日経平均価格の今後の見通しや将来性を徹底解説|取引方法やおすすめ証券会社を徹底解説

CFD 日経平均

日経平均株価とは、日本経済新聞社が東京証券取引所の上場銘柄のうち市場流動性が高い225社を選定し、それらの株価を基にして割り出した株価指数のことです。

日本を代表する株価指数であり、英語圏では「Nikkei 225」として知られています。

今回は日経平均のこれまでの価格動向や今後の見通し、日経平均の変動要因、よくある質問などについてまとめます。

この記事からわかること
  • 日経平均は日本経済新聞社が選定した銘柄の株価から算出された株価指数
  • 日経平均はプラザ合意から急上昇し、バブル経済で過去最高値を記録した
  • バブル崩壊後、日経平均は下落を続け、アベノミクスの始まりとともに大きく回復した
  • 米国の金利上昇や地政学的リスクの発生、円安の進行などにより株価が下落する可能性がある
  • 日経平均株価は米国株と連動して動く傾向が見られる
  • 地政学的リスクの発生により日経平均が下落する可能性がある
  • 為替相場の動向で日経平均が上下する可能性がある
  • 日経平均に投資するには先物取引か投資信託・ETF、CFD取引を利用するとよい

日経平均やダウ平均株価、S&P500のようなものをまとめて「株価指数」と呼びますが、これらを対象とした金融商品の一つにCFDがあります。

CFD取引において豊富な実績を有しているのがIG証券です。

IG証券はロンドンに本拠地を置く国際的な証券会社でFXや株価指数、商品などを対象とした差金決済取引(CFD)などを取り扱っています。

IG証券のCFD取扱銘柄は17,000を超えており、世界中のあらゆるものへの投資に活用されています。

IG証券の取扱商品や取扱ルールについて知りたい方は、IG証券の公式サイトをご確認ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEでA仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

日経平均のこれまでの価格動向

日経平均はこれまでどのように価格が変動してきたのでしょうか。

日経平均の動向についてまとめます。

日経平均のこれまでの価格動向
  • 1985年~1990年:プラザ合意とバブル経済
  • 1991年~2011年:バブル崩壊と失われた20年
  • 2012年~2022年:アベノミクスの開始と株価の回復

1985年~1990年:プラザ合意とバブル経済

1985年~1990年:プラザ合意とバブル経済
Trading View

1985年9月22日、日本・アメリカ・イギリス・フランス・西ドイツ(G5)の大蔵大臣・中央銀行総裁があつまり、為替レートの安定化に関するプラザ合意がなされました。

プラザ合意の内容は、各国が協調介入を行いドル高を是正することで、アメリカの貿易赤字改善や輸出競争力の回復が見込まれていました。

プラザ合意後、円高ドル安が急速に進んだため日本銀行は低金利政策を採用し円高を原因とする不況を克服しました。

しかし、市場に資金が大量に流入し不動産価格や株価が急騰、バブル経済が発生しました。

1989年12月29日、日経平均株価は38,957円を記録し史上最高値を付けます。

1991年~2011年:バブル崩壊と失われた20年

1991年~2011年:バブル崩壊と失われた20年
Trading View

1990年以降、株価は下落傾向にありましたが、多くの人はまだ株価が上昇するかもしれないと考えていました。

大蔵省が1990年に通達した総量規制(不動産向け融資の抑制)や1991年に日本銀行が行った金融緩和の中止などにより不動産価格や株価の下落に拍車がかかります。

1993年以降、株価は一時的に上昇することはあってもバブル期に記録した最高値はおろか24,000円台にすら達しなくなりました。

以後、日経平均株価は下落を続け2003年には8,000円を下回り、リーマンショック後の2009年には7,000円すら下回りました。

2012年~2022年:アベノミクスの開始と株価の回復

2022年現在の日経平均価格動向
Trading View

2012年12月、第2次安倍内閣はのちに「アベノミクス」とよばれる経済政策を発表します。

アベノミクスは大胆な金融政策で市場の通貨量を増やすだけではなく、10兆円以上の経済対策予算を編成し積極的に需要を喚起する経済政策です。

こうした政策は国内だけではなく海外投資家の強い関心を集め、株式相場は大きく上昇しました。

アベノミクスをきっかけに日経平均は2013年のうちに14,000円台を回復し、以後も紆余曲折ありながらも上昇傾向が続きました。

安倍首相は2012年から2020年まで政権を担当しますが、この間、株価は9,000円台から22,000円台まで大きく上昇しました。

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックにより日経平均株価も大幅に下落しましたが、比較的短期間で回復し2020年12月7日には26,894円をマークしました。

これは1991年4月以来で、29年ぶりの高値となりました。

NIKKEI225現在の価格動向
Trading View

2022年は特に目立ったトレンドは出ず、レンジを形成しました。

日経平均の過去の推移は様々なサイトで分析されていますが、コンパクトにまとめられているのはIG証券の学習コンテンツではないでしょうか。

コンテンツでは日経平均の歴史や過去の経緯について、非常にコンパクトにまとめられています。

IG証券が提供する学習コンテンツについてもっと知りたい方は、IG証券の公式サイトをご覧ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

日経平均の今後の価格の見通し

今後、日経平均はどのように推移するのでしょうか。

日経平均の見通しについてまとめます。

日経平均の今後の価格の見通し
  • 米国の金利上昇の影響で日経平均が下落する可能性がある
  • 地政学的リスクの発生により日経平均が下落する可能性がある
  • 円安の進行により日経平均が上昇・下落する可能性がある

米国の金利上昇の影響で日経平均が下落する可能性がある

米国の金利上昇の影響で日経平均が下落する可能性があります。

米国の金利が上昇すると、ダウ平均をはじめとする米国株の価格が下落します。

すると、翌日の東京市場でも同じように株安となる傾向が見られるからです。

しかし、最近は日米株価が連動しない局面も見られ、米国株が下落しても日本株が買われ、日経平均が上昇することもありますので注意が必要です。

地政学リスクの発生により日経平均が下落する可能性がある

地政学リスクの発生により日経平均が下落する可能性があります。

地政学的リスクとは、特定の地域が抱える政治的・軍事的・社会的な緊張関係のことで、地域経済や世界経済の見通しを不透明にさせる危険性のことです。

たとえば、ロシア軍へのウクライナ侵攻はウクライナ周辺地域の緊張はもとより、資源価格や農産物価格の高騰といった形で世界経済にも大きな異教を与えています。

こうした地政学的リスクが発生すると、リスクを抑えようという動き(リスクオフ)が強まって株が売却され、日経平均が下落します。

円安の進行により日経平均が上昇・下落する可能性がある

円安の進行により日経平均が上昇・下落する可能性がある

かつては、円安が進めば輸出に有利となり国内産業が活性化するのではないかという意見もありましたが、製造業の多くが海外に移転している現在、円安はコストの増大につながるため業績悪化の原因となりかねません。

そうなると、日本企業の先行きに不安を感じた投資家が株を売却し日経平均も下落します。

しかし、円安になると海外投資家から見れば労せずして日本の優良企業の株を割安で買えるチャンスでもあります。

そうなると、円安になっても株価が下落せず、むしろ上昇する可能性もあります。

こうした不安定な局面で有効な投資手段の一つがノックアウトオプションです。

ノックアウトオプションは最初から「ノックアウト価格」が設定され、その価格に達すると自動的に決済されるサービスです。

このサービスを利用すると損失を最小限に抑えられるので、相場が不安定でも大損害を出さずに済みます。

ノックアウトオプションの内容について詳しく知りたい方は、IG証券の公式サイトでノックアウトオプションの解説を読むとよいでしょう。

\多数の銘柄を取り扱い!/

日経平均の取引におすすめの会社

日経平均の取引におすすめの会社を3つ紹介します。

日経平均の取引におすすめの会社
  • IG証券
  • 楽天証券
  • GMOクリック証券

IG証券

ig-top
銘柄種類・株式CFD
・株価指数CFD
・商品CFD
・債券先物CFD
レバレッジ・株式CFD:5倍
・株価指数CFD:10倍
・商品CFD:20倍
・債券先物CFD:50倍
取引手数料・株式CFD(日本株):最低110円
・株式CFD(米国株):最低16.50ドル
・株価指数CFD:無料
・商品CFD:無料
・債券先物CFD:無料
公式ページIG証券の公式ページ
関連記事IG証券の評判

IG証券はロンドンに本拠地を置く証券会社で、日本を含む世界15か国にオフィスを構えています。

収益ベースでみると、IG証券のCFDは世界ナンバー1の実績を誇ります。

※IGグループの財務情報よりグローバル大手CFD各社公表の財務データを比較

取り扱っているCFD商品は合計で17,000銘柄以上あり、世界中のあらゆるものに投資可能です。

興味がある方は、IG証券の公式サイトをご確認ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

楽天証券

楽天証券CFD-top
銘柄種類株価指数CFD
商品CFD
レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
取引手数料無料
公式ページ楽天証券の公式ページ

楽天証券は大手ネット証券の一角で、2022年6月には総合口座の開設数が800万口座を突破する証券会社です。

日経平均をはじめとする株価指数に投資するCFDや商品CFDの取引が可能です。

楽天証券のCFDでは分析ツールとしてMT4が利用できるほか、デモ口座も利用可能ですのでツールの使い勝手を試してから取引を開始できます。

楽天証券の取引ルールやMT4の使用方法については、楽天証券の公式サイトをご確認ください。

GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD-top
銘柄種類株価指数CFD
商品CFD
バラエティCFD
株式CFD
レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
バラエティCFD:5倍
株式CFD:5倍
取引手数料無料
公式ページGMOクリック証券の公式ページ
関連記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券はGMOグループに属する証券会社で多彩な商品ラインアップで知られています。

日経平均などの株価指数CFDや金に代表されるコモディティに投資できる商品CFDなどがあり、世界中の金融商品に取引できるのが特徴です。

また、スマホアプリやPC専用の発注ツールである「はっちゅうくん」などが利用できるのもGMOクリック証券の強みです。

GMOクリック証券のCFD取引や取引ツールの内容について知りたい方は、GMOクリック証券の公式ページをご参照ください。

日経平均の価格変動要因

日経平均が変動する要因にはどのようなものがあるのでしょうか。

変動要因を3つとりあげます。

日経平均の価格変動要因
  • 米国株の動向により日経平均が上下する可能性がある
  • 地政学的リスクの影響で日経平均が上下する可能性がある
  • 為替相場の動向により日経平均が上下する可能性がある

米国株の動向により日経平均が上下する可能性がある

1つ目の変動要因は米国株と日経平均の連動による価格変動の可能性です。

米国株が急騰すると翌日に日本株も上昇することが多く、その反対に米国株が下落すると日本株も連れ安することが多くみられます。

日本とアメリカは経済的な結びつきが深く、両国経済が連動するには不思議なことではありません。

加えて、日本株に投資している投資家の6割以上が外国人であることから、資本が最も集まるアメリカの動きと投資家の動きが連動するのは当然のことといえるでしょう。

しかし、100%連動するわけではありませんので、過大評価は禁物です。

地政学的リスクの影響で日経平均が上下する可能性がある

2つ目の変動要因は地政学リスクです。

ロシアによるウクライナ侵攻は世界経済に大きな影響を与えていますが、日本周辺で軍事的な緊張が高まったり、日本の貿易・資源の輸出入に影響を与えるような事態が発生すると、その影響で日経平均が上下する可能性があるのです。

たとえば、ウクライナ戦争が何らかの形で決着すれば、日経平均にプラスの影響を与えるかもしれません。

しかし、戦争が長期化したり、より多くの犠牲がでて混乱が深まる事態となれば、先行き不透明と判断され日経平均が下落するかもしれません。

地政学的リスクは突然起こるものではありませんので、日ごろからニュースに接することで地政学的リスクに対する知見を深めておきましょう。

為替相場の動向により日経平均が上下する可能性がある

3つ目の変動要因は為替相場の動向です。

2022年3月から始まったFRBによる米国金利の引き上げは急激な円安の大きな要因となっています。

円安が進むと日本円の価値が低下するため、資源や農産物の価格が上昇し、物価高騰の原因となります。

そうなれば、内需関連企業を中心に株式が売られ、日経平均が下落する可能性があります。

その一方、円高に転じれば輸入コストが減少するため、物価の下落が期待でき株価上昇・日経平均上昇の可能性があるのです。

2022年12月現在は、4.25~4.50%の金利となっていますが、日本との金利差によって米ドル高円安が進行している最中です。

しかし、現時点で今後の米金利は収束する可能性があると予想されており、金利の高止まりは終わるのではないかと言われている状況です。

目まぐるしく変わる世界情勢に対応するには、できるだけ早く情報を得る必要があります。

たとえば、IG証券では最新のマーケット情報を素早く掲載しますので、相場の変動を予測する材料として利用できます。

IG証券が提供する最新情報について知りたい方は、IG証券の公式サイトをご覧ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

日経平均を取引する方法

日経平均を取引するにはどのようにすればよいでしょうか。

取引方法についてまとめます。

日経平均を取引する方法
  • 先物取引
  • 投資信託・ETF
  • CFD取引

先物取引

1つ目の投資方法は先物取引を行うことです。

先物取引とはあらかじめ定められた期日(取引期限日)に、特定の商品を事前(取引時点)に決めた価格で売買すると約束する取引のことです。

先物取引のグラフ
https://www.ig.com/jp/commodities/oil/how-to-trade-oil

原油や金・銀などの商品取引などで用いられる取引方法で、少額投資で大きな利益を得られる可能性があります。

しかし、損失が大きくなる可能性や長期保有できないといったデメリットがあります。

投資信託・ETF

2つ目の投資方法は投資信託やETFを売買することです。

投資信託やETFは複数の株式にまとめて投資できる金融商品です。

両者の違いは証券取引所に上場されているか否かで、上場されているETFは株式と同じように売買可能ですが、投資信託だとリアルタイムでの売買ができません。

また、どちらの商品もプロが運用するため投資家が運用の詳細に口を出すことはできません。

CFD取引

3つ目の投資方法は株価指数CFDを売買することです。

CFD取引
https://fx.dmm.com/cfd/aboutcfd/knowledge/

CFD取引とは差金決済取引の略で、商品や指数のもととなっている株式の実物は取引せず、売買の差額だけをやり取りする取引方法のことです。

CFDを取り扱っている証券会社に証拠金を預け、利益が出れば証拠金と利益が得られ、損失が出れば証拠金から損失が差し引かれます。

CFD取引で一日の長があるといえるのはIG証券ではないでしょうか。

IG証券はFXや株価指数、個別株、商品といったものを対象としたCFD取引を展開しています。

各種スマートフォンに対応するなど取引環境が整っているのもIG証券の魅力といえるでしょう。

IG証券の取扱商品や手数料、取引ルールの詳細について知りたい方はIG証券の公式サイトをご確認ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

日経平均のよくある質問

日経平均に関するよくある質問についてまとめます。

日経平均のよくある質問
  • 日経平均の銘柄はどのようにして決まるのですか?
  • 日経平均とTOPIXの違いは何ですか?
  • 株価指数とは何ですか?

日経平均の銘柄はどのようにして決まるのですか?

日経平均銘柄は日本経済新聞社が業種のバランスや流動性の高さを基準として選定しています。

流動性が高い銘柄とは頻繁に取引され売買しやすい銘柄のことです。

日経平均銘柄は定期的に見直され、入れ替えが行われています。

2022年の見直しでは日本電産・HOYAが組み込まれ、マルハニチロやユニチカが外されました。

日経平均とTOPIXの違いは何ですか?

日経平均は日本経済新聞社が選定した225銘柄によって算出されますが、TOPIXは東京証券取引所に上場しているほぼ全ての企業が対象となっています。

日経平均が流動性の高い一部の銘柄のみをあらわすのに対し、TOPIXは東京証券取引所全体の動向をあらわすと考えてよいでしょう。

株価指数とは何ですか?

株価指数とは株式市場全体の状況をあらわすため、個々の株価を一定の計算方法で計算し数値化したものです。

日本の代表的な株価指数は日経平均とTOPIXです。

IG証券のCFD取引では日経平均や株価指数CFDに投資できます。

ほかにも、アメリカを代表するダウ平均やS&P500・ナスダック100、イギリスのFTSE、ドイツのDAX30、フランスのCAC40などの株価指数CFDの取引が可能です。

株価指数CFDの取扱銘柄や手数料について知りたい方はIG証券の公式サイトをご確認ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

日経平均のまとめ

今回は日経平均についてまとめました。

今回の記事のまとめ
  • 日経平均は日本経済新聞社が選定した銘柄の株価から算出された株価指数
  • 日経平均はプラザ合意から急上昇し、バブル経済で過去最高値を記録した
  • バブル崩壊後、日経平均は下落を続け、アベノミクスの始まりとともに大きく回復した
  • 米国の金利上昇や地政学的リスクの発生、円安の進行などにより株価が下落する可能性がある
  • 日経平均株価は米国株と連動して動く傾向が見られる
  • 地政学的リスクの発生により日経平均が下落する可能性がある
  • 為替相場の動向で日経平均が上下する可能性がある
  • 日経平均に投資するには先物取引か投資信託・ETF、CFD取引を利用するとよい

日経平均は日本を代表する株価指数として長年親しまれてきました。

プラザ合意後のバブル経済やバブル崩壊後の失われた20年の低迷、アベノミクス開始後の上昇トレンド回復など半世紀の間に劇的に変化してきました。

日本経済だけではなく米国経済や地政学的リスク、為替相場との連動性も見られるため投資する場合には様々な情報を集めなければなりません。

日経平均に最も気軽に投資できるのはCFD取引です。

数千円からと少額から投資可能で、レバレッジを活用すると少額でも大きな利益を上げられる可能性があるからです。

CFD取引といえば、17,000銘柄もの銘柄を扱っているIG証券が有名です。

外資系の証券会社ですが、金融商品取引業者として関東財務局に登録しており、日本国内のルールに従って金融商品を提供していますので、安心してトレード可能です。

IG証券の取扱商品やトレード方法などについてはIG証券の公式サイトをご参照ください。

\多数の銘柄を取り扱い!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる