差による為替への影響
  • 新政権発足による人民元への影響
  • デジタル人民元の普及

金利差による為替への影響

一般的に通貨ペアの値動きは、より金利の高い国の通貨に買い圧力がかかりやすい傾向にあります。

金利の高い国に投資するほうが投資家にとってメリットが大きいからです。

しかし、現在の日本と中国はいずれも金融緩和政策に舵を切っています。

金融緩和政策とは、企業が資金を調達しやすいよう、市中の金利を引き下げて景気刺激をはかる方法です。

日本ではマイナス金利を導入していましたが、2024年3月に17年ぶりの利上げを実施し、マイナス金利解除となりました。

ただし、大幅な利上げにはならないとの見通しから、まだ円安は収まっていません。

その点、中国がこの先金利を引き下げると、日中間の金利差が縮小し、円高・人民元安に振れる可能性があります。

中国では先行きの景気減速感が強まっており、金利が引き下げられる可能性も十分に考えられます。

新政権発足による人民元への影響

2022年10月、中国では3期目を務めることとなった習近平国家主席による新政権が発足されました。

新政権によって大きく変わったのは、マクロ経済運営に定評がある李克強首相の退陣です。

これにより経済運営の要となる人材が不在となり、不動産市況の低迷で国内景気が低迷するなか、先行きがより不透明になったと言わざるを得ません。

事実、新政権発足直後に主要経済指標の公表が延期され、政界では混乱が巻き起こりました。

結果的に海外投資家による中国経済に対する懸念が強まることが考えられます。

この先も同じような失態が続けば、人民元安に陥る可能性もあるでしょう。

デジタル人民元の普及

中国が金融政策を進めるうえで重視しているのが、デジタル人民元の普及です。

デジタル人民元とは、中国政府が発行するデジタル通貨で、スマートフォン専用アプリをインストールするだけで簡単に決済通貨として利用できます。

仮想通貨との違いは、デジタル人民元は法定通貨として認められている点です。

現在の世界の基軸通貨は米ドルですが、中国は世界で覇権を握ろうと、徐々に米ドル建て資産の比率を引き下げつつあります。

習近平国家主席が掲げた一帯一路による広域経済圏が完成し、その地域でデジタル人民元が定着すれば、人民元そのものの国際的競争力が高まるかもしれません。

人民元円に投資するうえで、デジタル人民元は欠かせない存在だといえるでしょう。

この機会に人民元円に投資したい方は、外為どっとコムがおすすめです。

現在は日本と中国との間に大幅な金利差があり、いまなら外為どっとコムで高額なスワップポイントを狙えます。

気になる方は外為どっとコムを確認してみてください。

人民元円(CNH/JPY)を取引する上でおすすめのFX会社

人民元円の取引ができる、おすすめのFX会社は次の通りです。

おすすめのFX会社3選
  1. 外為どっとコム
  2. GMO外貨
  3. SBI FXトレード

それぞれの特徴やメリットを詳しく解説します。

1. 外為どっとコム

通貨ペア数30種類
スプレッド(人民元円)0.9銭原則固定(例外あり)
最小取引単位1,000通貨
スマートフォンアプリiOS / Android
公式サイト外為どっとコム
関連記事外為どっとコムの評判
※2024年5月時点

少額で人民元円の取引をしたいなら、外為どっとコムがおすすめです。

外為どっとコムは1,000通過単位でトレードを行えるため、人民元円だと最小900円程度の元手で済みます(レバレッジ25倍適用時)。

さらに「らくらくFX積立」のサービスを利用すると、最小140円程度から人民元円の積立投資を行えます。

リスクを最小限に抑えたい方におすすめのFX会社だといえるでしょう。

また、定期的に人民元円のスワップポイントが増額になるキャンペーンを実施しています。

日本と中国の広い金利差を狙い、高額なスワップポイントを期待する方にも、外為どっとコムがおすすめです。

2. GMO外貨

外貨ex-byGMO
通貨ペア数24種類
スプレッド(人民元円)3.0銭原則固定
最小取引単位1,000通貨
スマートフォンアプリiOS / Android
公式サイトGMO外貨
関連記事GMO外貨の評判
※2024年5月時点

GMO外貨は、人民元円を含む24種類の豊富な通貨ペアを取り扱っています。

1つの口座だけで複数の通貨ペアのポートフォリオを構築できます。

たとえば、米ドル円やユーロ円といった低リスクな通貨ペアを中心に運用し、マイナーな通貨ペアで大きな利益を狙うといった投資スタイルも可能になります。

また、パソコンやモバイル端末でのデモ取引に対応しているのも特徴です。

人民元円の取引に不安を感じる方は、デモ取引で納得がいくまで練習しておくと良いでしょう。

3. SBI FXトレード

SBI-FX-トレード
通貨ペア数34種類
スプレッド(人民元円)0.7~6.8銭
最小取引単位1通貨
スマートフォンアプリiOS / Android
公式サイトSBI FXトレード
※2024年5月時点

SBI FXトレードの最大の魅力は、1通貨単位でトレードを行える点です。

FX会社は数多くの種類が存在しますが、最小1通貨に対応しているところは限られています。

1通貨であれば容易に人民元円の試験運用ができるため、初心者の方におすすめです。

また、SBI FXトレードは、長期間にわたって人民元円を取り扱ってきた実績があります。

同通貨ペアを運用するうえで一定の信頼を置けるFX会社だといえるでしょう。

人民元円(CNH/JPY)の予想・見通しまとめ

今回は、人民元円の価格変動要因や今後の見通しをご紹介しました。

この記事のまとめ
  • 人民元円は、2024年5月時点において21円台の高値圏で推移
  • PBOC(中国人民銀行)の管理下にあるため価格が安定しやすい
  • PBOCの為替介入によって暴落した過去もあり、予想外の価格変動に見舞われる可能性もある
  • 2020年に新型コロナウイルスの影響を強く受けたものの、現在は復調傾向にある
  • 今後は日本と中国がともに金融緩和策に舵を切っていく予定なので、ドルやユーロに対して両通貨が下落する可能性が考えられる

人民元は他国の通貨と異なり、中央銀行が為替に介入する特徴を持ちます。

介入を行う際は、ドルの価格を基準に人民元が変動しすぎないよう調整しようとするため、平時においては安定性に優れる法定通貨だといえるでしょう。

しかし、景気後退局面に入ると、政府による大規模な為替介入によって価格が大きく変動する可能性があるため、十分に注意が必要です。

人民元の特徴をよく理解したうえで、メリットを最大限に活かしましょう。

初めて人民元円を取引する場合は、同通貨ペアを入手しやすい外為どっとコムがおすすめです。

外為どっとコムは、定期的に人民元円のスワップポイントが増額になるキャンペーンを実施しているため、より有利にトレードを行えます。

気になる方は、外為どっとコムの公式サイトを確認してみてください。

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次