仮想通貨ファクトム(FCT)について徹底解説|今後の見通しや価格予想・将来性は?

FCT

国内の暗号通貨取引所で取り扱われているファクトム(FCT)とは、一体どんな通貨なのか気になる人も多いと思います。

最近では、運営会社も解散している点から取引しても大丈夫なのか?また、今後価格の上昇は見込まれるのか?と考える人も多いことでしょう。

この記事では、そんなファクトム(FCT)の特徴や今後の価格動向について解説していくのでぜひ参考にしてください

この記事から分かること
  • ファクトムは2015年に開発された電子データを管理できる分散型プラットフォーム
  • ファクトムでは注目されている2つのプロジェクトがある
  • 現在は運営会社が解散し開発は停滞している
  • 海外の大手企業と提携をしている
  • 国内取引所では取り扱いなし

ファクトムは、2015年にアメリカで開発された電子データの保管や記録を行うことができる分散型プラットフォームです

運営会社であるファクトム社(Factom, Inc.)は、2020年4月に資金不足により解散しているため、現在は開発が停滞しています。

しかし、過去には大手企業と提携をしていた実績もあるので、期待されていたプロジェクトだったことは間違いありません

そんなファクトムは、国内取引所のコインチェックで扱っていましたが、2022年に入り上場廃止をしました。

ファクトム以外のアルトコインへ取引を検討する方や、ファクトムを海外取引所経由で保有したい方は、世界的に安全性が認められたbitFlyerが使いやすいので、ぜひbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいてみて下さい。

目次

ファクトム(FCT)とは

ファクトムとは、いったいどんな通貨なのでしょうか?

概要とともに見ていきましょう。

ファクトム-Top
名称ファクトム(Factom)
シンボルFCT
現在の価格(2022年8月現在)¥42.23
時価総額(2022年8月現在)¥439,207,473
時価総額ランキング(2022年8月現在)1105位
購入できる取引所国内取引所での取り扱いなし
詳細公式サイト

ファクトム(Factom)は、電子データの記録や保管を行うことができる分散型のプラットフォームです

日本では、ファクトムを通貨の名前と思っている方が多くいますが、実際はプラットホームの名称のことを指します

実際の通貨名は、ファクトトイド(FCT)と言いますが、多くの取引所や投資家の間ではファクトムと呼ばれています。

そんなファクトムは、運営会社の解散から1年以上たっていますが、解散当時から価格を落とさず一定の価格帯を維持しています。

現在は、開発が停滞しているため注目度の上昇の期待値は低いですが、開発の進捗状況によっては、再びが注目されるかもしれません。

過去にとても期待されたプロジェクトだったので、過去には国内取引所コインチェックにて取り扱っていましたが、チーム解散の影響で上場廃止をしました。

海外取引所経由でファクトムを取引する際や、他のアルトコイン取引をお考えの方は、17種類の豊富な通貨を扱っているbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ファクトム(FCT)の特徴

過去に大きな期待をされていたファクトムには、以下のような特徴があります。

ファクトムの主な特徴
  • ブロックチェーン技術を使い電子データの保管・記録を行える
  • 注目を集める2つのプロジェクトが進められていた
  • 有名企業や政府と提携をしていた

それぞれ詳しく解説するので、ひとつずつ見ていきましょう。

ブロックチェーン技術を使い電子データの保管・記録を行える

ファクトムは、書類などの電子データ記録を分散して管理するために作られたプラットフォームです。

保管・記録するデータは、住民票証券に関するデータ、さらに医療住宅ローンに関するデータなど幅広い分野での活用を想定して開発されていました。

なぜこういった、重要な電子データを分散管理するのかというと、ハッキングなどによる情報流出や、データ改ざんを防ぐためです。

既存の管理方法では、管理を行なっている1箇所が攻撃されてしまうとそこから、全ての情報が流失したり、データの改ざんをされてしまうリスクがあります。

ですので、そういったリスクを抑えるために分散して管理を行えるプラットフォームの開発を進めていたのです。

もちろん、リスクを軽減するだけでなく、ファクトムで管理することにより、手間や管理コストを抑えるといったことも期待されていました。

注目を集める2つのプロジェクトが進められていた

ファクトムでは、過去に2つのプロジェクトが大きな注目を集めていました。

注目されていた2つのプロジェクト
  • 医療データや記録を管理する「dLoc」システム
  • 住宅ローンデータの管理を行う「ファクトムハーモニー」プロジェクト

dLocシステム

dLocシステムとは、医療機関で取り扱われるデータや記録を安全に管理して、必要な時にすぐに取り出せる仕組みを作るためのプロジェクトです。

医療現場では、手術の記録や出生記録などさまざまな情報が各医療機関でバラバラに管理されていました。

こういったデータや書類を、ブロックチェーンの技術を使い安全に管理することで、情報の共有や管理を簡単に行えるようにするのです。

また、dLocシステムのプロジェクトでは「スマートロック」という技術も開発されていました。

スマートロックとは、QRコードを読み込むことで、保管されている個人情報や必要な書類データを即座に引き出せるという機能です。

dLocシステムのプロジェクトでは、こういった開発が進められていたので、医療業界などから大きな注目を集めていました。

住宅ローンデータの管理を行う「ファクトムハーモニー」プロジェクト

ファクトムハーモニープロジェクトは、住宅ローンや登記情報などの情報を、電子データ化して管理を行い、使いやすくするためのプロジェクトです

土地や建物を管理するためには、莫大な量の情報を管理する必要があるので、そういった情報を電子データ化して管理することで、管理の手間を減らしたり、管理費用を削減したりするのです。

また、管理にはブロックチェーン技術を使用するので、データの改ざん不正をできないようにすることも期待されていました。

しかし、現在は運営会社が解散して新しい情報も出ていないため、プロジェクトの進捗状況を知ることはできません

有名企業や政府と提携をしていた

ファクトムは、過去に大手企業や政府と提携をして事業を展開していました。

以下の企業などが、過去にファクトムと提携を報道されています。

2017年には、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と提携を行い、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から日本円で約50億円の資金提供を受けています。

また、その翌年にはアメリカの有名企業であるマイクロソフト技術提携を行なっています。この2つの提携先には、ビルゲイツ氏が関わっており、いかに注目されていたかがわかります。

さらに、2019年にはアメリカのエネルギー省が行なった、送電線を保護する実験にも参加しており、その後もブロックチェーン技術の提供を行うなど、国からの信頼も獲得していました

このようにファクトムは、順調に事業を展開しているようにも見えましたが、2020年4月に資金不足が原因で解散してしまっています。

しかし、ファクトムのオープンソースを開発しているコミュニティー「Factom Protocol Operators」は、現在も活動を行なっているので、開発自体は継続されているようです

現在は、運営会社が解散した影響もあり開発が停滞していますが、開発自体は続いています。

国内で唯一ファクトムを取り扱っていたコインチェックが上場を廃止したため、現在国内取引所で取引することはできません。

ファクトムを海外取引所経由で取引する際や、他のアルトコイン取引をしたい方は、世界的に安全性の認められたbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】ファクトム(FCT)の現在の価格動向

ファクトムは、現在でも開発が進んでいるといっても、価格自体は運営会社の解散時からほとんど変化していません。

2021年は多くの通貨が値上がりしましたが、ファクトムはどういった値動きをしたのでしょうか?チャートから確認しましょう。

2022年8月現在までのファクトムの値動き

以下のチャートがファクトムの値動きになります。2016年3月〜2022年8月現在までのFCT/USD週足チャートです。

2022年8月現在までのファクトムの値動き
引用:Trading View

ファクトムは、2017年の中頃から価格の上昇を始め、同年の10月から急激な価格上昇を記録しています。

この時期は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携と「仮想通貨バブル」の時期が重なったためこのような急激な価格上昇があったと考えられます。

しかし、その後は仮想通貨バブルの崩壊とともに価格を下げていき、2022年8月現在まで目立つ値動きは起きていません

主要銘柄との比較

ファクトムと主要銘柄の値動き比較
引用:Trading View

上の画像は、ファクトム(青色)イーサリアム(水色)ビットコイン(オレンジ色)を比較したチャートになります。

2018年には、大きな価格上昇を見せているファクトムですが、2020年のバブル期には小さな価格上昇にとどまっています。

小さな価格上昇といっても、2020年の後半から一時6倍以上の価格上昇をしていますが、他の通貨と比較するとその値上がりは小さなものと言えます。

また、2020年のバブル期を過ぎると、価格上昇が始まる前の価格へと再び下落しています。このことから、通貨に対する期待から起きた値上がりではなく、バブルによる一時的な値上がりだったことがわかります

こういった背景から、ファクトムは今後も注目度上昇が起きることは考えにくいと言えます。

コインチェックは国内で唯一ファクトムを扱っている取引所でしたが、現在は上場廃止されています。

ですので、値上がりする銘柄を探している方は、他の通貨をチェックするといいでしょう。

NFT市場の成長に合わせて人気上昇の期待が持てる通貨を探している方は、17種類もの豊富な通貨を扱っているbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】ファクトム(FCT)の価格に影響を与えるもの

現時点では、価格上昇が見込めないファクトムですが、今後まったく期待が持てないというわけではありません。

今後、値上がりする可能性もあるので、価格に影響を与えるポイントを紹介していきます。

ファクトムの価格に影響を与えるポイント
  • ファクトムの開発が進む
  • ファクトムの技術が普及する
  • 多くの取引所に上場する

ファクトムの開発が進む

ファクトムの価格に影響を与えるものとして一番重要なポイントは、プロジェクトの開発状況です

dLocシステムファクトムハーモニーといった有望なプロジェクトの開発が進めば、以前のように注目度が上昇することが大いに期待できます。

ファクトムは、プラットフォームとして事業を行なっているので、開発が進みプラットフォームの利用者が増えれば、人気上昇も必然的に起こると考えられるでしょう。

また、同じくプラットフォームとしてサービスを提供しているイーサリアム(ETH)は、DeFi(分散型金融)市場が急成長した2021年以降、価格を大きく上昇させています。

以下のチャートは、イーサリアムの価格推移を表したものです。

イーサリアムの価格動向
引用:Trading View

2020年の後半から仮想通貨の市場でDeFiが普及し、それと同時期にイーサリアムも大きく価格を上昇しています

同じプラットフォームを提供しているファクトムとしては、イーサリアムの事例が良い例と言えるでしょう。

こういった背景から、開発の進捗状況がファクトムの価格に影響を与えると考えられるのです

ファクトムの技術が普及する

ファクトムの技術は、医療や住宅ローンデータの管理以外にも、幅広い分野で利用することが可能です

ネット化が進む現代では、書類情報個人のデータなど莫大な量の情報を管理して保存する必要があるので、ファクトムの技術がさまざまな場面で重宝される可能性があります

幅広い分野で、ファクトムの技術が使用されるようになれば、ファクトムの知名度が上がり、人気上昇につながると考えられます。

多くの取引所に上場する

ファクトムが普及し、多くの暗号資産取引所に上場することでも注目度の上昇が期待できます。

取引できる取引所が増えれば、その分注目度も上がりますし投資家からの資金援助も受けやすくなります。

また、流動性が向上することで価格が安定するので、安心して保有できる通貨としても認識されるでしょう

ファクトムを2016年から取り扱っているコインチェックでは、現在の状況を受けて取り扱いを停止しました。

今後、他の銘柄も取引を行いたい方は、世界的にもトップクラスの安全性を誇る取引所bitFlyerから、今後上がりそうな銘柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年】ファクトム(FCT)の今後の見通し・予想

ファクトムは、2022年どのような値動きをするのでしょうか?

現在の状況をもとに予測をしていきます。

価格を予想するための要素
  • 上場している取引所の数
  • ファクトムの取引高
  • プロジェクト開発の進捗状況

上場している取引所の数

取引所への上場

現在、ファクトムが上場している有名な取引所は世界で7箇所しかありません。

実際には、もっと多くの取引所に上場しているかもしれませんが、仮想通貨の大手情報メディアであるCoinMarketCapCoinGeckoTradingViewの情報を見る限り上場数は7箇所だけとなります。

国内では2016年よりコインチェックのみが扱っていましたが、現在では上場廃止により取引はできない状態です。

上場数が少ないということは、通貨に対する期待値が薄いということになりますが、今後上場してくることも充分に考えられるでしょう

ファクトムの取引高

現在、ファクトムの取引高は非常に少ない状況です。

項目ファクトムビットコイン(比較対象)
時価総額ランキング1105位1位
時価総額¥438,158,761¥3,224,786.92
24h取引高$0.323755¥61,415,724,479,058
引用元:coingecko

この表を見てわかるように、ほとんど取引が行われていないのがわかります

取引が少ないということは、現状では通貨に対する関心がないと言えます。

今後のプロジェクト進捗についてはまだ未知数のため、ここを底値と捉えて復活への期待から取引をしている方も一定数いる状況です。

プロジェクト開発の進捗状況

ファクトムは、2018年ごろは技術提携などをして開発を進めていましたが、2020年に運営会社が解散したことをきっかけに開発が停滞しています。

現時点で、オープンソースを開発しているコミュニティー「Factom Protocol Operators」の活動は行われているようですが、プロジェクトに関する情報などはほとんどありません

他のプロジェクトがものすごいスピードで開発を行なっている中で、ファクトムは開発が停滞してしまっているので、今後他のプロジェクトを追い越して注目を浴びるのは難しいと言えるでしょう。

以上3つの要素を踏まえたうえで、2022年もファクトムの値上がりは小さいと考えられています。

しかし、運営会社が解散したからと言って、ファクトムそのものがなくなったわけではなく、現在でも取引はできる状況です。

事態が変わるかポジティブな動きがあれば、ファクトムが再注目される可能性も充分考えられます。

最近では、新しい通貨が次々に出てきているので、将来性があり値上がりが期待できるものに注目していくといいでしょう。

bitFlyerは、国内でも新しい通貨を取り扱うのが早い取引所なので、新しい通貨を取り扱いたいという方には便利な取引所です。

取引を検討している方はbitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ファクトム(FCT)を購入するのにおすすめの仮想通貨取引所

国内では、過去にコインチェックがファクトムを扱っていましたが、2022年に入り上場廃止をしました。

これから、海外取引所経由でファクトムへの取引を検討される方や、ファクトム以外のアルトコイン取引をしてみたい方は、国内取引所bitFlyerが最適な取引所です。

bitFlyerの特徴

bitflyer-top
取り扱い銘柄数17種類
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01%〜0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料、スプレッドあり)
ツールネットブラウザ、スマホアプリ
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう
ビットコインをつかう
かんたん積立
bitFlyerクレカ
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは国内取引所として長い実績があり、世界的に安全性が認められた取引所です。

初心者から上級者まで、安全に取引したい方にとって最適の会社と言えるでしょう。

ファクトムなどの通貨を海外経由で取引するには、まず国内取引所で送金用の通貨が必要となります。

bitFlyerでは、17種類もの通貨を扱っているので、手数料を抑えた状態で送金用通貨を保有することが可能です。

詳しくは、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

また、これ以外の仮想通貨取引所を利用しても取引はできますので、気になる方はぜひ仮想通貨取引所おすすめランキングの記事を確認して見て下さい。

【2022年】ファクトム(FCT)の今後の見通し・予想まとめ

ファクトム(FCT)の特徴や今後の価格動向について解説しました。

この記事のまとめ
  • ファクトムは2015年に開発された電子データを管理できる分散型プラットフォーム
  • 注目されていた2つのプロジェクトがあった
  • 現在は運営会社が解散し開発は停滞している
  • 取引が少なく人気も低いため価格の上昇は未知数
  • 国内でファクトムを取り扱っている取引所はない

今回解説したファクトムは、現時点では人気が上昇する要素は少ないです

しかし、現時点でも取引ができるという点を考えると、今後どのような動きになるかは未知数と言えます。

コインチェックでの上場が廃止されたことにより、2022年8月現在では国内でファクトムを扱っている取引所はありません。

取引を行いたい銘柄が決まっていない方は、17種類もの通貨を扱っている、国内取引所bitFlyerをチェックしてみると良いです。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる