仮想通貨Kadenaとは?価格動向や今後の見通し・将来性を徹底解説

KDA
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

Kadenaは開発者のネームバリューが大きい、取引速度が早いことで注目されている仮想通貨です。

スケーラビリティを最適化したパブリックブロックチェーンとして登場したKadena。

そして注目なのがKadenaは、ChainwebというProof-of-Work(PoW)メカニズムを採用しており、これにより従来のPoWと違いマイニング時の消費電力を抑えることに成功しています。

この記事からわかること
  • 他の通貨にはない開発者の高いネームバリュー
  • PoWの弱点をカバーしている
  • 現在の価格は下落基調である
  • Binanceへの上場を果たしている
  • 日本の取引所では取引できない

そのほかにもメリットがあるKadenaですが、2023年現在日本の取引所で取引できません。

取引を希望される方は、BITPointなど日本の取引所で元手通貨取引後、海外取引所へ送金が必要です。

取引方法など気になる方は、安全性が認められた取引所である、BITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Kadenaとは?

まずKadenaについてまったく知らないという方のためにも、Kadenaの基本的な概要から調べていきましょう。

概要を学んだ上で、保有を検討してください。

Kadenaとは?
名称Kadena
シンボルKDA
現在の価格(2023年現在)¥88.97
時価総額(2023年現在)¥22,584,015,923
時価総額ランキング(2023年現在)183位
入手できる取引所・Binance
・KuCoin
・GAte.io
(国内取引所での取り扱いなし)
詳細公式サイト

JPモルガンで取引システムの構築を担当していた、スチュアート・ポープジョイ氏と、JPモルガンのブロックチェーンリードアドバイザーであるウィル・マルティーノ氏らによって開発されたKadena。

そうした開発者のネームバリューもあり、各取引所への上場間もないころから注目度を上げて、現在すでに時価総額ランキングは124位(2023年現在)です。

Binanceへの上場も果たしたKadenaは、ここからさらに世界中の注目が集まる可能性があります。

注目度が最高潮になる前に保有しておきたいという方は、まず国内の取引所で元手のBTCなど調達の必要があります。

Kadena保有に少しでも興味がある方は、BITPointの公式サイトで手順を確認してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Kadenaの特徴

Kadenaが上場前から注目されていたのには、いくつか理由があります。

ここでは主に以下の特徴について解説します。

Kadenaの特徴
  • 他の通貨では見られない開発者の高いネームバリュー
  • PoWの弱点をカバーしている
  • Kadena Kuroのローンチも発表されている

他の通貨では見られない開発者の高いネームバリュー

Kadenaの注目度が高かった理由には、なんといっても他の通貨とは比べ物にならないほど、開発者のネームバリューが高かったことが挙げられます。

JPモルガンでブロックチェーン研究グループを率いていた、スチュアート・ポープジョイ氏とウィル・マティーノ氏が、既存のブロックチェーンの課題を克服する目的で開発しました。

スチュアート・ポープジョイ氏は以前からブロックチェーン技術のベース技術を注目し続けた、ブロックチェーン技術の専門家の中心人物です。

ウィル・マティーノ氏も米SECの暗号通貨運営委員会や、定量分析ユニットを率いていた人物ということで、2人ともブロックチェーン技術の中枢人物です。

こうした人物らが開発した通貨ということで、Kadenaは上場前から自ずと注目される通貨となったということです。

PoWの弱点をカバーしている

KadenaのコンセンサスアルゴリズムはPoW(プルーフオブワーク)が採用されていますが、PoWは、時間単位あたりの処理能力が低いのが大きな課題です。

ですがKadenaはPoWで稼働するピアチェーンを並列稼働することによって、処理能力向上を可能にしました。

また、PoWはマイニングと呼ばれる取引台帳への追記によって、取引データの整合性を取ってきました。

しかしこのマイニングには莫大な消費エネルギーが必要で、そのエネルギーを生み出すための環境負荷が大きいとされています。

Kadenaは「Chainweb」というメカニズムによって、格ノードを並列に並べることで高速処理を低負荷で行うことが可能となっています。

これによりKadenaは、処理能力の向上と同時に環境への低負荷も実現しているのです。

Kadena Kuroのローンチも発表されている

Kadenaは2020年のアップグレード時にプライベートブロックチェーン、「Kadena Kuro」のローンチも発表しています。

Kadena Kuroは現在すでにAWSやAzureなど大手サービス内で利用できるようになっています。

カスタマイズ性の高いKadena Kuroは、今後ブロックチェーンエンジニアが必要に応じて自由にカスタマイズできるようになると開発者は述べています。

今後需要の拡大が見込まれるKadenaですが、2022年3月現在日本の取引所での取り扱いはありません。

取引のためには日本の取引所から海外取引所への送金が必要になります。

Kadenaの保有までの流れが気になる方は、BITPointの公式サイトを確認してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Kadenaの現在の価格動向

Kadenaのチャートを見ながら、今後Kadenaの価格がどのように変動するか、その予測をしていきたいと思います。

Kadenaの現在の価格動向
引用:tradingview

Kadenaの価格は2022年2月ごろから、仮想通貨市場全体での下落に連動して落ち込みました。

2023年も少しずつ値を下げながら横ばいが続いているようにも見えますが、大きな下落は見えません。

ということは、売り方も買い方も大きな動きを取れない、「ニュース待ち」の状態とも取れます。

今後の価格動向は今後の社会情勢など外部要因で、上にも下にもいけるということです。

チャートから今後の値動きを正しく予想するのは難しいです。

Kadenaのこれまでの価格動向

Kadenaの価格推移を予想するためにも、Kadenaがこれまでどのような価格動向だったのか。

Kadenaのこれまでの価格動向
  • 2021年11月は高値圏の推移
  • 2022年12月ボラティリティが大きくなる
  • 2022年以降下げトレンドへ

主に2021年のデータを見ていきましょう。

2021年11月は高値圏の推移

2021年11月は、仮想通貨をはじめ多くのリスク資産が買われ、「リスクオフ」の相場となっていました。

そのため、注目度が集まっていたKadenaも買いが集中し、高値圏での推移となっていました。

2021年11月は高値圏の推移
引用:tradingview

2021年12月ボラティリティが大きくなる

2021年11月に最高値をつけたあと、Kadenaはいったん価格を下げ始めます。

2021年12月ボラティリティが大きくなる
引用:tradingview

すでに価格は最高値からだいぶ下がっていますが、時折リバウンドのような動きを見せるなど、2021年12月はボラティリティの大きな価格動向でした。

2022年以降下げトレンドへ

2022年に入ったのちは、他の多くの商品とともにチャートが下げトレンド入り。

Kadenaの現在の価格動向
引用:tradingview

ここからチャートが反転して再び最多圏を目指す動きとなるには、大きなニュースや、市場全体が再びリスクオンとなる必要があります。

そしてそのタイミングは予想が難しく、前もって準備するのが容易ではありません。

Kadenaの将来性への興味がある方は、あらかじめBITPointの公式サイトで海外取引所への送金手順を確認しておいてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Kadenaの今後の見通し・予想

現在11月から価格は下落が続いていますが、今後の見通しとしてはまだまだ価値上昇の可能性があると考えています。

理由としては、仮想通貨としてのスペックが高いことや、上場前からの高い注目度などが他の通貨と一線を画しているからです。

もちろん今後の動向を正しく予想することはできませんが、いくつか代表的な見通しの予想をここで解説します。

Kadenaの今後の見通し・予想
  • チャートを押し目だとみる投資家の買いが入る可能性
  • 環境負荷の観点から Kadenaの価値が注目されるかも
  • バイナンスへの上場に他の取引所が続く可能性あり

チャートを押し目だとみる投資家の買いが入る可能性

先ほどからお伝えしている通り、Kadenaは世界中から注目されている通貨です。

上場直後から時価総額が勢いよく増えていったことからも、注目度の高さが窺えるというもの。

そのため、ある程度価格が落ちたら下がったところを拾いたいと思う投資家が一定数いるかもしれません。

そうした投資家のまとまった押し目買いが入ったとしたら、買い圧力とショートカバーが重なり、どこかの時点でチャートが反転することが見られるかもしれません。

環境負荷の観点から Kadenaの価値が注目されるかも

PoWのメカニズムはその欠点でもある、「マイニング時の膨大な消費電力」が懸念されています。

しかしKadenaはChainwebというメカニズムによって、PoWの懸念材料であるマイニング時の消費電力を抑えることに成功しています。

そして現代は言うまでもなく、省エネルギーが重要視される時代。

今後現在の仮想通貨のなかで淘汰がはじまったとしたら、マイニングで多くのエネルギーを必要とする通貨は時代と逆行するものとなってしまいます。

どこかのタイミングで「環境負荷が小さい仮想通貨」として、Kadenaが注目されるタイミングが来るかもしれません。

バイナンスへの上場に他の取引所が続く可能性あり

Kadenaは2022年3月に、アルトコイン取引量世界一の取引所「Binance」への上場を明かしました。

すでにKuCoinなど一部取引所で取引は可能だったKadenaですが、ここにきてBinanceの上場審査に通ったことは大きいです。

このまま他の取引所、ひいては日本国内でも上場の可能性があります。

そうなると流通量が上がるので、自ずと注目度が今より高くなっていく可能性があります。

Kadenaの取引方法

将来を有望視され、上場前から注目されていたKadena。

保有を希望する方は、日本の取引所から送金後、海外取引所での取引が必要になります。

Kadenaの取引方法
  • BITPointで元手の通貨を取引
  • BITPointから海外取引所への元手通貨送金
  • 海外取引所でKadenaを取引

Kadena保有を希望される方に向けて、ここでBITPointを国内取引所の例に挙げて海外取引所での取引までの流れを解説します。

BITPointで元手の元手の通貨を取引

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数21種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

BITPointから海外取引所への元手通貨送金

元手となる通貨を取引したら、Kadenaの取引に利用するため保有通貨を海外取引所へと送金します。

メニューから「入出金」を選択してください。

通貨を選択すると、自分のメールアドレス宛に送金先アドレスの登録案内が届きます。

送金先のアドレスを登録したら、入出金メニューに戻り送付通過の数量を入力します。

あとは「送付する」を選択で海外取引所送金は完了です。

海外取引所でKadenaを取引

海外取引所への送金も、「どこでも良い」というわけではありません。

送金先はKadenaの取引が可能な取引所を選択しましょう。

具体的には以下の取引所などです。

取引可能な海外取引所
  • Binance
  • Gate.io
  • KuCoin
  • Bittrex

いずれの取引所も、Kadenaの取引に対応しています。

ですが海外取引所は法律が未整備で、安全性が担保されていない場合もありますので取引は自己責任で行なってください。

Kadenaに関するQ&A

ここでは Kadenaに関するよくある質問に対して、Q&A方式でお答えしていこうと思います。

質問内容と答えを確認した上で、取引するかどうかを決めてください。

Kadenaに関するQ&A
  • Kadenaの将来性は明るい?
  • スマートコントラクト言語「Pact」とは?
  • 今後も取引所上場は続く?

一つずつ質問にお答えしていきます。

Kadenaの将来性は明るい?

仮想通貨は社会でどれくらい利用価値があるか、実用性があるか否かが注目されるポイントです。

Kadenaはというと、開発元のプロジェクトをみると現実的に実用価値がある分野のプロジェクトが並んでいます。

Kadenaの開発中プロジェクト
  • DeFi
  • ステーキング
  • NFT
  • イーサリアムブリッジ

これらのプロジェクトが現実のものとなれば、Kadenaの処理能力の高さも相まって注目度が上がる可能性があります。

スマートコントラクト言語「Pact」とは?

「Pact」とは、Kadena社のオープンソース開発言語です。

Pactではチューリング不完全としていることで、言語固有の攻撃リスクを減らしています。

また形式的検証を提供することで、より安全なソフトウェア開発を数学や倫理学に基づいて行うことが可能です。

Kadenaの高いセキュリティ性や処理能力も、スマートコントラクト言語「Pact」によって裏付けられているのです。

今後も取引所上場は続く?

取引所への上場を果たすことで、Kadenaの流動性が増すので注目度が一気に高まります。

記事のなかでもお伝えした通りKadenaはBinanceへの上場をすでに果たしていますから、今後他の取引所への上場が続く可能性は十分あります。

Kadenaに関する最新情報を常にチェックして、取引所上場ニュースを取りこぼさないようにしてください。

Kadenaのまとめ

今回は、元JPモルガンのブロックチェーン中枢エンジニアの2人が開発した、Kadenaについての解説を行いました。

開発者のネームバリューもあり、上場前から注目されていた珍しい通貨です。

この記事のまとめ
  • 他の通貨にはない開発者の高いネームバリュー
  • PoWの弱点をカバーしている
  • 現在の価格は下落基調である
  • Binanceへの上場を果たしている
  • 日本の取引所では取引できない

世の中には多くのアルトコインが存在しますが、その中でもKadenaは今後再び注目される可能性が高いです。

今後ビットコインへの注目度がさらに高まってきた時、Kadenaの「Chainweb」というメカニズムはかなり注目を集めるはず。

Kadenaに関するニュースは今後も見逃せません。

Kadenaの保有に興味がある方は、BITPointの公式サイトで送金手順などを確認してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次