仮想通貨The Sandbox/SAND(ザ・サンドボックス)とは?始め方や今後の見通し・将来性を徹底解説

SAND
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

The Sandboxは、今注目のメタバースでプレイするNFTゲームです。

ゲームを作成して他のプレイヤーに遊んでもらったり、NFTのキャラクターやアイテムを作成してマーケットプレイスで取引したりするなど、様々なプレイ要素を持っています。

また、The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を販売しており、有名企業から投資家まで多くの人がLANDを保有しています。

これからLANDを使ってどんなビジネスが展開されるのかにも注目です。

そんなThe Sandboxについて、特徴や価格動向、将来性、入手方法について詳しく解説します。

この記事からわかること
  • The SandboxはメタバースとNFTを組み合わせたゲーム
  • The Sandboxはオリジナルのゲーム、ボクセルモデル、アバターを作成可能
  • The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を提供
  • The Sandboxは独自通貨の「SAND」を発行

The SandboxはNFTゲームでありながら、土地(LAND)を使ったメタバース上のビジネスの立ち上げや、ピクセルモデルを制作するボクセルアーティストが存在するなど、ゲームの垣根を超えて注目が集まっているプロジェクトです。

The Sandboxをプレイする上で必要になる仮想通貨のSANDを保有しておくと、さまざまなサービスの活用ができます。

SANDを購入するために、まずは元手となる仮想通貨をBITPointなどの国内取引所で準備しておくとよいでしょう。

興味がある方はBITPointの公式サイトをチェックしておきましょう。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

目次

The Sandbox(SAND)とは?

まず、The Sandboxと仮想通貨のSANDについて概要を見てみましょう。

The Sandbox(SAND)とは?
名称The Sandbox
シンボルSAND
現在の価格(2024年5月現在)¥67.06
時価総額(2024年5月現在)¥151,959,068,584
時価総額ランキング(2024年5月現在)84位
調達できる取引所海外:Binance、
Hubobi Global、
KuCoinなど
国内:Coincheck
詳細The Sandboxの公式サイト

The Sandboxは、イーサリアムのブロックチェーン上で提供されているNFTゲームです。

LAND(ランド)と呼ばれるメタバース上の仮想の土地を提供しており、ユーザーはLAND上でプレイできるオリジナルのゲームの作成や、ゲームで使用するキャラクターやアイテムの作成を楽しむことができます。

直近では、有名企業がLANDを保有しオンライン上のイベントやショップの設置を検討しており、LANDの用途が拡大している状況です。

また、LANDの貸し出し、作成したゲームのプレイ、作成したキャラクターの販売など、The Sandboxを利用したマネタイズ方法もさまざまです。

The Sandboxは、独自通貨の「SAND」を発行しており、NFTやメタバースへの人気の高まりなどから、時価総額ランキングでも84位と期待を集めています。(2024年5月現在)

興味のある方は、ペア通貨を送金するための取引所として、BITPointの公式サイト を確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)の特徴

The Sandbox(SAND)には次の3つの特徴があります。

The Sandbox(SAND)の特徴
  • ゲームやアートを制作し販売するプラットフォーム
  • メタバース上の土地「LAND」を提供
  • 独自通貨の「SAND」を発行

順番に解説します。

ゲームやアートを制作し販売するプラットフォーム

The Sandboxは、ゲームやアートを制作し販売できるNFTゲームのプラットフォームです。

The Sandboxでは、次のコンテンツが提供されています。

The Sandboxのコンテンツ
  • Game Maker
  • VoxEdit
  • アバター

それぞれ紹介します。

  • Game Maker

Game Makerは、The Sandboxが提供するメタバース上の土地「LAND」上にオリジナル3Dゲームを作成するツールです。

ゲーム制作において必須とも言えるプログラミングが不要なため、誰でもゲームを作れる環境が整っています

このあとに紹介するVoxEditで作成したボクセルモデル(キャラクターなど)を、ゲームに登場させて遊ぶこともできます。

無料で利用できるので、ゲーム制作に興味がある方は確認してみてください。

  • VoxEdit

VoxEditは、オリジナルのボクセルモデルを作成するツールです。

ボクセルモデルとは、マインクラフトやレゴブロックのように立方体のブロックを組み合わせて作られるキャラクターやアイテムなどです。

人や動物、食べ物、建築物など、作品は多岐にわたります。

作成したボクセルモデルは、ゲームで使用したり、NFTとしてマーケットで販売したりすることができます。

「ボクセルアーティスト」と呼ばれる職種も誕生しているほど注目を集めているため、興味がある方は無料で利用できるので、公式サイトを覗いてみてください。

  • アバター

ボクセル型のオリジナルアバターを作成できます。

VoxEditとの違いは、VoxEditはゼロからボクセルモデルを作成するのに対して、アバターは既存モデルを組み合わせてボクセルモデル(アバター)を作成します。

今後は、衣装やヘアスタイル、色合いなど自分だけのアバターを作れるようにアップデートされる予定です。

VoxEditで装備品を作って、アバターに装着することも可能です。

作成したアバターでLANDでのゲームやイベントに参加し、他の人と交流するなどの楽しみ方もあります。

  • NFTマーケットプレイス

The Sandboxには、作成したボクセルモデルを取引するためのマーケットプレイスが用意されています。

NFTマーケットプレイス

ボクセルモデルはNFTになっているなっているため、自由に販売し、収益を得ることも可能です。

NFTを調達する際は、The Sandboxが発行する通貨の「SAND」を使用します。

メタバース上の土地「LAND」を提供

The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を提供しています。

166,464区画が用意されており、1区画(1LAND)は96m×96m、高さ128mです。

LANDを保有した人は土地を自由にアレンジすることができ、前述したようなゲームを作ってLANDを訪れた人に楽しんでもらうことや、イベントを開催することも可能です。

The Sandboxのプラットフォームだけでさまざまな土地を訪れられるのも魅力と言えます。

また、LANDは有料で貸し出しが可能です。

LANDは1区画が数百万〜数億円と非常に高価であるため、ゲームを作って公開したくてもできない人がいます。

LANDの一部を安く貸し出すことで、クリエイターが活動しやすい環境を提供しています。

ゲーム制作やイベントの開催など、現実世界の土地と同じように、さまざまなビジネススタイルが誕生している点もThe Sandboxの魅力です。

様々な大手企業が参入しているプロジェクト

The Sandboxは、個人だけでなく様々な企業に期待されているプロジェクトです。

現在に至るまで、世界的に有名な企業が続々と参入を発表しています。

The Sandbox国内参入企業(一部)
  • スクウェア・エニックス
  • エイベックス・テクノロジーズ
  • SHIBUYA109
  • コインチェック:Oasis TOKYO
  • 東映アニメ

日本だけで見ても、上記のような有名企業が参入しています。

SHIBUYA109は東京都渋谷にあるショッピングモールですが、2022年よりThe Sandboxに参入することを発表しました。

実際のSHIBUYA109にような建物をメタバースに構えて、NFTの販売・提供などを行っていく方針です。

また、国内大手仮想通貨取引所のコインチェックは、The Sandboxのメタバース上で近未来都市「Oasis TOKYO」の開発を行っています。

2023年には東映アニメとの連携が公表されており、今後Mintoと共同でLAND制作が行われる方針です。

今後も、日本だけでなく世界的な大手企業の参入が予想できるでしょう。

独自通貨の「SAND」を発行

The Sandboxは、独自通貨の「SAND」を発行しています。

SANDには次の用途があります。

SANDの用途
  • ガバナンストークン
  • ステーキング
  • NFTの調達
  • ガバナンストークン

SANDの保有者は、保有量に応じてThe Sandboxの活動などを決定する際の投票権を得られます。

  • ステーキング

SANDを対象としたステーキングを実施しており、保有者は報酬を得られます。

  • NFTの調達

The Sandboxでは、制作したボクセルモデルを売買するNFTマーケットプレイスがあります。

NFTを調達する際にSANDを使用します。

海外取引所での取引には、国内取引所からのペア通貨の送金が必要ですので、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)の現在の価格動向

The Sandbox(SAND)の特徴が分かったところで現在の価格を見てみましょう。

引用:TradingView

上記の画像は、米ドルに対するSANDの価格(SAND/USD)の価格チャートです。

2024年5月現在、SANDの価格は、約0.6ドルで推移しています。

2022年5月の上旬には、2.4ドルほどの価格で推移していましたが、仮想通貨全体での暴落を受けて、SANDも半値の価格で取引されている状況です。

さらに、2022年11月にはFTXの破綻が不安定な相場にさせて、2023年まで継続してSANDも下落している状況です。

SAND価格動向
引用:TradingView

2023年10月~2024年5月現在の価格に絞ると、上昇トレンドの過程にあることが分かります。

上昇の背景は、SAND単体ではなくビットコインの現物ETF承認が影響しているので、今後はSANDのポジティブニュースが出るかどうかが重要になるでしょう。

SANDに興味がある方は、仮想通貨取引所のBITPointの公式サイト を確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)のこれまでの価格動向

続いて、The Sandbox(SAND)の今後の見通しを立てるために、これまでの価格動向を見てみましょう。

The Sandbox(SAND)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

上記の画像は、2020年後半から現在までのUSDTに対するSANDの価格(SAND/USDT)の価格チャートです。

SANDの価格は、2021年1月までほとんど0に近い価格で推移していました。

しかし、2021年に入りNFTの需要が高まり仮想通貨市場全体の価格が上昇したため、その影響を受けてSANDの価格も0.8ドルほどまで上昇しました。

その後しばらく横ばいで推移していましたが、2021年11月に価格が急騰しています。

価格高騰の要因として、以下の複数の要素が重なったことが考えられます。

SANDの価格高騰の要因
  • The Sandboxがアルファシーズンを開始
  • メタバースへの注目
  • ビットコインの価格上昇

The Sandboxがアルファシーズンを開始

The Sandboxは、アルファシーズンと称した新たなサービスを開始しました。

具体的には、以下の取り組みがあります。

  • LANDの一般販売
  • NFTアバターコレクションの提供
  • ステーキングの導入
  • Play-to-Earnの開始

これらのサービス開始により、The Sandboxへの期待値、SANDの流通量が増加し価格に影響したと考えられます。

メタバースへの注目

2021年10月にFacebookが社名を「Meta」に変更したり、11月にはアディダスがLANDを保有するなど、世間のメタバースに対する注目度が高まりました

その影響を受けて、メタバース関連銘柄であるThe Sandboxにも注目が集まり、価格上昇に至った要因と言われています。

ビットコインの価格上昇

2021年11月は、ビットコインブロックチェーンのアップデートなどにより、ビットコインの価格が過去最高値を更新しました。

SANDなどのアルトコインは、仮想通貨の基軸通貨であるビットコインの価格の影響を受けるため、ビットコインの価格がSANDの価格に影響したと考えられます。

SANDで見ると、これまでの最高値である7.8ドルまで上昇を決めました。

その後は、仮想通貨市場全体が値下がり傾向にあり、その影響を受ける形でSANDの価格も減少傾向が続いています。

特に、2022年5月はステーブルコインUSTの暴落を受けて仮想通貨市場全体で下落しました。

SANDの価格が下がっている今のうちに取引をしようと検討している方は、SANDを扱っている海外取引所へペア通貨を送金するため、BITPointの公式サイト を確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)の今後の見通し・予想

The Sandbox(SAND)の今後について気になる方もいると思うので、価格への影響として考えられるポイントを紹介します。

The Sandbox(SAND)の今後の見通し
  • 有名企業がLANDを保有している
  • NFT・メタバース市場の拡大
  • プラットフォームのアップデート

それぞれ解説します。

有名企業がLANDを保有している

アディダスなど、世界的に有名な企業がLANDを保有しています。

また、日本でもavexやスクウェア・エニックスなどがLANDを保有しており、今後のサービス展開に注目が集まっている状況です。

また、2022年6月には人気サッカー漫画「キャプテン翼」とのコラボをしたことも大きな話題を生んでいます。「参考:The Sandboxが「キャプテン翼」と提携、Mintoと共同でLANDプロデュースへ

今後、LAND上でのサービス展開が始まると、The Sandboxのユーザー数の増加が期待されています。

NFT・メタバース市場の拡大

The SandboxはNFTやメタバース関連の銘柄であるため、これらの市場が拡大すると価格が変動すると考えられます。

価格動向でも紹介したように、SANDの価格はメタバースに注目が集まったタイミングで上昇しました。

しかし、メタバースは始まったばかりのコンテンツであり、ユーザーを満足させるほどのコンテンツが存在していない状況があります。

今後、メタバース関連事業が増え、コンテンツの質が上がると再びメタバースやNFTの注目度も上がることが予想されています。

プラットフォームのアップデート

The Sandboxは、2022年3月から、「アルファシーズン2」として、すべての人が全コンテンツを使えるようになるなど、よりユーザーが使いやすい環境を提供する予定です。

また、プレイヤーがLANDを行き来するようなシステムもできていないため、今後のアップデートによる実装が期待されます。

より使いやすいプラットフォームになりユーザーが増えれば、SANDの流動性への影響も大きいと考えられています。

The Sandbox(SAND)の買い方

The Sandbox(SAND)の今後について知り、興味を持った方もいるのではないでしょうか。

SANDを海外取引所経由で取引するための手順として、今回はBITPoint を使って送金する方法を紹介します。

SANDの取引方法

BITPoint を使ってSANDを取引する手順を紹介します。

SANDの調達手順
  1. ビットコインを入手する
  2. 海外取引所に送金する
  3. SANDを取引する

順番に説明します。

ビットコインを入手する

BITPoint で、SANDと取引するためのビットコイン(BTC)入手します。

Binanceであれば、SAND/BTCのペアがありますが、取引所によっては、一度USDTなどの通貨に変えてから、SAND/USDTのペアで取引する場合もあるためご注意ください。

海外取引所に送金する

入手したビットコインを海外取引所に送金します。

SANDを調達できる海外取引所は次の通りです。

SANDを取り扱っている海外取引所
  • Binance
  • Huobi Global
  • Gate.io
  • Bybit
  • KuCoin

送金する際、ウォレットアドレスを間違えて入力すると、ビットコインがなくなってしまうので、コピペして間違いのないように入力をしましょう。

SANDを取引する

送金した海外取引所で、SAND取引します。

ただし、海外取引所は法律が未整備で安全性が確保されていない場合がありますので取引は自己責任でお願いします。

まずは安全な国内取引所のBITPointの公式サイトを確認してみて下さい。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)の稼ぎ方

始め方の次は、The Sandboxで稼ぐ方法を解説します。

The Sandboxの稼ぎ方
  • LANDの貸し出しによる不動産収入
  • NFTマーケットプレイスでアイテムを販売する
  • LAND内でプレイできるゲームを自作する

ひとつずつ解説していきます。

LANDの貸し出しによる不動産収入

The Sandboxをプレイする上でLANDは不可欠です。

しかし、LAND自体が高額であることや数量に限界があることからもなかなか手を出しにくいのが現状です。

そこで、LANDを保持しているユーザーからLANDを借りることで新規ユーザーの参入障壁を下げることを試みました。

同時に、LAND保持ユーザーは貸し出す中で不動産収入としてSANDを稼ぐことができます。

双方にメリットがある点で優れた仕組みだと言えます。

NFTマーケットプレイスでアイテムを販売する

LAND内で作成したNFTアイテムやNFTキャラクターはその唯一無二性が価値を持ちます。

つまり、自分で作成したNFTをマーケットプレイスに出品し、買い手が付くことで、収入を得ることができるということです。

VoxEditというツールを使って簡単にNFTを作成できるので、ぜひ挑戦してみましょう。

LAND内でプレイできるゲームを自作する

LANDを所有している場合、GameMakerを通じてオリジナルゲームを作成することができます。

ユーザーの目を惹くゲームを作成し利用者が増えればプレイ料金を収入として手に入れることができます。

一度きりの売買ではなく、継続的な収入を望むことができるのも魅力のひとつです。

このように工夫次第で色々な稼ぎ方があるので、興味がある方はBITPointの公式サイトで口座開設をして早速プレイしてみましょう。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

The Sandbox(SAND)の注意点

ここではThe Sandboxを利用される際の注意点を解説します。

これから利用される方は、以下の点に注意しましょう。

偽物が出品されている

The Sandboxをプレイする際には、NFTマーケットプレイスでLANDを購入する必要があります。

例えば、過去にOpenSeaで偽物が出品されていたことがあり、注意喚起がなされました。

LANDを購入する際には出品内容や取引先情報をしっかり確認しておきましょう。

資金回収に時間がかかる

The Sandboxには初期費用として、相場的に17万円程度かかります。

そこから、不動産収入やNFTアイテムの売買で徐々に売り上げを出していくことになるため、資金回収には数か月程度かかることが見込まれます。

相場によっても資金回収の期間は変わってくるため、市場の動きにも注目しながら投資をしましょう。

The Sandbox(SAND)に関するQ&A

The Sandbox(SAND)に関する質問に回答します。

The Sandbox(SAND)に関するQ&A
  • The Sandboxはスマホでプレイできる?
  • The SandboxはLANDを持っていないとゲームをプレイできない?
The Sandboxはスマホでプレイできる?

The Sandboxは、現在パソコンのみプレイ可能です。

スマホアプリのリリース情報もないため、しばらくはパソコンでしかプレイできない状況が続く可能性が高いです。

The SandboxはLANDを持っていないとゲームをプレイできない?

現在は、LANDを持っていないとプレイできないコンテンツがあります

しかし、現在リリースされているアルファシーズン2からは、LANDがなくてもThe Sandbox内でゲームができるようになりました。

すでに他の人が保有しているLAND内で構成されたゲームがプレイできます。

現在では、SNSなどで知り合った方やインフルエンサーがThe Sandboxを社交の場として活用しているケースもあるくらいです。

The Sandbox(SAND)のまとめ

今回はThe Sandbox(SAND)について解説しました。

この記事からわかること
  • The SandboxはメタバースとNFTを組み合わせたゲーム
  • The Sandboxはオリジナルのゲーム、ボクセルモデル、アバターを作成可能
  • The Sandboxはメタバース上の土地「LAND」を提供
  • The Sandboxは独自通貨の「SAND」を発行

The Sandboxは、LANDの行き来ができないなど未完成のゲームでありながら、個人から企業まで期待を寄せています。

SANDを海外取引所経由で取引する際は、まずは国内取引所のBITPointの公式サイト を確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次