仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?特徴/買い方や今後の見通し・将来性を徹底解説!

AGIX(Singularity NET)
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

導入AGIX(AGIXトークン)は、イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としたAIマーケットプレイス「SingularityNET」のユーティリティトークン です。

SingularityNETで決済通貨とされている他、ステーキング報酬などにも用いられています。

今回はAGIXトークンにフォーカスして、基礎情報から将来性まで調べていきます。

この記事でわかること
  • AGIXはSingularityNETのユーティリティトークンである
  • AGIXはステーキング報酬として受け取ることも可能
  • 2024年6月現在AGIXを国内取引所で取引することは不可能
  • SingularityNETは、世界初で唯一のグローバルAIマーケットプレイス
  • AGIXは今後注目度の上昇が期待されている

AGIXを取引するのに必要な元手通貨の取引には、国内取引所大手SBI VCトレードが便利です。

公式サイトには、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨をはじめ、そのほか市場に関する情報も確認できます。

気になる方は、SBI VCトレードの公式サイトをご確認ください。

\SBIグループが運営!/

目次

仮想通貨AGIXとは?

AGIX
名称AGIX
シンボルSingularityNET
現在の価格(2024年6月現在)¥109.48
時価総額(2024年6月現在)¥140,554,812,102
時価総額ランキング(2024年6月現在)90位
購入できる取引所・Binance
・Uniswap (V2)
詳細公式サイト

AGIXトークンは、イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としたAIマーケットプレイス「SingularityNET」のユーティリティトークン。

SingularityNETで決済通貨とされている他、ステーキング報酬などにも用いられています。

AGIXは2023年に入って大きく値上がりしており、今後の将来性についても注目されています。

SingularityNETは、AIや機械学習ツールをネットワーク化し、協調した人工知能を形成するための重要なプロトコルとなることを目指すとしています。

現在のAIツールは閉鎖的な1社の環境によって開発されており、異なる2つのツールを接続して1つのタスクを実行することができませんが、SingularityNETでは異なるAIツールを接続して1つのタスクを実行することができます。

AGIXトークンは、SingularityNETで決済通貨として使用されるため、SingularityNETが成功すればAGIXトークンも成功する可能性があります。

ただし、仮想通貨市場は非常に不安定であり、投資にはリスクが伴います。

投資前には十分に調査し、自己責任で行うようにしましょう。

AGIXへの投資に興味がある方は、SBI VCトレードで元手通貨の取引を行なって少額で取引することを検討してください。

元手通貨の取引に便利なSBI VCトレードについて詳しく知りたい方は、SBI VCトレードの公式サイトを確認してください。

\SBIグループが運営!/

AGIXの特徴

AGIXの特徴をいくつか抜粋して紹介します。

AGIXの特徴
  • 「SingularityNET」のユーティリティトークン
  • イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としている
  • 数あるAI関連銘柄の中では比較的歴史が長い

「SingularityNET」のユーティリティトークン

AGIXトークンは、AIマーケットプレイス「SingularityNET」のユーティリティトークンです。

SingularityNETでの決済に使用できる他、ステーキング報酬にも用いられています。

AGIXは、AI関連銘柄に絞ると、時価総額が2番目に高いとされています。

また、AGIXは、あらゆるAIを繋ぐプラットフォームであるSingularityNETのガバナンストークンでもあります。

イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としている

AGIXトークンは、イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としています。

ステーキング報酬については、AGIX暗号通貨の所有者は、30日間のセッションでトークンを賭けることができます。

30日が経過すると、ユーザーはトークンをステーキングし続けるか、ステーキング報酬と一緒に引き出すことができます。

数あるAI関連銘柄の中では比較的歴史が長い

AGIXトークンは、数あるAI関連銘柄のなかでは比較的長い歴史を持ち、かつ時価総額ランキングで上位に位置しています。

AGIXトークンは、2017年にSingularityNETがICOを実施した際に発行されました。

バブルに乗るようにAI関連銘柄も増えていますが、AGIXは歴史が長いので他の銘柄とは一線を画しています。

歴史が長いということは、それだけ注目度上昇要因にもなり得るということです。

今後注目度が上がることを期待する方は、SBI VCトレードで元手通貨の取引を行なってから、海外取引所でのAGIX取引を検討してください。

元手通貨取引を検討する方は、SBI VCトレードの公式サイトで仮想通貨の情報を確認してみましょう。

\SBIグループが運営!/

AGIXの現在の価格動向

現在AGIXがどのような値動きをしているのか。

具体的にチャートを見ながら考えてみましょう。

AGIXの現在の価格動向
Trading View

AGIXは、昨今のAIブームを追い風に注目度を上げています。

他の金融市場ではリスクオフになっている2023年当初は、大きく価格を上昇したものの、2023年6月以降は価格が低迷する期間が続いていました。

2024年1月にビットコインは現物ETFの本承認となっており、仮想通貨市場全体が同タイミングで上昇したことも影響しています。

今後の動向は誰にも読めないので、少しずつ保有を考えている方はまずSBI VCトレードなど国内取引所で元手通貨の取引を検討してください。

初心者でも使いやすいスマホアプリが魅力の取引しやすい国内取引所です。

スマホなど詳しい情報は、 SBI VCトレードの公式サイトを確認してください。

\SBIグループが運営!/

AGIXのこれまでの価格動向

AGIXのこれまでの価格動向を調査し、今後の価格を予想してみましょう。

AGIXのこれまでの価格動向
  • 2021年9月ごろ価格が盛り上がる
  • 2022年は下落相場を推移する

2021年9月ごろ価格が盛り上がる

2021年9月ごろ
Trading View

AGIXが市場に出てきたころ、金融市場全体が盛り上がっていました。

BTCなどの主要通貨の価格上昇につられる形でAGIXの価格上昇も見られました。

2022年は下落相場を推移する

2022年
Trading View

2022年、AGIXは下落後の底値圏で推移します。

金融引き締めが行われている市場では、AGIXのような収益を見込めない金融商品にはお金が向きません。

2022年は1年通して下落基調だったと言えますが、2024年現在は、ビットコイン価格も上がり、市場も熱量を取り戻しつつあります。

今後は、AGIXのようなアルトコインの価格上昇も大いに期待されることでしょう。

AGIXを少しずつ取引していこうと思うなら、国内取引所で元手通貨を取引後海外取引所へ送金を検討してください。

元手通貨を取引する国内取引所はSBI VCトレードが便利です。

たとえ仮想通貨取引に慣れていない初心者でも、セキュリティが強固な取引所での取引なら安心でしょう。

詳しく知りたい方は、SBI VCトレードの公式サイトを確認してください。

\SBIグループが運営!/

AGIXの今後の見通し・予想

AGIXの今後の見通しについて、今出ている情報から考えてみましょう。

AGIXの今後の見通し・予想
  • AGIXのロードマップ通りに開発が進むかどうか
  • 2024年以降もAI市場の盛り上がりが予想されている
  • 注目度の乱高下が予想されている

AGIXのロードマップ通りに開発が進むかどうか

現状AGIXはロードマップ通りに開発が進められており、AI業界全体の盛り上がりに下支えされていることから、今後も期待される銘柄の1つであると言えます。

今後も公表しているロードマップ通りに開発が進むかどうかで、今後の注目度が変わってきます。

ちなみにロードマップでは、毎年SingularityNETがアップデートすることを予定しています。

2024年以降もAI市場の盛り上がりが予想されている

2024年はAI市場の盛り上がりが予想されています。

すでにあらゆる企業で戦争とも言われるほどの市場争いが起こっている状況です。

SingularityNETもAI市場の盛り上がりと同時に発展していくことが予想されます。

2024年は米金利の利下げが予想されていますが、ハイテク株上昇に繋がると期待されており、AI市場の更なる発展にも期待が持てるでしょう。

注目度の乱高下が予想されている

AGIXは、価格の変動が激しいことがチャートから見て取れます。

2018年のローンチ以降、AGIXは数回にわたって高騰と下落を繰り返しています。

とはいえ2024年5月時点で、AI&ビッグデータ関連の仮想通貨は堅調に値上がりしていると報じられています。

AGIXの買い方

AGIXの保有へ興味がある方のために、AGIXの買い方を具体的に解説します。

AGIXの買い方
  • 国内の取引所で元手通貨を購入する
  • 海外の取引所に送金する
  • 海外の取引所でAGIXを購入する

国内の取引所で元手通貨を購入する

まず、AGIXを取引するのに必要な元手通貨を手に入れるために、国内取引所で通貨取引が必要となります。

この時取引する取引所には、SBI VCトレードが便利です。

元手通貨として取引するならBTCやETHなどの主要通貨で十分ですが、長い目線で取引所として利用する際にもSBI VCトレードは便利な取引所と言えるでしょう。

\SBIグループが運営!/

海外の取引所に送金する

AGIXは国内取引所にて取引できないので、取引可能な海外取引所へ送金が必要となります。

AGIXを取引できる取引所は以下の通りです。

取引可能な取引所
  • Binance
  • KuCoin
  • Uniswap (V2)
  • Gate.io

とはいえ海外取引所は国内取引所と比べてリスクが高いです。

海外取引所での取引は十分リスク管理したうえで、自己責任にて行なってください。

海外の取引所でAGIXを購入する

取引可能な海外取引所へ送金したら、あとは実際に海外取引所で取引するだけです。

少額ずつ取引することをおすすめします。

AGIXに関するQ&A

AGIXに関するよくある質問とその答えを、先回りしてここでお答えします。

AGIXに関するQ&A
  • AGIXでどのように利益を得られますか
  • AGIXはどのように保管することができますか?
AGIXでどのように利益を得られますか

AGIXは、仮想通貨のSingularityNETのユーティリティートークンであり、ステーキングによって利益を得ることができます。

ステーキングは、月に一回行われ、使いやすいAGIXのステーキングDAppを介して参加が可能です。

ただし、ステーキングによる利益は、仮想通貨の価格変動によって変動するため、注意が必要です。

 AGIXはどのように保管することができますか?

AGIXは、EthereumのERC-20トークンであるため、Ethereumウォレットに保管することができます。

代表的なEthereumウォレットとしては、MetaMaskやMyEtherWalletなどがあります。

また、仮想通貨取引所で保管することができます。

ただし、取引所に保管する場合は、セキュリティリスクがあるため、自己責任で行う必要があります。

AGIXのまとめ

今回は、イーサリアムチェーンおよびカルダノ(Cardano)チェーンを基盤としたAIマーケットプレイス「SingularityNET」のユーティリティトークン 「AGIX」について解説しました。

AGIXはSingularityNETで決済通貨とされている他、ステーキング報酬などにも用いられています。

今後予想されるAI市場の発展に伴い、AGIXの注目度上昇も予想されています。

この記事のまとめ
  • AGIXはSingularityNETのユーティリティトークンである
  • AGIXはステーキング報酬として受け取ることも可能
  • 2024年現在AGIXを国内取引所で取引することは不可能
  • SingularityNETは、世界初で唯一のグローバルAIマーケットプレイス
  • AGIXは今後注目度の上昇が期待されている

AGIXの取引にはまず国内取引所にて元手通貨を取引することが必要となりますが、その際利用する取引所にはSBI VCトレードが便利です。

SBI VCトレードは大手取引所だからこその高い流動性を誇っており、取引所以外のサービスも豊富になりつつあります。

まだ口座をお持ちでない方はSBI VCトレードの公式サイトを確認してください。

\SBIグループが運営!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次