おすすめの仮想通貨AI銘柄ランキング|注目の関連銘柄を紹介

仮想通貨AI銘柄
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

仮想通貨のAI銘柄とは、人工知能(AI)や機械学習(ML)などの技術を活用したプロジェクトやサービスに関連する仮想通貨のことです。

AIはデータの分析や予測、最適化などに優れており、ブロックチェーンや仮想通貨の分野でも多くの応用が期待されています。

仮想通貨にもAIに関連した銘柄があり、さまざまな特徴や目的を持つものがあります。

今回は仮想通貨のAI銘柄について紹介します。

この記事からわかること
  • 仮想通貨AI銘柄は人工知能(AI)や機械学習(ML)などの技術を活用したプロジェクトやサービスに関連する仮想通
  • AI技術は競争力や生産性を高める効果があり、企業の収益性や成長性を向上させる
  • 仮想通貨投資をする際は、DMM Bitcoinが便利

仮想通貨のAI銘柄を取引する際は、仮想通貨取引所を選ぶ際は、安全性や信頼性が高いDMM Bitcoinを利用すると良いでしょう。

現在、口座開設で1000円がもらえるキャンペーンも実施中ですので、ぜひこの機会に申し込みをしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

目次

仮想通貨AI銘柄とは?

仮想通貨のAI関連銘柄に注目が集まっている理由は、AI技術が社会や経済に大きな影響を与えると考えられているからです。

AIは仮想通貨の分野でもセキュリティや効率性、イノベーションや価値創造に貢献する可能性が高いとされています。

具体的にいえば仮想通貨のAI銘柄には、以下のような特徴や機能があります。

AI銘柄の機能
  • AIサービスを提供する者と利用する者を直接つなぐ分散型AIプラットフォーム
  • データの所有者と需要者をつなぐデータ市場プラットフォーム
  • 自律的なエージェントが相互作用する分散型ネットワーク
  • 機械学習コンペティションプラットフォーム
  • AI開発やトレーニングに必要なサービスを提供する分散型AIプラットフォーム
  • スマートコントラクトにAI機能を組み込むことができる分散型AIプラットフォーム
  • AIやオラクルを活用して価格フィードや流動性を提供する分散型金融プラットフォーム

AIは仮想通貨の分野でもセキュリティや効率性、イノベーションや価値創造に貢献すると思われます。

それに伴い、仮想通貨のAI銘柄にも多くの注目が集まっています。

仮想通貨AI銘柄の技術面での特長

具体的に仮想通貨AI銘柄の特長を解説します。

仮想通貨AI銘柄の特徴
  • AI技術は進化が早く、新しいサービスやビジネスモデルを生み出す可能性が高い
  • AI技術は多くの分野に応用できる
  • AI技術は競争力や生産性を高める効果があり、企業の収益性や成長性を向上させる
  • AI技術は進化が早く、新しいサービスやビジネスモデルを生み出す可能性が高い

AIは、自ら学習や改善を行うことができる技術です。

そのため、常に最新の知識や情報を取り入れて、より高度なサービスやビジネスモデルを生み出すことができます。

例えば、AIが管理するDeFi(分散型金融)プラットフォームではAIが仮想通貨のポートフォリオを最適化したり、流動性を提供したりすることで、従来の金融システムにはない価値を創造することができます。

  • AI技術は多くの分野に応用できる

AIは、データの分析や予測、最適化などに優れており、さまざまな分野に応用できます。

例えば、AIは金融や医療、教育、エネルギーなどの産業において、効率性や品質、安全性などを向上させることができます。

また、AIは社会課題や環境問題などの解決にも貢献できる可能性があります。

業界を問わず、効率化や人手不足などの解消を期待されています。

  • AI技術は競争力や生産性を高める効果があり、企業の収益性や成長性を向上させる

AIは、人間にはできないような高速かつ正確な処理を行うことができます。

そのため、AIを活用することで、企業はコストや時間を削減し、競争力や生産性を高めることが可能です。

また、AIは新しい価値やニーズを発見し、イノベーションの促進ができると期待されています。

仮想通貨おすすめAI銘柄ランキング

今後期待できる仮想通貨AI銘柄をランキング形式で紹介します。

仮想通貨おすすめAI銘柄ランキング
  • 1位:SingularityNET(AGI)
  • 3位:Ocean Protocol(OCEAN)
  • 3位:Fetch.ai(FET)
  • 4位:Numeraire(NMR)
  • 5位:Cortex(CTXC)

1位:SingularityNET(AGI)

SingularityNET(AGI)
名称AGIX
シンボルSingularityNET
現在の価格(2024年5月現在)¥153.62
時価総額(2024年5月現在)¥195,536,917,261
時価総額ランキング(2024年5月現在)67位
詳細公式サイト

SingularityNETは、AIサービスを提供するプラットフォームです。

AIサービスの開発者や利用者が、ブロックチェーン上で自由に取引や協力ができるようになります。

SingularityNETの独自通貨はAGIで、AIサービスの利用料や報酬として使われます。

SingularityNETは、オープンソースで分散型のAIネットワークを目指しており、人工知能の民主化や進化に貢献すると期待されています。

2位:Ocean Protocol(OCEAN)

Ocean Protocol(OCEAN)
名称OCEAN
シンボルOcean Protocol 
現在の価格(2024年5月現在)¥153.72
時価総額(2024年5月現在)¥85,653,153,049
時価総額ランキング(2024年5月現在)125位
詳細公式サイト

Ocean Protocolは、データの共有や流通を促進するプラットフォームです。

データの所有者や提供者が、ブロックチェーン上でデータを安全に売買や交換ができるようになります。

Ocean Protocolの独自通貨はOCEANで、データの価格やアクセス権を決めるために使われます。

Ocean Protocolは、データの活用や価値化を促進し、AI分野の発展に寄与すると期待されています。

3位:Fetch.ai(FET)

Fetch.ai(FET)
名称FET
シンボルFetch.ai 
現在の価格(2024年5月現在)¥372.01
時価総額(2024年5月現在)¥311,753,393,462
時価総額ランキング(2024年5月現在)51位
詳細公式サイト

Fetch.aiは、経済活動を最適化するプラットフォームです。

Fetch.aiでは、AIがブロックチェーン上で自由に取引や協力ができるようになります。

独自通貨はFETで、エージェント間の支払いやインセンティブとして使われます。

Fetch.aiは、エージェントが需要と供給をマッチングし、効率的な経済システムを構築すると期待されています。

4位:Numeraire(NMR)

Numeraire(NMR)
名称NMR
シンボルNumeraire 
現在の価格(2024年5月現在)¥4,192.49
時価総額(2024年5月現在)¥25,899,857,237
時価総額ランキング(2024年5月現在)317位
詳細公式サイト

Numeraireは、金融市場の予測を改善するプラットフォームです。

Numeraireでは、データサイエンティストが、ブロックチェーン上で予測モデルを競争させることができます。

独自通貨はNMRで、予測モデルの賭け金や報酬として使われます。

コラボレーションとインセンティブを通じて、最適な予測モデルを生み出すと期待されています。

5位:Cortex(CTXC)

Cortex(CTXC)
名称CTXT
シンボルCortex 
現在の価格(2024年5月現在)¥55.38
時価総額(2024年5月現在)¥12,258,735,795
時価総額ランキング(2024年5月現在)496位
詳細公式サイト

Cortexは、スマートコントラクトにAI機能を追加するプラットフォームです。

開発者がブロックチェーン上でAIモデルを作成や実行ができるようになります。

仮想通貨AI銘柄の今後の見通し・予想

仮想通貨AI銘柄は今後どのように発展するのか、今出ている情報から予想してみます。

仮想通貨AI銘柄の今後の見通し・予想
  • AI技術の発展とともに価値や需要が高まると考えられる
  • 将来性が高く投資家からの注目度も高まる
  • 徐々に規制が強くなっていく可能性

AI技術の発展とともに価値や需要が高まると考えられる

AI技術は、さまざまな分野に応用でき、市場規模が大きく拡大する見込みがあります。

そのため、AI技術を活用する仮想通貨のプラットフォームやサービスも、多くのユーザーや企業から利用される可能性があります。

将来性が高く投資家からの注目度も高まる

AI技術は、社会課題の解決に貢献できる可能性があり、社会的な価値も高いと言えます。

そのため、AI技術を活用する仮想通貨も、多くの関心や支持を得る可能性があります。

徐々に規制が強くなっていく可能性

AI技術は今後ますます規制が進むはずです。

仮想通貨やAI技術に対する規制は国や地域によって大きく異なりますが、規制の中でどのように市場に浸透していくかや、技術の活用を妨げるような規制がないかなどを注視する必要があるでしょう。

仮想通貨AI銘柄の買い方

仮想通貨のAI銘柄に興味がある方のために、AI銘柄の取引方法について解説します。

仮想通貨AI銘柄の買い方
  • DMM Bitcoinで口座開設
  • 仮想通貨を取引

DMM Bitcoinで口座開設

まずは、日本最大の仮想通貨取引所であるDMM Bitcoinで口座開設を行います。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

口座開設は無料で、公式サイトからメールアドレスや本人確認書類などを入力すると完了します。

口座開設後は、DMM Bitcoinにログインして、自分の好きな方法で入金を行います。入金方法は、銀行振込やコンビニ払いなどがあります。

仮想通貨を取引

次に、DMM Bitcoinで仮想通貨を購入します。

銀行口座からDMM Bitcoinに日本円を入金し、仮想通貨を購入することが可能です。

仮想通貨AI銘柄におすすめの取引所

仮想通貨AI銘柄を取引するための元手通貨を手に入れるための、国内取引所をいくつか紹介します。

仮想通貨AI銘柄におすすめの取引所
  • DMM Bitcoin
  • BitPoint

DMM Bitcoin

DMM-Bitcoinトップ
現物取引(取扱暗号資産数)28種類
レバレッジ取引(取扱暗号資産数)34種類
最小発注数量(BTC)販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(BTC)販売所形式:無料
※スプレッドあり
レバレッジ取引:無料
※スプレッド及びレバレッジ手数料あり
※BitMatchは注文除く
入金手数料銀行振込:無料
クイック入金:無料
出金手数料無料
取扱サービスBitMatch注文
取引ツールネットブラウザ:◯
スマートフォンアプリ:◯
公式サイトDMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する国内の仮想通貨取引所です。

また、入出金や送金にかかる手数料が無料で、高機能な取引ツールがパソコン版・スマホ版ともに利用できます。

セキュリティ対策も万全で、7年以上ハッキングされていない安心感があります。

さらに、LINEのカスタマーサービスが24時間365日対応してくれるので、サポート体制も充実しています。

仮想通貨投資を始めたい方は、ぜひこの機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

BITPoint

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担あり
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

ビットポイントは、仮想通貨取引の初心者から上級者まで幅広く利用されている国内取引所です。

取引手数料などの各種手数料が無料ですので、取引回数が多い人も安心して利用できます。

スマートフォンアプリ「BITPOINT」を使うことで、初心者でも簡単に取引ができます。

また、ビットコインやイーサリアムなどの人気の銘柄だけでなく、信頼性の高い様々なアルトコインを取り扱っています。

運用方法も多彩で、現物取引のほかに、貸して増やす「レンディング」や、保有するだけの「ステーキング」などが利用できます。

詳しくは、ビットポイントの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

仮想通貨AI銘柄の購入する際の注意点

仮想通貨AI銘柄に興味がある方のために、仮想通貨AI銘柄を取引する際の注意点をいくつか解説します。

仮想通貨AI銘柄の購入する際の注意点
  • AI技術の内容や性能をよく理解する
  • AI銘柄の開発者や運営者の信頼性や実績をよく調べる
  • AI銘柄の取引所やウォレットの安全性や信頼性をよく調べる

AI技術の内容や性能をよく理解する

仮想通貨AI銘柄は、AI技術をブロックチェーンと組み合わせたプロジェクトや仮想通貨です。

AI技術の内容や性能を理解するには、まず、AI技術の種類や目的を把握することが大切です。

例えば、Ocean Protocol(OCEAN)1は、データの流通と価値化を目的としたAI技術を提供しています。

またSingularity NET(AGIX)1は、AIサービスのマーケットプレイスを目的としたAI技術を提供しています。

このように、事前の技術に関する調査は必要です。

AI銘柄の開発者や運営者の信頼性や実績をよく調べる

AI銘柄は、AI技術をブロックチェーンと組み合わせたプロジェクトや仮想通貨ですが、実際投資する際には、開発者や運営者の信頼性や実績を調べることが大切です。

以下のような点に注目しましょう。

注目点
  • 開発者や運営者の経歴や実績
  • 開発者や運営者の透明性や信頼性
  • 開発者や運営者のコミュニケーション能力や対応力

AI銘柄の取引所やウォレットの安全性や信頼性をよく調べる

AI銘柄は、海外の仮想通貨取引所でしか購入できませんが、その取引所やウォレットはハッキングや詐欺のリスクがあります。

そのため、取引所の規制やライセンス、セキュリティや信頼性、ウォレットの種類や安全性などをよく調べる必要があります。

注意点について理解できた方は、まずは元手通貨の取引から検討してください。

元手通貨の取引には、スマホアプリの操作性が高いDMM Bitcoinが便利です。

興味のある方は、DMM Bitcoinの公式サイトを確認してください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

仮想通貨AI銘柄に関するよくある質問

仮想通貨AI銘柄の将来性や価値はどうなりますか?

AI銘柄は、投資家や機関投資家からの注目度が高く、多くの資金が流入しています。

例えば、Numeraire(NMR)は、世界中のデータサイエンティストが協力して金融市場の予測モデルを作ることを目指しており、米国の大手ヘッジファンドであるレナサンス・テクノロジーズが参加しています。

仮想通貨AI銘柄に関するニュースや情報はどこで見られますか? 

例えばコインテレグラフ ジャパンやCoinPostなどは、仮想通貨やブロックチェーン、NFTなどの最新ニュースや分析を提供するメディアで、情報収集をすることができます。

仮想通貨AI銘柄のリスクや注意点は何ですか?

AI銘柄は価格変動が激しく、技術的な進歩や市場の動向によって価格が大きく上下することがあります。

特に、AI技術に関するニュースや発表があると、価格に影響を与えることが多いです。

仮想通貨AI銘柄のまとめ

今回の記事では、AI技術とブロックチェーン技術を組み合わせたプロジェクトの中から、将来性や人気度、取引所での取り扱い状況などを基に、銘柄を紹介しました。

仮想通貨AI銘柄は、AIのイノベーションや需要の高まりに伴って価値が上昇する可能性がありますが、同時に価格変動や流動性、税金や申告などのリスクや注意点もあります。

AI銘柄に投資する際は、自己責任で慎重に判断してください。

仮想通貨を取引する際には、DMM Bitcoinの利用が便利です。

DMM Bitcoinは、国内最大級の仮想通貨取引所で、多くの銘柄や低い手数料、高いセキュリティ、充実したサービスを提供しています。

まずはDDMM Bitcoin公式サイトで詳細を確認してください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次