【仮想通貨】ASTR(Astar Network)を徹底解説|今後の見通し・予想や将来性は?

ASTR

日本から生まれたパブリックチェーンとして話題のAstar Network(ASTR)とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

2022年1月17日にメインネットが立ち上げられたばかりですが、すでに複数の海外取引所への上場が決まっており、注目の高さが伺えます。

この記事では、そんなAstar Network(アスターネットワーク)の特徴や今後の見通しを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

また、このような草コインに関しては記事で紹介していますので確認して見て下さい。

この記事からわかること
  • Stake Technolosies(旧:Plasm Network)は2019年1月19日に設立された
  • Astar Network(ASTR)の運営会社Stake Technolosiesは日本人の渡辺創太氏が代表を務める
  • Astar Network(ASTR)は2022年1月17日にメインネットが立ち上げられた
  • 2021年12月にPolkadot(ポルカドット)とのパラチェーン接続を完了させた
  • ASTRはLINE BITMAXなどの国内取引所から仮想通貨を送金して海外取引所で取引するとスムーズ

Astar Networkは、Polkadot(ポルカドット)とパラチェーン接続を目指し開発が進められている日本発のプロジェクトです。

2022年1月17日にメインネットをローンチしたばかりのAstar Networkですが、すでに海外の大手取引所への上場が決まっており世界的にも高い注目を集めています。

現在、Astar NetworkのトークンであるASTRは、日本で取り扱っている取引所がないため、海外の取引所で取引する必要があります。

取引したい際はLINE BITMAXなどの国内取引所で通貨を入手し、海外取引所に送金してから取引するとスムーズですので、まずは国内取引所の公式サイトを確認してみて下さい。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Astar Network(ASTR)とは?

海外でも高い注目を集めているAstar Network(ASTR)とはいったいどんなプロジェクトなのでしょうか?

高い注目を浴びている理由とともに解説していきます。

ASTR-top
名称Astar Network
シンボルASTR
現在の価格(2022年8月現在)¥6.98
時価総額(2022年8月現在)¥26,175,317,953
時価総額ランキング(2022年8月現在)230位
購入できる取引所国内取引所:×
海外取引所:Gate.io、Huobi Global
、KuCoin、Kraken、Crypto.com
詳細公式サイト

Astar Networkは、異なるチェーンを相互接続できるPolkadot(ポルカドット)のハブとして活動し、WEB 3.0を実現させることを目標としたプロジェクトです。

2021年12月には、世界で3番目にPolkadotのパラチェーンと接続を完了させ、本格的に稼働を開始しました。

また、プロジェクトを進めているStake Technologiesは、日本人の渡辺創太氏がCEOを務めており、日本発のパブリックブロックチェーンとして、国内外で高い注目を集めています。

その証拠として、コインチェックが運営を行なっている「Coincheck Labs」や、WEB 3,0の開発に出資をしている「Crypto.com Capital」など国内外から多額の資金援助を受けています。

さらに、プロサッカー選手の本田圭佑氏や、イーサリアムの共同創設者であるギャビンウッド氏などの個人投資家からも出資を受けており、非常に注目されているのが分かります。

取引するにはまずは国内取引所のアカウントが必要ですので気になる方はLINE BITMAX公式サイトをチェックしておいてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Astar Network(ASTR)の特徴

国内外で高い注目を集めている、Astar Networkの特徴を見ていきましょう。

Astar Network3つの特徴
  • Astar NetworkはSubstrateを使い開発されている
  • Polkadotのパラチェーンと接続している
  • スマートコントラクトを実装できる

Astar NetworkはSubstrateを使い開発されている

Astar Networkは、「Substrate」というブロックチェーンを構築するためのフレームワークを用いて開発されました。

Substrateとは、ブロックチェーンのカスタムを行うための開発キットのことで、テンプレート化されたシステムを組み合わせることで独自のブロックチェーンを簡単に作ることができます

Astar Networkは、このSubstrateを使用して開発されているので、ブロックチェーンの拡張アップグレードも容易にできるようになっているのが特徴です。

また、Substrateを使い開発されたブロックチェーン同士は、接続しやすいといった特徴もあります。

PolkadotSubstrateを使い開発されているので、Astar Networkは簡単にパラチェーンの接続を行うことができるのです。

そのような特性は大手企業からも評価されており、2022年5月には米大手ソフトウェア会社マイクロソフトと提携をしており、今後の成長に期待が持たれています。(参考:米マイクロソフト、Astar Network上のDeFiプロジェクト「AstridDAO」と提携)

Polkadotのパラチェーンと接続している

Astar Networkは、Polkadotにある100枠しかないパラチェーンの1枠を獲得し世界で3番目にパラチェーン接続を行いました。

これによりAstar Networkは、セキュリティー面を大幅に強化することができます。

Polkadotと接続することで情報を相互に共有できるので、ノード(ネットワークに接続する端末)の数が増えデータの改ざんに対する耐性が高まります。

データを共有するノードの数が増えれば増えるほど、データの改ざんがしにくくなるので、ローンチから日が浅いAstar Networkでも高いセキュリティーを得ることができるのです。

また、Astar NetworkPolkadotと接続することでBTCやETHなど、Polkadotに直接接続することのできないブロックチェーンの接続を可能とします。

スマートコントラクトを実装できる

Astar Networkは、イーサリアムで使用されている「スマートコントラクト」を実装する機能を搭載しています。

スマートコントラクト
スマートコントラクトとは

デジタル上に契約書を作成し、承認・実行を自動で行うシステム

Polkadotのリレーチェーンは、セキュリティーの維持と相互接続には特化していますが、スマートコントラクトの機能を有していません。

しかし、Astar Networkを接続することで、Polkadotシステム上でスマートコントラクトを使用できるようになります

また、Astar Networkは、EVM(イーサリアム仮想マシン)とWASM(ウェブアセンブリー)をサポートしているので、イーサリアム上で作成したdApps(分散型アプリケーション)を簡単に移行することができます

現在、日本ではASTRを取引できる取引所はありません。

ASTRが気になっている方は、LINE BITMAXなどの国内取引所から仮想通貨を入手して、送金後に海外取引所から取引する必要がありますので、ぜひLINE BITMAX公式サイトを確認してみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Astar Network(ASTR)の現在の価格動向

ローンチから日が浅いAstar Networkですが、現在までの価格動向を見ていきましょう。

以下の画像が、2022年3月から2022年8月までのASTR/USDTチャートになります。

Astar Network(ASTR)の現在の価格動向
画像引用:TradingView

ASTR/USDTチャートを見てわかるように、仮想通貨の盛り上がりを受けて4月半に価格を大きく上げています。

その後は、徐々に価格を落としていき、4月下旬には最安値である5.41円まで価格を落としました。

そこから仮想通貨全体の下落もありましたが、安値を付けて反発をして2022年8月現在約7円程度まで価格戻しています。

また、他の通貨がローンチした時と比較して、価格が下落してから持ち直すまでのスパンが短いので、今後の価格変動に期待が持てます。

現在は、価格に大きな変化はありませんが、今後Polkadotと接続するチェーンが増えれば、Astarの価格が変動していく可能性があるので、最新の情報はチェックしておきましょう。

Astarを取引する際は、LINE BITMAXなどを使用して海外取引所へ仮想通貨を送金することで簡単に取引することができます。

詳しくは、LINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Astar Network(ASTR)の今後の見通し・予想

国内外で注目のAstar Networkですが、今後はどのような動きをしていくのでしょうか?

現在出ている情報をもとに予想していきます。

今後を予想するための要素
  • 多くの企業から支援を受けている
  • Polkadotと接続するチェーンが増える
  • DeFi分野での成長

多くの企業から支援を受けている

Astar Networkは、多くのファンド投資家から支援を受けているので、今後ますます成長していくことが考えられます。

特に、WEB 3,0の開発を行うスタートアップを支援するプログラムとして始動した「Coincheck Labs」からの出資は非常に心強いと言えるでしょう。

Coincheck Labsは、暗号通貨取引所を運営する中で培ったノウハウや情報を共有して全面的に支援すると表明しています

さらに、コミュニティー支援やイベント開催にも協力する予定と発表しているので、国内で大きな盛り上がりを見せることが期待されます。

また、日本マイクロソフトAstar Networkの支援を表明しており、システムの開発だけでなくマーケティングの面でも支援すると表明しました。

海外からの支援ももちろんですが、国内企業が暗号資産業界を盛り上げようと支援を表明しているので、今後の開発状況にとても期待が持てます。

Polkadotと接続するチェーンが増える

Polkadotと接続するチェーンが増えることで、Astar Networkの注目度も上昇していくと考えられます。

Astar Networkは、現時点でイーサリアムをサポートしており今後はコスモスチェーンなど複数のチェーンとも接続を行なっていくと発表しています。

このように複数のチェーンが接続することで、チェーンの垣根なく取引を行うことができるので、WEB 3.0がますます現実的になっていきます。

2022年は、Polkadot元年になるとも言われているので、それに合わせてAstar Networkの評価も大きく上昇する可能性があります。

DeFi分野での成長

Defi分散型金融とは

Astar Networkは、複数のチェーンと接続することができる特徴を生かして、各チェーンにまたがりDeFiサービスを提供すると発表しています。

現時点でDeFiは、各チェーン上でしか取引ができませんが、Astar NetworkDeFiハブとなることで、各チェーンの垣根を超えて取引が行えるようになるのです。

また、すでにDeFiの開発は進んでおり、2022年の第2四半期には、「ArthSwap」というDEX(分散型取引所)をローンチする予定だと言われています。

具体的な内容としては、DEXとしてのサービスに加えて、レンディングサービス暗号資産ローンの提供を予定しているといいます。

これが実現すれば、Astar NetworkはWEB 3.0を牽引するプロジェクトとなるでしょう。

現在、日本ではASTRを取引できる取引所はありません。

Astar関連のサービスに興味がある方は、準備としてLINE BITMAXなどの国内取引所から仮想通貨を入手する手順がありますので、まずはLINE BITMAX公式サイトを確認してみて下さい。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Astar Network(ASTR)の買い方

Astar Network(ASTR)は、日本発のプロジェクトですが国内ではまだ取り扱いがないため海外取引所にて取引しなければいけません。

海外で取り扱いがある取引所は以下の取引所です。

Astar Network(ASTR)が上場している海外取引所
  • Binance(バイナンス)
  • Gate.io(ゲート)
  • Huobi Global(フォビグローバル)
  • KuCoin(クーコイン)
  • Kraken(クラーケン)
  • BKEX(ビーケーイーエックス)

他の取引所にも上場していますが、以上が大手取引所になります。

ASTRを取引する方法は以下の通りです。

ASTRの購入手順
  • 国内の暗号資産取引所で通貨を入手する
  • 入手した通貨を海外の暗号資産取引所に送金する
  • 海外取引所でASTRを取引する

LINE BITMAX

BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINEの関連企業であるLVC株式会社が手掛ける仮想通貨取引所で、2019年9月から本格的に稼働を開始しました。

取扱通貨は、ビットコインやイーサリアム、リップルなど6種類で、その中にはLINEグループが発行するオリジナルの仮想通貨リンク(LN)も含まれています。

売買手数料や入金手数料は無料ですが、出金の際には手数料がかかります。

入金は、銀行口座からでも、LINE Payからでも可能ですので、普段からLINE Payを使っている人からすれば、扱いやすい仮想通貨取引所かもしれません。

LINEアプリを使って手軽に通貨の取引ができるほか、レンディングやレバレッジ取引などの各種機能が備わっています。

特にレンディングは、最大利率8%と業界最高水準となっています。

また、最小取引数量が1円相当からなので、少額から仮想通貨取引をしてみたいという人にとっても使いやすいでしょう。

LINEやLINE Payのユーザーで、少額から仮想通貨取引をしてみたい人なら、LINE BITMAXの公式サイトを参考にしてみて下さい。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

Astar Network(ASTR)に関するQ&A

Astar Network(ASTR)に関するQ&Aをまとめました。

Astar Network(ASTR)に関するQ&A
  • Astar Network(ASTR)が他のパラチェーンより優れている点は?
  • 最新情報はどこで得ることができる?

興味がある方はぜひチェックしてください。

Astar Network(ASTR)が他のパラチェーンより優れている点は

Astar Network(ASTR)は、他のパラチェーンにはないDapps報酬という仕組みを取り入れています。

このDapps報酬は、Astar Network(ASTR)独自で設計を行なったものです。

今までは、Dappsを開発(手数料を支払いネットワークの価値向上に貢献)してもリターンをもらうことはありませんでした。

しかし、Astar Networkでは開発に貢献することで、ブロックを生成した際に貰える報酬の一部(もしくは大半を)が分配される予定になっています。

この報酬があることで、開発を行なっている方にメリットが生まれPlasm Networkを選択してもらえるような仕組みとなっています。

最新情報はどこで得ることができる?

Astar Network(ASTR)に関する情報は、各種SNSで発信されています。

Telegramでは技術的なサポートを行っていません。

また、詳しい内容はDiscordに参加するか、公式サイトのドキュメントをお読みください。

Astar Network(ASTR)のまとめ

Astar Network(アスターネットワーク)の特徴や今後の見通しを詳しく解説しました。

この記事のまとめ
  • Stake Technolosies(旧:Plasm Network)は2019年1月19日に設立された
  • Astar Network(ASTR)の運営会社Stake Technolosiesは日本人の渡辺創太氏が代表を務める
  • Astar Network(ASTR)は2022年1月17日にメインネットが立ち上げられた
  • 2021年12月にPolkadot(ポルカドット)とのパラチェーン接続を完了させた
  • ASTRはLINE BITMAXなどの国内取引所から海外取引所へ仮想通貨を送金後に取引するとスムーズ

Astar Network(ASTR)は、WEB 3,0を普及させると期待されている有望なプロジェクトです。

WEB 3.0を発展させる日本で作られたパブリックブロックチェーンとして、国内外から注目を浴び支援を受けているので、今後の成長に期待が持てます。

特に日本企業は、海外から暗号資産の分野で遅れていると感じているので、Astar Networkの開発に期待していますし、できる限りの支援をすると考えられています。

Astar Networkは、こういった背景から注目度の上昇が期待できるので、今のうちにチェックしておきましょう。

また、Astar Networkを取引するには、海外取引所を使用する必要があるので、簡単に送金が行えるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみて下さい。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる