BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?今後の見通しや価格予想・将来性を徹底解説 

BAT

仮想通貨のBATをホールドしている方は特に、今後の値動きが気になってしまうはず。

BATの価格が今後上がっていくタイミングがあるとしたら、それはBATの需要が高くなる時です。

それでは、BATの需要が高くなるとしたら具体的にどんな条件があるのか?

この記事で詳しく調べておきましょう。

この記事から分かること
  • 「Brave」ブラウザ上で使用される仮想通貨
  • Youtubeなどで投げ銭として利用される
  • Braveブラウザの普及に伴って人気が高騰する可能性がある
  • BATはWeb3.0の構想と合致している
  • メディアでも取り上げられることが多くなってきた
  • BATの取引は、小額から始められるbitFlyerが最適

具体的にBATの値上がりが期待できる要因としては、「braveブラウザ」のユーザーが増えることや、BATを取り扱う取引所の数が増えることなどです。

YouTubeの配信やeスポーツ投げ銭にも利用されるBATは、今後普及するに伴って人気上昇の可能性があります。

価格高騰するタイミングが難しいBAT、取引を考える方はBATを取り扱っているbitFlyerでの取引が便利です。

bitFlyerはアプリの使いやすさにも定評があり、安全性も高くどのような方でも利用しやすい取引所です。

まずは、一度bitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいてみて下さい。

目次

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは

BAT-Top
通貨名Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)
シンボルBAT
現在の価格(2022年8月)¥61.40
時価総額(2022年8月)¥91,861,648,456
市場ランキング(2022年8月)67位
購入できる取引所bitFlyer
DMM Bitcoin
GMOコイン
詳細公式サイト

Basic Attention Token(BAT)は、イーサリアムのブロックチェーン技術を使ったトークンの一つで、MozillaとFirefoxの共同創設者であるBrendan Eichによって開発されました。

BraveWebブラウザのネイティブトークンで、braveブラウザ上で利用されるという特徴から、BATの発展はbraveブラウザの普及にもかかっているといえます。

2022年1月すでに、braveブラウザのアクティブユーザーは5000万人を突破しています。(参考:広告ブロック搭載ブラウザ「Brave」が月間ユーザー数5000万人を突破、4年連続のユーザー倍増を達成

数年後には、braveブラウザが社会の中でより大きな存在となっている可能性があるとも言われています。

そしてBATもブラウザの発展に伴い、さらに普及し注目度の上昇が見込めます。

これからBATの取引を考えている方は、bitFlyerでの取引を検討してください。

bitFlyerは、マイナー通貨を取引手数料無料で売買できるのに加え、マネックスグループを親会社に持っているのでセキュリティ面も万全の取引所です。

スマホアプリも見やすいbitFlyerは、初心者から上級者まで扱いやすい取引所となっていますので、一度公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BATの特徴

それでは、さらに詳しくBATの特徴について深掘りしていきます。

ここで紹介するBATの特徴を、BATを売買する際の参考にしてください。

BATの特徴
  • 「Brave」ブラウザ上で使用される仮想通貨
  • 獲得通貨はYouTubeの生配信で投げ銭として使用される
  • BATに注目する日本人投資家も増えている

「Brave」ブラウザ上で使用される仮想通貨

BATの特徴はなんといっても、Webブラウザ「Brave」上で使用されることです。

Braveは広告の視聴タイミングをユーザー自身が決めることができ、セキュリティ面にも力をいれている、とても使いやすいブラウザです。

BATはBraveブラウザのブラウジングを通して得ることができ、投げ銭などで利用できます。

また、獲得したBATは一部取引所のウォレットを通じて出金可能です。

獲得したBATはYouTubeの生配信で投げ銭として使用される

Braveブラウザ上で指定された広告を見る事で、ユーザーはBATを受け取ることができます。

この時受け取ったBATは、YouTubeの生配信で用いられる投げ銭や、eスポーツの投げ銭にも利用されます。

何か応援したい特定のクリエイターがいる方などは、BraveとBATを通じて支援できるのが、他の仮想通貨にはない特徴です。

さらにBATは他人に贈与も可能なので、まだまだBrave上だけではありますが「BAT経済圏」が出来上がりつつあるのも確かです。

BATに注目する日本人投資家も増えている

現在すでにBATを扱っている国内の取引所はいくつか存在します。

そして同時に、Braveブラウザへの世界的な注目度も高まってきています。

現在まだまだ価格はレンジ圏の中で上がって下がってを繰り返していますが、さらにサービスと知名度が普及することで、人気の上昇が予想されています。

BATに未来を感じて「今のうちに持っておきたい」と感じた方は、BATの取引に便利なbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】BATの現在の価格

BATの、2022年1月から8月現在の値動きと価格を調べてみましょう。

【2022年】BATの現在の価格
引用:Tradingview

2022年現在、BATの価格は61円近辺を推移しています。

年明けからはじまった金融引き締め警戒ムードで下落基調がはじまり、現在価格は下落トレンドの過程にあります。

さらに詳しいチャートや価格推移を見て、自身の取引判断の助けとしたいなら、bitFlyerでの取引が便利です。

取引ツールも見やすく、初心者から上級者まで取引しやすい工夫が凝らされています。

詳しくは、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BATのこれまでの価格推移

BATの価格が今後どのような動きになるのか?

BAT価格がこれまでどのような推移をしたかを調べると、今後の値動きを知る助けになります。

BATのこれまでの価格推移
  • 2019年から2020年の価格推移
  • 2021年の価格推移

時系列に沿って順番に解説します。

2019年から2020年の価格推移

具体的に、2019年から2020年の価格推移から調べてみます。

2019年から2020年の価格推移
引用:Tradingview

2019年からの価格推移は、一度2019年4月から5月で一度高値をつけるものの、そこから下落していきます。

そしてその後のコロナショックでもう一段下がった後、金融緩和で他通貨の価格が高騰する中で、BATはこの波に乗れません。

まだまだ仮想通貨のなかでも注目度が低いこともあり、投資資金が流れにくかったとも考えられています。

2021年の価格推移

2021年の価格推移
引用:Tradingview

BATは2021年、大きく値上がりしたタイミングが2回ありました。

1度目は2021年4月から5月にかけて。

この時はBATだけでなく多くの仮想通貨がバブル的に価格暴騰を起こしました。

2度目は11月から12月にかけて。

この時もBATやその他多くの仮想通貨価格は上がりました。

これを見るとまだまだBATは他の通貨価格に引っ張られた推移を見せており、独自の価値が認められているとは言い難いです。

BAT現在の価格動向

また、現在は仮想通貨全体での下落に連動してBAT価格も大きく価値を落としています。

しかしこれは逆に言えば、一度世間の価値が認められさえすれば人気が他の通貨と同じく人気の上昇が予想されます。

BATの今後に期待している方は、bitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】BATの価格に影響を与える要素

2022年以降BATの価格が上がるのか?上がるとしたらどんな要素によって影響を受けるのか。

価格変動要素についても調べてみましょう。

【2022年】BATの価格に影響を与える要素
  • Braveブラウザユーザーが増える
  • Braveと企業の提携が増える
  • Web3.0への移行が進む

Braveブラウザユーザーが増える

BATの価値は、社会にBATが広まって、BATで決済を行う人の数が多くなるほど高まっていきます。

そしてBATは前述の通り、Webブラウザ「Brave」上で使用される仮想通貨です。

それゆえ、BATの価格はBraveユーザーの数に比例して高まっていきます。

今後Google ChromeやSafariのように、Braveがブラウザの選択肢のなかで一般的になれば、高値更新もあり得ると考えられています。

Braveと企業の提携が増える

Braveブラウザに注目しているのは、一般ユーザーだけではありません。

現在すでに多くの企業が、Braveブラウザの機能を活用するために提携を進めています。

動画配信最大手のYouTubeでも、拡張機能として動画コンテンツにBATで投げ銭できる機能をBrave上に実装しました。

こうした投げ銭機能とBATの相性はとても良いので、配信や動画クリエイターへの投げ銭という文化が広まっていくにつれて、BATの価格が上がっていくと考えられています。

Web3.0への移行が進む

まだ登場して間もない概念ですが、Web3.0への移行が進むほどBATの価値は高まっていきます。

Web3.0は、Web2.0時代の「大企業一点集中」のWeb時代から、「分散型インターネット」の時代への偏位を目的としています。

Braveのブラウザ自体が、セキュリティやプライバシーの問題に気を配っていることもあり、Braveのブラウザ、そしてBATもWeb3.0時代に強いと言われています。

次世代のWeb時代に期待できるという点では、BATへの取引は長い目でみてリターンが期待できるとも言えるでしょう

将来性に期待している方は、国内大手取引所のbitFlyerでBATの取引を検討してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】BATの今後の見通し・価格予想

2022年現在、世間のBATに対する今後の見通しも調べていきましょう。

今回予想の参考に利用するのは、RSIやMACDなどの指標を使った多角的な市場分析に強い海外サイトの「Digitalcoin」です。

Digitalcoinは、BATの価格見通しに対し「今後上昇していく」としています。

現在BATの価格は0.9USDですが、Digitalcoinは2022年の価格予想を$ 1.23 、詳細の最高値は3.99USDという予想を出しています。

このサイト以外でも、世界中あらゆるところでWeb3.0が発展していく過程でBATの価格が高騰していく予想があります。

Web3.0やBraveの発展を予想している方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BATが購入できるおすすめの取引所

BATに注目している方のために、BATを扱っているおすすめの取引所を3つほど紹介します。

紹介するのは以下の取引所です。

BATが購入できるおすすめの取引所

一つずつ具体的に紹介します。

bitFlyer

bitflyer-top
サービス名bitFlyer
取り扱い通貨数17銘柄
レバレッジ○(BTC)
取引所手数料無料
詳細公式サイト
関連記事 bitFlyerの評判

bitFlyerは、豊富な17種類の仮想通貨取引が可能な取引所になります。

6年連続でビットコイン取引量が国内No.1になっており、初心者からも安心して取引できる取引所となっています。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BATだけでなく他の仮想通貨取引も考えている方は、bitFlyerでの取引が便利です。

詳しくは、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM ビットコイン

dmmbitcoin-top
サービス名DMM Bitcoin
口座数非公開
取り扱い暗号資産数現物取引:13種類
レバレッジ取引:20種類
レバレッジ
取引所手数料無料
詳細公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

大手企業DMMグループを親会社に持つDMMビットコインは、少額での取引が可能な取引所です。

レバレッジ取引にも対応しているので、取引可能な資金が少額ならDMMビットコインでの取引が便利です。

取引ツールも見やすく操作しやすいと評判なので、興味がある方はDMM Bitcoin公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

GMOコイン

GMOコイン-top
サービス名GMOコイン
取り扱い通貨数22銘柄
レバレッジ
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
詳細公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインの運営会社は、東証一部上場のGMOグループです。

インターネット事業に力を入れているGMOグループ運営ということで、特にセキュリティ面への強みがあるのがGMOコインでしょう。

仮想通貨取引のセキュリティリスクを感じている方には、GMOコイン公式サイトをチェックしてみてください。

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

BATに関するQ&A

まだまだ知名度の低いアルトコインであるBATですが、取引するにあたって疑問が出てくることもあるはずです。

ここではそうした、抱きがちな疑問に先回りしてお答えします。

BATに関するQ&A
  • BATは今後上がりますか?
  • BATへ資産の何%にするべきですか?

BATは今後上がりますか?

Braveの広告事業はこれまでにない画期的なもので、ユーザーと広告主双方にとってメリットがある理想的なものです。

既存の広告事業をすべて変えてしまいかねない、大きなポテンシャルを秘めているのも確かです。

しかし、何の投資でも言えることですが「これから価格が絶対に上がる」とは言えません。

社会情勢、ファンダメンタル、規制など様々な要因が今後のBAT価格を決めることとなります。

また、2022年からの下落のように、仮想通貨市場全体での値動きも大きく影響します。

BATに興味がある方は、徹底的に分析をしたうえで「少額で様子をみながら」取引を行うと良いでしょう。

BATを入手するとしたら資産の何%程度にするべきですか?

今後BATの価値が高まることを信じて、BATへの取引を決意している方も「資産のほとんどをBATにする」のはおすすめできません。

ただでさえ価格変動の激しい金融商品である仮想通貨に多くの資産を入れることで、暴落が起きた際には資産のほとんどを失ってしまうリスクがあるからです。

現に2022年に入ってからは、仮想通貨市場全体での冷え込みにより大きく下落しています。

ボラティリティが高い商品へは「大きく下げた時少額ずつ」取引するのが基本です。

少額取引する際には、bitFlyerが便利です。

最低500円から取引できるので、資金が少ない方でも安心して取引が始められます。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BATの今後の見通し・予想まとめ

今回の記事ではWeb3.0時代の仮想通貨BATについて解説しました。

BATの今後まとめ
  • 「Brave」ブラウザ上で使用される仮想通貨
  • Youtubeなどで投げ銭として利用される
  • Braveブラウザの普及に伴って価格が高騰する可能性がある
  • BATはWeb3.0の構想と合致している
  • メディアでも取り上げられることが多くなってきた

まだまだ知名度の低いBATですが、今後Braveブラウザの普及などによって、価値が高まっていく可能性も十分に考えられる通貨です。

「次世代の仮想通貨」としての呼び名がぴったりなBATへの取引は、短期ではなく長期目線の取引が適していると言われています。

価値が認められたとしても、それまでには長い時間を要することが予想されるからです。

今後の人気上昇を見越している方や将来性に期待している方は、アプリが使いやすく取引手数料が無料のbitFlyerの公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる