仮想通貨の取引ツールとは?機能やメリット・おすすめの取引所を徹底解説

取引ツール

仮想通貨を取引するとき、気になることの一つが取引ツールではないでしょうか。

特に、初心者の場合はどのツールが良いのか判断に迷ってしまうかもしれません。

今回は取引ツールの内容や機能、ツールのメリット・デメリット、取引ツールが使える暗号資産取引所、Q&Aなどについてまとめます。

この記事からわかること
  • 仮想通貨取引所では取引を円滑に進めるためのツールを提供
  • ツールの主な機能は仮想通貨の売買・管理、チャートの表示・分析、最新ニュースの表示
  • メリットはテクニカル分析や情報の一元管理、資産管理ができること
  • デメリットは他の暗号資産取引所で使えないことやツールごとで特徴が異なることなど
  • 原則、取引ツールは無料で利用できる。
  • ツール選びのポイントは見やすさと機能性を重視すること
  • bitFlyerのbitFlyer Lightningは、視認性に優れ、板情報も見られる高機能ツール

暗号資産取引所によって、利用できる取引ツールは異なります。

たとえば、bitFlyerでは通常の取引画面に加え、専用の高機能取引ツールである「bitFlyer Lightning」があり、現物取引だけではなくレバレッジを利用できる暗号資産FXの取引も可能です。

様々な取引方法に興味がある方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

仮想通貨取引所の取引ツールとは

仮想通貨取引所では、取引をスムーズに行うため取引ツールを提供しています。

ツールを利用すると、保有している仮想通貨はもちろんのこと、他の仮想通貨の価格やチャート、テクニカル分析をするための機能、関連するニュースなども知ることができます。

たとえば、bitFlyerでは、公式サイトを通じた取引はもちろん、スマホアプリや後期の取引ツールの「bitFlyer Lightning」も使用可能です。

ツールの利用は取引の際に便利ですので、簡単に取引を行いたい方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所の取引ツールの主な機能

仮想通貨取引所が提供する取引ツールにはどのような機能が搭載されているのでしょうか。

主な機能を3点紹介します。

仮想通貨取引所の取引ツールの主な機能
  • 仮想通貨の売買・管理
  • チャートの表示・分析
  • 最新ニュースの表示

仮想通貨の売買・管理

1つ目の機能は仮想通貨の売買・管理です。

取引ツールの一番の目的は、投資家による仮想通貨売買のサポートであり、仮想通貨の売買や保有している仮想通貨の管理機能は最重要といえます。

見やすく、使いやすいツールのほうが円滑に取引できます。

チャートの表示・分析

2つ目の機能はチャートの表示・分析です。

チャートの表示・分析
出典:bitFlyer https://blog-jp.bitflyer.com/n/nd639db11db52

上の画像はbitFlyerのbitFlyer Lightningの取引画面です。

画面左上にチャートが表示され、そのすぐ下には取引量を示すvolume、取引指標の一種であるRSIなどのオシレーターなども併せて表示されています。

どの指標を用いるかはトレーダーによって好みが分かれますが、見やすい画面で自分が使いたい指標があるツールを選んだほうが良いでしょう。

最新ニュースの表示

3つ目の機能は、最新ニュースの表示です。

仮想通貨はボラティリティが高く、市場に影響を与えるようなニュースが入ると、それに応じて価格が急変動します。

こうした急変動の引き金になるニュースや情報をいち早く手に入れることは、仮想通貨取引において非常に重要です。

bitFlyer Lightningの場合、トレンド系指標の移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドやオシレーター系指標のRSI、MACDなどを利用可能です。

bitFlyer Lightningについてより詳しく知りたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所の取引ツールのメリット

仮想通貨取引所のツールを利用するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。

メリットを3点まとめました。

仮想通貨取引所の取引ツールのメリット
  • テクニカル分析ができる
  • 取り引きに必要な情報を一元管理できる
  • ツール内で資産管理ができる

テクニカル分析ができる

1つ目のメリットは、テクニカル分析ができることです。

テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートとよばれるグラフであらわし、その値動きやパターンなどから今後の価格動向を予測する手法です。

テクニカル分析ができる
出典:Coincheck https://coincheck.com/ja/article/431

たとえば、特定期間における値動きを示したチャートをローソク足といい、株価の分析などにも使用されます。

ローソク足を用いると、その期間の仮想通貨の値動きを視覚的にとらえられます。

暗号資産取引所のツールを利用することで、様々なテクニカル分析を行うことができ、価格動向の予測に役立てられるのです。

取り引きに必要な情報を一元管理できる

2つ目のメリットは、取引に必要な情報を一元管理できることです。

ツールを開くと、値動きを示すチャートや取引全体の動向をつかみやすい板情報、自分が保有している暗号資産などの情報を手に入れられます。

ただし、板情報は取引所を運営している暗号資産取引所でなければ見られませんので注意しましょう。

ツール内で資産管理ができる

3つ目のメリットは、ツール内で資産管理ができることです。

口座にある仮想通貨の状況はもちろんのこと、取引所口座にある日本円の残高や新規の日本円の入金、過去に自分がおこなったトレードの履歴なども把握できます。

過去のトレード履歴を見ることでトレードの内容を分析し、その後の取引に役立てられます。

取引の状況を細かく把握するには、板情報を見るのが良いです。

bitFlyerのような取引所を運営している暗号資産取引所では板情報がみられるので、売買する仮想通貨の最新の売買状況や取引高、需給などが一目で理解できます。

板情報をご覧になりたい方は、bitFlyerの公式サイトを確認してみてください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所の取引ツールのデメリット

仮想通貨取引所の取引ツールにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリットを3点まとめました。

仮想通貨取引所の取引ツールのデメリット
  • 他の暗号資産取引所では利用できない
  • ツールごとで特徴が異なる
  • MT4を利用できない

他の暗号資産取引所では利用できない

1つ目のメリットは、他の暗号資産取引所では利用できないことです。

仮想通貨取引所の取引ツールを使用するには、暗号資産取引所のアカウントを持っていなければなりません。

取引ツールは暗号資産取引所ごとで異なるため、現在利用しているツールと同じものを他の暗号資産取引所で使用することができないのです。

ツールごとで特徴が異なる

2つ目のメリットは、ツールごとで特徴が異なることです。

画面表記の方法の違いや利用できるテクニカル分析、オシレーター系の指標はツールごとに異なっています。

複数の暗号資産取引所で取引する場合、特徴の異なる複数の取引ツールを使わざるを得ないため、余計な手間がかかってしまいます。

MT4を利用できない

3つ目のデメリットは、MT4を利用できないことです。

MT4はロシアで開発された世界的に有名な取引ツールで、無料で使用できるうえ50種類以上のインジケーターが使用可能であり、自動売買にも対応している優れものです。

しかし、日本の暗号資産取引所の中にMT4に対応してる事業者はありません。

取引ツールが使える仮想通貨取引所

取引ツールが使える仮想通貨取引所はどこでしょうか。

ツールが使える代表として3つの取引所を紹介します。

取引ツールが使える仮想通貨取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数18種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは2014年の創業以来、ハッキングゼロの実績を持つ暗号資産取引所です。

また、ビットコインの取引量については6年連続で国内ナンバー1となりました。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

現在は、当サイト経由の口座開設と新規暗号資産購入で3,000円のビットコインが貰えるタイアップキャンペーンを開催中です。

安心して使いやすい取引所を利用したいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:17種類
レバレッジ取引:24種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループに属する暗号資産取引所です。

22種類の暗号資産の取引が可能で、レバレッジ取引ができる暗号資産の数は国内産号資産取引所でトップです。

※2022年3月現在、国内暗号資産交換業者WEBサイト調べ

取引所取引こそありませんが、販売所の売買手数料や入出金手数料が無料です。

手数料を最小限に抑えて取引を行いたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数7種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ
レンディング最大利率8%(業界最高水準)
独自仮想通貨リンク(LN)
レバレッジ取引最大2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXは、モバイルメッセンジャーアプリのLINEを運営するLINE株式会社の関連企業(LINE Xenesis株式会社)が運営する暗号資産取引所です。

スマホアプリで取引することを前提としたシステムで、LINEからすぐに接続できるため利便性が高いです。

しかも、最近話題のNFTについても積極的に取り扱っています。

LINEアプリを使って手軽に通貨の取引ができるほか、レンディングやレバレッジ取引などの各種機能が備わっています。

特にレンディングは、最大利率8%と業界最高水準となっています。

LINEから簡単に利用したいという方は、LINE BITMAXの公式サイトをご確認ください。

また、これ以外の仮想通貨取引所も気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

仮想通貨取引所の取引ツールに関するQ&A

取引ツールについて、どんな質問が多いのでしょうか。

代表的なQ&Aについてまとめました。

仮想通貨取引所の取引ツールに関するQ&A
  • 取引ツールは無料で使えますか?
  • 取引ツールを選ぶ時の注意点はありますか?
  • 取引ツールの性能差が表れやすいのはどのような点ですか?

取引ツールは無料で使えますか?

基本的に、取引ツールは無料で利用できます。

ただし、暗号資産取引所によっては有料ツールを設ける可能性もありますので、各暗号資産取引所で料金の有無を確かめてから利用したほうが良いでしょう。

取引ツールを選ぶ時の注意点はありますか?

取引ツールで重要なのは、見やすさと機能性です。

見にくい取引ツールの場合、分析が遅れたり誤操作をしてしまうかもしれませんし、機能性が低い(テクニカル分析の種類が少ないなど)ツールだと取り引きチャンスを逃しかねません。

デモトレードが可能であれば、ダウンロードし、実際に使ってから取引ツールを決めると良いでしょう。

ちなみに、bitFlyer Lightningはデモトレードが可能ですので、実際に使ってから導入するか決められます。

取引ツールの性能差が表れやすいのはどのような点ですか?

取引ツールの性能差が表れやすいのは、インジケーターの種類や操作性です。

インジケーターの種類が少なければ、分析方法が少なくなってしまいますし、操作性が悪ければ誤操作の原因にもなりかねません。

こちらも、デモトレードが可能なら実際に使い、使い勝手を理解してからアカウントを作成したほうが良いでしょう。

仮想通貨取引所の取引ツールのまとめ

今回は、仮想通貨取引所の取引ツールについてまとめました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨取引所では取引を円滑に進めるためのツールを提供
  • ツールの主な機能は仮想通貨の売買・管理、チャートの表示・分析、最新ニュースの表示
  • メリットはテクニカル分析や情報の一元管理、資産管理ができること
  • デメリットは他の暗号資産取引所で使えないことやツールごとで特徴が異なることなど
  • 原則、取引ツールは無料で利用できる。
  • ツール選びのポイントは見やすさと機能性を重視すること
  • bitFlyerのbitFlyer Lightningは、視認性に優れ、板情報も見られるツール

仮想通貨取引所のツールは、トレーダーが仮想通貨の売買・管理を円滑に行うためのものです。

テクニカル分析や情報の一元管理ができ、保有する暗号資産の管理もできるというメリットがありますが、他の暗号資産取引所で同じツールを使えないというデメリットもあります。

原則、ツールは無料で使えます。

ツール選びのポイントは見やすさと視認性を重視することで、自分にとって使いやすいツールを選ぶことが大切です。

bitFlyerのbitFlyer Lightningは、見やすいだけではなくレバレッジ取引にも対応しているので非常に使いやすいツールです。

ツールを用いて、仮想通貨の売買・管理を円滑に行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\3,000円相当のBTC付与タイアップ中!/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる