FXのデイトレードとは?取引手法やメリット・おすすめの人を徹底解説

FXデイトレード

FX取引の手法の一つに「デイトレード」というものがあります。

デイトレードとは、いったいどのような取引なのでしょうか。

今回はFXのデイトレードの概要やメリット・デメリット、デイトレードがおすすめの人・おすすめできない人、デイトレードにおすすめのFX会社、よくある質問などについてまとめます。

この記事で分かること
  • デイトレードは1日のうちに取引を完結させる取引手法
  • メリットは1日のうちに何度も取引できることやリスクを限定できること、時間効率が良いこと、-スワップの影響を受けずに済むこと
  • デメリットは利幅が小さいことやコストがかさむこと、相場の状況に即応しなければならないこと
  • 向いているのは短期で利益を上げたい人やポジションを翌日まで持ち越したくない人
  • 向いていないのはテクニカル分析が苦手な人や感情的な取引をしてしまう人
  • デイトレードであれば取引コストが抑えられるGMOクリック証券が最適

デイトレードは保有する時間が短いため、スプレッドによるコストを抑えることが重要となります。

GMOクリック証券は、通貨ペアのスプレッドが狭い人気の会社です。

デイトレードを始めてみたい方は、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

FXのデイトレードとは

FXのデイトレードとはどのようなモノでしょうか。

他の取引手法も紹介しつつ、デイトレードについて解説します。

FXのデイトレードとは
  • FXの主な取引手法
  • デイトレードの概要

FXの主な取引手法

FXの取引手法はポジションの保有時間や取引回数などにより、4つに区分されます。

取引手法取引時間特徴
スキャルピング数秒~数分小さな値動きで売買を繰り返す
デイトレード数時間~1日日をまたがずにポジションを決済
スイングトレード数日~数週間取引回数が少なく、1取引あたりの損益が大きくなる
長期保有数週間~数か月スワップポイント狙いの取引
大きな損失を被ることもある

これらのうち、極短期間に取引を繰り返すスキャルピングはFX会社のシステムサーバーに大きな負荷をかけるため、禁止している業者もあります。

一般に、ポジションの保有期間に比例してリスクも増大しますので、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期保有の順でリスクが大きくなると考えてよいでしょう。

デイトレードの概要

デイトレードとは、1日のうちに取引を完結させる取引手法です。

基本的に日をまたいでポジションを保有しませんので、日をまたいだ時に付与されるスワップポイントは期待できない取引手法といえます。

デイトレードではマクロの経済動向も影響しますが、それ以上にその日の相場の動きを分析し値動きを予想するテクニカル分析が重要です。

1日のうちに何度も取引するので、コストが安いFX会社で取引するのが理想的です。

たとえば、GMOクリック証券なら手数料は無料で、実質的なコストであるスプレッドも狭めです。

手数料などコストについて知りたい場合は、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

FXのデイトレードのメリット

FXのデイトレードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットを4点取り上げます。

FXのデイトレードのメリット
  • 取引できる機会が多い
  • 1度の取引のリスクが限定的
  • 時間効率が良い
  • マイナススワップのリスクが少ない

取引できる機会が多い

1つ目のメリットは取引できる機会が多いことです。

デイトレードでは1日に何度も取引をおこないますので、スキャルピングには及びませんが、スイングトレードや長期保有のトレードに比べ取引する機会が増えます。

1度の取引で得られる利益は小さいですが、回数を増やすことで利益を伸ばせます。

1度の取引のリスクが限定的

2つ目のメリットは1度の取引のリスクが限定的であることです。

1度の取引のリスクが限定的
https://www.oanda.jp/lab-education/dictionary/songiri/

売りであれ、買いであれ、自分の予想が必ず当たるわけではありません。

相場が自分の予想と逆方向に動いたとき、損失拡大を防ぐための「損切り」が必要となります。

1度の取引のリスクが限定的
https://www.oanda.jp/lab-education/dictionary/songiri/

デイトレードの場合、1日に何度も取引するため損切りの幅を狭く設定することが多くなります。

その結果、トレードに失敗しても損失を限定できるため最終的に損益をプラスにすることも可能です。

時間効率が良い

3つ目のメリットは時間効率が良いことです。

デイトレードは1日で取引を完結させるため、スワップポイントと比較すると短期間で収益を上げられます。

また、スキャルピングほど取引に集中する必要はなく、スキマ時間で取引ができます。

マイナススワップのリスクが少ない

4つ目のメリットは-スワップのリスクが少ないことです。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、高金利通貨と低金利通貨の金利差によって得られる差額分のことです。

低金利通貨の代表となっている日本円を「売り」、高金利通貨を「買う」ポジションを保有すると差額分が得られるのです。

ところが、日本円のような低金利通貨を「買い」、トルコリラのような高金利通貨を「売り」とするポジションを保有すると、差額分がマイナススワップとして失われてしまうのです。

デイトレードは1日のうちに取引を完結させ、原則、日をまたがないためマイナススワップのリスクを最小限に抑えられます。

一日のうちに何度も取引するデイトレードでは、相場の変化に素早く対処することが必須です。

GMOクリック証券では、高性能の取引ツールを提供しており、スマホアプリを使えば外出先からでもチャート分析ができます。

デイトレードを検討している方は、ぜひこの機会にGMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

FXのデイトレードのデメリット

FXのデイトレードにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリットを3点取り上げます。

FXのデイトレードのデメリット
  • 1度の取引で得られる利益が小さい
  • 取引コストがかさむ
  • 相場の変化に即応しなければならない

1度の取引で得られる利益が小さい

デイトレードとは

1つ目のデメリットは1度の取引で得られる利益が小さいことです。

取引回数が多い分、一度の利益幅が小さくなります。

利益を大きくするためにはデイトレードよりもポジション保有期間が長いスイングトレードにするか、大きく資金を投入するかしかありません。

リスクを抑えて取引したいのであれば一度の取引で得られる利益幅が小さくても、こまめに利益確定しなければならないのです。

取引コストがかさむ

2つ目のデメリットは取引コストがかさむことです。

ここでいう取引コストとは、取引手数料やスプレッドのことでいずれも取引回数に比例して増加します。

つまり、取引を数多く行うデイトレードは手数料支出が多くなりがちな手法と言えるでしょう。

相場の変化に即応しなければならない

3つ目のデメリットは相場の変化に即応しなければならないことです。

FX相場は市場の状況や政治・経済のニュースによって大きく変動します。

午前中の東京時間、16時から始まる欧州時間、21時前後から始まる米国時間でそれぞれ相場の動きが異なるため、いつ何時、大きな変化が起きてもおかしくありません。

長期保有のように放置しておけない以上、相場変化に即応できる体制を撮り続けなければならないのです。

FXのデイトレードがおすすめな人

FXのデイトレードがおすすめなのはどのような人でしょうか。

おすすめの3つのタイプについて紹介します。

FXのデイトレードがおすすめな人
  • 短期間で利益を得たい人
  • 相場の変化に即応できること
  • 1日のうちに取引を終えてしまいたい人

短期間で利益を得たい人

短期間で利益を得たい人はデイトレードに向いています。

デイトレードは長くてもその日のうちに決着がつきますので、いつまでも取引結果が出ずにイライラするようなことはあまりありません。

また、ポジションの量や利益確定・損切りの基準にもよりますが、相場のトレンドにうまく乗れれば短時間で大きな利益を上げられる可能性があります。

相場の変化に即応できること

相場の変化に即応できる人もデイトレードに向いています。

FX相場は政治・経済状況や要人発言などの影響を受け、1日のうちでも大きく変動することがあります。

相場の変化はリスクであると同時に大きな利益を上げるチャンスでもありますので、変化に即応できる人はデイトレードで利益を上げやすいといえます。

また、変化に即応できれば大きな損失の回避も可能となります。

1日のうちに取引を終えてしまいたい人

1日のうちに取引を終えてしまいたい人にとってもデイトレードは向いています。

1日のうちに取引を終えてしまいたい人
https://www.gaitame.com/beginner/qa_lesson5.html

FX市場が最も活発に動くのは米国市場と欧州市場が同時に動く21時から翌3時くらいまでの時間です。

その時間は日本の深夜にあたるため、トレードに参加しにくく、こうした時間に相場が激変すると大きな損失を被りかねません。

デイトレードなら自分が就寝する前に取引を終えているため寝ている間におきた相場の変化に巻き込まれずに済みます。

デイトレードが初めての人にとって、相場の変化についていくのは非常に大変でプレッシャーを感じるかもしれません。

そんな時は、取引するポジションをできるだけ小さくしておく方が無難です。

GMOクリック証券であれば1,000通貨から取引できるので心理的プレッシャーが減り、冷静な判断がしやすくなります。

取扱通貨ペアやその他の取引条件も確認したい方は、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

FXのデイトレードがおすすめできない人

FXのデイトレードがお勧めできないのはどのような人でしょうか。

おすすめできない2つのタイプについて紹介します。

FXのデイトレードがおすすめできない人
  • テクニカル分析が苦手な人
  • 感情的なトレードをしてしまう人

テクニカル分析が苦手な人

テクニカル分析が苦手な人はデイトレードに向きません。

テクニカル分析とは価格や値動きの変動・循環に注目する分析方法で、短期取引でよく用いられる分析法です。

テクニカル分析が苦手な人
https://line-sec.co.jp/media/column/71.html

下降トレンドラインと上昇トレンドラインの動きから今後の値動きを予想するものや、移動平均線を利用するもの、「買われすぎ」「売られすぎ」といった指標をもとに取引するものなどテクニカル分析は多岐にわたります。

こうした分析が苦手であれば、デイトレードは不向きと考えてよいでしょう。

感情的なトレードをしてしまう人

感情的なトレードをしてしまう人もデイトレードに向いていません。

デイトレードは1日のうちに何度も取り引きチャンスが訪れますが、取引の失敗を引きずってしまったり、大きな損失を取り戻そうとしてしまったりするとトレードが感情的になりがちです。

「負けを一気に取り返そう!」と考え、大きなポジションをとってしまった結果、損失を拡大させてしまうことも珍しくありません。

自分のトレードを振り返り、感情的になる傾向があればデイトレードは不向きといえます。

FXのデイトレードにおすすめのFX会社

FXのデイトレードに向いているFX会社を3社紹介します。

FXのデイトレードにおすすめのFX会社
  • GMOクリック証券
  • LINE FX
  • 外貨ex byGMO

GMOクリック証券

GMOクリック-top
取引手数料無料
スプレッド(米ドル/円)0.2銭
スワップポイント(トルコリラ/円)19円
※2022年10月31日時点
通貨ペア数20通貨
キャンペーン最大300,000円キャッシュバックキャンペーンなど
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準100%
公式ページGMOクリック証券の公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券は、GMOフィナンシャルグループに属する証券会社です。

GMOクリック証券の魅力は幅広い商品ラインナップで、FXはもちろんのこと、株取引や貸株、バイナリーオプション、CFDなども取引可能です。

また、新規アカウント開設の場合は最大で300,000円に及ぶビックキャンペーンを実施しています。

取扱通貨やキャンペーンの内容に興味がある方は、GMOクリック証券の公式サイトをご覧ください。

LINE FX

取引手数料無料
スプレッド(米ドル/円)0.2銭
スワップポイント(トルコリラ/円)19円
※2022年10月31日時点
通貨ペア数23通貨
キャンペーン最大30万5,000円キャッシュバックキャンペーン
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準100%
公式ページLINE FXの公式サイト
関連記事LINE FXの評判

LINE FXは、メッセージアプリLINEを運営するLINE株式会社の関連企業が運営するFX会社です。

LINEと連携しているため操作性が良く、最新情報を手に入れやすいのがLINE FXの長所です。

1,000通貨から取引でき、実質的な手数料であるスプレッドも狭く設定されているため初心者向きのFX会社だといえるでしょう。

新規にアカウントを開設し、一定量以上のFX取引を実施すると最大で30万5,000円のキャッシュバックが得られます。

キャンペーンの内容について気になる方は、LINE FXの公式サイトでご確認ください。

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO HP
取引手数料無料
スプレッド(米ドル/円)0.2銭原則固定
スワップポイント(トルコリラ/円)26円
※2022年10月31日時点
通貨ペア数24通貨
キャンペーン最大300,000円キャッシュバックキャンペーンなど
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準50%
公式ページ外貨ex byGMOの公式サイト
関連記事外貨ex byGMOの評判

外貨exもGMOインターネットグループに属するFX会社です。

外貨exは取引手数料が無料で、スプレッドの設定が狭く、取引コストを安く抑えられるFX会社です。

FX取引を通じて、外貨の現物を受け取れる外貨両替のサービスも実施しています。

また、強制ロスカット基準が50%であるため、ぎりぎりまでポジションを維持できます。

取引コストを安く抑えたい方やぎりぎりまでポジション維持をしたい方は、外貨exの公式サイトを確認してください。

FXのデイトレードに関するQ&A

FXのデイトレードに関する質問をまとめました。

FXのデイトレードに関するQ&A
  • 初心者でもデイトレードはできますか?
  • デイトレードに向いている通貨ペアはありますか?
  • 取引コストを減らすにはどうすれば良いですか?

初心者でもデイトレードはできますか?

初心者でもデイトレードは可能です。

一度の取引で大きな損失を出しにくいデイトレードは、初心者でも行いやすいトレード手法といえるでしょう。

ただし、損失拡大を防ぐための「損切り」設定は必ずしなければなりませんので注意しましょう。

デイトレードに向いている通貨ペアはありますか?

「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/ドル」といった通貨ペアがデイトレードに向いています。

これらの通貨ペアは取引量が多く、スプレッドが狭いため取引コストを低く抑えられるからです。

FX取引に慣れ、相場全体の様子がわかってきたらポンドや豪ドル、高金利通貨といった値動きが大きくなる通貨ペアを扱ってもよいでしょう。

取引コストを減らすにはどうすれば良いですか?

取引コストを減らすには、手数料やスプレッドが少ないFX会社を選ぶと良いでしょう。

スプレッドとは

スプレッドとは売値と買値の差額のことで、顧客が負担する取引コストです。

スプレッドが大きいほど実施的な手数料が高いということになりますので、スプレッドが狭い取引会社の方が利益を上げやすいのです。

しかも、デイトレードの場合はトレード回数が多いのでスプレッドによる支出も馬鹿になりません。

手数料とスプレッドの両方を計算したうえで、最適のFX会社を選ぶと取引コストを大きく削減できます。

ちなみに、GMOクリック証券は手数料無料でスプレッドも非常に狭く設定されています。

詳しくは、GMOクリック証券公式サイトをチェックしてみてください。

FXのデイトレードのまとめ

今回はFXのデイトレードについてまとめました。

今回の記事のまとめ
  • デイトレードは1日のうちに取引を完結させる取引手法
  • メリットは1日のうちに何度も取引できることやリスクを限定できること、時間効率が良いこと、-スワップの影響を受けずに済むこと
  • デメリットは利幅が小さいことやコストがかさむこと、相場の状況に即応しなければならないこと
  • 向いているのは短期で利益を上げたい人やポジションを翌日まで持ち越したくない人
  • 向いていないのはテクニカル分析が苦手な人や感情的な取引をしてしまう人
  • デイトレードであれば取引コストが抑えられるGMOクリック証券が最適

デイトレードは1日のうちに取引を完結させる取引手法で、短期間で利益を上げやすく、リスクを限定できるというメリットがあります。

しかし、取引回数が多くなり取引コストがかさむことや相場状況の激変に即応しなければならないというデメリットもあります。

ただ、短期間で利益を上げられるということは時間効率・資本効率が良いということでもあるので、デイトレードは資金が少ない人でも大きな利益を得られる取引手法だといえます。

初心者におすすめなのは画面が見やすくスプレッドが狭いGMOクリック証券です。

1,000通貨という少額から取引できる点も初心者向きといえるでしょう。

少額から取引でき、便利でわかりやすい取引所をお探しの方は、GMOクリック証券公式サイトをご覧ください。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる