SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方・遊び方と攻略のコツをわかりやすく解説

SleeFi
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

SleeFiは睡眠による対価として仮想通貨を獲得できるSleep to Earnプロジェクトです。

公式Twitterのフォロワー数はすでに約2.9万人となっており、多くのユーザーからの期待が高まっています。

Sleep to Earnの中でもSleeFiは収益源の多さや独自の機能性によって高い注目度を集めているプロジェクトです。

この記事ではSleeFiの特徴から具体的な稼ぎ方・遊び方について解説します。

この記事からわかること
  • SleeFiは健康的な睡眠リズムを仮想通貨によって促進させるSleep to Earnアプリ
  • NFTベッドを購入することで、毎日の睡眠から独自トークンを稼げる
  • NFTベッドのミント機能があり、異なるベッドを掛け合わせて新しいベッドを生成可能
  • DeFi機能を搭載予定であり、独自トークンを預けることで報酬を獲得できる
  • 2023年11月に正式リリースされている
  • クエストやレンタルなど、独自の機能性を今後追加していく予定
  • NFTベッドの購入には仮想通貨であるAVAXが必要になる

SleeFiでは、健康的な睡眠リズムを仮想通貨の獲得によって促進することを目指したSleep to Earnアプリです。

2023年11月に本格的なリリースとなったことから、今後ユーザー数が増加していくことが考えられます。

またSleeFiの利用にはAVAXという仮想通貨が必要です。

AVAXは国内取引所のDMM Bitcoinで取引できるので、まずはDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

sleefi-top

SleeFiの最新情報等は公式から配信されていますので、気になる方はSleeFi公式サイトをチェックしておきましょう。

目次

【2023年12月最新】SleeFiの正式リリースと独自トークンSLFTの上場

2023年11月28日には、SleeFiの正式リリースとなり大きな盛り上がりを見せています。

オープンβ版がリリースされたと同時に、独自トークンであるSLFTの上場も決定しています。

現在は、Traderjoeといった一部のDEXでのみ扱っていますが、今後多くの取引所で上場されると考えて良いでしょう。

リリースと通貨の上場が行われたことで、SleeFiで獲得したSLFTをDEX経由で換金することが可能となりました。

なお、リリースから間もない現在は公式X(旧Twitter)やdiscordでトークンなどが獲得できるキャンペーンを開催中。

この機会にぜひ、 SleeFi公式サイトをチェックしておきましょう。

SleeFiとは

では、SleeFiとはどんなプロジェクトなのかを具体的に見ていきましょう。

引用: SleeFi
アプリ名SleeFi(スリーファイ)
対応デバイスiOS / Android
ブロックチェーンAvalancheブロックチェーン
基軸通貨SLFT、SLGT
リリース日2023年11月28日
公式サイト SleeFi公式サイト

SleeFiは人々の生活に関わる「睡眠」にスポットを当てたSleep to Earnゲームです。

2023年11月に正式リリースされており、ゲームをプレイすることが可能となっています。

Sleep to Earnの仕組みを採用しており、あらかじめ起床時間を設定して睡眠するだけで独自トークンSLFTを獲得できます。

主に睡眠時間や睡眠の質を軸に睡眠の計測を行っており、SleeFiでは規則正しい睡眠時間を確保するユーザーに対して、仮想通貨の獲得配分が多くなるように調整されています。

SleeFiを活用することで仮想通貨を稼ぎながら規則正しい睡眠リズムを身につけられるため、ライフスタイルの改善や向上が期待できるでしょう。

また、ゲームスタートにはNFTであるベッドを保有している必要があります。

NFTベッドはゲーム内外のマーケットで購入できるようになる他、ゲーム内のガチャ機能やイベントボックスからも獲得可能になる予定です。

保有しているNFTベッドのレアリティやレベルによって報酬獲得量が変化し、複数のNFTベッドを保有することで効率よく稼ぐこともできるでしょう。

ぜひこの機会に、 SleeFi公式サイトをチェックしてみましょう。

また、SleeFiの利用にはAVAXという仮想通貨が必要です。

AVAXは国内取引所のDMM Bitcoinで扱っているので、まずは仮想通貨を入手するためにDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

SleeFiの特徴

SleeFiが持つ特徴は以下の通りです。

SleeFiの特徴
  • 睡眠を行うことでトークンを稼げる
  • Avalancheブロックチェーンを採用している
  • NFTベッドのミント機能を搭載
  • 毎日NFTアイテムを獲得できるチャンスがある
  • DeFi機能によって効率的な資産形成が可能

睡眠を行うことでトークンを稼げる

Sleefiの最大の特徴が、睡眠計測を行うことでトークンを稼ぐことができるという点でしょう。

ベットNFTを購入し、睡眠計測を行うと、睡眠スコアに応じてトークンを受け取ることが可能です。

受け取ったトークンは市場で売却して利確したり、ベットNFTのレベルアップに使ったりすることができます。

Avalancheブロックチェーンを採用している

SleeFiはブロックチェーン基盤としてAvalancheを採用しています。

高い処理性能や手数料の低さ、さらにはイーサリアム基盤との互換性があることから、従来のプラットフォームの開発や利用による懸念を払拭できるといった理由からの採用のようです。

特にAvalancheの処理能力の高さは他のブロックチェーンと比べても目を見張るものがあり、毎秒6,500件もの取引処理を実現しています。

これはクレジットカードであるVisaを超える処理速度となっており、いかに高速な処理を行うかがうかがえるでしょう。

現在主流の基盤であるイーサリアムは、取引ユーザー数の増加による手数料の高騰や処理速度の遅延によって、開発者やユーザーの利便性が著しく低下しています。

その点、Avalancheではイーサリアムが持つ課題を解決し、なおかつ互換性を持たせていることからイーサリアム基盤の開発者やユーザーの流入が見込めるのがポイントでしょう。

つまり、SleeFiでは開発する側だけではなく、ユーザーの利便性を考慮した基盤採用を行なっています。

NFTベッドのミント機能を搭載

NFTベッドのミント機能を搭載
引用:SleeFi


SleeFiではNFTのミント機能を搭載しているのもポイントです。

ミント機能では、異なるNFTベッドを掛け合わせることで、全く新しいNFTベッドを生成できます。

独自トークンを消費することでミント機能を利用でき、親となるNFTベッドのレベルやレアリティに応じてミント可能な回数が決められています。

ミントを行う親のレアリティの組み合わせによっては、異なるレアリティのNFTベッドが生成される可能性もあるでしょう。

また、3回以上ミントに使用されたNFTベッドはバーン(使えなくなる)されるのが特徴です。

独自トークンを消費することでリサイクル機能を利用でき、一定の確率で同品質のベッドやランクの高いベッドと交換できるチャンスがあります。

毎日NFTアイテムを獲得できるチャンスがある

SleeFiでは毎日NFTアイテムを獲得できるチャンスがあるのも特徴です。

例えば、睡眠計測の終了後にはNFTアイテムが入ったLucky Boxを受け取れます。

Lucky Boxは時限式で開封される仕組みとなっており、レアリティが高いボックスほど開封に時間がかかるのが特徴です。

Lucky Boxからは独自トークンであるSLFTやSLGTのみならず、NFTベッドといったNFTも排出されます。

そのため、毎日NFTベッドや独自トークンを入手できるチャンスがあるのがメリットでしょう。

また、SleeFiではガチャ機能を搭載しており、こちらでもNFTアイテムや独自トークンを獲得できます。

通常ガチャとスペシャルガチャに分かれており、それぞれSLFTを消費することで1回、または10連続でのガチャを回せます。

ユーザーのガチャによる独自トークンの消費によってアプリ内のトークン経済を循環させ、ユーザーに報酬として還元するといった狙いがあるのでしょう。

DeFi機能によって効率的な資産形成が可能(開発中)

SleeFiはDeFi機能が搭載される予定であり、独自トークンによって効率的な資産形成を行える可能性があります。

DeFiとは?
Defi分散型金融とは

分散型金融を意味しており、特定の管理者のいない金融サービス。

仮想通貨の貸し借りに仲介が入らないため、圧倒的な低コストと高い利率での資産運用を可能にしている。

具体的には、SLFTやSLGTをステーキング(サービスに預け入れる)することで、設定されたAPY(利率)でトークンを獲得できます。

普段の睡眠によって獲得したトークンをステークしていけば、より効率的にアプリを利用して稼げるようになるでしょう。

今後の開発状況によっては、さらに独自トークンを稼げる仕組みが搭載されるかもしれません。

SleeFi公式サイトを常にチェックしておき、最新情報をゲットしておきましょう。

また、SleeFiの利用にはAVAXという仮想通貨が必要です。

AVAXは国内取引所のDMM Bitcoinで扱っているので、まずは準備としてDMM Bitcoinの公式サイトをチェックしてみましょう。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

SleeFiの始め方

ここでは、SleeFiの始め方や事前に準備しておくべきことについて解説します。

SleeFiを始めるための事前準備

Sleefiでは、ゲームをスタートする前にアクティベーションコードを入手しなければいけません。

SleeFiを始めるための事前準備

メールアドレスの認証をした後に、上のような項目が表示されます。

画面のGet activation codeをタップすると公式ディスコードに繋がるので、既存ユーザーからコードを受け取りましょう。

また、公式のTwitterでも定期的に配布されているので、タイミングを見てゲットするのも1つの手です。

SleeFiを始めるためには、アクティベーションコードと同様に、まず仮想通貨であるAVAXを準備する必要があります。

なぜなら、ゲームスタートに必要なNFTベッドはAVAXで入手できるためです。

AVAXは国内取引所のDMM Bitcoin(PR)にて扱っており、海外取引所を経由することなく入手できます。

まずはDMM Bitcoinの公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

SleeFiの始め方

仮想通貨のAVAXを準備後、SleeFiを始める手順は以下の通りです。

SleeFiの始め方

1.スマートフォンからSleeFiの公式サイトにアクセスする。

2.SleeFiでユーザー登録を行う

3.SleeFiで自分のウォレットを作成する

4.SleeFiのウォレットにAVAXを送金する

5.SleeFiでベッドNFTを購入する

SleeFiはアプリではなく、WEBサイトからの利用が可能です。

アユーザー登録とゲーム内ウォレットの作成を行なっていきましょう。

あとは作成したウォレットにAVAXを送金することで、マーケットからNFTベッドを購入できます。

SleeFi公式サイトをチェックしておき、常に情報をアップデートしておきましょう。

SleeFiの稼ぎ方・遊び方

SleeFiは睡眠によって仮想通貨を稼いでいくのがメインですが、その他にも稼げる・遊べる機能性が追加される予定です。

ここでは現状わかっているSleeFiの稼ぎ方や遊び方について見ていきましょう。

基本的な遊び方

基本的な遊び方
引用:SleeFi

SleeFiの基本的な遊び方の流れは以下の通りです。

基本的な遊び方
  1. 自身の睡眠時間に合わせてベッドを選択する
  2. 就寝前に起床時間を設定する
  3. 就寝時にアプリ内から「スタート」を選択
  4. 実際に睡眠し、起床時にアプリ内から「ストップ」を選択
  5. 計測時間によって報酬やLucky Boxを獲得

基本的には、起床時間を設定して睡眠をとるだけで独自トークンを稼げる仕組みになっています。

しかし、自身が設定した起床時間の15分前後以内に起床しなければならない点には注意が必要でしょう。

設定した起床時間に近いほど報酬獲得量が増えていきますが、仮に15分を超えて起床した場合は報酬獲得量が通常よりも減少してしまいます。

そのため、いかに設定した時間に起きれるかが、SleeFiで稼ぐためのポイントともいえるでしょう。

また、ベッドは計測可能な時間設定がされており、自身の睡眠時間によって使用するベッドの種類を自由に選択できます。

具体的にNFTベッドは以下の4タイプに分類されます。

ベッドの種類
  • Short Bed:3~5時間までの睡眠時間を計測
  • Middle Bed:4.5〜7時間の睡眠時間を計測
  • Long Bed:6.5時間以上からの睡眠時間を計測
  • Frexible:3~12時間の睡眠時間を計測

設定されている計測時間が短いからといって、報酬獲得量が少なくなるわけではありません。

自身の睡眠リズムに合ったベッドを使用していれば、どのベッドでも同じように報酬を獲得できるため、自分に合ったベッドを選んで入手しておきましょう。

仮に睡眠時間がいつも変動するといった方の場合は、Frexibleタイプのベッドを準備しておくと良いです。

2023年11月にリリース後、実際に稼げたというユーザーのツイートも多く見られています。

ベットNFTを多く保有しているほど、もらえるトークンの枚数も多くなる仕組みとなっており、ベットを30台保有している方は一晩で2万円ほどのトークンを得ているようです。

クエストシステム

クエストシステムは、アプリでの活動状況に応じて報酬を獲得できます。

例えば、デイリークエストやマンスリークエストなど、さまざまなクエストシステムが今後実装されます。

指定の条件をクリアすると、トークンやベッドといった報酬を獲得できる仕組みになっており、スペシャルクエストではより豪華な報酬が準備されています。

普段の睡眠と合わせてクエストを攻略できるようになれば、より効率的に独自トークンを獲得できるでしょう。

レンタルシステム

レンタルシステム
引用:SleeFi

レンタルシステムは自身の保有するベッドを他のプレイヤーにレンタルできる機能です。

NFTベッドを保有するユーザーは、レンタルの対価として独自トークンを獲得できます。

レンタルによる報酬割合はオーナーが30%、借り手が55%であり、残りの15%がサービス手数料として差し引かれます。

オーナーよりも借り手に対する報酬配分が多いため、NFTベッドを購入できないユーザーでも稼ぎやすいシステムといえるでしょう。

他にも、オーナーが最大利用回数を決めてNFTベッドを貸し出しできる点がポイントです。

貸し出せる回数設定は自身が保有しているNFTベッド数に影響されるため、複数NFTベッドを保有しておくことでより効率的に報酬獲得を目指せます。

また、借り手についてもレンタルしたNFTベッドを好きなように強化・修復が行えるため、報酬獲得量を増やしやすい仕組みになっているのが SleeFiのメリットでしょう。

SleeFiを始めるならDMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMM Bitcoin
暗号資産数現物取引:25種類
レバレッジ取引:31種類
売買手数料無料 ※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する国内大手の仮想通貨取引所です。

手数料無料・取り扱い通貨数の豊富さが強みであり、仮想通貨初心者でも少額からさまざまな通貨を入手できます。

ユーザーの資産は、ネットから切り離した状態で管理されており、資産の移動は複数人での承認の元行われるといったセキュリティの徹底ぶりもDMMグループならではといえるでしょう。

また、国内ではまだ採用の少ないレバレッジ取引にも対応し、最大2倍の倍率から効率的な資産形成を目指せます。

さらに、万が一のサポート体制の充実にも余念がありません。

365日のカスタマーサポートに対応しており、取引での疑問や不安はLINEを通じて相談できるのもメリットでしょう。

取引画面の見やすさや扱いやすさといったユーザー目線で設計されていることもあり、仮想通貨初心者でも参入ハードルが低い取引所です。

SleeFiに必要なAVAXを扱っているので、DMM Bitcoin公式サイト(PR)をチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

SleeFiの過去に実施されたアップデート

ここで、SleeFiの過去に行われたアップデートについて、見ていきましょう。

SleeFiの過去に行われたアップデート
  • クローズドβ版の公開
  • NFT関連のアップデート
  • ゲーム内トークンSLFTの上場延期
  • メインネットのローンチ延期
  • 運営に新CTOが着任

クローズドβ版の公開

2022年8月18日、SleeFiはアプリのクローズドβ版をリリースしました。

クローズドβ版とは、アプリの正式版リリースを前に、参加人数を限定して公開される、テスト版アプリの事です。

アプリのバグや不具合の発見や、実際の使用感をユーザーに試してもらい、フィードバックを得ることを目的としています。

SleeFi運営のトップMegumi Hayashida氏は、クローズドβ版公開から7日後に、参加人数が4,000人を超えたとツイートし、SleeFiへの注目度の高さが伺えます。

因みに、クローズドβ版への参加が可能な「クローズドβテスター」になる為には、Discordの専用招待リンクの入手が求められましたが、本記事執筆時点では募集を停止しています。

一方で、ツイッター上には、クローズドβテスターと思われる方が共有する、実際のプレイ画面が多くツイートされる様になりました。

NFT関連のアップデート

SleeFiのNFTに関して、以下のような複数のアップデートが行われました。

SleeFiのNFTにまつわるアップデート
  • GenesisベッドNFTセール
  • GenesisジュエルNFTセール
  • tofuNFTでのNFT取引開始

順番に解説していきます。

GenesisベッドNFTセール

2022年9月2日、GenesisベッドNFTのセールが開始されました。

最初はWhite List(ホワイトリスト)と呼ばれる、事前に選抜されたユーザー限定で取引が開始され、翌日9月3日からは一般ユーザー向けにも公開されました。

また、9月23日には、最後のGenesisベッドNFTセールとして、1,000点が公開され、合計10,000点のGenesisベッドNFTが発行されました。

セール期間が終了した現在は、後述する二次流通マーケット「tofu NFT」にて取引が可能です。

GenesisジュエルNFTセール

2022年9月10日、Genesis Jewel NFTのセールが開始されました。

Jewel NFTは、ベッドNFTに装着することで、ベッドNFTのステータス値を向上させる機能を持ちます。

公開価格は0.8AVAX、取引総数量は10,000点で、現在は、GenesisベッドNFTと同様に、「tofu NFT」にて入手が出来ます。

tofuNFTでのNFT取引開始

2022年9月2日、SleeFiはtofu NFTとのパートナーシップ締結を発表しました。

tofu NFTは、NFTの取引が可能な二次流通マーケットで、30を超えるイーサリアム(Ethereum)と互換性のあるブロックチェーンに対応している点が特徴です。

よって、SleeFiのベッドNFTやJewel NFTの入手をお考えの場合は、必ずtofu NFTのSleeFi公式ページにアクセスするようにしましょう。

ゲーム内トークンSLFTの上場延期

2022年9月28日、ゲーム内トークンSLFTの取引所上場の延期が発表されました。

当初は、9月30日に分散型取引所(DEX)への計画されていたものの、後ほど解説する「メインネットのローンチ延期」に伴い、SLFTの上場延期も決定したとのことです。

また、ディスコード内での運営の見解によると、「メインネットのローンチ前に、SLFTの上場を行わない決断を下した理由」として、「他のプロジェクトにおいて、アプリの正式版ローンチ後にトークン価格が下落してしまう」ケースが見られたため、と述べています。

ユーザーにとって、上場延期は残念である一方、運営側が、トークン価格とSleeFiの価値に細心の注意を払っていることが垣間見える出来事となりました。

なお、2023年11月28日には正式リリースと共に無事上場されています。

運営に新CTOが着任

2022年10月20日、SleeFiのCommunity ManagerであるBokota Schröder氏は、ディスコード上で、10月初旬から新しいCTOが着任したことを発表しました。

この対応は、SleeFiのアプリに多くのバグや問題点が発見されたことへの対策、との事です。

SleeFiのまとめ

SleeFiの特徴や具体的な稼ぎ方・遊び方について解説しました。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • SleeFiは健康的な睡眠リズムを仮想通貨によって促進させるSleep to Earnアプリ
  • NFTベッドを購入することで、毎日の睡眠から独自トークンを稼げる
  • NFTベッドのミント機能があり、異なるベッドを掛け合わせて新しいベッドを生成可能
  • DeFi機能を搭載予定であり、独自トークンを預けることで報酬を獲得できる
  • NFTベッドの購入には仮想通貨であるAVAXが必要

SleeFiはNFTのミントやDeFiシステムなど、これまでのプラットフォームにない機能性が実装されたSleep to Earnです。

今後Sleep to Earnの需要が拡大していくかは、各プラットフォームの収益性や機能性にユーザーが魅力を感じるかといった点が重要になるでしょう。

SleeFiはその機能性や収益源の多さから、今後のSleep to Earnの利用拡大を後押ししていく存在になるかもしれません。

SleeFiは2023年11月にリリースされたばかりであり、今後のユーザー数増加が注目されています。

まずは SleeFi公式サイトをチェックして、健康増進をしながら稼ぐ楽しみを見つけてみましょう。

SleeFiのNFTベッドを入手するには、AVAXが必要となります。

AVAXは国内取引所DMM Bitcoinで扱っており、海外取引所を経由しなくてもスムーズに取引可能です。

まずは、DMM Bitcoin公式サイト をチェックしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次