【仮想通貨】NEAR(NEAR Protocol)とは|今後の見通しや将来性・購入方法を徹底解説!

NEAR

NEAR Protocol(NEAR)は、イーサリアムの代替技術とも言われているdAppsの次世代プラットフォームです。

ブロックチェーン技術により様々なdAppsの開発が可能になりましたが、スケーラビリティやマイニング負荷の環境破壊による問題が大きな問題となっていました。

NEAR Protocol(NEAR)は現在仮想通貨が抱えている問題を解決できるポテンシャルを秘めています。

NEAR Protocol(NEAR)ではスケーラビリティやマイニング負荷の問題を解決するブロックチェーンとして、多くの企業や政府に注目されています。

この記事からわかること
  • NEAR Protocol(NEAR)はイーサリアムの代替通貨とも言われている
  • NEAR Protocol(NEAR)はスケーラビリティ問題の解決を目指していてる
  • 環境負荷の小さい通貨である
  • チャートの形は底堅い
  • 海外サイトでは価格の上昇が予想されている

NEAR Protocolはイーサリアム以上の可能性を秘めた仮想通貨ですが、現在国内の取引所では直接取引することができません。(※2022年7月現在)

NEAR Protocolを入手するためには、国内取引所から海外取引所へと仮想通貨を送金してからのNEAR Protocolを取引することが必要になります。

NEAR Protocolが気になっている方は、海外口座送金に対応しているビットフライヤーの公式サイトを確認してください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいてみて下さい。

目次

NEAR Protocol(NEAR)とは?

NERA-Top
名称NEAR Protocol
シンボルNEAR
現在の価格(2022年7月現在)¥586.82
時価総額(2022年7月現在)¥439,191,830,457
時価総額ランキング(2022年7月現在)25位
取引可能な取引所国内取引所:×
海外取引所:Binance など
詳細公式サイト

NEAR Protocol(NEAR)は、DAppsを作成する上でのインターフェースや作成のしやすさ、開発者の収益化も容易なプラットフォームとして注目されています。

高速かつ処理能力も高く、シャーディングと呼ばれる技術により環境負荷も下げることで、スケーラビリティ問題の解決も目指しています。

このシャーディング技術は他の仮想通貨でも採用されつつあります。

South PoleからClimate Neutral Product Labelという環境に関する認証を受けており、環境負荷の低さが認められているNEAR Protocol(NEAR)は、イーサリアムなど他の通貨以上の可能性を秘めていると考えられています。

dAppsを開発者が作成しやすいこと、ユーザーインターフェースがユーザーにとってみやすく使いやすいことなど、他の通貨に比べてもとっつきやすいことも注目されています。

まだ日本国内でも取引所が取引に対応していないなど、まだまだ注目度が低いことがみてとれますが、将来性は充分にあると考えられています。

国内取引所での取り扱いはないので、bitFlyerなどの取引所を通して海外取引所から取引する必要があります。

NEARが気になっている方は、bitFlyer公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NEAR Protocol(NEAR)の特徴

NEAR Protocol(NEAR)は、他の通貨にはない特徴を備えた次世代のプラットフォームです。

ここでは以下のNEAR Protocol(NEAR)に関する特徴を解説します。

NEAR Protocol(NEAR)の特徴
  • シャーディングによってスケーラビリティ解決を目指している
  • NFTへの参加も積極的
  • 独自のNEARトークンを発行している

シャーディングによってスケーラビリティ解決を目指している

スケーラリビティ問題

既存のブロックチェーンの問題として取り上げられるスケーラビリティ問題。

これは、ブロックチェーン拡張性の話で、容量の小ささによってサービス拡張が難しくなるという、ブロックチェーン特有の課題です。

NEAR Protocol(NEAR)は従来のブロックチェーン問題を解決するために、シャーディングというトランザクション承認プロトコルを採用しています。

Nightshadeというシャーディング技術によって、NEAR Protocol(NEAR)はビットコインのおよそ700倍もの速さで処理できるとも言われています。

NFTへの参加も積極的

NFTとは

NEAR Protocol(NEAR)は、NFTに対しても積極的で、現在マーケットプレイスがプラットフォームへの誘致を進めています。

現在NFTは発展し始めたばかり。

これから徐々にメインカルチャーになっていくでしょうから、NEAR Protocol(NEAR)もそれに伴って普及していくことが考えられます。

さらにイーサリアムとの互換も可能なので、NEAR Protocol(NEAR)の資産がイーサリアム上で利用可能となります。

独自のNEARトークンを発行している

ステーキングとは

NEAR Protocol(NEAR)は独自のトークンを発行しており、発行トークンは取引手数料やステーキング報酬として利用できます。

新規発行トークンのうち7割がステーキング報酬として利用されています。

仮想通貨としてのポテンシャルの高さ、発展性や独自トークンを発行しているなど、今後NEAR Protocol(NEAR)の価値を押し上げる要素は多いです。

また、2022年4月にはNEARから初のステーブルコインUSNをローンチしました。

NEARの取引をするには、まず国内取引所のアカウントが必要となりますので、海外送金に対応しているbitFlyerの公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格動向

NEAR Protocol(NEAR)の現在の価格動向
引用:trading view

NEAR Protocol (NEAR)は2021年末から2022年現在にかけて価格が下落傾向の状態です。

年始にかけて20ドルまで価格があがりましたが、2月に入り13ドルまで落ちてきています。

また、4月ごろも上昇しましたが、その後は仮想通貨全体での下落に連動して現在は3.3ドルほどです。

今後金融引き締めや通貨の為替、他仮想通貨の価格動向しだいで、NEAR Protocol(NEAR)価格が高値を上抜けるかどうか決まります。

もしNEAR Protocol(NEAR)のことが気になっている方は、価格暴落シナリオも考えるようにしましょう。

NEARを入手する際はまず海外取引所への送金が必要になりますので国内取引所のビットフライヤーの公式サイトを確認して見て下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NEAR Protocol(NEAR)のこれまでの価格動向

NEAR Protocol(NEAR)のこれまでの価格動向をチャートの形を参考にしながらみていきましょう。

NEAR Protocol(NEAR)のこれまでの価格動向
引用:trading view

NEAR Protocol(NEAR)の2021年の価格動向をみると、上昇下落を大きく繰り返していると言えるでしょう。

NEAR単体での動きではなく、仮想通貨全体での上昇・下落に連動している状況です。

今後も注目される銘柄ですので、NEARのことが気になっている方はまずはbitFlyerの公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NEAR Protocol(NEAR)の今後の見通し・予想

NEAR Protocol(NEAR)は通貨としての処理能力が高く、スケーラビリティ問題の解決も目指していますが、今後の価格動向はどうなのでしょうか。

投資に「絶対」はありませんが、現在明かされている情報をもとに今後の価格見通しを考えていきたいと思います。

NEAR Protocol(NEAR)の今後の見通し・予想
  • 社会情勢から見る今後の価格
  • Digitalcoinの価格予想

社会情勢から見る今後の価格

現在のチャートを見ると、高値から下落が続いているように見えますが、何もこれはNEAR Protocol(NEAR)価格だけの話だけではありません。

ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨、米国株式市場も下落が続いています。(2022年7月現在)

これはインフレが続くアメリカの金融引き締めによる市場の縮小が警戒されているからです。

いままで金あまりだった市場から、資金が引き上げられるとなると、あらゆるリスク資産の価格は下落が避けられません。

NEAR Protocol(NEAR)の価格が今後どうなるのか予想するためにも、アメリカの中央銀行がどんな方針で引き締めを行うのか、よく注目しておくべきでしょう。

Digitalcoinの価格予想

RSIやMACDなどの指標を使った多角的な市場分析に強い海外サイトDigitalcoinは、NEAR Protocol(NEAR)の価格は今後ますます上がっていくと予想しています。

まず2022年の価格は18.57ドル になると予想しており、5年後の2027年には37.67ドルまで価格が上がると予想されています。

そして将来的には最大で60.48ドルまで上がるということなので、見通しとしてはかなり強気でしょう。

強気の予想を踏まえて、NEAR Protocol(NEAR)を買いたいと思った方は、まずは海外送金可能な国内取引所のbitFlyerを調べてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NEAR Protocol(NEAR)の買い方

具体的に、Digitalcoinを取引する手順を、bitFlyerで海外送金するところからみていきましょう。

海外の取引所を利用する際には、日本とは異なる取引ルールや、詐欺の可能性などに注意して取引してください。

NEAR Protocol(NEAR)の買い方
  • bitFlyerのアカウントを用意する
  • bitFlyerで仮想通貨を入手
  • bitFlyerから海外取引所へ送金
  • 海外取引所からNEARを取引

bitFlyerのアカウントを用意する

日本にはNEAR Protocol(NEAR)を取り扱う取引所がありません。

そのため、NEAR Protocol(NEAR)を扱う海外の取引所へと、購入可能金額を送金することで取引することができます。

海外へ通貨送金が可能な取引所はいくつかありますが、bitFlyerははじめての海外送金でも画面が見やすく操作しやすいです。

気になった方はまず、bitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerで仮想通貨を入手

まずは送金する通貨を入手します。

今回はbitFlyerを例にしていますから、bitFlyerでの取引で説明を進めます。

bitFlyerで「販売所」を選択すると、取引できる通貨を選べます。

bitFlyerはビットコイン、イーサリアムなど有名通貨から、BATやOMGなど様々な通貨を取引できますが、ビットコインなど流通量の多い通貨の送金からはじめると良いでしょう。

bitFlyerから海外取引所へ送金

仮想通貨を入手したら、NEAR取引のために買った通貨を海外取引所に送金します。

bitFlyerログイン後のメニューから、「暗号資産の送金」を選択して、ここでは「ビットコインを送る」を選択します。

画面の案内に従って送金先の設定し、送金金額の入力後「暗号資産の送金」を選択します。

あらかじめ送金先の海外取引所口座が必要になるので、前もって準備しておくとスムーズです。

海外取引所からNEARを取引

bitFlyerから海外取引所への送金が完了したら、あとは送金通貨を使ってNEAR Protocol(NEAR)の取引を行います。

海外取引所は安全性などの観点や法律が未整備であることもありますので、取引は自己責任で行なって下さい。

英語がわからない、という方や、海外取引所は怖いという方は、まずは安全な国内取引所での取引を検討してみましょう。

NEAR Protocol(NEAR)に関するQ&A

NEAR Protocol(NEAR)はまだまだ仮想通貨のなかでは後発であり、知名度も高くありません。

しかしスペックが高く、注目度も高まってきていますから、これからのNEARの動向が気になる方も多いはず。

現在NEARに興味がある方に、気になる点をいくつか抜粋してQ&A方式で紹介します。

NEAR Protocol(NEAR)に関するQ&A
  • なぜNEAR Protocol(NEAR)の価格は比較的安定しているのか?
  • NEAR Protocol(NEAR)の将来性は?
  • NEAR Protocol(NEAR)が日本で認められる日はくる?

なぜNEAR Protocol(NEAR)の価格は比較的安定しているのか?

仮想通貨はボラティリティが高く、特にリスクの高いアセッドだと言われ続けています。

年末年始も、ビットコインやイーサリアムなど有名通貨の価格が下落するなか、NEAR Protocol(NEAR)の価格は一時暴騰しました。

その後再び下落はしたものの、長期でみると価格は底堅い推移をしています。

これにはやはり、脱段素のムーブメントが高まっていること、2021年末にMoonPayへの上場やTerraとの提携を発表したことなど、その将来性が期待されたことが理由として挙げられるでしょう。

今後も継続してNEAR Protocol(NEAR)が注目されていく可能性があります。

NEAR Protocol(NEAR)の将来性は?

様々な仮想通貨のいいとこ取りをしたような特性を持つNEAR Protocol(NEAR)は、今後ますます発展していく可能性があります。

スマートコントラクトが実装でき、シャーディングの実装によってスケーリングを行うという点など、イーサリアムとの共通点が多いからです。

NEAR Protocol(NEAR)はNightshadeという独自のシャーディングを実装することで、高速処理と低手数料での取引が可能です。

何かのタイミングでNEAR Protocol(NEAR)への注目度が高まることで、評価に比例して利用が盛んになる可能性が十分あります。

NEAR Protocol(NEAR)が日本で認められる日はくる?

2022年2月現在、NEAR Protocol(NEAR)は日本国内の取引所での取り扱いがなく、日本での注目度が低いことがわかります。

これは日本で仮想通貨や投資への意欲が低いことなどが理由であり、一朝一夕で変わる問題ではないでしょう。

しかし今後社会情勢として、デジタル通貨の波は今後日本にも押し寄せてくる可能性は高いです。

デジタル通貨熱の高まりとともに仮想通貨投資、ひいてはNEAR Protocol(NEAR)への投資人口が増えていくことも予想されます。

NEAR Protocol(NEAR)のまとめ

今回の記事では、次世代の仮想通貨NEAR Protocol(NEAR)について解説しました。

この記事のまとめ
  • NEAR Protocol(NEAR)はイーサリアムの代替通貨とも言われている
  • NEAR Protocol(NEAR)はスケーラビリティ問題の解決を目指していてる
  • 環境負荷の小さい通貨である
  • チャートの形は底堅い
  • 海外サイトでは価格の上昇が予想されている

独自のシャーディング技術により、従来の通貨と比べて早く、低い手数料で取引が可能という特徴があります。

また、環境への配慮もされており、従来の通貨に比べて約1300倍の炭素を削減できるとも言われています。

様々な点から、今後注目度が高まっていくであろうと予想されるNEAR Protocol(NEAR)。

日本の取引所では売買できませんから、取引の際は国内から海外への送金が必要になります。

海外送金に対応した取引所はいくつかありますが、bitFlyerは取引画面が見やすく設計されています。

bitFlyerで送金を検討する方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる