【2024年】トルコリラ円(TRY/JPY)の今後の見通し・予想を徹底解説|変動要因や価格推移について紹介

トルコリラ円
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

この記事では、トルコリラ円の今後の見通しや価格変動が起きた要因を詳しく解説していきます。

近年、新型コロナの影響やロシア・ウクライナ戦争の影響で、価格が急騰急落することが増えているので、トルコリラ円の価格推移に興味のある方はこの記事を参考に取引してください。

この記事からわかること
  • 2024年1月時点では約4円台後半の価格帯で推移している
  • トルコリラ円はここ数年価格が継続して下落している
  • 2022年8月から金利が減少していたが、2023年から大幅利上げの実施
  • トルコリラ円の取引にオススメのFX口座

GMOクリック証券では、新規口座作成特典として最大55万円キャッシュバックを行なっています。

取引用の資金を増やしたい方や多額の取引を検討している方は、キャッシュバックでお得に資金を増やせるので、GMOクリック証券の公式サイトから詳細を確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

目次

トルコリラ円の現在のレート

以下の画像は、2017年〜2024年1月時点のトルコリラ円のチャートになります。

トルコリラ円の現在のレート
引用:Trading View

トルコリラ円の価格は、2021年8月から2024年1月の時点では4.5円〜8.2円で推移しています。

2022年は各国で利上げが進む中、トルコは利下げの方針を掲げ実施したことで、通貨が大きく暴落しています。

一時8.50%にまで引き下げが行われましたが、2023年後半にかけては大規模な利上げを実施中です。

2024年1月現在は、42.5%もの高金利が付いていますが、市場の反応は冷ややかで下降トレンドが形成されています。

GMOクリック証券では、トルコリラ円のようなマイナー通貨のスワップポイントが高くなっているため、スワップポイントを狙った取引も可能です。

各通貨のスワップポイントは公式サイトから確認できるので興味のある方は、GMOクリック証券の公式サイトを確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

トルコリラ円のレートの変動要因

トルコリラ円のレートが変動する要因にはどういったことがあるのでしょうか?

ここでは、トルコリラ円の価格に影響を与えている要因を3つ紹介していきます。

トルコリラ円のレートの変動要因
  • 先進国の情勢
  • 金利の低下
  • 観光客の増減

先進国の情勢

トルコは、新興国なのでアメリカやイギリスといった先進国の影響を強く受けてしまいます

特に、資源に石油やガスといった資源に関してはほとんど輸入に頼っているため、物価が上昇したり規制が強化された場合は、経済に大きな悪影響が出てしまいます。

また、原油やガスの輸入は40%以上をロシアに依存しているため、今後もウクライナとの戦争が続くようであれば、更なる悪影響が出てくるでしょう。

経済の状況が悪くなれば外資も逃げてしまうため、先進国の情報とトルコ国内の経済状況を見て価格の推移を予測する必要があります。

また、トルコは中東とも親密な関係にありますが、2023年10月にはイスラエルとハマスの軍事衝突が起きており、懸念が広がっています。

金利の変動

トルコリラは、政策金利の影響を強く受けるのが特徴です。

トルコリラ政策金利
引用:外為どっとコム

画像を見てわかる通りトルコリラは、政策金利の増減が非常に大きいことがわかります。

日本やアメリカといった先進国では、10年間で0.5%〜3%ほどの増減しかありませんでしたがトルコリラでは1年の間で金利が5%以上変化する年があります。

金利は、通貨の価格と非常に大きい関係を持っているため、トルコリラのように金利の変動が多い場合は、政策金利の推移にも注意しなければいけません。

2023年は、8.50%にまで引き下げが行われていました。

多くの国が物価高を止めるための利上げを行う中で、トルコだけは利下げの方針を掲げている点は大きな懸念となっていたのです。

しかし、2023年には利上げが実施されており、42.50%まで金利が引き上げられています。

観光客の増減

トルコは、観光業が盛んな国なので観光客の増減はレートに大きな影響を与えます。2019年には344 億ドルもの観光関連収入を得ており、 GDP比率は 4.4%に達します。

観光業が好調であれば国内経済も良くなりますが、観光業が不調であれば国内経済が悪化して金利の低下が考えられます。

金利が低下すれば当然、通貨の価格も下落してしまうので、レートを予測する際は観光業収益推移にも注目しなければいけません。

LINE FXは、スワップポイントをひとめで確認できるカレンダーがあるため、トルコリラのようにスワップポイントの高い通貨を取引する際はとても便利です。

GMOクリック証券は、取引ツールが豊富なためあらゆる環境での取引に対応します。

スマホやPCはもちろん、Apple Watchでの取引にも対応しているので、GMOクリック証券の公式サイトから詳細を確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

トルコリラ円のこれまでの変動とその原因

トルコリラ円のこれまでの変動とその原因について解説していきます。

トルコリラ円のこれまでの変動とその原因
  • トルコショック
  • 新型コロナによる観光客の激減
  • 金利の引き下げ

トルコショック

トルコショック
引用:Tradingview

近年、トルコリラが暴落した事例として「トルコショック」が挙げられます。

トルコショックとは、米国がトルコに経済制裁したことで起きた通貨危機で、米国人牧師の拘束を巡る外交問題が原因で米国から経済政策を受けることになりました。

この経済政策を受け、トルコリラは一時20%以上もの下落を記録しました。

新型コロナによる観光客の激減

新型コロナによる観光客の激減
引用:Tradingview

2020年に新型コロナが発生した際もトルコリラの価格は大きく下落しています。価格は、年初から一時は30%ほどの下落を記録しており、記録的な暴落となりました。

この下落は、新型コロナによる観光客の減少が大きく影響していると考えられます。

以下の画像は、観光業の収入チャートです。

新型コロナによる観光客の激減
引用:CEIC

画像を見てわかる通り、新型コロナが発生した2020年は観光業の収入が激減しています。2021年には観光収入も多少回復していますが、それでも例年よりは少ない収入となっています。

観光業が盛んなトルコにとって観光客の減少は、非常に大きな影響があることがわかります。

金利の引き下げ

金利の引き下げ
引用:Tradingview

2021年11月23日には、トルコの金融政策によって1日で15%の下落を記録しています。

アメリカがテーパリングを早めることで世界中が金利を引き上げている中で、トルコは金利を下げる金融政策を行いました

トルコの大統領は、利下げによってインフレが解消すると考えていたようですが、実際にはインフレが加速し経済状況が悪化しました。

しかし、トルコの大統領は利下げを推進する発言を続け、「我々は経済独立戦争に勝利する」と発言したため、これが失望を生み価格の暴落に繋がりました。

GMOクリック証券は、業界最狭水準のスプレッドを実現しています。米ドル円などの主要通貨はもちろん、マイナー通貨のスプレッドも狭くなっているので、コストを抑えて取引ができます。

各通貨のスプレッドは、公式サイトのスプレッド一覧から確認できるので興味のある方はGMOクリック証券の公式サイトを確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

トルコリラ円の今後の見通し・予想

ここからは、トルコリラ円の今後の見通し・予想を紹介していきます。

トルコリラ円の今後の見通し・予想
  • トルコリラは今後も下落が続く
  • コロナの終息で価格上昇が期待できる

トルコリラは今後も下落が続く

トルコリラは、今後長期的に下落が続くと予想できます。

トルコリラは長期的な下落が続く
引用:Tradingview

チャートを見てわかる通り、トルコリラは長年の下落が続いています。

インフレ率の高いトルコでは、金利を上げることで外貨を獲得していましたが、最近は金利の減少も続いているため短期的・長期的に見ても価格の上昇は期待できないでしょう。

また、トルコは国の位置関係や歴史的にもロシアと深い関わりのある国です。

ロシアとウクライナの情勢悪化が続くようであれば、トルコリラの買い増しが起こる可能性は低くなってしまいます。

価格が上昇するには、トルコ経済の回復と世界情勢の好転が必要不可欠なので、取引を検討している方は双方の状況をしっかり見たうえで取引を行なってください。

トルコリラ投資では、豊富な流動性によってスムーズな取引と高い約定率を実現しているGMOクリック証券での取引が向いています。

詳しくは、GMOクリック証券の公式サイトの公式サイトから確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

トルコリラ円を取引する上でおすすめのFX会社

ここでは、トルコリラ円を取引するのにおすすめのFX会社を紹介していきます。

トルコリラ円を取引する上でおすすめのFX会社
  • GMOクリック証券
  • LINE FX
  • GMO外貨

GMOクリック証券

取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)原則固定対象外
スワップポイント(トルコリラ/円)30円
※2024年1月時点
通貨ペア数20通貨
特典最大550,000円キャッシュバック特典など
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準100%
公式ページGMOクリック証券の公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判

取引量が豊富なため約定率が高く、任意のタイミングで取引できるのでストレスのない取引が可能です。また、取引手数料・入出金手数料が無料なので、手数料を気にすることなく取引できます。

さらに、GMOクリック証券はスマホ・PCでの取引に加えて、アップルウォッチでの取引に対応しているので、外出先でもラクラク取引ができます。

取引方法の豊富さや手数料の低さを重視している方は、GMOクリック証券の公式サイトから詳細を確認してください。

\最大55万円もらえる特典中!/

LINE FX

LINE FX
取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)提示休止中
スワップポイント(トルコリラ/円)31円
※2024年1月時点
通貨ペア数23通貨
キャンペーン最大305,000円キャッシュバックキャンペーン
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準100%
公式ページLINE FXの公式サイト
関連記事LINE FXの評判

LINE FXは、全23の通貨ペアを低スプレッドで取引可能です。

取引は専用のスマホアプリから行え、高速かつ高度な取引が可能となっているため、快適に取引を行えます。

また、トルコリラ円のスワップポイントは31円/日と他社と比較しても高い水準にあるため、トルコリラ円の取引に向いています。

2024年1月現在、最大で305,000円キャッシュバックを受けられるキャンペーンを実施中なので、興味がある方は、LINE FXの公式サイトをチェックしてみてください

GMO外貨

外貨ex-byGMO
取引手数料無料
スプレッド(トルコリラ/円)非公開
スワップポイント(トルコリラ/円)28円
※2024年1月時点
通貨ペア数24通貨
キャンペーン最550,000円キャッシュバックキャンペーンなど
最小取引単位1,000通貨
強制ロスカット基準50%
公式ページ外貨ex byGMOの公式サイト
関連記事外貨ex by GMOの評判

外貨ex by GMOは、2022年3月にMIKABU スワップ部門で第1位を獲得しているスワップポイントが魅力のFX会社です

トルコリラ円で1日28円を獲得できるので、スワップポイントを重視する方に向いています。

また、取引量に応じて毎月最大100万円のキャッシュバックを受けられるので、大量に取引をする方にも向いているFX会社です。

現在は、口座開設&取引で最大55万円貰えるキャンペーンを実施中なので、興味のある方はGMO外貨の公式サイトをご確認ください。

トルコリラ円の予想・見通しまとめ

トルコリラ円の今後の見通しや価格変動が起きた要因について解説しました。

トルコリラ円の予想・見通しまとめ
  • 2024年1月時点では約4円台後半の価格帯で推移している
  • トルコリラ円はここ数年価格が継続して下落している
  • 2022年8月から金利が減少していたが、2023年現在は大規模な利上げを実施中

トルコリラ円は、ボラティリティが高いので短期取引には向いていません。

ただし、スワップポイントの高いFX会社を使い長期的に取引することでリスクを減らせるので、トルコリラ円の取引を検討している方は、スワップポイントの高いFX会社で取引を行なってみてください。

GMOクリック証券は、申し込みから最短即日で取引を開始できます。

申し込みはスマホから簡単に行えるので興味のある方は、GMOクリック証券の公式サイトから詳細を確認してみてください。

\最大55万円もらえる特典中!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次