メタバースとは?仮想通貨・株銘柄とNFTとの関連性をわかりやすく解説

メタバース銘柄

2021年大きな話題になったものの1つにメタバースがあります。

Facebookが社名を「Meta」に改名することが発表され、メタバースへの注目度は一段と高まりました。

そんな注目のメタバースですが、メタバースを扱った「メタバース関連銘柄」が多数あります。

今回は、注目のメタバース関連企業とメタバース関連の仮想通貨について、詳しく解説していきます。

この記事からわかること
  • メタバースでコミュニケーションや経済活動が可能
  • SBI証券でメタバース関連の企業に投資できる
  • メタバース銘柄エンジンコイン(ENJ)はCoincheckなどで取り扱っている
  • ENJ以外のメタバース銘柄はバイナンスで購入可能

将来性のあるメタバースに関連する仮想通貨銘柄・株銘柄は有名で知っているものもあると思います。

これを機会にそれらの銘柄を購入したい方は、仮想通貨を購入するならDMM Bitcoin、株銘柄を購入するならSBI証券が便利ですので、ぜひ公式サイトを確認してみて下さい。

\もれなく2000円もらえる/

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

メタバースとは?意味は?

メタバースとは

メタバースとはネットワークの中にある仮想空間のことです。

「Meta(メタ)」と「Universe(ユニバース)」の2つの組み合わせた造語で、アバターを活用して仮想空間でコミュニケーションが取れます。

物や土地が売買できたり、イベントを開催できたり、ゲーム内のキャラクターを移動できたりと様々な活用方法があります。

また、メタバース空間ではデジタル通貨を採用していることも多く、仮想通貨の実用性がさらに高まるのではないかと期待されています。

メタバースの魅力

ここからはメタバースの魅力をお伝えします。

メタバースの魅力
  • アバターを通じてコミュニケーションが円滑になる
  • メタバース空間での経済活動
  • ビジネス的なチャンスができる

魅力を知っておくことで、メタバースがなぜ盛り上がっているのかがわかります。

アバターを通じてコミュニケーションが円滑になる

現在、現実社会でもオンラインでの会議が増えてきましたが、メタバースだとアバター同士で会話できるため、より円滑に会議等を進めやすくなる可能性があります。

参加者のリアクションなどもアバターで表現できるので、より現実に近いコミュニケーションになるわけです。

親しい友人などとメタバース内で会話することはもちろん、翻訳機能が発達すれば、世界中の人とスムーズにコミュニケーションを取ることも可能になるでしょう。

このように、現実世界に近いコミュニケーションが仮想空間でも取れるようになるのがメタバースの魅力となっています。

メタバース空間での経済活動

メタバースが注目されている理由の1つはブロックチェーン技術の発展に伴う経済活動の広がりです。

ゲーム内にある土地や建物を仮想通貨で売買できるようになり、高値で売られているケースも出てきています。

これまではゲーム内の通貨はそのゲームでしか使えませんでしたが、ブロックチェーン技術の登場によって、ゲーム内の通貨を仮想通貨取引所で売買できるようになりました。

ゲーム内で仮想通貨を稼ぎ、それを取引所で売買することでお金を稼ぐことも可能です。

実際にアクシー・インフィニティなどで仮想通貨を入手する人が出てきているので、今後はゲームでお金を稼ぐ人が増えてくるかもしれません。

ビジネス的なチャンスができる

メタバース内でのコミュニケーションが主流になると、現実世界でのコミュニケーションが少なくなります。

企業側にとってはそれがコストカットに繋がりますし、新しいコミュニケーションの誕生はビジネスチャンスとなるでしょう。

メタバース空間の土地を企業が購入するニュースも出てきており、カナダの投資会社Tokens.comがメタバースの土地を購入するなど動きが出てきています。

【仮想通貨】メタバースのおすすめ関連銘柄

次はメタバース関連の仮想通貨について紹介します。

メタバース関連の企業だけではなく、仮想通貨への投資も大きな選択肢の1つです。

メタバースのおすすめ仮想通貨銘柄
  • エンジンコイン(ENJ)
  • サンドボックス(The Sandbox)
  • アリス(ALICE)

エンジンコイン(ENJ)

名称ENJ(エンジンコイン)
時価総額2,325億円(2022年1月時点)
主な取引所国内取引所:Coincheck
海外取引所:BINANCE, FTXなど
関連記事エンジンコインの今後

エンジンコイン(ENJ)はゲームアイテムなどに資産性を持たせるために開発された仮想通貨です。

ゲーム向けの通貨であり、メタバース銘柄としても注目を集めています。

Enjin Platformではたくさんのゲームで遊ぶことができますが、その中でも注目のゲームなのが「Minecraft(マインクラフト)」のEnjin Platform版である「EnjinCraft」です。

マインクラフトは世界中で人気のゲームで、サバイバル生活をしたり、ブロックを配置して建物を建築したりするなど子供から大人まで親しまれています。

EnjinCraftはマインクラフトとは異なり、1つ1つのアイテムに希少価値があるので、ユーザー間で売買ができるという点で、より現実世界と同じように楽しめるようになったことが特徴です。

ゲーム内での経済活動が活発になれば、エンジンコインもメタバース銘柄としてさらに注目を集めていくかもしれません。

そして、2022年2月現在エンジンコインは日本の仮想通貨取引所GMOコインで取引できますので気になる方は公式サイトを確認して見て下さい。

The Sandbox/SAND(ザ・サンドボックス)

メタバース銘柄
公式サイト:https://www.sandbox.game/jp
名称SAND(サンド)
時価総額4784億円(2022年1月18日時点)
主な取引所海外取引所:BINANCE,FTXなど
関連記事SANDの今後

SANDは「The Sandbox」というゲームで取り扱われている通貨で、2021年11月に価格が急上昇した通貨です。

「The Sandbox」ではユーティリティトークンSANDを利用して、ゲームを体験できます。

The Sandboxの一番の特徴はゲーム内にデジタルな土地を持ち、そこで新たなゲームをつくることができることです。

ゲームを作成するのには複雑なプログラミングの技術が必要かと思われますが、The Sandboxでは難しい知識がなくても気軽にゲームが作れます。

また、最近は有名人がThe Sandboxをプレイしていることが明らかになり、一気に注目を集めています。

2021年12月には有名人米著名ラッパーSnoop Doggの隣接バーチャル土地(ランド)が5,000万円で落札され、話題になりました。

日本ではエイベックスの松浦勝人CEOがTwitterにて、バーチャル土地(ランド)の中でも、ESTATEと呼ばれる3×3区画の広大な敷地を購入したことを呟いています。

今後も他の有名人がThe Sandboxをプレイしていることが表明されれば、SANDの価格が上がる可能性は大いにあります。

2022年2月現在は海外の取引所でしか取引できませんが、注目のメタバース銘柄だと言っていいでしょう。

アリス(ALICE)

名称ALICE(アリス)
時価総額368億円(2022年1月18日時点)
主な取引所海外取引所:BINANCEなど
関連記事ALICEの今後

ALICEは「MYNeighborAliceというゲームで使用できる通貨です。

MYNeighborAliceは、「あつまれ動物の森」に影響を受けたような可愛らしいビジュアルが特徴的なメタバースゲームです。

MYNeighborAlice内の通貨がALICEとなっており、その通貨で仮想の島やアイテムを購入して、農地を発展させるゲームになります。

ゲーム内の土地やアイテムはNFT化されているため、そこに価値を生み出し、所有する土地でビジネスを行ったり、土地を貸したりしてトークンを稼ぐこともできます。

家、野菜、装飾品、アバター用の化粧品などが事細かく設定されており、まさに「あつまれ動物の森」のメタバース版と言っても良いでしょう。

2021年はプレアルファ版(お試し版)しかローンチされていませんが、2022年春に本格的なローンチが予定されています。

先ほど紹介した「The Sandbox」とのコラボレーションも行っており、本格的なローンチを控えている点で注目のメタバース銘柄です。

【株式】メタバースのおすすめ関連銘柄

メタバース関連会社銘柄をいくつか紹介します。

メタバースのおすすめ株式銘柄
  • グリー
  • ロブロックス
  • NVIDIA
  • Unity

注目の企業は一体どんな企業なのでしょうか?

グリー

メタバース銘柄
公式サイト:https://corp.gree.net/jp/ja/
会社名グリー(3632)
業種・事業内容ゲーム事業
メタバース事業
メディア事業
広告事業
投資・インキュベーション事業
設立2004年12月7日
市場名東証一部

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)GREEを創業事業とし、世界初のモバイルソーシャルゲーム「釣り★スタ」を2007年に開発するなど、日本のモバイルインターネットサービスをけん引しています。

2021年12月現在は、ゲーム事業、メタバース事業、メディア事業、広告事業、投資・インキュベーター事業と、幅広くビジネスを展開しています。

その中でも、グリーはメタバース事業へ2021年8月に今後数年間で100億円規模の事業投資を発表しています。

子会社のREALITYがメタバース事業を手掛け、今後数億円単位でのユーザー獲得を目指していく予定です。

日本でメタバース事業への参入している企業は少ないため、メタバース分野の先駆者になる可能性は大いにあるでしょう。

メタバース事業は2022年1月現在では、個人ユーザー向けにバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の運営や、法人向けに3D CGやXRテクノロジーを活用したメタバース構築プラットフォーム「REALITY XR cloud」を展開しています。

今後もメタバース事業の幅を広げていくことが予想されるので、どのようなサービスが誕生するか情報をキャッチしていきたいところです。

まだメタバース事業への参入を表明して間もないですが、将来のメタバース事業の成長を考えると投資先の選択肢になるでしょう。

ロブロックス($RBLX)

メタバース銘柄
公式サイト:https://roblox-jp.com/
会社名Roblox Corp($RBLX)
業種・事業内容IT・通信 (IT & Communications)
ゲーム関連事業
設立2004年3月
市場名NYSE(ニューヨーク証券取引所)

Roblox Corpはアメリカのソフトウェア企業で、開発者がゲームを作成できる「Roblox Studio」を開発しました。

「遊びを通じて世界を繋ぐこと」を使命として、グローバルな開発者のコミュニティが制作した没入型3D体験を探検しながら、誰もがイマジネーションを膨らませたり、制作したり、友達と一緒に楽しめるような環境を作っています。

Robloxは脱獄MeepCityなどのゲームをプレイして独自のゲームを開発できるオンラインゲームプラットフォームであり、毎月、1億人を超える世界中のアクティブユーザーが参加しています。

Robloxのコミュニティは毎月3600万人以上が新規登録しているため、今後も利用者が増え続ける可能性が高いです。

また、昨年同社は200万人以上の開発者向けに、ゲームタイトルを複数の言語で公開できる翻訳機能や、サーバーあたり最大800人が同時にプレイできるアップグレードなどのツールを導入しました。

2019年に約1億ドルの収益(前年の7000万ドルから増加)を獲得したクリエイターは、仮想商品やその他のゲーム内アップグレードを販売して収益を上げており、メタバースでの経済活動を促す先駆者的な存在と言っても良いでしょう。

自分だけのアバターがあったりゲーム内通貨があったりとメタバース実現に向けた要素が整っている企業です。

独自のゲーム内通貨を用いて、プラットフォームを作る未来の実現を目指しています。

NVIDIA($NVDA)

メタバース銘柄
公式サイト:https://www.nvidia.co.jp/
会社名NVIDIA Corp($NVDA)
業種・事業内容T・通信 (IT & Communications)
GPU技術の提供など
設立1993年4月
市場名NASDAQ National Market System

NVIDIAは米国カリフォルニア州サンタクララに本社をおくテクノロジー企業です。

1993年にLSIロジックを退社したジェン・スン・ファンがクリス・マラコウスキー、カーティス・プリエムと共に創業し、コンピュータのグラフィックス処理を行うGPUを開発しました。

近年、GPUを必要とするAI技術とともに注目が高まっています

また、NVIDIAはメタバース向けの開発を可能にする「Omniverse Enterprise」の開発をスタートさせています。

NVIDIA Omniverseは共有仮想世界につなげるプラットフォームで、それを大企業向けにしたものが「Omniverse Enterprise」です。

この技術を通じてメタバース実現のために必要なソフトウェアの開発がNVIDIAの技術を通じて可能になります。

メタバース開発のためにNVIDIAを使う企業が増加するとの見込みから、NVIDIAもメタバース関連企業として注目を集めている状況です。

Unity($U)

メタバース銘柄
公式サイト:https://unity.com/ja
会社名Unity Software Inc($U)
業種・事業内容IT・通信 (IT & Communications)
ソフトウェアソリューションの提供
設立2004年8月
市場名NASDAQ National Market System

Unityもメタバース関連銘柄として、知っておきたい銘柄です。

決算報告書やCEOの発言からもメタバースへの強い関心が見てとれます。

Unity自体はゲームエンジン企業の大手であり、Unityで作られたゲームは世界中のデバイスでプレーされています。

Unity自体は2020年にIPOされた企業です。

「Unity のテクノロジーが世界を変えることができる」という信念のもと、コンテンツクリエイターに制作を楽しんでもらうだけでなく、ほぼすべての業界のプロセスを改善する革新的な RT3D 体験を制作するためのツールを提供しています。

ポケモンGO、どうぶつの森ポケットキャンプ、スーパーマリオ ランなどの人気ゲームはUnityを用いて作られた作品で、それ以外にもたくさんのゲームにUnityが使われています。

なんと、モバイルゲームの上位1000のうち、Unityで作成されたゲームの割合は71%にも上ります。

それだけ実力のある企業ですから、今後のメタバース分野での活躍に目が離せません。

メタバース銘柄に投資する際のおすすめ業者

メタバース銘柄に投資する際のおすすめ業者をまとめました。

仮想通貨に投資するための会社と株式に投資するための会社の両方をご紹介します。

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
引用:DMM Bitcoin
名称DMM Bitcoin
暗号資産数現物取引:12種類
レバレッジ取引:19種類
売買手数料無料 ※BitMatch取引手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoin公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

DMM BitcoinはDMMグループが運営する国内大手の仮想通貨取引所です。

マイナーからメジャーまでの19種類の仮想通貨を取り揃えており、手軽に仮想通貨取引を行えるのがポイントです。

取引にかかる手数料は全て無料であるため、頻回な取引でもコスト面の心配がないのが特徴です。

また、ユーザーの資産管理は安全性の高い、コールドウォレットに対応しています。

ネットから切り離した管理方法であるため、不正アクセスといった第三者からの攻撃による被害を気にする必要がありません。

取引画面の視認性や操作性が優れているため、仮想通貨初心者でも参入ハードルが低い国内取引所のひとつです。

ぜひこの機会に公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

SBI証券

SBI証券-top
取扱銘柄日本株
米国株式約3,500銘柄
その他中国株、韓国株なども取扱いあり
スマホアプリあり
メタバース関連銘柄世界のメタバース関連企業に投資可能
公式サイトSBI証券公式サイト

メタバース銘柄の取引ができる

SBI証券は日本株や米国株を取引でき、メタバース銘柄の取引も可能です。

米国株の取扱銘柄も多く、口座開設数も多い証券会社となっています。

メタバース関連の企業に投資したい方はSBI証券での公式サイトを確認して見て下さい。

取引手数料がお得

SBI証券はどの金融商品の手数料も業界最安水準です。

例えば国内株の現物取引では、1日の約定代金合計が100万円を超えなければ手数料が無料です。

また、25歳以下のユーザーは、上限なく国内株の現物取引手数料が無料なので、特に若い方にピッタリです。

証券取引を行うにあたって、毎回の手数料は意外と大きな負担になります。

そのため、取引手数料業界最安水準であるSBI証券を利用することで、手数料に気を取られることなく取引に集中できるのは大きなメリットと言えます。

三井住友ナンバーレスカードで積立投資ができる

SBI証券では三井住友ナンバーレスカードをはじめ、Vポイントが貯まるタイプの三井住友カード(クレジットカード)で、投資信託の積立投資ができます。

積立可能金額は毎月100円~5万円(1円単位)で、少額からの積立も可能となっており、クレジットカードの種類に応じて、最大3%ポイント還元されます。

例えば毎月5万円積み立てて3ポイント還元されると、毎月1500円分ポイントが貯まるので、かなりお得ですよね。

そしてなんと証券口座への入金が不要ですので、手軽に取引を始めることができます。

三井住友カードのユーザーの方などはぜひ利用を検討してみてください。

メタバースの今後の動向

ここでは、メタバースの今後の動向をお伝えします。

メタバースの今後の動向
  • 市場規模の拡大
  • 大手企業の参入
  • メタバースファンドの設定

メタバース銘柄の投資を行うにあたって、ぜひ参考にしてみてください。

市場規模の拡大

昨今注目を集めているメタバースですが、今後もさらに市場が拡大していくことが予想されています。

仮想通貨投資大手のグレイスケール(Grayscale)は、メタバースの年間収益が1兆ドル(約115兆円)を超える市場規模となるであろうと予想しています。

また、グレイスケールは、メタバースが生み出す収益は2020年の1800億ドルから2025年には4000億ドルに成長すると予測しています。

メタバース市場は5年間で2倍以上も収益が拡大する可能性がある、かなりの成長分野であると言えます。

そして、収益予想の4000億ドルのうち、圧倒的大部分を占めるのはゲーム内での課金と言われています。

昨今はメタバースのゲーム内で土地やアイテムなどが高額で取引されていますが、そのようなメタバースでの経済活動はさらに発展していくことがうかがえます。

大手企業の参入

近年、メタバース領域に大手企業が続々と参入してきています。

中でも、ITやゲーム系の企業のみならず、他の分野の企業も参入している点は見逃せません。

例えば、2021年12月にはナイキがバーチャルなスニーカーやコレクターズアイテムを扱うスタートアップのRTFKTスタジオを買収しました。

RTFKTはメタバース上に創設された、クリエイター主導の企業です。NFT(非代替性トークン)やブロックチェーン認証、ゲームエンジン、拡張現実(AR)などの最新技術を用いて、スニーカーなどのデジタル製品を作っています。

ナイキはゲームのプラットフォームであるRobloxにメタバース空間「NIKELAND」を開設し、そこでデジタルファッションアイテムも公開するなど、これまでもメタバース領域へ積極的に取り組んでいましたが、今回のRTFKTへの投資を受けて、今後もさらにメタバースに力を入れていくことが読み取れます。

そして今後はナイキに続いて他のアパレル系企業をはじめ、幅広い業界の企業がメタバースへ参入してくることも大いに考えられます。

メタバースファンドの設立

メタバース分野の盛り上がりを受けて、メタバースのファンドが続々と設立されています。

ファンドが設立されると、投資家から多くの資金を集めることができ、メタバース分野へ多額の資金が投入されることを意味しています。

多くの資金が集まれば、技術開発などによりいっそう注力することができ、メタバース分野はさらに発展していくことが考えられます。

最近のメタバースファンドに関するニュースをまとめてみました。

メタバースファンドに関するニュース
  • 仮想通貨業界のベンチャーキャピタル「OP Crypto Capital Management」は9月6日、メタバース(Metaverse)を含めた3つの技術の架け橋となる、プロジェクトや開発者を経済的にサポートする2,500万ドル規模(約27億円)のファンドを立ち上げたことを発表しました。(参考:https://coinpost.jp/?p=274627)
  • ブロックチェーンとNFTを用いたゲームエコシステムを構築するEnjin(エンジン)は11月4日、1億ドル(約114億円)規模となる「Efinityメタバースファンド」の設立を発表。(参考:https://coinpost.jp/?p=290767)
  • ブロックチェーンゲームのエコシステムを開発するGala Gamesは12月13日、仮想通貨系投資会社C2 Venturesと共同で、NFTを活用したP2E(Play to Earn)ゲームやメタバース(仮想空間)関連プロジェクトなどに投資するための1億ドル(約110億円)規模のファンドを設立したと発表。(参考:https://coinpost.jp/?p=301125)
  • 12月13日、バイナンススマートチェーン(BSC)とメタバース関連企業のAnimoca Brandsが227億円規模のNFT・ブロックチェーンゲームファンドをローンチ。(参考:https://coinpost.jp/?p=299129)

メタバースまとめ

今回はメタバース関連銘柄に関して紹介しました。

海外の有名人やCEOも注目しており、さらなるメタバースの成長が期待できると考えられています。

メタバースのチェックポイント
  • メタバースとデジタルは仮想空間のこと
  • メタバース関連の株や仮想通貨は今後注目
  • 著名人が今後のメタバース拡大に言及している
  • 株や仮想通貨を買う時はメタバース銘柄というだけで買うのではなく、具体的な中身も調べてから買う
  • 仮想通貨はDMM Bitcoin、株はSBI証券での購入が便利

メタバース関連の仮想通貨に投資したい方はDMM Bitcoin、メタバース関連企業に投資したい場合はSBI証券の利用が便利です。

今注目されているメタバース関連銘柄に投資したい方はこの機会に公式サイトを確認して見て下さい。

\もれなく2000円もらえる/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる