Bloktopia (BLOK)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

Bloktopia (BLOK)

今後の仮想通貨・ブロックチェーン市場では、メタバースが大きな広がりを見せると予想されています。

そんなメタバースの中でも、注目されているプロジェクトの一つとしてBloktopia (BLOK)が挙げられるでしょう。

本記事では、Bloktopia (BLOK)の特徴やこれからの動向、取引方法などをわかりやすくご紹介していくので、興味のある方はぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • Bloktopia (BLOK)は、リアリティがあるユーザー没入型のメタバースのプロジェクトの一つ
  • Bloktopia (BLOK)は、ビットコインの総発行枚数である2,100万枚を意識し、21階の高層ビルをデザインしている
  • Bloktopia (BLOK)は、LEARN(学ぶ)、EARN(稼ぐ)、PLAY(遊ぶ)、CREATE(創る)というコンセプトを掲げている
  • Bloktopia (BLOK)では、メタバース上の不動産を販売しており、所有者は賃貸収入や広告収入を得ることができる
  • これからBloktopia (BLOK)を取引するためには、まずDMM Bitcoinなどの国内取引所でアカウント作成する必要がある

2022年10月現在、Bloktopia (BLOK)は日本国内の取引所ではラインナップされていません。

Bloktopia (BLOK)の保有を考えている方は、まずビットコインなどの取引原資を準備できるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Bloktopia (BLOK)とは?

bloktopia1
引用:Bloktopia公式サイト
名称Bloktopia
シンボルBLOK
現在の価格(2023年1月現在)¥0.2779
時価総額(2023年1月現在)¥4,870,669,962
時価総額ランキング(2023年1月現在)417位
取引できる取引所KuCoin、Gate.io、OKX、MEXCなど
詳細Bloktopia公式サイト

Bloktopia (BLOK)とは、2021年10月に誕生した、リアリティが高い没入型の21階高層ビルをモデルとしているメタバースのプロジェクトです。

この21階の高層ビルにしている理由としては、ビットコインの総発行枚数が2,100万枚であることに敬意を払っていると言われています。

また、Bloktopiaのメタバース上で使われるトークンがBLOKとなっており、すでにKuCoinやGate.ioといった大手の海外取引所でラインナップされています。

開発ブロックチェーンは、イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるPolygon(Matic)が採用されているので、トランザクション処理の遅延などが発生する可能性は低いと考えられるでしょう。

これからBloktopia (BLOK)を少しでも保有してみたいと考えている方は、ぜひこのタイミングでDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)の特徴

ここでは、Bloktopia (BLOK)の特徴を以下の3つに厳選してご紹介していきます。

Bloktopia (BLOK)への特徴をより詳しく把握しておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Bloktopia (BLOK)の特徴
  • 4つのコンセプトを掲げる21階建て高層ビルのメタバースのプロジェクト
  • メタバース内の不動産を購入することで賃貸収入を得ることができる
  • プロジェクトの運営メンバーが非常に豪華

4つのコンセプトを掲げる21階建て高層ビルのメタバースのプロジェクト

4つのコンセプトを掲げる21階建て高層ビルのメタバースのプロジェクト
引用:Bloktopia公式サイト

Bloktopia (BLOK)は、以下のコンセプトを掲げるメタバースのプロジェクトとなっています。

Bloktopia (BLOK)の4つのコンセプト
  • LEARN(学ぶ)
  • EARN(稼ぐ)
  • PLAY(遊ぶ)
  • CREATE(創る)

公式サイトによると、Bloktopia (BLOK)ではブロックチェーンについて学んだり、不動産収入を得たり、ゲームで遊ぶことができる機能が実装される予定となっています。

詳細は不明ですが、一つのプラットフォームで様々な体験ができるメタバースになることを目指していると考えられるでしょう。

また、冒頭でもご紹介したように、21階建て高層ビルをデザインした没入型のリアルなメタバースとなっています。

メタバース内の不動産を購入することで賃貸収入を得ることができる

上記でも少しご紹介しましたが、Bloktopia (BLOK)ではメタバース上の不動産を保有し、賃貸収入を得ることが可能です。

また、賃貸収入以外にも広告収入を得られる仕組みも実装される予定であり、現実世界の不動産のように不労所得を得られるようになると考えられます。

実際にBloktopia (BLOK)の不動産はすでにセールが開始されており、そのほとんどがすでに購入されているほどの人気となっています。

プロジェクトの運営メンバーが非常に豪華

プロジェクトの運営メンバー
引用:Bloktopia公式サイト

Bloktopia (BLOK)の最後の特徴として、プロジェクトの運営メンバーが非常に豪華ということが挙げられます。

中でもCTOのSIMON BENSON(サイモン・ベンソン)氏は、プレイステーションVRのディレクターを務めていた人物であり、VRに関する多くのノウハウを持っていると予想できます。

Bloktopia (BLOK)の公式サイトには、PlayStationのロゴマークも記載されているなど、PlayStationのバックアップがあるプロジェクトだと考えられるでしょう。

これからBloktopia (BLOK)を取引したい方は、国内取引所の中でもユーザーからの評判が良いDMM Bitcoinの公式サイトを詳しく確認してみてはいかがでしょうか。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)の現在の価格動向

Bloktopia (BLOK)の現在の価格動向
引用:TradingView

ここでは、Bloktopia (BLOK)の直近の価格推移を確認していきましょう。

上記の画像は、Bloktopia (BLOK)の直近3ヶ月間の価格推移を表したチャートとなっていますが、下落相場が継続していることが見て取れます。

しかし、9月頃からはレンジでの相場へと徐々に切り替わっており、非常にボラティリティが少ない相場に変化してきています。

おそらく、仮想通貨市場からある程度資金が抜けきっていること、FRBによる利上げ政策に見通しが立ってきていることなどが原因と考えられるでしょう。

まだ余談は許さない状況ですが、今後上昇相場に切り替わっていくのか、反対にさらに一段下落するのかは注視していかなければいけない相場環境だと言えます。

これからBloktopia (BLOK)の保有を考えている方は、このタイミングでDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)のこれまでの価格動向

次に、Bloktopia (BLOK)のこれまでの価格動向をチェックしていきます。

Bloktopia (BLOK)のこれまでの価格動向
  • 2021年11月〜2022年3月までの価格推移
  • 2022年4月〜7月までの価格推移

2021年11月〜2022年3月までの価格推移

2021年11月〜2022年3月までの価格推移
引用:TradingView

まずは、2021年11月〜2022年3月までの価格推移を確認していきます。

上記のチャートの通り、Bloktopia (BLOK)は2021年11月にATH(ALL Time High)を記録し、0.15ドルまで上昇を見せました。

しかし、その後の仮想通貨バブルの終焉を持ち、2022年3月には10分の1程度となる0.019ドルまで下落しています。

2022年4月〜7月までの価格推移

2022年4月〜7月までの価格推移
引用:TradingView

その後もBloktopia (BLOK)の下落は収まらず、2022年4月〜7月でも大きく暴落しています。

2022年7月には0.0034ドルまでの下落を見せていることからも、Bloktopia (BLOK)から投資資金が抜けていることがよくわかるでしょう。

しかし、今後が注目のプロジェクトであることは間違いないので、これからどのような値動きを見せるのか注目しておく必要がありそうです。

これからBloktopia (BLOK)の取引をしたい方は、まずは取引原資となる仮想通貨を準備できるDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)の今後の見通し・予想

ここでは、Bloktopia (BLOK)の今後の見通し・予想について確認していきましょう。

長期的にこのプロジェクトへの参入を考えている方は、ぜひ詳しくチェックしておいてください。

Bloktopia (BLOK)の今後の見通し・予想
  • 多くの仮想通貨関連企業がメタバースの中にテナントを出店する
  • メタバースがさらに普及することでトークン価格が変動する
  • 新しい仮想通貨取引所に上場する

多くの仮想通貨関連企業がメタバースの中にテナントを確保する

Bloktopia (BLOK)の今後の見通しとして、多くの企業がBloktopiaのメタバースの中でテナントを確保すると考えられます。

2022年10月現在でも、BinanceやKuCoin、Travala.comといった有名な仮想通貨関連企業がBloktopiaのメタバースでテナントを保有しています。

これからBloktopia (BLOK)がメタバースプラットフォームとしての地位を確立できれば、さらに多くの企業がBloktopia (BLOK)へと参入すると予想できるでしょう。

多くのユーザーを獲得することでトークン価格が変動する

今後、Bloktopiaが多くのユーザーを獲得することで、BLOKトークン価格も変動すると考えられます。

Bloktopiaが発行するBLOKトークンは、メタバースの中で使用できるユーティリティトークンの機能を持っており、ユーザーの数が増加するほどに需要が増える仕組みとなっています。

Bloktopiaに参入するユーザーのパイ自体が増加することで、BLOKの価格にもよい影響を与えると予想できるでしょう。

新しい仮想通貨取引所に上場する

Bloktopia (BLOK)の最後の見通しとして、新しい仮想通貨取引所への上場が考えられます。

現状、Bloktopia (BLOK)は複数の取引所で取り扱いされているものの、BinanceやCoinbaseをはじめとした世界最大規模の取引所ではラインナップされていません。

Bloktopia (BLOK)のプロジェクトが大きな盛り上がりを見せた際には、こういった一流の海外取引所へのリスティングは十分にあり得ると思われます。

今後、Bloktopia (BLOK)の取引をしてみたい方は、まずは国内取引所の中でも人気が高いDMM Bitcoinの公式サイトを詳しくチェックしてみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)の買い方

次に、Bloktopia (BLOK)を取引する流れをご紹介していきます。

いまいち取引方法の流れがわからない方は、ぜひ詳しくチェックしてみてください。

Bloktopia (BLOK)の買い方
  • 国内取引所でビットコインなどを取引する
  • 取引した仮想通貨をBloktopia (BLOK)をラインナップする海外取引所に送金する
  • 送金した仮想通貨でBloktopia (BLOK)を取引する

国内取引所でビットコインなどを取引する

Bloktopia (BLOK)を取引するためには、まず国内取引所にてビットコインなどの仮想通貨を準備する必要があります。

どの国内取引所を利用しても問題ありませんが、ユーザーからの評判もよいDMM Bitcoinが使いやすいと言えるでしょう。

dmmbitcoin-top
引用:DMM Bitcoin公式サイト

DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてアカウントを作成したら、ビットコインなどを取引してください。

取引した仮想通貨をBloktopia (BLOK)をラインナップする海外取引所に送金する

国内取引所で仮想通貨の準備ができたら、次にBloktopia (BLOK)を取り扱う海外取引所へと送金していきます。

2022年10月現在、Bloktopia (BLOK)を取り扱う海外取引所として、以下を挙げることができます。

Bloktopia (BLOK)を取り扱う海外取引所の例
  • KuCoin
  • Gate.io
  • OKX
  • MEXC

これらの海外取引所のアカウントを作成したら、国内取引所から仮想通貨を送金していきましょう。

なお、送金する際はセルフゴックスを起こさないためにも、必ず入力するアドレスに間違いがないか確認してから手続きを進めるようにしてください。

送金した仮想通貨でBloktopia (BLOK)を取引する

海外取引所にビットコインなどを送金できたら、Bloktopia (BLOK)を取引していきましょう。

また、多くの海外取引所ではBloktopia (BLOK)の取引通貨ペアを、USDTなどのステーブルコインにしていることが多いです。

そのため、国内取引所から送金したビットコインなどをあらかじめUSDTなどにスワップしておくと、スムーズにBloktopia (BLOK)を取引することが可能です。

これからBloktopia (BLOK)の取引を考えている方は、まずは取引原資のビットコインなどを取引できるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

Bloktopia (BLOK)に関するQ&A

記事の最後に、Bloktopia (BLOK)に関するよくある質問をご紹介していきます。

Bloktopia (BLOK)に関するQ&A
  • BLOKトークンはステーキングできますか?
  • Bloktopia (BLOK)は今後どの暗号資産取引所に上場しますか?
  • Bloktopia (BLOK)の総発行枚数は何枚ですか?

BLOKトークンはステーキングできますか?

BLOKトークンのステーキングは、Bloktopia公式サイトのStaking専用ページで行うことができます。

公式サイトのStaking専用ページにアクセスし、MetaMaskを接続すれば保有しているBLOKをステーキングすることが可能です。

Bloktopia (BLOK)は今後どの暗号資産取引所に上場しますか?

今後、Bloktopia (BLOK)が新規上場する取引所は、現在のところわかりません。

しかし、先ほどもご紹介したように、Bloktopia (BLOK)には世界最大手の取引所であるBinance(バイナンス)がテナントを確保しています。

確実なことはわかりませんが、近い将来Binanceに上場する可能性は十分に考えられるでしょう。

Bloktopia (BLOK)の総発行枚数は何枚ですか?

Bloktopia (BLOK)の総発行枚数は、2千億枚となっています。

仮想通貨の中でも発行枚数としては多い方なので、コイン一枚あたりの価格は低くなる傾向にあると言えます。

Bloktopia (BLOK)のまとめ

今回の記事では、Bloktopia (BLOK)という大きな注目を集めているメタバースについてご紹介してきました。

記事のまとめとして、今回の内容を再度振り返っていきます。

この記事のまとめ
  • Bloktopia (BLOK)は、美しいグラフィックのユーザー没入型のメタバースプロジェクトとなっている
  • Bloktopia (BLOK)は、ビットコインの総発行枚数である2,100万枚を参考にして21階の高層ビルをデザインしている
  • Bloktopia (BLOK)は、LEARN(学ぶ)、EARN(稼ぐ)、PLAY(遊ぶ)、CREATE(創る)というコンセプトを掲げたプロジェクト
  • Bloktopia (BLOK)では、メタバース上の不動産の所有者は賃貸収入や広告収入を得て稼ぐことができる
  • これからBloktopia (BLOK)を取引するためには、まずユーザー方の評判が良いDMM Bitcoinの公式サイトを確認することを推奨する

Bloktopia (BLOK)は、Binanceなどの世界最大の取引所のメタバース空間内にテナントを保有しており、今後の動向が注目されています。

メタバースがより一般社会に普及することで、Bloktopia (BLOK)のトークン価値も変動することは十分に予想できるでしょう。

これからBloktopia (BLOK)の取引を検討している方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる