ジャスミー(JMY)とは?価格動向や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨JMY 将来性・見通しを徹底解説

ジャスミー(JMY)は、相次ぐ情報漏洩やプライバシーの侵害に対するカウンターとしての意味を持つ、情報の分散管理を目標に掲げられたプラットフォームです。

ジャスミー(JMY)はブロックチェーン技術にIot技術を掛け合わせることにより、データの民主化を目指しています。

現在ネット社会の個人データは、データ管理を主に大企業が行なっております。

つまり個人のデータを中央集権型で管理されていることに他ならず、ユーザー目線からするとデータが大企業に独占されているという、看過できない状態になっているのです。

もしジャスミー(JMY) のプロジェクトが計画通り進めば、個々人にデータの所有権が戻るので、より安心できるネット社会の構築に近づくと期待されています。

この記事でわかること
  • 「データの民主化」により情報新時代を作るのが目標
  • メイドインジャパンの仮想通貨
  • BitPointにて上場している
  • 他社との共同研究が進められている
  • まだまだプロジェクト進行の初期段階である

まだまだ計画段階とはいえ、大きな将来性を感じさせるプロジェクトです。

前もって自分の資金を保有しておきたい方は、ジャスミー(JMY)を取り扱っている、BitPointの公式サイトをチェックしてみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

ジャスミー(JMY)とは?

まずは、日本で生まれた仮想通貨ジャスミー(JMY)について、基本情報から調べていくことにしましょう。

ジャスミー(JMY)とは、まだ誕生間もない仮想通貨プラットフォームです。

市場の規模もほかの通貨と比べても大きくありません。

ジャスミーとは
名称ジャスミー
シンボルJasmyCoin
現在の価格(2022年8月現在)¥1.32
時価総額(2022年8月現在)¥6,284,932,430
時価総額ランキング(2022年8月現在)418位
購入できる取引所BITPOINT
Huobi Japan
詳細公式サイト

まだまだ通貨としての利用価値はなく、プロジェクト段階であるジャスミー(JMY)。

まだまだ通貨としての価格は低いですが、今後プロジェクトが進むなどすれば、通貨の注目度が高まるかもしれません。

日本で生まれた、個人情報を各々が分散管理するという壮大な計画を担った仮想通貨です。

ジャスミー(JMY)への期待を募らせる日本人の投資家は多いのではないでしょうか。

国内取引所では、Bitpointがジャスミー(JMY)を取り扱っています。

興味がある方は、Bitpoint公式HPをご確認ください。

ジャスミー(JMY)の特徴

「データの民主化」という目標を掲げて立ち上げられた国産プラットフォームジャスミー(JMY)。

ここでは、より詳しくジャスミー(JMY)の特徴について解説します。

ジャスミー(JMY)の特徴
  • 「データの民主化」によりユーザー本意の情報新時代を作るのが目標
  • 2つのコアサービスを提供している
  • メイドインジャパンの仮想通貨
  • ジャスミー株式会社は海外展開を進めている

「データの民主化」によりユーザー本意の情報新時代を作るのが目標

ジャスミー(JMY)における1番の特徴は、そのプロジェクトで「データの民主化」を行おうとしていることです。

現在の情報化社会において流れが加速するなかで、ハッキングなどで悪意のもと奪われる事象が後を絶ちません。

そうでなくても、個人情報はサービスの中で収集され、どんな用途で利用されているか分かったものでもないのです。

ジャスミー(JMY)はそうした中央集権的に扱われる個人情報について意を唱えて、新しい情報時代の実現を目指しています。

2つのコアサービスを提供している

ジャスミー(JMY)にはSKGとSGという2つのコアサービスがあります。

SKC(Secure Knowledge Communicator)は、さまざまなデータを個人のものとして管理できるサービスを指します。

サービスの利用に必要な本人認証や登録機能、個人情報を分散管理するサービスなどがSKGに含まれます。

SG(Smart Guardian)は、IoTデバイスを独自のブロックチェーンに記録するシステムのことです。

SGによって、使用しているIoT機器を独自ブロックチェーン上に登録でき、持ち主しか使用できない環境を実現できます。

メイドインジャパンの仮想通貨

ジャスミー(JMY)は他の多くの通貨とは異なり、日本で作られた暗号通貨です。

時価総額の大きな仮想通貨の多くが海外製ですが、ジャスミー(JMY)はソニー株式会社の安藤氏が設立したジャスミー株式会社によって開発されています。

日本人の手によって日本で生まれたジャスミー(JMY)。

数年後には、世界的に価値のある暗号通貨となっている可能性もあります。

ジャスミー株式会社は海外展開を進めている

ジャスミー(JMY)の開発元であるジャスミー株式会社はすでに、事業の海外展開を進めるために数カ所の海外拠点設立を計画しています。

具体的な場所は北米、アジア地域としており、まだ具体的な場所まで発表されておりませんが、ジャスミー(JMY)の注目度を高めるための大きな一歩といえます。

コロナ禍における社会の在り方で、個人情報の持つ価値と情報の活用のために、ジャスミー株式会社はブロックチェーン技術を用いてデータの民主化を世界に広めようとしているのです。

ジャスミー(JMY)は、2022年現在国内取引所Bitpointが取り扱っています。

興味がある方は、Bitpoint公式HPをチェックしてみてください。

ジャスミー(JMY)の現在の価格動向

ジャスミー(JMY)の今後を考えるためにも、チャートを見ながら現在の価格動向を調べてみましょう。

ジャスミー(JMY)の現在の価格動向
引用:TradingView

チャートを見てみると分かるりますが、ジャスミー(JMY)の価格は下降トレンドが続いています。

これはあらゆるリスク資産の市場がリスクオフ相場になっているからで、特に利益の目処がたっていないジャスミー(JMY)などは売られやすい状況が続いています。

ジャスミー単体でネガティブニュースがあったわけではなく、仮想通貨市場全体での下落が連動していると言えるでしょう。

いつまでこうした下げトレンドが続くかわかりませんが、本格的に注目される前に取引を考えている方は、国内取引所のBitPointの公式サイトをチェックしてみてください。

ジャスミー(JMY)のこれまでの価格動向

続いてジャスミー(JMY)のこれまでの価格動向も調べてみましょう。

ジャスミー(JMY)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

ジャスミー(JMY)は上場後しばらく横ばいの推移を見せた後、2021年11月に大きく価格が高騰します。

この時ジャスミー(JMY)に何か大きなニュースが発表されたというわけではなく、他の通貨と同じく市場全体がリスクオンの相場となり上昇したのです。

仮想通貨は特に、こうした読めないタイミングで価格が大きく変動する場合があります。

ジャスミー(JMY)に興味がある方は、国内で取引に対応しているBitPointの公式サイトを調べてみてください。

ジャスミー(JMY)の今後の見通し・予想

ジャスミー(JMY)の価格は今後どうなるのか?

価格推移を予想するためにも、見通しを明らかにする条件をいくつか確認しておきましょう。

ジャスミー(JMY)の今後の見通し・予想
  • IoT技術の発展で普及の可能性
  • 取引所への新規上場
  • 個人情報の民主化という基本理念が浸透するかどうか
  • 次のトレンドであるWeb3.0関連銘柄として注目されている

IoT技術の発展で普及の可能性

ジャスミー(JMY)の価格が変動する要因として、IoT技術の発展がひとつ挙げられるでしょう。

IoTとは「Internet of Things」の略で、これからあらたにインターネット接続される機器を指します。

IoTが発展していくことで、「IoTとブロックチェーン」を掛け合わせた独自のプラットフォームを持つジャスミー(JMY)の価値が見直されるかもしれません。

取引所への新規上場

取引所への上場

国内外で、ジャスミー(JMY)が新規上場すればするほど、通貨としての流動性が増します。

2022年現在BitPointで取引できますが、扱う取引所が増えれば増えるほど価格は変動します。

そして、海外取引所のBINANCEに上場しているのも大きいです。

BINANCEは言わずと知れた世界最大手の取引所です。

BINANCEは多くのアルトコインが上場していますが、ここで上場するためには最低限のプロダクトが完成していることや、最低限のホルダー数を確保していることなど、いくつかの基準クリアが必要になります。

BINENに上場する時点で、それら一定の基準をクリアした仮想通貨であることの証です。

個人情報の民主化という基本理念が浸透するかどうか

ジャスミー(JMY)の基本理念である「個人情報の民主化」が社会に広く浸透するか否かが、今後の見通しを左右する最大の争点です。

ですが、個人情報の価値が年々高まっている今ジャスミー(JMY)の基本理念は今の時代とマッチしているとも言えます。

今後価値が改めて見直されるかが、今後のジャスミーの注目度に影響を与えると考えられます。

次のトレンドであるWeb3.0関連銘柄として注目されている

最近色々なところで耳にする「Web3.0」ですが、ジャスミー(JMY)も次世代のWeb規格であるWeb3.0銘柄として度々メディアで取り上げられています。

Web3.0の思想こそ非中央集権的なWeb構造を指しますから、まさにジャスミー(JMY)の基本理念と合致していると言えます。

まだまだWeb3.0自体が社会に浸透しきっていないところがあるので、Web3.0が浸透するに従って、ジャスミー(JMY)も同時に注目度が高まっていくのかもしれません。

ジャスミー(JMY)を購入するならBitPoint

取引所名BitPoint
取り扱い銘柄数13種類
取引手数料無料
販売所:スプレッド
送金手数料無料
最低取引額0.00000001JMY
公式サイトBITPoint公式サイト
関連記事BITPointの評判

ジャスミー(JMY)は2022年現在BitPointで取引可能です。(参考:日本初のJMY(ジャスミー)、並びにDOT(ポルカドット)の取扱い開始のお知らせ

BitPointはジャスミー(JMY)を取引できるだけでなく、取引所手数料が無料であるなど、ほかにも見逃せないメリットがある取引所です。

取引可能までにかかる日数は最短即日なので、アカウント作成後にすぐ取引ができる点も魅力です。

ジャスミーに興味がある方は、BitPointの公式サイトをチェックしてみて下さい。

また、BITPOINT以外の取引所を利用してもJMYの取引は可能ですので、ぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

ジャスミー(JMY)に関するQ&A

ジャスミー(JMY)の保有を考えている方ならなおさら、通貨としてのジャスミー(JMY)に対していくつか疑問が浮かぶという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、ジャスミー(JMY)に関するよくある質問をまとめました。

ジャスミー(JMY)に関するQ&A
  • ジャスミー(JMY)はいま保有するべきなのか?
  • 過去違法な仮想通貨販売の疑いがあった?
  • プロジェクト完遂の時期はいつごろ?
  • 仮想通貨としての注目度が上がるきっかけは何かある?

ジャスミー(JMY)はいま保有するべきなのか?

プロでも買いのタイミングは難しいですが、長期タームで考えればジャスミー(JMY)の注目度が上がる可能性は十分にあると言われています。

記事のなかでもWeb3.0関連銘柄であることはお伝えしましたが、過去上場時には最大で1枚247ドルだったこともあります。

将来に期待するなら、まずはBITPoint公式サイトを確認してみてください。

過去違法な仮想通貨販売の疑いがあった?

ジャスミー(JMY)は以前、違法に仮想通貨を販売している疑いが持たれたことがあります。

仮想通貨交換業の登録なしで仮想通貨を販売するのは違法であり、犯罪です。

ですがこのことについてジャスミー(JMY)は公式に声明を出しており、この疑惑について明確な否定を行っています。

ホルダーやこれから保有を考えている方にとって、これは一つ安心材料ではないでしょうか。

プロジェクト完遂の時期はいつごろ?

「データの民主化」のプロジェクトを掲げているジャスミー(JMY)。

本当に通貨の価値が発揮されるのは、このプロジェクトが実際に完遂されてからといえるでしょうが、まだまだプロジェクトは初期段階です。

プロジェクト自体はソニー関係者など優秀なスタッフが揃っているので、プロジェクトは今後も順調に完遂していくかもしれませんが、確実なことは言えません。

仮想通貨としての注目度が上がるきっかけは何かある?

保有を検討している方はとくに、ジャスミー(JMY)に関するニュース、話題が気になるでしょう。

まずポジティブなニュースはやはり、日本国内の仮想通貨取引所BitPointへの上場を2021年10月に果たしたことでしょう。

これにより通貨の流動性が大きく増しました。

また、ジャスミー株式会社は他社との共同研究も発表しています。

AIデータ解説技術により未来を予測して、さまざまな問題解決を目指すクウジット株式会社やMaaSプラットフォームを開発する株式会社ヴィッツとも共同ラボの開設をおこなっています。

今後ますます共同研究が増えると、ポジティブなニュースと捉えられる可能性もあると言われています。

ジャスミー(JMY)のまとめ

今回は、日本初の仮想通貨ジャスミー(JMY)について解説しました。

ジャスミー(JMY)はデータの民主化という壮大な計画のもと開発されており、将来性の期待される仮想通貨プラットフォームです。

この記事のまとめ
  • 「データの民主化」により情報新時代を作るのが目標
  • メイドインジャパンの仮想通貨
  • 2022年現在BitPointで取引可能
  • 他社との共同研究が進められている
  • まだまだプロジェクト進行の初期段階である

ジャスミー(JMY)はまだ通貨として注目度こそ低いですが、プロジェクトが計画通り完遂することで、世界中から注目される可能性もあると言われています。

早い段階で保有を検討する方は、BitPointの公式サイトを参照してください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる