Maker(MKR)とは?今後の見通しや将来性・購入できる取引所を徹底解説

MKR
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

最近では、Maker(MKR)という銘柄を扱う国内取引所が増えてきました。

まだ配布がはじまったばかりであることもあり、あまり詳しく知らない、という方がほとんどなのではないでしょうか。

今回はそんなイーサリアムブロックチェーン上で稼働する仮想通貨であるMaker(MKR)について詳しく解説します。

この記事からわかること
  • 仮想通貨の担保をステーブルコインDAIが行う
  • MakerDAOは将来性があるDeFiプロジェクトである
  • Maker(MKR)はMakerDAOの運営に関わるガバナンストークン
  • Maker(MKR)を扱っているのはbitbank(ビットバンク)GMOコイン
  • Maker(MKR)は伸び代が大きい通貨である

Maker(MKR)は、Makerプロトコルという分散型アプリケーションにおけるガバナンストークンの役割を担っているなど、プロジェクトにおいて大きな存在感を発揮しています。

すでにさまざまな場面で使われているなど、将来性に高い期待が持たれています。

もし「投資したい」と思った方は、GMOコインの公式サイトを調べてみてください。

GMOコインは2022年2月より、Maker(MKR)の取り扱いを開始しており注目を集めています。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

目次

Maker(MKR)とは?

まずは、Maker(MKR)の基本情報について見ていきましょう。

Maker
名称Maker
シンボルMKR
現在の価格(2024年5月現在)¥414,111.20
時価総額(2024年5月現在)¥383,229,561,856
時価総額ランキング(2024年5月現在)45位
購入できる取引所国内:bitbankGMOコイン
海外:Binance
詳細公式サイト

Maker(MKR)について知るには、まずMakerDAOについて知っておく必要があります。

MakerDAOとは、現在多くの注目を集めるDeFiプロジェクトの一種で、非中央集権的な分散金融です。

MakerDAOはステーブルコインのDAIと、ガバナンストークンのMaker(MKR)を発行しており、先ほどのDAIの価格担保として用いられています。

これにより、お互いの通貨としてのリスク管理に役立っているのです。

今後DeFi市場はさらに参入企業や団体が多くなっていくことが予想されており、シェアは拡大していきます。

もし「国内の取引所で取引したい」と思ったら、少額取引にも対応したGMOコインが最適です。

Makerに興味がある方は、まずはGMOコイン公式サイトをチェックしてみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)の特徴

本格配布が始まって間もないものの、すでに日本国内の取引所が扱うほど注目度が高いMaker(MKR)。

どんな特徴を持つ通貨なのか。

その特徴をいくつかピックアップして紹介していきます。

Maker(MKR)の特徴
  • 仮想通貨の担保をステーブルコインDAIが行う
  • MakerDAOは将来性があるDeFiプロジェクトである
  • MakerDAOの運営に関わるバナンストークン

仮想通貨の担保をステーブルコインDAIが行う

ステーブルコインとは

Maker(MKR)の通貨としての価値担保は、MakerDAOが発行する米ドルのステーブルコインであるDAIが行います。

ステーブルコインは米ドルと価値が連動するように設計されていますから、1DAI=1USDの価値になります。

DAIはETHやBATなど仮想通貨の価値を担保に、発行にはスマートコントラクト機能が用いられる分散型の通貨です。

そのため中央集権型のUSDTなどとはそもそもの成り立ちが異なるのです。

DAIの時価総額も上昇を続けており、DAIの価値上昇がそのままMaker(MKR)の人気上昇の後押しにもなっています。

MakerDAOは将来性があるDeFiプロジェクトである

MakerDAOはDeFiを代表するプロジェクト。

MakerDAOはステーブルコインDAIの発行や管理に加え、レンディングプラットフォームDSRの提供などを行っています。

金融サービスをDAOによってのみ分散的に運営することを目的にしており、完全に非集権型のプロジェクトといえます。

しかし保有者の意思決定権が大きくなりすぎたため、すでに解散が決まっているメーカー財団。

これによりMaker(MKR)保有者によってのみ運営が行われることになるので、さらに非集権的な色合いが強くなります。

今後は現実の不動産を担保にDAIを発行できるようにするなど、さらに通貨としての価値安定化を目指しています。

MakerDAOの運営に関わるガバナンストークン

Maker(MKR)は、MakerDAOの運営権に関わるガバナンストークンとして用いられます。

そのため、ステーブルコインとして用いられるDAIとは、トークンとしての意味合いが大きく異なります。

MakerDAOが今後どのような方針で運営されていくか決めるのは、Maker(MKR)ホルダーです。

より多くの通貨を持っているほど多くの投票権が付与されるので、よりMakerDAOへの影響力が大きくなるのです。

今後ますますシェアが大きくなっていくことが予想されるMakerDAOの運営に少しでも関わりを持ちたいという方は、GMOコインの公式HPをチェックしてみてください。

GMOコインはセキュリティ面に力を入れており、運営会社も大きいので、知名度の高くない通貨のやりとりでも安心です。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)の現在の価格動向

Maker(MKR)が今後どのような値動きになるか知るためにも、Maker(MKR)が現在どのような価格動向かを調べてみましょう。

Maker(MKR)の現在の価格動向
引用:TradingView

Maker(MKR)は2021年12月一度最高値をつけましたが、その後は他の金融商品と同じく下落基調となっていました。

値上がりを2021年12月からの下落基調がすべて帳消しにした形となりました。

2022年3月からは一時的に上昇を決めていましたが、2022年5月の仮想通貨全体での下落によって価格を下げました。

しかし、2023年からは徐々に上昇を見せており、期待値が高い通貨と言えるでしょう。

2024年5月現在:BTCに連動して最高値挑戦中

MKR直近価格動向

2023年後半からMKR価格が大きく上昇しています。

2023年の始めは約500ドル台でスタートしましたが、現在は2,600ドルほどと約5倍もの価格上昇を見せた形です。

オンチェーン分析会社Lookonchainは、大口投資家(クジラ)2人が今月MKRの保有量を増やしており、MKRに対するセンチメントが改善している兆しだと指摘した。クジラの1人は9月4日から総額195万ドル(約2億8275万円)相当を購入し、別の1人は今週163万ドル(約2億3635万円)相当を購入した。

MakerDAOのMKR、クジラの買いで16カ月ぶり高値に近づく──ヘッジファンドは強気

2023年7月からの上昇はクジラ投資家による大規模な買い増しが影響していると考えられています。

また、10月後半から12月にかけてはBTC含む仮想通貨市場全体での上昇を見せており、MKRの価格上昇をさらに後押しする形になりました。

2024年1月にはビットコインの現物ETFが承認されたことで再び上昇しており、5月現在は上昇トレンドの過程にあります。

MKRはGMOコインで入手できるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)のこれまでの価格動向

Maker(MKR)が現在どのような値動きだったかわかったところで、それより以前はどのような値動きだったのか調べてみましょう。

Maker(MKR)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

Maker(MKR)本格的に配布がはじまってからというもの、非常にボラティリティの高い値動きが続いています。

上場直後は大きく価格が上がったものの、その後は価格が下落しました。

その後はお伝えしたように再び値上がりしており、安値圏からの転換を見せています。

上場してからは上昇・下落を繰り返しており、注目度の増加やポジティブなニュース待ちと言えるでしょう。

取引を考える際には、500円という少額から積み立て投資が可能なGMOコイン公式サイトをチェックしてみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)の今後の見通し・予想

Maker(MKR)は今後どんなイベントで値動きが起こるのか。

国際的にMaker(MKR)の価格に影響を与えるイベント、情報をここで紹介します。

取り上げるのは以下の予想です。

Maker(MKR)の今後の見通し・予想
  • 決済手段としてさらに利用される可能性がある
  • DeFi市場の発展によってMaker(MKR)の価値も上がっていく可能性あり
  • 新規取引所に上場で価格高騰する確率が高い

一つずつ今後の見通しを見ていきましょう。

決済手段としてさらに利用される可能性がある

Maker(MKR)は複数のコインに裏打ちされたファイナンス系プロトコルによって、ハイパーインフレから資産を保護できます。

世界中でハイパーインフレ懸念が囁かれるなか、暗号資産、とりわけ実用性の高いMaker(MKR)は安全資産として注目が集まっています。

DeFi市場の発展によってMaker(MKR)の価値も上がっていく可能性あり

非中央集権的な分散型金融であるDeFiは、すでに多くの参入者がおり、すでに市場はレッドオーシャンと化しています。

レッドオーシャンと化した市場において、一プロジェクトであるMakerDAOがどこまで存在感を示せるかが鍵となります。

DeFi市場において大きなシェアを取れれば、当然Maker(MKR)の価値も高まっていくと考えられています。

新規取引所に上場で価格高騰する確率が高い

取引所への上場

Maker(MKR)が多くの取引所に上場するほど、シェアがあがるので通貨の価値が上がっていきます。

日本の取引所でMaker(MKR)を扱っているのは、この後紹介するbitbank(ビットバンク)GMOコインだけなので、日本国内だけでもまだまだ増える余地があります

どちらの取引所でMaker(MKR)を買うか迷った際は、取引ツールが使いやすいGMOコインでの取引を検討してみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)が購入できると国内取引所

ご存知の方も多い通り、Maker(MKR)を取引できる国内の取引所は少ないです。

国内で現在取引できる取引所はGMOコインbitbank(ビットバンク)があります。

それぞれの取引所について解説します。

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取り扱い通貨26通貨
販売手数料無料(一部銘柄を除く)
最低取引額(BTC)0.00001 BTC
詳細公式サイト
関連記事GMOコインの評判

Maker(MKR)の取り扱いを2022年2月から開始したGMOコイン。

取り扱い通貨が26通貨と多く、GMOグループ運営という安心感もあります。

また、取引アプリがFX取引ツールと同じで見やすく使いやすいのも特徴です。

時折スプレッドが広い場合があるなど注意点もありますが、画面も見やすく取引しやすい取引所でしょう。

メイカーの取引を検討している方は、ぜひGMOコインの公式サイトをチェックしてみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

bitbank(ビットバンク)

bitbnak-top
名称bitbank(ビットバンク)
取り扱い通貨39通貨
販売手数料無料(一部銘柄を除く)
最低取引額(BTC)販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
詳細公式サイト
関連記事bitbankの評判

bitbank(ビットバンク)のメリットはやはり、Maker(MKR)のようなアルトコインの取引ができることです。

時価総額の低いアルトコインへの投資を中心に考えている方は、bitbank(ビットバンク)での取引も検討してください。

取引所で37種類もの通貨を扱っているので、手数料を抑えて通貨を保有したい方に最適です。

手数料を抑えてあるとコインを保有したい方は、bitbank(ビットバンク)公式サイトをチェックしてみてください。

Maker(MKR)に関するQ&A

まだまだ日本の取引所が取り扱いをはじめたばかりのMaker(MKR)。

疑問点が多い方も多いでしょう。

Maker(MKR)に関するQ&A
  • Maker(MKR)の開発財団が解散するのはなぜ?
  • 今後Maker(MKR)の伸び代はある?

ここではそんな方のためのよくある質問に対し、Q&Aコーナーの形で解答します。

Maker(MKR)の開発財団が解散するのはなぜ?

Maker(MKR)の開発元であるプロジェクトを創設したメーカー財団は2021年7月に解散を表明しています。

ホルダーなど一部からは「大丈夫なのか」と心配の声が上がりそうなこの話題ですが、むしろこれはMaker(MKR)にとっては良い話です。

分散型金融を代表するプロジェクトであるMakerDAOは、大元である財団の力が大きくなってしまっては、結局中央集権的な金融プラットフォームとなってしまいます。

ですから、力が大きくなる前に、財団を解散して運営を自立分散型組織であるMakerDAOへ移行することを発表したのです。

今後はガバナンストークンであるMaker(MKR)ホルダーたちの意見でプロジェクトは運営されていきます。

今後Maker(MKR)の伸び代はある?

記事の中でも触れた通り、DeFi市場の競争は激しいです。

しかし伸び代でいえば、DrFi市場、そして通貨としてのMaker(MKR)はまだまだ伸び代があります。

時価総額こそ低いですが、Maker(MKR)の認知度は高く、今後投資家の資金が集まってくる可能性も十分にあります。

さらにイーサリアムブロックチェーンを利用しているので、イーサリアムの価格と連動性があるのもメリットです。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

Maker(MKR)のまとめ

今回は、日本の取引所でも取り扱いが始まったばかりのMaker(MKR)について解説しました。

Maker(MKR)は今後シェアが拡大していくDrFi市場において、大きな存在感を放つ通貨であり、まだまだ大きな伸び代があります。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨の担保をステーブルコインDAIが行う
  • MakerDAOは将来性があるDeFiプロジェクトである
  • Maker(MKR)はMakerDAOの運営に関わるガバナンストークン
  • Maker(MKR)を扱っているのはbitbank(ビットバンク)GMOコイン
  • Maker(MKR)は伸び代が大きい通貨である

記事の中でも述べている通り、Maker(MKR)は成長性があり伸び代も大きな通貨です。

早い段階で投資しておきたいという方は、GMOコインの公式サイトを調べてみてください。

\BTCがもらえるキャンペーン中!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次