ApeCoin(APE)とは?買い方や今後の見通し・将来性を徹底解説

ApeCoin
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

ApeCoin(APE)は、2024年4月現在も高値で取引されている人気NFTである「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に関連する仮想通貨です。

「ApeCoin」の導入が公式で発表されたのは2022年3月16日の夜。

BAYCの公式ツイッターによって、ApeCoin(APE)はツイートで正式発表されました。

この記事でわかること
  • 人気NFTBored Ape Yacht Club(BAYC)に関連する独自トークンである
  • ApeCoin(APE)保有者はApeCoinDAO運営に関われる
  • 米TIME誌の購読料支払いやNFTゲーム内で採用が決定している
  • 上場直後に価格が暴騰した
  • すでに大手取引所で上場している
  • 国内取引所ではCoincheckで取引可能

ApeCoin(APE)トークンは、ApeCoin DAOという自立分散型組織が運営します。

トークンの保有者は、DAOにおける「Ecosystem Fund」の運営を左右する投票権を手に入れます。

ApeCoin(APE)は現在すでに多方面で話題になっていますが、ガバナンスを決める評議会はまだこれから開催されるなど、本格稼働はしていません。

そんなAPEコインは国内取引所Coincheckにて扱っています。

また、APEのようなアルトコインはBITPointで豊富に扱っているので、併せてチェックしてみると良いです

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

ApeCoin(APE)とは?

大元の発表によると、ApeCoin(APE)は文化、ゲーム、経済活動に活かされるトークンとして利用されるとのことです。

ブロックチェーン技術を用いて、Web3.0時代にふさわしい、非中央集権型コミュニティの強化にも用いられるとのこと。

ApeCoin(APE)とは?
名称ApeCoin
シンボルAPE
現在の価格(2024年4月現在)¥260.04
時価総額(2024年4月現在)¥156,744,901,214
時価総額ランキング(2024年4月現在)96位
入手できる取引所Coincheck
詳細公式サイト

公式サイトには、「APECOINは、Web3.0の最前線にある分散型コミュニティ構築を強化するための、APEエコシステム内で使用されるERC-20ガバナンスおよびユーティリティトークンです。」とあります。

すでに米有名ニュースマガジン「TIME」は2022年3月20日、デジタル版購読にApeCoin(APE)の支払いに対応すると発表しました。

発表直後ここまで注目された通貨も珍しいです。

また、2022年5月にはイーロンマスク氏がtwitterのプロフィール画像をApeCoinにしたことで大きな話題を生みました。

ApeCoin(APE)は現在Coincheckで扱っています。

しかし、まだ国内取引所では仮想通貨の取り扱いが少なく、APEのようなアルトコインは海外取引所経由で取引することが一般的です。

海外取引所経由ではスマホアプリの操作性が高い国内取引所のBITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

ApeCoin(APE)の特徴

発表直後、そして上場直後も多くの注目を集めて、上場直後に50倍もの値をつけたApeCoin(APE)。

そのApeCoin(APE)の代表的な特徴を、一つずつ見ていきましょう。

ApeCoin(APE)の特徴
  • BAYC運営企業「Yuga Labs」が立ち上げに参加
  • ゲーム内通貨として利用される
  • すでに大手取引所へ上場を果たしている

BAYC運営企業「Yuga Labs」が立ち上げに参加

ApeCoin(APE)の立ち上げには、当然BAYCを運営するベンチャー企業「Yuga Labs」が関わっています。

ですがApeCoin(APE)の運営自体は、ApeCoin DAOという名の振興組織によって監督されます。

それゆえYugaLabsはApeCoin(APE)の運営には大きく口出しせず、ApeCoin DAOのロゴとなるNFTを贈るにとどまっています。

ApeCoin(APE)の大本ともいえるBAYCを運営するYuga Labsが、今後どのような動きをみせるのかで、ApeCoin(APE)の値動きも変わってきそうです。

ゲーム内通貨として利用される

活用される場面が多いほど価値が注目される仮想通貨ですが、ApeCoin(APE)はすでにゲーム内で使われるトークンとして採用されています。

まずApeCoin(APE)はアクションアドベンチャーゲーム、「Benji Bananas」内のトークンとして導入が決定されています。

そして今後はNFTゲーム「Play-to-Eam」でも用いられることが予定されています。

この「Play-to-Eam」ですが、提供元はBAYCを運営するYuga Labsです。

このようにApeCoin(APE)は2024年4月現在、ゲーム内通貨として使われることが多いです。

すでに大手取引所へ上場を果たしている

ApeCoin(APE)の注目度の高さを強く裏付けているのが、上場している大手取引所の数です。

よくあるパターンとしては、有名になり需要が強くなった段階で、上場する取引所が多くなっていくのですがApeCoin(APE)は違います。

2022年3月17日に、海外大手取引所「BINANCE」「Bybit」「FTX」「Gate.io」へと同時に上場しました。

それぞれ上場には基準があり審査もあるはずですが、ApeCoin(APE)はそれらをクリアしたということです。

また、ApeCoin(APE)は現在国内取引所のCoincheckで扱っています。

しかし、まだ国内取引所では仮想通貨の取り扱いが少なく、APEのようなアルトコインは海外取引所経由で取引することが一般的です。

海外取引所経由ではスマホアプリの操作性が高い国内取引所のBITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

ApeCoin(APE)の現在の価格動向

発表直後から世界中に注目されたApeCoin(APE)ですが、現在の価格動向はどのようになっているのでしょうか。

今後の価格動向を予想するためにも、チャートを見ながら現在の価格をみていきましょう。

2024年4月時点:価格は1ドル近辺で落ち着いている

ApeCoin(APE)の現在の価格動向
引用:trading view

2024年4月現在ApeCoin(APE)の価格は1ドル近辺で推移しています。

一時40ドルほどの高値をつけたと考えると、いかに現在価格が下落しているかがわかると思います。

今後再び価格が最高値付近に戻るかどうかは、今後の社会情勢や市場がリスクオンになるか、そしてApeCoin(APE)関連のニュースが出るかなどで決まると言われています。

2024年現在は仮想通貨市場全体での上昇が見られますが、APEはそれほど大きな上昇幅ではありません。

APE単体でのポジティブニュースや、NFT市場の再加熱が重要になってくるでしょう。

ApeCoin(APE)のこれまでの価格動向

まだ上場間もないApeCoin(APE)ですが、ここまでの値動きをチャートと合わせてみていきましょう。

結論から言うとApeCoin(APE)は、現在に至るまで激しい値動きを見せています。

時期を分けてみていきます。

ApeCoin(APE)のこれまでの価格動向
  • 上場直後40ドルをつける
  • LANDセールの影響で乱高下

上場直後40ドルをつける

ApeCoin(APE)のこれまでの価格動向
引用:trading view

とにかく注目されていたApeCoin(APE)は、上場したその日に最高値40ドルをつけます。

とにかく買いが買いを呼んだ展開となったのです。

伝説のNFTから生まれた仮想通貨ということで、話題性は十分です。

しかし、上場当日はそこからいったん注目度が下がります。

翌日には再び価格が高騰したものの、それ以降は落ち着いた値動きとなります。

LANDセールの影響で乱高下

LANDセールの影響で乱高下
引用:trading view

上場直後に最高値をつけたあとは、価格が落ち着いていましたが、4月には28ドルまで上昇をしました。

その後多少上下するものの、初日ほど大きな値動きはなく、横ばいで価格が推移します。

そして、2022年5月にはLANDセール影響を受け、ApeCoin価格が乱交下しました。

BAYCの開発元が、メタバースプロジェクト「Otherside Metaverse」の土地価格をオークション形式ではなく、固定価格での販売を告知したことが要因です。(参考:ビットコイン採掘速度が過去最高の220TH/s水準へ LANDセールの影響でApeCoin(APE)が乱高下)

その後は、安値圏で価格が落ち着き現在では2ドル付近で推移しています。

今後、ApeCoin(APE)の値動きがどうなるのか見逃せないのは確かです。

ApeCoin(APE)は現在Coincheckで扱っています。

しかし、まだ国内取引所では仮想通貨の取り扱いが少なく、APEのようなアルトコインは海外取引所経由で取引することが一般的です。

海外取引所経由ではスマホアプリの操作性が高い国内取引所のBITPointの公式サイトを確認してみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

ApeCoin(APE)の今後の見通し・予想

ApeCoin(APE)はすでに多くの人から注目を集めているトークンですが、今後まだ発展する兆しがあります。

具体的に現在出ている情報から、ApeCoin(APE)に対して今後どのような見通しが立っているのか。

ここで解説したいと思います。

ApeCoin(APE)の今後の見通し・予想
  • 米TIME誌に続きサービスや商品の支払いに対応する可能性がある
  • BYMCに関するエコシステムにてトークンとして使われる
  • ApeCoin DAOの運営がうまくいく可能性

一つずつみていきましょう。

米TIME誌に続きサービスや商品の支払いに対応する可能性がある

記事のなかでお伝えしたように、ApeCoin(APE)はすでに米TIME誌の購読で利用可能です。

支払い可能サービスや商品が多く、流通量が多ければ多いほど通貨としての注目度が上がります。

上場後すぐに大手ニュースペーパーが採用するほどですから、今後TIME誌に続いてサービスや商品の支払いでApeCoin(APE)が使える場が増えていく可能性は十分あります。

BYMCに関するエコシステムにてトークンとして使われる

ApeCoin(APE)は前述の通り、運営をApeCoinDAOが行っているトークンです。

ApeCoinDAOのガバナンストークンとしての役割があるほか、ApeCoin(APE)はBAYCにおけるエコシステムを利用するためのトークンとしても使われる予定です。

BAYCは現在もNFTを持っている人限定で著名人も参加しているコミュニティへの参加権がもらえる等、特典があるNFTとなっています。

今後はApeCoin(APE)にもホルダー向けの特典が付与される可能性は十分あります。

ApeCoin DAOの運営がうまくいく可能性

繰り返しになりますが、ApeCoin(APE)の運営はApeCoinDAOのメンバーによる投票で方針が決まります。

財団のボードメンバーには、そうそうたるメンバーが並んでいます。

ApeCoin DAO主要メンバー
  • アレクシス・オハニアン(Reddit(レディット)共同創設者)
  • エイミー・ウー(FTX内のベンチャー&ゲーミング責任者)
  • ヤット・シウ(Animoca Brands(アニモカ・ブランズ)共同創業者)

少し挙げただけでこのように豪華なメンバーです。

ApeCoin(APE)を保有しているだけでここに加わることができるのですから、注目されるのも無理ないのかもしれません。

ApeCoin(APE)の買い方

世界中から熱い視線を集めるApeCoin(APE)ですが、現在は国内取引所コインチェックで取引可能です。

しかし、まだ国内取引所では仮想通貨の取り扱いが少なく、APEのようなアルトコインは海外取引所経由で取引することが一般的です。

そこで今回は、BitPointから海外取引所を経由して入手する方法を解説します。

ApeCoin (APE)の買い方
  • BITPointで元手の通貨を取引
  • 海外取引所への送金
  • 海外取引所でApeCoin(APE)を取引

BITPointで元手の通貨を取引

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担あり
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BITPointの評判

ビットポイントは、仮想通貨取引の初心者から上級者まで幅広く利用されている国内取引所です。

取引手数料などの各種手数料が無料ですので、取引回数が多い人も安心して利用できます。

スマートフォンアプリ「BITPOINT」を使うことで、初心者でも簡単に取引ができます。

また、ビットコインやイーサリアムなどの人気の銘柄だけでなく、信頼性の高い様々なアルトコインを取り扱っています。

運用方法も多彩で、現物取引のほかに、貸して増やす「レンディング」や、保有するだけの「ステーキング」などが利用できます。

bitpointキャンペーン

現在は新規口座作成と取引で最大3,500円相当のOSHIトークンが付与されるキャンペーンを実施しているので、ぜひこの機会にビットポイントの公式サイトをチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

海外取引所への送金

国内取引所で取引した通貨を、ApeCoin(APE)の取引に対応した海外取引所へと送金を行います。

BITPointから海外取引所への送金手順は、比較的わかりやすく設計されています。

  1. 「入出金メニュー」から送付したい仮想通貨を選択
  2. 「送付」から「アドレスを登録する」を選択
  3. 登録アドレス宛に外部アドレス登録に関する案内メールが送られるので、メール内リンクからアドレス登録
  4. アドレス登録後、「入出金」」メニューから送付したい仮想通貨の「送付」」を選択する
  5. 「送付数量」に送付する仮想痛の数量を入力して「送付する」を選択

以上が送付手順になります。

海外取引所でApeCoin(APE)を取引

以下が、実際にApeCoin(APE)を取引できる海外取引所になります。

当然、取引所によって細かく設定や特徴が異なるので、事前調査のうえ自分の取り引きに適した取引所を選んでください。

取引できる主要な海外取引所
  • BINANCE
  • Huobi Global
  • Coinbase Exchange
  • KuCoin

海外取引所は法律が未整備で安全性が担保されていない場合もありますので取引は自己責任で行なってください。

ApeCoin(APE)に関するQ&A

まだまだ上場間もないApeCoin(APE)。

通貨としての価値や、そもそもの特徴などわからない点も多いかと思います。

ここでは、ApeCoin(APE)に興味を持っている方が抱きがちな質問に先回りしてお答えしていきます。

情報を、取引時の判断の参考にしてください。

ApeCoin(APE)に関するQ&A
  • 注目されているが他のアルトコインと何が違う?
  • ApeCoin(APE)のエアドロップとは?

注目されているが他のアルトコインと何が違う?

世の中に多く存在するアルトコイン。

アルトコインの中には、話題一つで価値が100倍になったり、はたまた100分の1になったりするものもあります。

ApeCoin(APE)はそうしたアルトコインとは異なり、ApeCoinDAOを運営する上でのガバナンストークンとしての役割を持っています。

そのためApeCoin(APE)単体では価値が上下しにくく、他のアルトコインのような投機的な位置づけに置かれにくいです。

ApeCoin(APE)のエアドロップとは?

すでにApeCoin(APE)は総供給量10億枚が発行されており、その一部がエアドロップ(配布)されています。

エアドロップは特定のユーザーに向けてトークンが配布されるイベントで、ApeCoin(APE)がエアドロップされたのは、大本であるNFT「BAYC」保有者などです。

こうしたBAYC保有者に向けた優遇措置は今後も続く可能性があります。

ApeCoin(APE)のまとめ

今回の記事では、上場直後から多くの注目を集めた仮想通貨ApeCoin(APE)について解説しました。

BAYCというNFTに関連した通貨ということで、数ある通貨のなかでも異色の存在です。

この記事のまとめ
  • 人気NFTBored Ape Yacht Club(BAYC)に関連する独自トークンである
  • ApeCoin(APE)保有者はApeCoinDAO運営に関われる
  • 米TIME誌の購読料支払いやNFTゲーム内で採用が決定している
  • 上場直後に価格が暴騰した
  • すでに大手取引所で上場している
  • 国内取引所のコインチェックに上場している

上場したその日に多くの注目を集めたのはやはり、BYACの人気ゆえでしょう。

そしてまだまだNFT市場、仮想通貨市場も発展途上にあります。

その中においてApeCoin(APE)は多くの可能性を秘めた通貨だといえるでしょう。

ApeCoin(APE)の取引に興味がある方は、海外取引所の情報とともにBITPointの公式サイトで、海外送金手順を確認してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次