Zaif(ザイフ)の評判・口コミを徹底解説!メリットやおすすめの人・手数料は?

Zaif

2022年現在、世界でもっとも取引されている仮想通貨はビットコインです。

ビットコインは取引量が多く、他の仮想通貨に比べると比較的価格が安定しているため初心者でも取引しやすい通貨ですが、少ない投資資金で一攫千金を狙うことは少し難しいでしょう。

仮想通貨で大きなリターンを得たい場合は、取引量の少ないマイナーコインを取引してみるのもひとつの手かもしれませんね。

今回は、2022年3月にコスプレトークンの取り扱いを発表したことで話題になった仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)について紹介していきます。

この記事からわかること
  • Zaif(ザイフ)は、株式会社カイカエクスチェンジが運営している日本の大手仮想通貨取引所
  • フィスココインやザイフトークンなど、他の取引所にはないトークンを豊富に取り扱っている
  • 仮想通貨を無料で送金できる「ソーシャルチップ機能」など、Zaif独自の関連サービスを提供している
  • ハッキング被害の過去があるが、新たな運営会社がセキュリティ体制の見直しを実施している
  • 「信用取引」」といった関連サービスが現在利用停止中のため、やや不便な状況

Zaifでは、新たに取り扱いがスタートするコスプレトークン以外にも豊富な種類の仮想通貨を取引可能です。

その中でも、フィスココインやカイカコインといったトークンは他の国内取引所では取り扱っていません。

Zaifでは現在新規ユーザーや既存ユーザー向けにキャンペーンを開催しているので、興味のある方はぜひZaif公式サイトを確認してみてください。

目次

Zaifとは?

まずは、仮想通貨取引所Zaifの概要について紹介していきます。

サービス名Zaif(ザイフ)
現物取引(取り扱い銘柄数)14銘柄
信用取引(取り扱い銘柄数)2銘柄
※現在停止中
最小発注数量(BTC)販売所形式:0.0001BTC
取引所形式:0.001BTC
取引手数料(BTC)販売所形式:無料
※スプレッドあり
取引所形式:maker0%・taker0.1~0.3%
入金手数料銀行振込:無料
コンビニ入金:3万円未満…495円
       3万円以上…605円
ペイジー入金:3万円未満…495円
       3万円以上…605円
出金手数料3万円未満…385円
3万円以上…770円
取り扱いサービスかんたん売買
Orderbook trading
Zaifコイン積立
取引ツールネットブラウザ:◯
スマートフォンアプリ:◯
公式サイトZaifの公式サイト

Zaifは、2015年にテックビューロ株式会社が日本を拠点に立ち上げた大手仮想通貨取引所です。

2018年に、外部からのハッキングによって70億円相当の仮想通貨を流出させる事件を起こし、それが原因で株式会社フィスコ仮想通貨取引所(現株式会社カイカエクスチェンジ)に事業譲渡をおこなっています。

2021年には、Symbol(シンボル)のネイティブトークンである「XYM(ジム)」の取り扱いを日本で初めて発表したことで話題になりました。

Zaifについて詳しい情報を知りたい方は、ぜひZaif公式サイトをチェックしてみましょう。

Zaifのメリット

Zaifの概要について理解したところで、さっそく仮想通貨取引所としてZaifを利用するメリットについて紹介していきます。

Zaifのメリットは次の4つです。

Zaifのメリット
  • 珍しいトークンを豊富に取り扱っている
  • 取引時に必要な手数料が安い
  • お得なキャンペーンを不定期に開催している
  • 無料で仮想通貨を送金できる「ソーシャルチップ」を採用

それでは、一つずつ解説していきます。

珍しいトークンを豊富に取り扱っている

Zaifでは、他の国内取引所では取引できない珍しいトークンを豊富に取り扱っています。

Zaifで取引できる仮想通貨一覧
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • シンボル(XYM)
  • ネム(XEM)
  • フィスココイン(FSCC)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ザイフ(ZAIF)
  • コムサ・ネム(CMS NEM)
  • コムサ・イーサリアム(CMS ETH)
  • カウンターパーティ(XCP)
  • ゼン(JPYZ)
  • コスプレトークン(COT)

直近では2022年3月にコスプレトークン(COT)の新規取り扱いが発表されましたが、この銘柄も国内初上場です。

ビットコインやイーサリアムのようなメジャー通貨だけでなく、知名度の低いマイナーコインを取引したい人にとってZaifは非常に相性の良い仮想通貨取引所といえるでしょう。

取引時に必要な手数料が安い

Zaifは、販売所形式での取引手数料が発生しません。

売値と買値の差である「スプレッド」以外にコストがかからないため、取引で得た利益をそのまま資産にすることができます。

さらに、取引所形式での取引手数料はmakerが無料、takerが0.1~0.3%です。

取引所形式で取引した場合はスプレッドが発生しないため、販売所形式よりお得に仮想通貨を取引することができるでしょう。

ユーザー同士の取引になるため難易度はやや高めですが、取引コストが気になるという方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

お得なキャンペーンを定期的に開催している

Zaifでは、仮想通貨や現金のキャッシュバックを受けられるキャンペーンを不定期に開催しています。

現在は新規口座開設のキャンペーンが開催中です。

zaif-campaign

キャンペーンに参加するだけでお得に仮想通貨を取引することができるので、積極的に参加すると良いかもしれません。

無料で仮想通貨を送金できる「ソーシャルチップ」を採用

Zaifは「ソーシャルチップ」機能を搭載しており、TwitterとZaifチャット内で気軽に仮想通貨を送金することができます。

つまり、Youtubeなどの配信サービスなどでおこなわれている「投げ銭」を仮想通貨でおこなうことができるのです。

SNSやチャット内で有益な情報を提供してくれた方に感謝の気持ちを伝えたい場合は、ぜひZaifのソーシャルチップ機能を利用してみてください。

Zaifのデメリット

続いて、Zaifのデメリットについても紹介していきます。

仮想通貨取引所を選ぶ際は、必ずメリットとデメリットを比較して検討するようにしましょう。

Zaifのデメリット
  • ハッキング被害を受けた過去がある
  • 仮想通貨を使った関連サービスの種類が少ない

ハッキング被害を受けた過去がある

Zaifは2018年9月に外部からのハッキングを受け、約70億円相当の仮想通貨を流出させた事件を起こしたという過去があります。

その後、運営元の株式会社テックビューロが株式会社フィスコ仮想通貨取引所(現:株式会社カイカエクスチェンジ)に事業譲渡をおこないセキュリティ体制の抜本的な見直しをおこなったため、現在のセキュリティ体制について心配する必要はありませんが、過去の事件のイメージは完全には拭いきれていません。

仮想通貨を使った関連サービスの種類が少ない

Zaifでは、信用取引や仮想通貨のクレジット決済など、複数の関連サービスの提供を一時停止しているため、他の取引所と比較すると利用可能なサービスが少ないです。

単純に仮想通貨を取引する目的のみの方は問題ありませんが、さまざまな手段で仮想通貨を利用したい方は少々物足りなく感じてしまうかもしれません。

Zaifが向いている人

この項では、Zaifでの取引が向いている人についてまとめています。

Zaifが向いている人
  • 仮想通貨をこまめに取引したい人
  • 他の取引所では取り扱っていない珍しいトークンを取引したい人
  • SNS上で仮想通貨を送金したい人

該当する人は、ぜひZaifの公式サイトを確認してみてください。

仮想通貨をこまめに取引したい人

Zaifは販売所形式の取引手数料が無料となっているため、スプレッド以外のコストを気にせずに仮想通貨を取引することができます。

また取引所形式に関しても、makerが無料、takerが0.1~0.3%と他の取引所と遜色ありません。

取引所形式の場合、売値と買値の差額であるスプレッドが発生しないため、より取引コストを抑えて取引することができるでしょう。

仮想通貨をこまめに取引したい人は、Zaifが向いているかもしれません。

他の取引所では取り扱っていない珍しいトークンを取引したい人

Zaifの取扱銘柄数は合計14種類と、豊富な仮想通貨を取引することができます。

さらに、ザイフトークンやフィスココインなど、他の取引所では取引できないような珍しいトークンも多く取り扱っています。

2022年3月に取り扱いを発表したコスプレトークン(COT)も、他の取引所では取引できない仮想通貨のひとつです。

何種類もの仮想通貨を取引したい人は、珍しいトークンの取り扱いが豊富なZaifが向いているかもしれません。

SNS上で仮想通貨を送金したい人

Zaifは、TwitterやZaifチャット内で仮想通貨を送金できる「ソーシャルチップ」機能を搭載しています。

Youtubeなどの配信サービスと同じように「投げ銭」を仮想通貨でやってみたい方は、Zaifの公式サイトで詳細情報について確認してみましょう。

Zaifが向いていない人

ここでは反対に、Zaifでの取引が向いていない人についてまとめています。

Zaifが向いていない人
  • さまざまな方法を使って仮想通貨を増やしたい人
  • レバレッジをかけてハイリスクな取引をしたい人

それでは、詳しく解説していきます。

さまざまな方法を使って仮想通貨を増やしたい人

Zaifもいくつか仮想通貨に関連するサービスを提供していますがbitFlyerやCoincheckは非地上から仮想通貨を利用できるようなサービスを提供しています。

レンディングサービスなどを使いたい方は他の仮想通貨取引所のほうが相性が良いかもしれません。

レバレッジをかけてハイリスクな取引をしたい人

Zaifはビットコインとモナコインの「信用取引」を提供していましたが、2022年3月現在、サービスの提供を一時停止しています。

少額の投資資金を担保に大きな金額を取引したい方は、信用s取引に挑戦できる他の仮想通貨取引所を検討しましょう。

他の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

Zaifの評判/口コミ

取引する仮想通貨取引所を選ぶうえで、ユーザーの評価というものは何よりも重要な指標となるでしょう。

ここでは、Zaifを実際に利用しているユーザーの口コミについて、Twitterから抜粋する形で紹介します。

Zaifの良い評判/口コミ

まずは、Zaifに関する良い評判と口コミについてです。

Zaifは手数料安いし、トレード画面も使いやすいし、セキュリティも安全だし…とてもお気に入りです。

Twitterより引用

ZaifではZaifトークンやCOMSAなど、他の取引所に上場していない珍しいトークンが買える。

Twitterより引用

Zaifアプリは軽い。通信制限がかかっていてもスラスラ動きます。

Twitterより引用

Zaifのメリットとして、手数料の安さをあげている方が何人か見受けられました。

Zaifの取引手数料は販売所形式が無料(スプレッドが別途発生)、取引所形式がmakerが無料、takerが0.1~0.3%となっています。

仮想通貨取引に慣れている方は、取引所形式で取引することでコストを低く抑えることができるでしょう。

また、他の取引所では扱っていない珍しいトークンを取引できる点をメリットにあげている方も多かったです。

2022年3月に追加されたコスプレトークン(COT)も、国内取引所では初めて取り扱いがスタートする仮想通貨となっています。

スマートフォンアプリの軽さも、仮想通貨取引をおこなううえで重要なポイントです。

仮想通貨の相場はわずかな時間で変動してしまうので、手続きをスムーズにおこなえる環境は必要不可欠といえるでしょう。

Zaifの悪い評判/口コミ

続いて、Zaifに関する悪い評判と口コミについてまとめています。

#zaif は手数料安くて暗号通貨の購入に長年にわたりお世話になっていますが、 数年前からずっとインタフェースが変わっていなく、使いづらいまま。 新しい取引所も出ている中、このままいくと、新規ユーザー取りこぼしまっせ。 ザフトホルダーとしてzaifの繁栄を心から応援しています。

Twitterより引用

Zaifのクレカ決済、便利だったのに使えなくなって悲しい。

Twitterより引用

Zaif使いづらい。アプリ上で入金できないとか致命傷だろ。

Twitterより引用

信用取引やクレジットカード決済の利用が一時停止となるなど、複数のサービスが使えない状況です。

これらの関連サービスを求めて口座開設をした方にとっては、やや不便な状況かもしれません。

また、Zaifはスマートフォンアプリからの日本円入金に未対応です。

ネットブラウザから手続きをおこなう必要があるため、スマートフォンをメインで利用している方は操作しづらく感じることもあるでしょう。

Zaifに関するQ&A

最後に、Zaifを利用するうえでよくある質問についてまとめました。

Zaifで取引をする予定の方は、事前に目を通しておくことをおすすめします。

Zaifのよくある質問
  • 未成年でもZaifで取引できるの?
  • Zaifで口座を開設する際に必要なものは?
  • 仮想通貨取引で税金は発生するの?

未成年でもZaifで取引できるの?

公式サイトによると、Zaifのサービスを利用できるのは「満18歳以上のお客様」のみとのことです。

未成年の方が利用できる国内取引所はほとんど存在していないので、成人するまでしばしの間お待ちください。

ちなみに、Zaifでは満80歳以上のお客様もサービスを利用することができないため、注意が必要です。

Zaifでアカウントを作成する際に必要なものは?

Zaifで口座開設をおこなう場合、本人確認書類として以下のものが必要です。

Zaifの口座開設で有効な本人確認書類
  • 免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート
  • 小型船舶操縦免許証
  • 特別永住者証明書
  • 宅地建物取引士証
  • 障碍者手帳・障碍者福祉手帳
  • 健康保険証
  • 船員保険被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本・戸籍抄本
  • 住民票記載事項証明書
  • 自衛官診療書
  • 納税証明書
  • 公共料金の支払い済み明細

Zaifで本人確認をおこなう際は、これらの書類から2点を組み合わせてご提出ください。

仮想通貨取引で税金は発生するの?

仮想通貨取引で税金は発生します。

具体的には、売却したタイミングで利益分の金額が「雑所得」として課税対象になります。

雑所得は20万円を超えたタイミングで確定申告の対象となりますので、金額を把握したうえで取引に臨むようにしましょう。

Zaifの評判/口コミまとめ

今回は、珍しいトークンを豊富に取り扱っている仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の特徴を紹介しました。

この記事のまとめ
  • Zaif(ザイフ)は、株式会社カイカエクスチェンジが運営している日本の大手仮想通貨取引所
  • フィスココインやザイフトークンなど、他の取引所にはないトークンを豊富に取り扱っている
  • 仮想通貨を無料で送金できる「ソーシャルチップ機能」など、Zaif独自の関連サービスを提供している
  • ハッキング被害の過去があるが、新たな運営会社がセキュリティ体制の見直しを実施している
  • 「信用取引」といった関連サービスが現在利用停止中のため、やや不便な状況

Zaifは2022年3月にコスプレトークン(COT)の新規取り扱いを発表しました。

国内取引所でコスプレトークンの取り扱いをスタートするのは、Zaifが初めてです。

他の取引所で取り扱っていない仮想通貨を取引したい人は、まずはZaif公式サイトをチェックしてみましょう。

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる