ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは?今後の見通しや価格予想・将来性を徹底解説

ENS

Ethereum Name Service (ENS)とは、仮想通貨の複雑なアドレスをユーザーにとって読みやすい文字列に置き換えることができるWeb3.0版のDNSのようなサービスです。

2021年11月に大きなエアドロップを行ったことでも知られるEthereum Name Service (ENS)ですが、現在の価格動向や今後の見通しはどのように予想されているのでしょうか。

この記事では、そんなEthereum Name Service (ENS)の詳しい特徴や今後の価格予想、またENSの購入方法までわかりやすく解説しているので、ENSへの取引を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

また、ENSのような仮想通貨を草コインランキングで紹介しているので気になる方は参考にして見て下さい。

この記事からわかること

・Ethereum Name Service (ENS)とは、複雑な仮想通貨ウォレットのアドレスを任意の文字列に変換できるWeb3.0版のDNSサービス
・アドレスを任意の文字列に変更することで、仮想通貨送金時のリスクを大きく軽減できる
・2021年11月に上場されてからは下落が続いており、2022年5月現在は12ドル近辺の価格帯で推移している
・今後、Ethereum Name Service (ENS)の利用者数の増加や新たな仮想通貨取引所での上場が発表されることで、価格の上昇が期待されている

Ethereum Name Service (ENS)は海外の仮想通貨取引所でのみ取り扱いしているので、投資をする場合は国内取引所でビットコインやイーサリアムなどを購入し、送金をする必要があります。

ビットコインなどの仮想通貨を購入するなら国内でのビットコイン取引量が多いビットフライヤーが便利です。

アプリの使いやすさについても評判が高く、かつアカウント作成ももちろん無料でできるので、少しでも気になる方はbitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Ethereum Name Service(ENS)とは?

ENS-Top
引用:ENS公式サイト
名称Ethereum Name Service(イーサリアムネームサービス)
シンボルENS
現在の価格(2022年現在)¥2,099.79
時価総額(2022年現在)¥42,509,919,351.28
時価総額ランキング(2022年現在)117位
購入できる取引所国内での取り扱いなし
海外取引所:Binance、Kucoin、Huobi Global、Gate.ioなど
詳細ENS公式サイト

Ethereum Name Service (ENS)とはイーサリアムのブロックチェーンを利用した、長くて複雑な仮想通貨アドレスをユーザーにとってわかりやすい文字列に変換することができるネーミングサービスです。

このEthereum Name Service上で利用されるガバナンストークンがENSと呼ばれています。

Ethereum Name Service (ENS)を利用することで、英語と数字で構成された長くて複雑な仮想通貨アドレスを「〇〇〇.eth」のように短くかつ任意の文字列に変換することが可能となっています。

現在、ENSは国内の仮想通貨取引所では取り扱いされていませんが、サービスの普及や利用者の増加によって国内取引所に上場される可能性も否めません。

すぐにEthereum Name Service(ENS)の取引をしたい方は、まずは国内取引所でビットコインなどの通貨を購入し、海外仮想通貨取引所に送金する必要があります。

国内の仮想通貨取引所であれば、ビットコイン取扱量6年連続国内No.1のbitFlyerの公式サイトをチェックしてみましょう。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)の特徴

次に、Ethereum Name Service(ENS)の詳しい特徴について解説していきます。

Ethereum Name Service(ENS)の概要をまだ把握していない方は、ぜひ確認してみてください。

Ethereum Name Service(ENS)の特徴

・複雑な仮想通貨アドレスを分かりやすい文字列に変換することができる
・仮想通貨への参入障壁や利用者のハードルを下げることができる
・著名な有名人もEthereum Name Service(ENS)を利用している

複雑な仮想通貨アドレスを分かりやすい文字列に変換することができる

ここまででもご紹介したように、Ethereum Name Service(ENS)は長くて複雑な仮想通貨アドレスを短くて覚えやすい文字列に変換することができるサービスです。

仮想通貨のウォレットには、通常「0xe4569Bf7EbG46dEEEA23A757890ae86t89074C56」といったような英語と数字で構成されたアドレスが付与されています。

しかし、ご覧の通りこれらのアドレスは非常に見づらく、実際に仮想通貨を送金する際に誤送信をしてしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

そんな時にEthereum Name Service(ENS)を利用することで、上記のような複雑で長いアドレスを「crypto.eth」といったような分かりやすい任意の名前に設定することが可能となります。

現在はまだまだ利用者が少ないのが現状ですが、今後仮想通貨へ参入する人口が増加するにしたがって、Ethereum Name Service(ENS)の需要が高まっていくことも十分に予想することができます。

仮想通貨への参入障壁や利用者のハードルを下げることができる

上記でも解説したように、Ethereum Name Service(ENS)を利用することでウォレットアドレスを簡潔な文字列に変換できるため、仮想通貨への参入障壁や利用者のハードルを下げられるという特徴も挙げることができます。

というのも、仮想通貨は日本円などでの銀行間送金とは異なり、1文字でも誤ったアドレスへ送金してしまうとほとんどの場合送金したコインが失われてしまいます。

しかし、ご紹介したように仮想通貨のアドレスは英語と数字で成り立つ複雑な文字列であるため、送金時に誤ったアドレスを入力してしまう可能性も十分に考えられるでしょう。

一見利用する意味があまりないようにも考えられるEthereum Name Service(ENS)ですが、利便性といった側面から今後は多くのユーザーに利用されることが予想されます。

著名な有名人もEthereum Name Service(ENS)を利用している

Ethereum Name Service(ENS)は、仮想通貨界隈では有名な著名人も利用していることで知られているサービスです。

中でも現在時価総額2位かつ、様々なDe-Fiプロジェクトが開発されているEthereum(イーサリアム)の創業者として有名なヴィタリック・ブテリン氏もEthereum Name Service(ENS)を利用しており、自らのアドレスを「vitalik.eth」としています。

そのほかにも多数の著名人やインフルエンサーがEthereum Name Service(ENS)を利用していることから、今後も利用者が増えていくことも十分に考えられます。

Ethereum Name Service (ENS)への投資をするためには海外取引所にコインを送金する必要があるので、まずは国内取引所bitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)の現在の価格動向

ここまでEthereum Name Service(ENS)の特徴やサービスの概要について見てきましたが、価格動向はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、2022年5月現在の最新の価格動向をチェックしていきましょう。

ENSUSDチャート
引用:TradingView

2021年の年末から継続する仮想通貨全体の下落相場に連動し、Ethereum Name Service(ENS)に関してもここ最近は下落相場が継続しています。

過去には最高値である約88ドルまで上昇しましたが、2022年5月現在では上場以来最も低い12.5ドルあたりを推移しています。

2022年5月には、ステーブルコインの下落が震源となり仮想通貨全体で暴落が起きましたが、ENSはそれほど大きな価格変動がありませんでした。

すでに安値圏を推移している状況ですが、仮想通貨全体での下落が影響しなかったと言えるでしょう。

これからENSを購入したい方は海外取引所にビットコインなどを送金する必要があるので、これから取引所を開設する方は使いやすさにも定評のあるbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)のこれまでの価格動向

先ほどはEthereum Name Service(ENS)の最新の価格動向を解説してきましたが、ここでは過去の価格動向についてもチェックしていきましょう。

ENSUSD
引用:TradingView

Ethereum Name Service (ENS)は、2021年11月に上場されて直後に過去最高値である約88ドルを記録し、現在まで価格が下落している状況となっています。

2021年12月にも一度相場が急上昇し、再度80ドルを超える局面もありましたが、それ以後は仮想通貨全体の下落に影響されて下落相場が継続しています。

Ethereum Name Service (ENS)は上場されてからまだ日が浅いため分析も難しい通貨ではありますが、上場後にいきなり90ドル近い上昇を見せたことはそれだけ期待値が大きいことの現れでしょう。

現在は価格の下落が継続していますが、今後仮想通貨全体の反発に合わせて価格が急上昇してくることも十分に考えられる通貨であると考えられています。

Ethereum Name Service(ENS)を購入するならまずは国内取引所でビットコインなどを購入し、ENSを取り扱う海外取引所へ送金をするのが一般的です。

数ある国内取引所の中でもアプリの使いやすさや、高い安全性でbitFlyerの人気が高いので、気になる方は公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)の今後の見通し・予想

ここでは、Ethereum Name Service(ENS)の今後の見通しや予想などをご紹介していきます。

これからEthereum Name Service(ENS)の投資を考えている方は、詳しくチェックしていきましょう。

Ethereum Name Service(ENS)の今後の見通し・予想

・Ethereum Name Service(ENS)の利用者が増加することで価格の上昇が期待できる
・仮想通貨(暗号資産)に参入する人口が増えることで価格の上昇が見込まれる
・新たな仮想通貨取引所に上場することで価格の上昇が見込まれる

Ethereum Name Service(ENS)の利用者が増加することで価格の上昇が期待できる

Ethereum Name Service(ENS)を利用する人数が今後増加していくことで、ガバナンストークンであるENSも価格の上昇が期待されています。

ご紹介したようにEthereum Name Service(ENS)は、複雑なウォレットアドレスを「crypto.eth」のような任意の文字列に変換できる非常に便利なネーミングサービスです。

仮想通貨(暗号資産)に参入する人口が増えることで価格の上昇が見込まれる

仮想通貨への投資に参入する人口が増えることでも、Ethereum Name Service(ENS)の価格上昇は見込まれるでしょう。

というのも、仮想通貨の中で特に有名なEthereum(イーサリアム)だけでもアドレス間違いなどの誤送金が年間1万ETHを超えるとも言われており、それだけ仮想通貨の送金ミスは大きな問題です。

仮想通貨利用者の増加とともにEthereum Name Service(ENS)を使う人口が増えていくことは十分に予想できるので、今後の価格上昇も期待されています。

新たな仮想通貨取引所に上場することで価格の上昇が見込まれる

取引所への上場

今後、新しい仮想通貨取引所への上場が発表されることでEthereum Name Service(ENS)の価格が上昇することは十分に考えられています。

新たな仮想通貨取引所への上場が発表されることでEthereum Name Service(ENS)への注目が集まるだけでなく、ENSへの投資額も間違いなく増加していくでしょう。

現在は海外の仮想通貨取引所でのみ取り扱いされているENSですが、今後は国内の取引所へ上場する可能性もあるかもしれません。

これからEthereum Name Service(ENS)をはじめとした仮想通貨への投資を考えている方は、安全性が高いビットフライヤー最適です。

アプリの使いやすさや安全性にも定評がある取引所なので、気になる方はbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)の買い方

ここまで詳しくご紹介してきたEthereum Name Service(ENS)ですが、具体的な買い方が気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、Ethereum Name Service(ENS)の購入手順を分かりやすく解説していきます。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを入手する

まずは、国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入する必要があります。

国内取引所であれば、操作性や使いやすさの評判も高いbitFlyerが最適です。

ビットフライヤー

bitflyer-top
名称bitFlyer
取扱通貨数15種類
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

まだ国内仮想通貨取引所のアカウントを持っていない方は是非公式サイトを確認して見て下さい。

また、こちらの記事でビットフライヤーの評判・口コミを解説していますので気になる方は参考にしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

購入した仮想通貨を海外取引所に送金する

次に、上記の手順で購入したビットコインなどの仮想通貨を海外の取引所に送金する必要があります。

まずは送金したい仮想通貨取引所にて送金アドレスの確認を行なってください。

送金アドレスの確認ができたら国内取引所の管理画面にログインし、海外取引所に送金手続きを行います。

ここまでご紹介したように、送金アドレスに入力間違いがあると99%の確率で通貨が失われるので、間違いがないように注意しましょう。

海外取引所に送金した仮想通貨をUSDTなどのステーブルコインに交換する

無事に海外取引所に送金が完了したら、送金した通貨をステーブルコインに交換します。

現在Ethereum Name Service(ENS)を取り扱う多くの取引所では、USDTをはじめとしたステーブルコインとのペアを組んでいることが一般的となっています。

交換したUSDTなどのステーブルコインでEthereum Name Service(ENS)を取引する

最後に、ビットコインなどと交換したステーブルコインでEthereum Name Service(ENS)を取引しましょう。

上記の手順により、ENSの購入手続きは完了します。

ただ、この手順では海外取引所を利用しますが、海外の取引所は法律が未整備で安全性が担保されていない場合もありますので取引は自己責任で行なって下さい。

また、ご紹介したようにEthereum Name Service(ENS)を購入するためには、まず国内取引所から海外の取引所までビットコインなどを送金しなければなりません。

国内の取引所であれば、bitFlyer使い勝手がいいので、まずはbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Ethereum Name Service(ENS)に関するQ&A

最後に、Ethereum Name Service(ENS)に関するよくある質問をご紹介していきます。

Ethereum Name Service(ENS)に関するQ&A
  • Ethereum Name Service(ENS)を利用するメリットはありますか?
  • Ethereum Name Service(ENS)の利用には費用が必要ですか?
  • .eth以外の接尾辞(サフィックス)も使用できますか?

Ethereum Name Service(ENS)について、まだ疑問がある方は最後までチェックしてみてください。

Ethereum Name Service(ENS)を利用するメリットはありますか?

Ethereum Name Service(ENS)を利用することで、長く複雑な仮想通貨のウォレットアドレスを「○○○.eth」といったような任意の文字列に変換することができます。

仮想通貨は送金時に入力するアドレスを1文字でも間違えてしまうとコインが消失してしまうので、Ethereum Name Service(ENS)を利用することにより通貨が失われてしまうリスクを下げるメリットがあるでしょう。

また、ここ最近はEthereum Name Service(ENS)で設定したアドレスネームをTwitter上でのユーザーネームにしている著名人も多いので、そういったブランド面での利用も今後は注目されていくかもしれません。

Ethereum Name Service(ENS)の利用には費用が必要ですか?

Ethereum Name Service(ENS)を利用するためには、年間の定額費用が必要になります。

基本的な利用料としては年間5ドルですが、設定するアドレスネームの文字数によっても費用は異なるので注意してください。

また、設定時にイーサリアムでのガス代も発生するので、その点もあらかじめ把握しておきましょう。

ガス代

.eth以外の接尾辞(サフィックス)も使用できますか?

基本的に.ethを使うことが一般的となっています。

しかし、.eth以外にも「.com」「.org」「.xyz」「.io」といった従来の接尾辞にも対応しています。

すでに自分で取得しているドメイン名と同じものも使用できるので、お気に入り名前がある方はそれらを使用しても良いかもしれません。

Ethereum Name Service(ENS)のまとめ

今回は、Ethereum Name Service(ENS)のサービスの特徴や、今後の見通し・価格動向などについて解説してきました。

最後にもう一度、ご紹介した記事の内容を振り返っていきましょう。

この記事のまとめ

・Ethereum Name Service(ENS)とは、英語と数字で構成される覚えにくいウォレットアドレスを利用者が決める任意の文字列に変換できるサービス
・2022年1月現在は上場以来の最安値である14ドルあたりの価格帯で推移している
・今後も継続的な利用者の増加や新しい仮想通貨取引所での取り扱いが発表されることで、価格の上昇が予想されている
・Ethereum Name Service(ENS)は海外の仮想通貨取引所でしか購入できないため、まずは国内取引所でビットコインなどを購入する必要がある

bitFlyerは豊富な通貨数とビットコイン取扱量No1の仮想通貨取引デビューに最適な会社

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

2022年1月現在、Ethereum Name Service(ENS)は海外取引所でのみ取引することができるので、一度国内取引所からビットコインなどを送金してから取引をする必要があります。

bitFlyerは国内取引所で安全性も高く初心者でも利用しやすい取引所です。

アプリの使いやすさや操作性にも優れる取引所なので、これから仮想通貨への投資を考えている方はまずはbitFlyer公式サイトを確認してみて下さい。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる