ファイルコイン(FIL)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

Filecoin

今後ますます発展していくであろう、IT業界。

拡大する業界のなかで問題とされているのが、情報の保存場所をどうするか、という課題です。

ネットワーク上に流通するデータが大きくなることで、保存するストレージの容量も大きくなっていきます。

この課題を解決するためにFilecoin(FIL)は、ブロックチェーン技術を用いることで、保存するデータを分散しています。

そして仮想通貨Filecoin(FIL)は、データを分散化して保存する際支払われる費用として利用されます。

この記事でわかること
  • Filecoinは分散型ストレージサービス事業を展開している
  • FilecoinはWeb3.0時代の課題解決に一役買う存在
  • 現在価格は下落基調にある
  • 国内取引所ではまだ上場していない
  • 競合が強くリスクもある

今後のIT業界の発展とともに、そのニーズと存在感を大きくしていくであろうFilecoin(FIL)、すでに保有へ興味が出ている方もおられるでしょう。

とはいえFilecoin(FIL)は、国内取引所からの取引に対応していません。

国内取引所から国外取引所への送金が必要になるため、送金方法を取引の利便性が高いLINE BITMAXの公式サイトから確認しておいてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Filecoin(FIL)とは?

Filecoin(FIL)とは?
名称Filecoin
シンボルFIL
現在の価格(2022年現在)¥1,072.93
時価総額(2022年現在)¥228,260,794,076
時価総額ランキング(2022年現在)39位
入手できる取引所・Binance
・Gate.io
・KuCoin
・Coinbase Exchange
詳細公式サイト

Filecoin(FIL)は上場直後から人気を集めており、リリース後半年ほどしか経たないうちから時価総額が暴騰ともいえる上昇を果たしています。

Filecoin(FIL)はWeb3.0銘柄としても注目されており、その保存技術はGoogleも認めるところです。

現在は最高値から比べるとかなり価格の下落が目立ちますが、それでも2021年一度は800%の高騰を記録したトークン。

今後再び注目度が上がる可能性は十分あります。

再度訪れるかもしれない、Filecoin(FIL)の注目度上昇。

もしトークンの保有に興味が出てきた方がおられたら、Filecoin(FIL)を取引できる海外取引所を調べてみてください。

取引可能な海外取引所への送金方法について詳しく知りたい方は、LINE BITMAXの公式サイトをご確認ください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Filecoin(FIL)の特徴

これからのWebにおける問題を解決するかもしれない仮想通貨、Filecoin(FIL)の特徴について学んでみましょう。

ここで解説するFilecoin(FIL)の特徴は以下の通り。

Filecoin(FIL)の特徴
  • 分散型ストレージサービスを展開する
  • ストレージサービスを利用する際必要な通貨
  • Google採用の新プロトコルIPFSを採用

分散型ストレージサービスを展開する

すでに現在主流となっているサービスが、クラウド上にファイルを保存する「クラウドストレージサービス」です。

このクラウドストレージサービスは、運営企業の扱うサーバーによって集中して管理されています。

完全に1か所ではなく、バックアップを数か所分散しているでしょうが、中央集権的にファイルやデータが保存されているのは確かです。

しかしFilecoinでは、ブロックチェーン技術をクラウドストレージサービスに応用することで、ファイル保存の完全分散化に成功しています。

分散して保存することで、秘密性を担保しセキュリティ面の向上も成功させています。

ストレージサービスを利用する際必要な通貨

Filecoin(FIL)は、Filecoinのストレージサービスを利用する際必要になる通貨です。

保存したいデータをFilecoinのストレージサービスへ保存してFilecoin(FIL)の支払いを行えば、指定したファイルは自動的にブロックチェーン技術によって分散化して保存されます。

これまでクラウドストレージに保存していた時と同じく、気軽にデータを保存するだけで簡単に自分のファイルを分散化保存できます。

Filecoinの完全分散型ストレージサービスがもっと普及するに従って、Filecoin(FIL)のトークンとしての注目度も高まっていくでしょう。

Google採用の新プロトコルIPFSを採用

Filecoinがデータ保存する際に使用するプロトコルが「IPFS」です。

IPFSプロトコルは、世界中のデバイスから空いているところを見つけて、P2Pの分散ストレージを提供するというもの。

分散ストレージなので、データセンターを一か所にまとめる必要はありません

データセンターをまとめないことで、効率性と高セキュリティ両面から有効といえます。

Web3.0時代のストレージサービスを利用するためのFilecoin(FIL)は、日本の取引所から取引できません。

取引するにはまず、国内取引所から海外取引所への送金が必要となります。

送金元の国内取引所はここじゃないとだめ、ということはありませんが、LINE BITMAXのような大手取引所のほうが流通量が多いので安心です。

安心して取引を行いたいという方は、LINE BITMAXの公式サイトを確認してみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Filecoin(FIL)の現在の価格動向

Filecoin(FIL)の現在の価格動向
引用:trading view

現在あらゆる商品価格が大きなボラティリティで推移していますが、Filecoin(FIL)の価格動向もチャートからチェックしておきましょう。

現在Filecoin(FIL)は、価格が大きなレンジのなかで推移しています。

7ドルから9ドルの半ばあたりでしょうか。

とはいえだんだん変動幅も小さくなってきているので、ここから価格が上にふれるか下にふれるかで、中長期的にみて価格動向は変わります。

取引を検討している方はチャートをよくチェックしておきましょう。

すでに保有に興味が出ている方は、チャートから「取引ポイント」を判断した段階で取引するためにも、まず海外取引所への送金を済ませておきましょう。

気になる方は、送金方法を確認するために、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Filecoin(FIL)のこれまでの価格動向

Filecoin(FIL)のこれからの価格推移について予想をたてるためにも、Filecoin(FIL)が過去どんな値動きをしているか。

過去の価格動向も調べておきましょう。

Filecoin(FIL)のこれまでの価格動向
  • 2022年1月は30ドル台で推移
  • 2月以降高いボラティリティながら下値を切り下げる展開

2022年1月は30ドル台で推移

2022年1月は30ドル台で推移
引用:trading view

2022年1月ごろは今よりだいぶ上の価格、30ドル代を推移しています。

米国の金融引き締めの観測が強まるごとに、リスク資産である仮想通貨の価格も下落基調になりますが、まだ上の価格を保っています。

まだロシアの侵攻がはじまる前であることもあり、投資家のセンチメントもこの時はまだポジティブでした。

2月以降高いボラティリティながら下値を切り下げる展開

2月以降高いボラティリティながら下値を切り下げる展開
引用:trading view

2月移行は混乱した社会情勢をあらわすかのように、Filecoin(FIL)のチャートもボラティリティが高くなります。

とはいえ一時的に値上がりしたとしても、下値を切り下げながら進む下落基調は変わりませんでした。

Filecoin(FIL)の下落はどこでおさまるのか?

それは誰にもわかりません。

保有に興味が出たとしても、国内取引所では取引できないので、一度国内から国外の取引所への通貨送金が必要になります。

手順を知りたい方は、LINEウォレットアプリから取引できるLINE BITMAXの公式サイトを確認してください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Filecoin(FIL)の今後の見通し・予想

今後Web3.0の時代になると必要になるとされる分散型のストレージ。

そしてストレージを使う際に支払うFilecoin(FIL)ですが、今後本当に需要が伸びて以前のように注目度が高騰するのか。

現在出ている情報から予測を立ててみましょう。

Filecoin(FIL)の今後の見通し・予想
  • 今後分散型ストレージサービスの需要が高まる
  • すでに大量の資金調達を済ましている
  • 取引所上場が今後も続く可能性がある

今後分散型ストレージサービスの需要が高まる

何度も述べている点ですが、確定事項なのでもう一度載せておきます。

クラウドサービスの世界的な拡大に伴って、ストレージサービスの需要は今後も伸び続けます。

クラウドサービスは2020年のように、1年で30%も伸びる年があるなど拡大は止まりません。

今後メタバース技術が浸透すればさらに大容量データの保存が必要になり、Filecoinへの注目度が否が応でも高まっていく可能性があります。

すでに大量の資金調達を済ましている

Filecoin(FIL)の注目度の高さをはかる要素として、資金調達額があります。

注目度が高く、将来性の高い企業というのは、ファンドなどから収益化を果たす前に多くの資金調達を済ませている場合が多いのです。

そしてFilecoinも、上場前からすでに約4,000億円もの資金を調達していました。

中国からの出資だけで4,000億円の出資を受けており、Filecoin用のマイニング機器への投資も済ませています。

これで、Filecoinが将来的に大化けする確率を世界中が認めていることが、すでにわかります。

取引所上場が今後も続く可能性がある

すでにFilecoin(FIL)は、多くの大手取引所へ上場をはたしています。

現物取引ではCoibase、先物取引ではGate.ioなど、有名取引所で取引が可能です。

しかしまだまだ、米国外の取引所では多く上場を果たしていません。

これだけ注目度が高く利用される市場が大きいトークンですから、世界中で取引できるようになるのもそれほど時間がかからないかもしれません。

Filecoin(FIL)の買い方

実際にFilecoin(FIL)保有に興味あるとしても、Filecoin(FIL)は国内取引所では取引できないことに注意が必要です。

海外取引所でFilecoin(FIL)を取引するにはまず、国内取引所から海外取引所へと送金が必要です。

以下で、国内取引所から海外取引所への送金と、取引の流れを解説します。

Filecoin(FIL)の買い方
  • LINE BITMAXで元手通貨を取引
  • 元手通貨を海外取引所へと送金
  • 海外取引所でFilecoin(FIL)を取引

LINE BITMAXで元手通貨を取引

BITMAX-top
取り扱い通貨数6通貨
取引手数料無料
レバレッジ2倍
送金手数料0.001 BTC, 0.005 ETH, 0.15 XRP, 0.001 BCH, 0.001 LTC
詳細公式サイト

まず国内取引所で、Filecoin(FIL)取引のための元手通貨を取引します。

元手通貨を取引する国内取引所の制限はありませんが、取引のしやすさ、手軽さを考えるとここではLINE BITMAXが便利です。

LINEウォレットアプリから簡単に取引できるので、Filecoin(FIL)を取引するための通貨を簡単に取引できます。

取引する通貨に悩んだら、流通量が多く比較的価格も安定しているBTCを取引しましょう。

お気軽に取引を始めたいという方は、LINE BITMAXの公式サイトをご確認ください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

元手通貨を海外取引所へと送金

元手通貨を保有したら、次はその通貨を海外取引所へと送金します。

海外取引所といっても、どこでもいいというわけではなくFilecoin(FIL)の取引、両替に対応している取引所でないといけません。

取引に対応している取引所の一例を並べておきます。

これら以外の取引所でも取引可能ですが、海外取引所での取引は慎重に行いましょう。

海外取引所の選び方を間違えると、その後の取引でトラブルに巻き込まれかねないからです。

取引できる取引所
  • Binance
  • Bittrex
  • Huobi Global
  • Gate.io
  • Gemini

海外取引所でFilecoin(FIL)を取引

国内取引所からの送金が完了したら、次は実際に元手通貨で取引を行なってください。

大手取引所なら、英語がわからずともネット上の解説記事を見ながら取引できるはずです。

海外取引所は法律が未整備で、安全性が担保されていない場合もありますので取引は自己責任で行なってください。

Filecoin(FIL)に関するQ&A

一時注目度がBTCを超えたとも言われたFilecoin(FIL)ですが、まだまだアルトコインの部類です。

保有するにあたって疑問点が多い方もおられるでしょうから、疑問に先回りしてここで答えていこうと思います。

Filecoin(FIL)に関するQ&A
  • 一般人もFilecoin(FIL)のマイニングは可能?
  • Filecoin(FIL)の発行枚数に上限はあるの?
  • Filecoin(FIL)を保有するリスク要因は?

一般人もFilecoin(FIL)のマイニングは可能?

実は、取引する以外でもFilecoin(FIL)を得る方法があります。

それが、Filecoin(FIL)のマイニングです。

Filecoin(FIL)のマイニングは、ブロックチェーンに保存したデータ量に応じて報酬が支払われるので、マイニングで稼ぐにはハイスペックPCを持っていることが絶対条件となります。

そのため、マイニングは専門業者に委託するのが一般的です。

マイニング業者の中にも、取引所と同じく詐欺が横行しているので、選ぶ際は慎重さを心がけましょう。

Filecoin(FIL)の発行枚数に上限はあるの?

Filecoin(FIL)の注目度が上がる要因となる発行枚数上限ですが、上限は20億枚となっています。

現状が6億枚市場に出回っていると言われており、半分ずつ運営会社とICO参加者で分け合っている状況です。

残り14億枚はこれからマイニングによって、市場に出回ってくると言われています。

Filecoin(FIL)を保有するリスク要因は?

Filecoin(FIL)は仮想通貨の中でも、ボラティリティリスクの高いアルトコインです。

当然保有を続けるリスクも存在します。

例えば、大きい要因とされているのがクラウドストレージサービスは大手の競合が多いこと。

AmazonやGoogleなど世界トップクラスの大企業が競合に名を連ねます。

そうした大企業は、大きな資本で競合に差をつけるべく技術革新を続けますから、Filecoinもいつまでも優位の立場を保っていられないかもしれません。

Filecoin(FIL)のまとめ

今回は次世代のストレージサービス、そしてサービスを利用するために必要になるトークンFilecoin(FIL)について解説しました。

Web3.0時代において起こるかもしれないデータ保存の課題を解決するかもしれない、Filecoin。

トークンとしての今後の発展にも目が離せません。

この記事のまとめ
  • Filecoinは分散型ストレージサービス事業を展開している
  • FilecoinはWeb3.0時代の課題解決に一役買う存在
  • 現在価格は下落基調にある
  • 国内取引所ではまだ上場していない
  • 競合が強くリスクもある

国内取引所だけでは、Filecoin(FIL)を取引して保有は不可能です。

保有には国内取引所から海外取引所への送金と、海外取引所での取引が必要になります。

元手通貨の取引と海外取引所への送金は、取引の気軽さという面からLINE BITMAXが便利です。

取引方法や送金方法を確認するために、LINE BITMAXの公式サイトをご覧ください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる