仮想通貨KLAY(クレイトン)とは?価格動向や今後の見通し・将来性を徹底解説

KLAY
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

クレイトン(KLAY)は、SNSアプリ「カカオトーク」の運営会社kakaoの子会社であるGround X Corp.が開発した仮想通貨です。

カカオトークは韓国で有名なSNSアプリですが、日本人のユーザーも増えているため知っている人も多いのではないでしょうか。

KLAYは一体どのような特徴を持つ仮想通貨なのか、また今後の見通しやおすすめの取引所についても本記事で解説していきます。

KLAYを入手したいけど少し不安に感じていらっしゃる方や、もっとKLAYのことを知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

この記事からわかること
  • KLAYはカカオトークの運営会社であるkakaoの子会社が開発した仮想通貨
  • クレイトンはブロックチェーンアプリを開発するためのプラットフォームとして開発された
  • クレイトンは高速処理ができるのが特徴
  • クレイトンはNFTやメタバース分野にも力を入れている
  • KLAYの価格は2021年に比べると2022年は下落している
  • KLAYを取り扱っている国内取引所はBITPOINTだけ

クレイトン(KLAY)はこれまで海外の取引所でしか入手することができませんでした。

ですが、2022年8月4日から国内取引所BITPOINTに上場し、国内で初めて取り扱いが開始されることになりました。

海外の取引所のアカウントを持っていなくても、BITPOINTで簡単に入手できます。

キャンペーンも行っているため、気になる方はぜひBITPOINTの公式サイトをご確認ください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

KLAY(クレイトン)とは?

まず、簡単にKLAY(クレイトン)について解説していきます。

自分が投資をする仮想通貨の基本情報を知っておくのは大切なので、しっかりと確認しておきましょう。

KLAY(クレイトン)とは?
引用元:クレイトン公式サイト
名称Klaytn(クレイトン)
シンボルKLAY
現在の価格(2023年11月現在)¥24.93
時価総額(2023年11月現在)¥80,833,187,210
時価総額ランキング(2023年11月現在)85位
入手できる取引所海外取引所:Binance、Coinone、Gate.io、MEXC
国内取引所:BITPOINT
詳細公式サイト

KLAY(クレイトン)は2023年10月現在では時価総額ランキング77位の仮想通貨です。

仮想通貨は全体で20000種類以上あるため、ランキングはかなり上位だということがわかります。

そもそもKLAYが開発された目的は、ブロックチェーンのアプリを簡単に作れるようにするためです。

今やブロックチェーン技術を駆使したアプリは数多く出てきています。

NFTやメタバースのゲームも流行ってきており、ゲームで月に数万円〜数百万円稼ぐ人もいるくらいです。

そんなブロックチェーンのアプリを作る際に用いられるのがクレイトンです。

そのため、今後の需要もかなり高いといえます。

KLAYを今のうちに入手するためには、BITPOINTのアカウント作成が必須です。

国内では唯一BITPOINTでしか入手できないため、早めにアカウントの作成は済ませておきましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

KLAY(クレイトン)の特徴

では、KLAYにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからはKLAYの大きな特徴を3つご紹介していきます。

今後KLAYを入手する際の参考にしてみてください。

KLAY(クレイトン)の特徴
  • ブロックチェーンアプリの開発が簡単にできる
  • PoC(Proof of Consensus)というブロックチェーン技術を採用しており処理速度が速い
  • NFT事業やメタバース分野に力を入れ始めている

ブロックチェーンアプリの開発が簡単にできる

クレイトンは、ブロックチェーンアプリ(bApp)が簡単に開発できるブロックチェーンの構造になっています。

現在のブロックチェーンは、仕組みが複雑なものが多く、分散型アプリ(dApp)を開発するのも困難です。

クレイトンのブロックチェーンでは、トランザクション処理能力、柔軟なスケーラビリティなどの機能が高いので、ブロックチェーンアプリの開発が簡単にできるようになっています。

PoC(Proof of Consensus)というブロックチェーン技術を採用しており処理速度が速い

クレイトンは、PoC(Proof of Consensus)といブロックチェーン技術を採用しているので処理速度が速いです。

クレイトンの処理速度は、4000TPS以上と言われています。

この数値がどれだけすごいのか他の仮想通貨と比べてみましょう。

ビットコインは7TPS、イーサリアムは14PTSなのでクレイトンとの差が一目瞭然です。

処理速度が速いので、クレイトンは決済手段でも期待されている仮想通貨です。

NFT事業やメタバース分野に力を入れている

3点目の特徴は、NFT事業やメタバース分野にも力を入れているという点です。

昨今、NFTやメタバースは仮想通貨の投資家の間でも注目度が高まっています。

今後伸びていくと予想されている分野でもあり、その分野にクレイトンも力を入れています。

実際にクレイトンは、2021年5月からクラファースペースというNFT事業を展開しており、NFTマーケットプレイスのOpenSeaからサポートされているため、注目度も高いです。

クレイトンの公式サイトでも、メタバースに関する情報やNFTに関する情報が記載されているため、今後も力を入れていくと予想できます。

このように、さまざまな特徴があるKLAYですが、日本の取引所ではBITPOINTでしか入手できません。

国内取引所で安全にKLAYを入手したい方は、ぜひBITPOINTの公式サイトをご確認ください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

KLAY(クレイトン)の現在の価格動向

KLAYの気になる現在価格はどのようになっているのでしょうか。

2022年からの現在価格の動向を実際に見ていきましょう。

KLAY(クレイトン)の現在の価格動向
引用元:Tradingview

上記のチャートをご覧いただくと、2022年6月から7月にかけて急下落していることがわかります。

たった一月で約3分の1の価格にまで下がっています。

その後は上がったり下がったりを繰り返して、あまり価格に変動は見られません。

同年10月に入ってから少し価格が上がりましたが、11月のFTX破綻騒動が仮想通貨全体での下落に影響して大きく価格を下げました。

2023年に入ると仮想通貨市場全体で買いが集中したことで上昇傾向ですが、まだ明確な反発には至っていません。

全体的に見ると、安値圏で推移しているように見えますが、逆に価格が下がっている方が投資のタイミングとしては良いと言えます。

なぜなら、1枚あたりのKLAYを安い価格で買えるからです。

価格が下がっている今のうちにKLAYを買うためには、BITPOINTのアカウント作成が必要です。

現在さまざまなキャンペーンを行っていて、さらに取引手数料も無料なのでお得にKLAYが入手できます。

ぜひBITPOINTの公式サイトをご確認してみてはいかがでしょうか。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

KLAY(クレイトン)のこれまでの価格動向

続いて、少し長い期間のKLAYの価格動向について見ていきましょう。

今回は2021年7月〜2023年10月のKLAYのチャートについて解説していきます。

2021年7月〜12月、2022年1月〜2023年11月の期間に分けて見ていきます。

KLAY(クレイトン)のこれまでの価格動向

・2021年7月〜12月のKLAYの価格動向
・2022年1月〜2023年11月のKLAYの価格動向

2021年7月〜12月のKLAYの価格動向

まずは、2021年7月〜12月のチャートを見ていきましょう。

この期間のチャートは下記になります。

2021年7月〜12月のKLAYの価格動向
引用元:Tradingview

ご覧いただくと、この期間は価格変動があまりなかったということがわかります。

ただ、2021年7月中頃〜8月の中頃にかけては価格が2倍ほどになっています。

その後は10月にかけて価格が元に戻りましたが、10月の中頃にかけてはまた価格が急上昇しています。

これらはビットコインの価格に伴って上がっているものと考えられるでしょう。

2022年1月〜2023年11月のKLAYの価格動向

続いて、2022年1月〜2023年11月のKLAYの価格動向を見ていきましょう。

この期間のKLAYのチャートは下記です。

2022年1月〜2023年10月のKLAYの価格動向
引用元:Tradingview

上記のチャートを見ると、全体的に価格が下がっていることがわかります。

ただ、2022年4月に入ってから急激に価格が下落しています。

仮想通貨市場全体がかなり下がっていたので、その影響を受けたものだと考えられます。

2022年1月と比べて2022年5月の価格は約3分の1となっているため、損をした人も多かったでしょう。

2023年1月〜11月にかけては価格変動があまりありませんが、安値圏で停滞している状況です。

現在は価格が下がっていますが、今後仮想通貨全体が盛り上がれば価格が上昇する可能性はあります。

少しでも価格が下がっている今のタイミングで、ぜひBITPOINTでKLAYを入手してみてはいかがでしょうか。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

KLAY(クレイトン)の今後の見通し・予想

これまでKLAYの特徴や過去の価格動向について解説してきましたが、今後の見通しについてはどうなっていくのでしょうか。

ここからは、今後のKLAYについてどうなっていくかを予想していきます。

今後KLAYへの投資を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

KLAY(クレイトン)の今後の見通し・予想
  • 今後新サービスや新プロジェクトが発表されれば価格が上昇する可能性はある
  • カカオトーク上で使われれば需要が上がる
  • 他の取引所で上場すれば期待値が上がる

今後新サービスや新プロジェクトが発表されれば価格が上昇する可能性はある

今後新サービスや新プロジェクトが発表されれば、期待する人が増え価格が上昇する可能性があります。

今クレイトンは、NFT事業やメタバースの分野に力を入れています。

時代の流行に合わせて、今後新しいサービスやプロジェクトに取り組む可能性は十分にあります。

メタバースの分野はさらに盛り上がっていくと考えられるため、今後さらにKLAYの価格が上がる可能性はあるでしょう。

カカオトーク上で使われれば需要が上がる

クレイトンを開発しているのは、韓国で有名なSNSアプリ「カカオ」を運営するkakaoの子会社です。

そのため、今後カカオトーク上で投げ銭だったり、アイテムを買うときに使用される可能性もあります。

実際にLINEでは、LINE上で使える専用のLINEコインを使ってアイテムを入手します。

カカオトークでの使い道が増えれば、今後KLAYを入手したいと考える方も増えるでしょう。

カカオトーク上で使われる可能性も十分考えられるため、今後の需要は上がっていくと予想できます。

他の取引所で上場すれば期待値が上がる

そして、他の取引所で上場することがあれば投資家からの期待値が上がるので、価格の上昇につながるでしょう。

実際に、コインチェックに上場したエンジンコインは上場後に3倍以上の値上がりを見せました。

このように、国内取引所や海外取引所に新規上場した仮想通貨の価格は上がりやすい傾向にあります。

今後他の仮想通貨取引所に上場する可能性もあるため、その際は必ずチェックしましょう。

KLAY(クレイトン)取引におすすめの国内取引所

bitpoint-top
引用元:BITPOINT公式サイト
名称BITPOINT
取扱通貨数21種類
取引手数料
※BTCを入手した場合
取引所の手数料:無料
販売所はスプレッドがかかる
入金手数料法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
法定通貨(JPY)入金:お客様負担
(振込手数料実費分)
出金手数料法定通貨(JPY)出金:お客様負担
(振込手数料実費分)
レバレッジ倍率レバレッジ取引は停止中
※2023年10月現在
公式サイトBITPOINT公式サイト
関連記事BITPOINT評判

KLAYを入手できる国内取引所はBITPOINTのみです。

そのため、まずBITPOINTのアカウントを作っておきましょう。

取引手数料や入出金手数料も無料なため、無駄に手数料を払う必要もありません。

また、2022年8月からKLAYの取引が開始されたため、BITPOINTの期待度も上がっています。

他の国内取引所では取り扱っていないマイナーなコインもあるため、作っておいて損はないでしょう。

今後、より多くの仮想通貨を取引するうえで大変便利な取引所だと言えますので、興味がある方は、BITPOINTの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

KLAY(クレイトン)に関するQ&A

ここからはKLAYに関するよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

わからない点があればぜひ参考にしてみてください。

KLAY(クレイトン)に関するQ&A
  • クレイトンの情報はどこで見れる?
  • クレイトンが今後国内取引所で上場する予定はある?
  • KLAYをステーキングすることはできる?

クレイトンの情報はどこで見れる?

クレイトンの情報に関しては、下記からご確認いただけます。

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
公式Instagram

クレイトンが今後国内取引所で上場する予定はある?

現在は、国内取引所にKLAYが上場するといった情報は出ていません。

ですので、現在はBITPOINTのみとなります。

ただ、今後他の取引所でも上場する可能性はあるためしっかりと情報をチェックしておきましょう。

KLAYをステーキングすることはできる?

国内取引所ではステーキングサービスがありませんが、海外取引所のバイナンスではKLAYをステーキングすることができます。

2023年11月現在、バイナンスでKLAYをステーキングすることで得られる年利は約3%〜6%です。

ステーキングとは、一定期間KLAYを預けて売れなくする代わりに、利息がもらえるという仕組みです。

長期保有をする仮想通貨に関しては、しばらくステーキングで預けて利息を得る方が得なので、ステーキングは活用していきましょう。

KLAY(クレイトン)のまとめ

今回はKLAYに関しての特徴や価格動向、オススメの取引所について紹介してきました。

KLAYは、今後NFTやメタバースの分野で注目度が上がる可能性を秘めています。

今後KLAYの運営側から新しいプロジェクトの発表などがある際は、価格変動が予想されるためしっかりと動向をチェックしておきましょう。

この記事のまとめ
  • KLAYはNFTやメタバース分野にも力を入れている
  • KLAYはブロックチェーンアプリを開発するためのプロジェクト
  • クレイトンはカカオトークを開発しているkakaoの子会社が運営している
  • KLAYの価格は2021年と比較すると下落している
  • KLAYを取り扱っている国内取引所はBITPOINTのみ

国内取引所でKLAYを入手するなら、BITPOINTのアカウント作成が必須です。

海外取引所でも入手できますが、国内取引所だけで済ませておく方が簡単です。

海外取引所に送金する際にミスをする可能性なども防げます。

BITPOINTでは現在さまざまなキャンペーンを行っているため、ぜひこの機会にBITPOINTでアカウント作成をしてみてはいかがでしょうか。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次