IOST(アイオーエスティー)とは?今後の見通しや価格予想・将来性を徹底解説 【2022年最新】

IOST

IOST(アイオーエスティー)とは、2020年9月に人気の国内取引所の1つとして有名なコインチェックに上場されたことでも知られている注目の仮想通貨です。

ビットコインやイーサリアムといった主要なコインが採用するPoW(Proof of Work)とは異なり、PoB(Proof of Believability)というスケーラビリティ問題を解決できる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用していることでも話題となっています。

この記事では、そんなIOSTの通貨としての特徴や現在の価格動向、今後の見通しなどを詳しく解説していきます。

これからIOSTの今後の興味がある方は、是非最後まで参考にしてみてください。

この記事から分かること

・IOST(アイオーエスティー)とはPoB(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨
・ビットコインやイーサリアムなどと比較しても処理速度が非常に速く、現在大きな問題となっているスケーラビリティ問題を解決できる特徴がある
・多くのプログラマーに利用されているJavascriptで様々なDAppsを開発できるので、今後大きなDApps開発のプラットフォームになることが期待されている

IOST(アイオーエスティー)は国内取引所でも取引できますが、類似した草コインは海外取引所を経由して取引することが一般的です。

海外取引所への送金であれば、LINEアプリから手軽に取引ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

【2022年】IOST(アイオーエスティー)の現在の動向

まずは、IOST(アイオーエスティー)の現在の価格動向について確認していきましょう。

【2022年】IOST(アイオーエスティー)の現在の動向
引用:Trading View

2022年8月現在、IOSTは約2.10円あたりの価格帯を推移している状況です。

2021年11月頃から仮想通貨全体の下落相場が継続しており、IOSTについても価格が下落傾向にあります。

特に2022年1月に入ってからもFOMCでの利上げの予定が発表されてから価格が不安定な状況が続いており、さらなる価格変動に繋がる可能性もあるでしょう。

2022年4月には、他の仮想通貨が低迷する中でIOSTが独自で急騰しましたが、その後は他の仮想通貨と連動して再下落しています。

IIOSTは一部の国内取引所で扱っていますが、類似した草コインは海外取引所を経由して取引する必要があります。

LINE BITMAXは、普段お使いのLINEアプリから手軽に仮想通貨の入手ができる人気の取引所です。

IOSTのような草コインを取引したい方は、まずLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

IOST(アイオーエスティー)とは?

IOST-Top
通貨名IOST(アイオーエスティー)
シンボルIOST
現在の価格(2022年8月現在)¥2.10
時価総額(2022年8月現在)¥39,088,471,470
時価総額ランキング(2022年8月現在)121位
取扱取引所国内取引所
Coincheck(コインチェック)
BitPoint
フォビジャパン
公式サイトIOST公式サイト

IOST(アイオーエスティー)とは、様々なブロックチェーン技術を活用したサービスを提供するプラットフォームになることを目指しているブロックチェーンネットワークです。

IOSTは、IOST財団という組織によって運営されており、Internet of service tokenの頭文字をとった名称となっています。

ビットコインイーサリアムとは異なるPoB(Proof of Believability)というコンセンサスアルゴリズムを採用していることが最も大きな特徴です。

ガス代の高騰をはじめとしたスケーラビリティ問題を解決できると期待されています。

従来の仮想通貨よりも処理速度が非常に速いことから、ビットコインは第1世代、イーサリアムは第2世代、IOSTは第3世代のパブリックブロックチェーンとも言われています。

そのことからも、将来大きな期待がされていることが分かるのではないでしょうか。

そんなIOSTですが2022年現在、一部の国内取引所で上場されています。

また、IOSTのような草コインを取引したい場合は、LINE BITMAXから海外取引所経由で取引するとスムーズです。

詳しくは、LINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

IOST(アイオーエスティー)の特徴

ここでは、IOST(アイオーエスティー)の通貨としての特徴をさらに詳しく解説していきます。

IOSTの特徴について詳細に把握しておきたい方は、是非参考にしてみてください。

IOSTの3つの特徴

・独自の非中央集権型コンセンサスアルゴリズムを採用している
・従来の仮想通貨よりも処理速度が速くスケーラビリティ問題を解決できる
・様々なDApps(分散型アプリケーション)の開発が行いやすい環境を提供している

独自の非中央集権型コンセンサスアルゴリズムを採用している

PoBProof-of-Burnaとは

ここまででもご紹介したように、IOSTではPoB(Proof of Believability)という独自の非中央集権型コンセンサスアルゴリズムを採用しているという大きな特徴を持っています。

ビットコインやイーサリアムなどの通貨が採用しているPoW(Proof of Work)と同様にセキュリティが高い非中央集権性は継続しつつも、独自のアルゴリズムにより処理速度を大きく高めています。

また、IOSTが採用しているPoBであれば近年大きな問題となっているマイニングの消費電力も抑えることができるため、環境問題を解決できるという特徴も期待されている要因と言えるでしょう。

従来の仮想通貨よりも処理速度が速くスケーラビリティ問題を解決できる

IOSTはPoB(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムにより、処理速度が非常に速いという特徴も持っています。

スケーラビリティ問題で多く語られるイーサリアムと比較するとその差は大きく、イーサリアムは1秒間に約15件までしかトランザクションを承認できないのに対し、IOSTは1秒間に約8,000件までトランザクションを処理することが可能です。

また、イーサリアムと比べてガス代も非常に安いので、今後IOSTはスケーラビリティ問題を解決できるブロックチェーンネットワークとして期待されています。

様々なDApps(分散型アプリケーション)の開発が行いやすい環境を提供している

IOSTは様々なブロックチェーンサービスを提供するためのプラットフォームになることを目的としていることから、DApps(分散型アプリケーション)が開発しやすい環境を提供しています。

特に多くのエンジニアが使用しているJavaScriptでDAppsの開発ができる点は、開発者が参入しやすい環境です。

また、現在多くのDAppsが開発されているイーサリアムではSolidityという独自のプログラム言語が使用されていることを比較しても、多くのエンジニアにとってIOSTは利用しやすいプラットフォームと言えるでしょう。

IOSTが今後DApps開発のプラットフォームとして多くのユーザーに認知されていくことで、価格も大きく上昇することも十分に考えらています。

IOSTのような草コインは、海外の取引所で多く扱っています。

海外取引所は国内取引所からビットコインなどの仮想通貨を送金してから取引する必要があります。

国内取引所であれば、LINEアプリから手軽に取引ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

【2022年】IOST(アイオーエスティー)のこれまでの価格推移

次に、IOST(アイオーエスティー)のこれまでの価格推移についてポイントを絞って見ていきましょう。

現在だけではなく、IOSTの過去の価格推移についても気になる方は是非参考にしてみてください。

IOSTの2019〜2020年までの価格推移

IOSTの2019〜2020年までの価格推移
引用:Trading View

2019年から2020年まで、IOSTは0.004ドル〜0.018ドルまでの狭いレンジの価格帯を推移していました。

一時期は世界最大手のBinanceに上場したことにより価格が大きく上昇した局面もありましたが、上場後は価格が落ち着き下落相場が継続していた状況となっています。

IOSTの2020〜2021年までの価格推移

IOSTの2020〜2021年までの価格推移
引用:Trading View

2020年に入ってもIOSTの価格はなかなか上昇せず、むしろ3月には過去最低水準となる0.002ドルを下回る状況もありました。

しかし、2020年9月には国内最大手の取引所であるコインチェックに上場したことで知名度が上昇し、2021年に突入後も価格が大きく上昇しています。

一時期は0.13ドルを超える局面もあったことからも分かるように、今後多くの取引所に上場することで価格に良い影響を与えることは十分に考えられるでしょう。

IOSTの2021〜2022年現在までの価格推移

IOSTの2021〜2022年現在までの価格推移
引用:Trading View

2021年は、仮想通貨全体が価格を大きく伸ばした年として知られています。

特に2021年5月まで継続した上昇相場では0.09ドルまで記録しており、IOSTにとっても飛躍の1年だったと言うことができるでしょう。

その後は中国の仮想通貨禁止のニュースにより価格は大きく下落しましたが、その後も再度0.09ドル近くまで価格を伸ばしています。

2022年に入ってからは、仮想通貨市場全体での下落によって再び価格が下落局面にあります。

2022年8月時点での価格は、約2.10円ほどです。

米金融市場の混乱や仮想通貨全体でのネガティブニュースが続いたことが、IOSTの下落も連動させています。

しかし、新たな取引所への上場といったポジティブなファンダメンタルズが発表されることで、注目度が上昇することは十分に考えられるでしょう。

【2022年】IOST(アイオーエスティー)の今後の見通し・予想

ここまでIOSTの価格推移を時系列ごとに見てきましたが、今後の見通しとして価格が変動していく可能性は十分に考えられます。

というのもIOSTは2022年現在、歴史的に見てもかなりの低価格帯を推移しているため、次の仮想通貨全体の上昇相場がくるタイミングで大きな上昇相場になることが予想されています。

また、近年では仮想通貨全体でビットコインのドミナンスが低下しており、プロジェクトがしっかりしているアルトコインが大きく注目されています。

IOSTは国内取引所ではコインチェックのみで取り扱いされていましたが、4月にはビットポイント、6月にはフォビジャパンといったように、続々と国内取引所での上場が開始されている最中です。

加えて、IOSTは現在DeFi分野への進出を進めていますが、DeFiの市場規模は11兆円にまで成長しており、今後もこの流れは加速していくと予想されています。

DeFiの成長及びIOSTの利用者が増加することにより、価格の上昇に大きなインパクトを与えることは十分に想像できるので、今後のIOSTの見通しは明るいと考える投資家は多いです。

IOSTのような草コインを入手したい方は、海外取引所への送金用としてLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

【2022年】IOST(アイオーエスティー)の価格予想・将来性

次に、IOST(アイオーエスティー)の具体的な価格予想や将来性について解説していきます。

有名な仮想通貨メディアでの価格予想をご紹介していくので、IOSTの将来価格が気になる方はチェックしてみましょう。

Wallet InvestorによるIOSTの価格予想

仮想通貨の格付けメディアとして有名な「Wallet Investor」でも、IOSTの価格予想がされています。

Wallet InvestorによるIOSTの価格予想

・2022年6月現在:0.01519ドル(約¥2.05円)
・1年後:0.0521ドル(約5.9円)
・5年後:0.170ドル(約19.4円)

ここまでご紹介したように、現在は仮想通貨全体の下落相場に影響されて大きく価格を落としているIOSTですが、有名サイトでも今後は価格が上昇すると予想されています。

特に5年後には、現在の価格から約7.4倍となる19.4円まで成長すると予想されており、それだけIOSTが期待されているプロジェクトだという証拠と言えるのではないでしょうか。

Price PredictionによるIOSTの価格予想

次に仮想通貨の価格予想サイトとして知られる「Price Prediction」によるIOSTの価格予想を見ていきましょう。

Price PredictionによるIOSTの価格予想

・2022年6月現在:0.01519ドル(約¥2.05円)
・1年後:0.057ドル(約6.4円)
・2年後:0.084ドル(約9.5円)
・3年後:0.120ドル(約13.6円)
・4年後:0.180ドル(約20.5円)
・5年後:0.260ドル(約29.6円)

Price PredictionではWallet Investorよりもさらに強気の予想がされており、5年後には約29.6円まで価格が上昇するとの予想がされています。

もちろん絶対にこの予想が当たるとは限りませんが、現在のIOSTの価格から10倍以上の上昇が予想されているので、IOSTの今後の注目度は上がっていく可能性があります

IOSTは一部国内取引所で扱っていますが、海外取引所からでも取引可能です。

送金用の取引所として、スマホで簡単に仮想通貨取引ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

IOST取引ならLINE BITMAX

LLINE BITMAX top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

IOSTは一部国内取引所で扱っていますが、海外取引所経由でも入手できます。

海外取引所は金融庁から警告を受けている場合もありますので利用は自己責任でお願いします。

海外取引所を経由して取引する際は、LINE BITMAXが便利で人気が高い取引所です。

LINEアプリを使って手軽に通過の取引ができるほか、レンディングやレバレッジ取引などの各種機能が備わっています。

特にレンディングは、最大利率8%と業界最高水準となっています。

詳しくは、LINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

IOST(アイオーエスティー)に関するQ&A

最後に、IOST(アイオーエスティー)に関するよくある質問をご紹介していきます。

IOSTに関するQ&A
  • IOSTはどれくらいのどれくらいの総発行枚数ですか?
  • IOSTは今後価格が上昇していく見込みはありますか?

IOSTに関する疑問や質問をお持ちの方は、是非チェックしてみてください。

IOSTはどれくらいの総発行枚数ですか?

IOSTの総発行枚数は900億枚とされています。

ビットコインの総発行枚数が2,100万枚であることからも分かるように、一般的な仮想通貨と比較しても発行枚数がそれなりに多いこともIOSTの特徴と言えるでしょう。

IOSTは今後価格が上昇していく見込みはありますか?

ここまででもご紹介したように、今後新しい仮想通貨取引所への上場やIOSTの知名度上昇、IOST保有者が増加することで価格が変動することは十分に考えられます。

過去には上場直後に約14円という最高値を付けたことからも分かるように、非常に期待値が高いコインと言うことができるでしょう。

IOSTは、国内取引所だけでなく海外取引所でも取引可能です。

海外取引所への送金であれば、LINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

【2022年】IOST(アイオーエスティー)の今後の見通し・予想まとめ

今回の記事では、PoBという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用していることで知られているIOST(アイオーエスティー)の特徴や今後の見通しなどを解説してきました。

最後にもう一度、今回の記事の内容を振り返っていきましょう。

この記事のまとめ

・IOSTとはPoB(Proof of Believability)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しているパブリックブロックチェーン
・処理速度が非常に速いので多くのトランザクションを処理することができ、スケーラビリティ問題を解決できると期待されている
・今後新しい仮想通貨取引所への上場や、IOSTの利用者が増加することで価格の変動が期待できる

現在は仮想通貨全体が調整局面となっており価格も下落していますが、今後新たな仮想通貨取引所への上場が発表され、仮想通貨市場が盛り返す可能性も十分にあります。

IOSTは、一部国内取引所だけでなく海外取引所経由でも取引可能です。

海外取引所を経由する際は、まずLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる