【仮想通貨】エイダコイン(ADA/Cardano)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

ada

Cardano(カルダノ)は、チェンジメーカーやイノベーター、ビジョナリーのためのブロックチェーンプラットフォームです。

Cardanoは、エイダコイン(ADA)というネイティブトークンを発行しています。

今回の記事では、エイダコイン(ADA/Cardano)について解説します。

この記事からわかること
  • Cardanoは、ブロックチェーンプラットフォーム
  • プラットフォームは、研究や証拠に基づき開発されている
  • コンセンサスアルゴリズムは、Proof of Stakeを採用している
  • ブロックチェーン革命 Ouroboros(ウロボロス)
  • コンテンツクリエイターに日本人がいる
  • RoadMapに日本語訳サイトがある
  • エイダコイン(ADA)を取り扱っている国内取引所はBITPOINT

エイダコイン(ADA/Cardano)は、Cardanoが発行しているネイティブトークンです。

Cardanoとは、ブロックチェーンプラットフォームで、より多くの可能性を創造し、ポジティブなグローバルチェンジをもたらすために必要なツールと技術を備えています。

なぜなら、レビューされた研究や証拠に基づく手法で開発されたプラットフォームだからです。

エイダコイン(ADA/Cardano)に興味がある方は、BITPOINT公式サイトを確認してみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

エイダコイン(ADA/Cardano)とは?

Cardanoは、チェンジメーカーやイノベーター、ビジョナリーのためのブロックチェーンプラットフォームです。

また、スマートコントラクトを備えた分散型アプリケーションのためのプラットフォームとしても開発されています。

このプラットフォームは、より多くの可能性を創造し、ポジティブなグローバルチェンジをもたらすために必要なツールと技術を備えています。

なぜなら、科学的根拠に基づいて開発されているからです。

Cardano
Cardano公式サイト
名称Cardano
シンボルADA
現在の価格(2022年11月現在)¥44.17
時価総額(2022年11月現在)¥1,517,690,450,421
時価総額ランキング(2022年11月現在)8位
入手できる取引所国内取引所:BITPOINTGMOコインOK CoinJapan
海外取引所:Biance,OKX,Bybit,CoinTiger
詳細公式サイト

エイダコイン(ADA/Cardano)は、2022年11月現在、時価総額が8位の仮想通貨です。

全世界から注目されているプロジェクトであることがわかります。

エイダコイン(ADA)は、ブロックチェーンプラットフォームを開発しているCardanoが発行しているネイティブトークンです。

エイダコイン(ADA)は、国内取引所であるBITPOINTで取引が可能です。

エイダコイン(ADA/Cardano)に注目されている方は、ステーキングも対応しているBITPOINT公式サイトを確認してみてください。

エイダコイン(ADA/Cardano)の特徴

エイダコイン(ADA/Cardano)には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、以下の3つをピックアップして解説します。

エイダコイン(ADA/Cardano)の特徴
  • コンセンサスアルゴリズムは「Proof of Stake」
  • ブロックチェーン革命は、Ouroboros(ウロボロス)で続いている
  • 日本人のコンテンツクリエイター

コンセンサスアルゴリズムは「Proof of Stake」

コンセンサスアルゴリズムとは、合意形成の方法です。

取引を確定させる際に、その取引が正しいものであることの合意を取得します。

エイダコイン(ADA/Cardano)は、この合意形成の方法が、「Proof of Stake」となります。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のコンセンサスアルゴリズムは、「Proof of Work」です。

「Proof of Work」は以下の通りですが、問題点は大量の電力消費による環境破壊と言われております。

Proof of Workとは

マイナーは、ブロックの構成要素の1つであるNonceと呼ばれる値を計算をします。

莫大な計算を行い、Nonceを見つけると報酬が支払われます。

この合意形成の仕組みを「Proof of Work」と呼びます。

「Proof of Stake」は、「Proof of Work」よりも電力消費が少ないと言われております。

なぜなら、エイダコイン(ADA)を「Stake」つまり、保有する量に応じて承認する権利が得られるからです。

エイダコイン(ADA)を多く保有している人は、Cardanoを正しく運営するというモチベーションが働きます。

このモチベーションに支えられているコンセンサスアルゴリズムが、「Proof of Stake」です。

イーサリアム(ETH)は、「Proof of Stake」へ移行への「The Merge」実装をすでに完了させており、今後エイダコイン(ADA)にも大きな影響を与えるのではないかと言われています。

また、エイダコイン自体も大型アップデート「Vasil(バシル)」の実装が予定されていましたが、延期となっており続報はない状態です。

ブロックチェーン革命は、Ouroboros(ウロボロス)で続いている

ブロックチェーン革命は、ビットコイン(BTC)で始まりました。

その革命を続けていくのが、Ouroboros(ウロボロス)です。

では、ウロボロスとは何なんでしょうか。

前述した「Proof of Work」のセキュリティを保証し、わずかなエネルギーコストで合意形成するのが「Proof of Stake」です。

ウロボロスとは、レビューされた研究に基づく初のブロックチェーンプロトコルのことです。

ウロボロスは、独自の技術と数学的に検証されたメカニズムを組み合わせ、これに依存するブロックチェーンの安全性と持続性を保証しています。

その結果、最小限のエネルギーでグローバルなパーミッションレスネットワークの普及を促進することができます。

しかも、プロトコルは実証済みのセキュリティ保証を持っています。

グローバルネットワークは、持続可能かつ倫理的に成長することができなければなりません。

ウロボロスは、それを可能にします。

日本人のコンテンツクリエイター

Cardano公式サイトにコンテンツクリエイターが公表されており、日本人2名が参画しております。

日本人2名のうち「Rena Oishi」さんの取り組みを紹介します。

日本人のコンテンツクリエイター
Cardano公式サイト

「Rena Oishi」さんのサイトを開くとこちらになります。

注目は、漫画でCardanoが解説されていることです。

「Rena Oishi」さんのサイト
Cardano公式サイト
Cardano解説漫画のタイトル
  • 詐欺からADAを守れ
  • ADAが国内取引所にやってきた
  • 暗号通貨や税金について学ぼう

上記は解説漫画の一部ですが、エイダコイン(ADA)についてはもちろんですが、仮想通貨やNFTなどの解説もされています。

エイダコイン(ADA/Cardano)に魅力を感じている方は、BITPOINT公式サイトをチェックしてみてください。

エイダコイン(ADA/Cardano)の現在の価格動向

エイダコイン(ADA/Cardano)の現在の価格動向に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

では、2022年からの価格動向から見ていきます。

TradingViewチャートから引用します。

エイダコイン(ADA/Cardano)の現在の価格動向
引用:TradingView

2022年4月上旬は、1ADA=140〜150円程度で推移していましたが、4月中旬から下落しています。

USDでも下落しているため、円安の影響では無さそうです。

2022年5月には、LUNA大量売却の影響もあり、仮想通貨市場全てが下落しましたが、ADAも例外ではなく連動して下落を決めています。

一時的な反発は見せていましたが、パウエル米FRB議長が2022年8月に米ドル利上げ継続を示唆したことで、再度仮想通貨市場全体での冷え込みが続く形になりました。

また、追い打ちをかけるように大手仮想通貨取引所FTXの破綻騒動が影響して下落しました。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格推移には今後も注目です。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価格推移が気になる方は、BITPOINT公式サイトを確認してみてください。

エイダコイン(ADA/Cardano)のこれまでの価格動向

では、もう少し長期間で見るとどのような価格動向を示しているのでしょうか。

2021年4月から現在までの価格推移を見てみましょう。

こちらもTradingViewチャートから引用します。

エイダコイン(ADA/Cardano)のこれまでの価格動向
  • 2021年4月から2022年11月までの全体像
  • 2022年4月から2021年8月までの推移
  • 2021年8月から2021年12月までの推移

2021年4月から2022年11月までの全体像

2021年4月から2022年11月までの全体像
引用:TradingView

まずは、2021年4月から2022年11月までの全体像を確認します。

すると2021年5月ごろと2021年8月ごろにピークがあります。

では、価格上昇の要因は何でしょうか。

2021年4月から2021年8月までの推移

2022年4月から2021年8月までの推移
引用:TradingView

2022年4月から2021年8月までの価格動向は上記の通りです。

2021年5月15日に、1ADA=272.47円となっています。

この頃のニュースを遡ると「カルダノ(ADA)、イーサリアムERC20トークンとの互換機能がテストネットへ」とあります。

イーサリアムネットワークの高騰するガス代(手数料)やスケーラビリティの問題を解決することに期待感が高まった可能性があります。

2021年8月から2021年12月までの推移

2021年8月から2021年12月までの推移
引用:TradingView

ここでは、2021年8月から2021年12月までの推移を確認します。

この期間では、2021年9月2日に、1ADA=340.88円を示しています。

このタイミングは、まさにエイダコイン(ADA)が、BITPOINTへ上場したタイミングと重なります。

エイダコイン(ADA)が、国内初となるBITPOINTへ上場したのは、2021年8月25日です。

どの仮想通貨にも共通ですが、取引所への上場のタイミングは、価格が高騰する傾向にあります。

エイダコイン(ADA/Cardano)の価値上昇に期待されている方は、BITPOINT公式サイトを確認してみてください。

エイダコイン(ADA/Cardano)の今後の見通し・予想

エイダコインの今後について解説してきます。

エイダコイン(ADA/Cardano)の今後の見通し・予想
  • 日本人に注目される可能性がある
  • Cardanoロードマップ
  • 先駆的な技術は、画期的な研究から始まる

日本人に注目される可能性がある

エイダコイン(ADA/Cardano)は、日本人により注目される可能性があります。

理由は、以下の2点です。

エイダコイン(ADA/Cardano)が日本人に注目される理由
  • 国内初となるBITPOINTに上場されている
  • RoadMapに日本語訳サイトがある

国内初となるBITPOINTに上場されたのをきっかけに、続々と他の国内取引所でも上場がスタートしました。

また、多くの仮想通貨プロジェクトは外国で始まり、公式サイトはほとんどが英語で書かれています。

それは、Cardanoも同様です。

しかし、RoadMapのサイトは、英語だけでなく、日本語、韓国語、中国語を選択できます。

これは英語が苦手な方でも、Cardanoプロジェクトを理解するための貴重な機会になるでしょう。

つまり、日本人により注目される可能性のあるプロジェクトです。

Cardanoロードマップ

では、Cardanoロードマップにはどのような内容が書かれているのでしょうか。

日本語サイトがこちらです。

Cardanoロードマップ
Cardano公式サイト

Cardanoロードマップとは、開発概要を示すものとなっています。

Cardanoの開発は、以下の5期に分類されます。

Cardano開発の5期
  • 基礎
  • 分散化
  • スマートコントラクト
  • スケーリング
  • ガバナンス

そして、方法論も5種類あると示されています。

開発の方法論
  • 学術研究
  • プロトタイピング
  • 技術仕様
  • 形式手法による開発
  • 関数型プログラミング

Cardanoロードマップに興味がある方は、Cardano公式サイトをチェックしてみてください。

先駆的な技術は、画期的な研究から始まる

Cardanoは、これまでも研究に始まり、研究によって成長してきました。

Cardanoの研究は、ブロックチェーンプラットフォームとしてはユニークなレビューを受け、新しいアイデアが検証される前に異議を唱えることができるようになっています。

Cardanoの研究は研究は、哲学や社会学、行動学、ゲーム理論など、第一線の学者が中心となって進めています。

それぞれの結果を達成するために、瑣末な部分を考慮しています。

なぜなら、しばしば考慮されない変数が、最終的にグローバルな分散型プラットフォームの整合性と持続性に影響を与える可能性があるためです。

この研究に対する姿勢こそが、Cardanoの技術を支えているのです。

エイダコイン(ADA/Cardano)を取引するならBITPOINT

2021年8月25日に、エイダコイン(ADA)は、国内では初となるBITPOINTに上場されました。(参考:CoinPost国内初、カルダノ(ADA)が本日ビットポイント上場)

bitpoint-top
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数14種類
取引手数料
※BTCを入手した場合
取引所の手数料:無料
販売所はスプレッドがかかる
入出金手数料銀行振込:無料
(※銀行手数料はお客様負担)
即時入金:無料出金手数料:330円
レバレッジ倍率レバレッジ取引は停止中
※2022年現在
公式サイトBITPOINT公式サイト
関連記事BITPOINTの評判

BITPOINTの取り扱い銘柄は、14銘柄です。

2022年7月には、ADAで最大年利5.3%のステーキングサービスを開始しており大きな注目を集めています。

エイダコイン(ADA/Cardano)の保有を考えている方は、BITPOINT公式サイトをチェックしてみてください。

エイダコイン(ADA/Cardano)に関するQ&A

ここまでで、エイダコイン(ADA/Cardano)の特徴や価格動向、今後の見通し、取引方法を解説してきました。

最後のパートでは、よくある質問に対して、Q&A方式で解説していきます。

取り上げる質問は、以下の3つです。

エイダコイン(ADA/Cardano)に関するQ&A
  • Cardanoの創立者は誰ですか
  • Ouroboros(ウロボロス)の仕組みを教えてください
  • 最新ニュースをタイムリーに、日本語で確認する方法はありますか

Cardanoの創立者は誰ですか

Cardanoの創立者は、Charles Hoskinson氏です。

Charles Hoskinson氏は、イーサリアムネットワークの共同設立者のひとりです。

現在は、IOHK社のCEOで、IOHK社とはCardanoブロックチェーンを構築した会社です。

Ouroboros(ウロボロス)の仕組みを教えてください

Ouroboros(ウロボロス)は、チェーンを時間帯などで細かく分割してトランザクションブロックを処理します。

そして、各時間帯ごとにリーダーが選ばれます。

リーダーは、ブロックチェーンに新たなブロックを追加する責任者となります。

プロトコルを破壊しようとする敵対的な試みから守るため、各スロットリーダーは受け取ったチェーンの最後の数ブロックを過渡的なものとみなすよう要求されます。

つまり、あらかじめ指定されたブロックより前のチェーンのみが決済されたとみなされます。

これは決済遅延とも呼ばれ、参加者間で安全に台帳が受け渡される仕組みになっています。

最新ニュースをタイムリーに日本語で確認する方法はありますか

はい、あります。

Cardanoロードマップに「週刊技術レポート」というサイトがあります。

このサイトでは、最新情報を日本語で確認することが可能です。

週刊技術レポート
Cardano公式サイト

エイダコイン(ADA/Cardano)のまとめ

エイダコイン(ADA/Cardano)の特徴や価格動向、今後の見通し、取引方法、FAQを解説してきました。

Cardanoとは、ブロックチェーンプラットフォームで、より多くの可能性を創造し、ポジティブなグローバルチェンジをもたらすために必要なツールと技術を備えています。

それは、画期的な研究に支えられています。

この記事のまとめ
  • Cardanoは、ブロックチェーンプラットフォームである
  • プラットフォームは、研究や証拠に基づき開発されている
  • コンセンサスアルゴリズムは、Proof of Stakeを採用している
  • ブロックチェーン革命は、Ouroboros(ウロボロス)で続いている
  • コンテンツクリエイターに日本人がいる
  • RoadMapに日本語訳サイトがある
  • エイダコイン(ADA)は国内取引所はBITPOINTで取り扱っている

エイダコイン(ADA/Cardano)に興味を持ち、今後の動向が気になる方は、BITPOINT公式サイトをチェックしてみてください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる