Theta Network(THETA/シータ)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

THETAとは
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

Theta Network(THETA)は次世代の動画配信プラットフォームです。

最近ではSONYと提携したことで話題を集め、名前を耳にしたこともある方も多いのではないでしょうか。

独自トークンであるTHETAは大手取引所でも取り扱われており、ランキング上位をキープしています。

そこでこの記事ではTheta Network(THETA)の特徴や将来性について、これから仮想通貨を始める方にもわかりやすく解説します。

この記事からわかること
  • Theta Network(THETA)は管理者のいない動画配信を実現するプラットフォーム
  • ブロックチェーン技術により高画質かつ低コストでの動画配信が可能
  • 大手企業からの出資を受けており、期待度が高い
  • THETAはガバナンストークンとしての役割を持つ
  • Theta Network(THETA)の入手は海外取引所が必要

Theta Network(THETA)は多くの有名企業から出資を受けており、その将来性が期待されているプラットフォームです。

従来のプラットフォームとは一線を画しており、Theta Network(THETA)は今後の動画配信の形を変えるほどの魅力を秘めています。

Theta Network(THETA)の独自トークンであるTHETAの入手には、まず国内取引所での仮想通貨取引が必要です。

まずイーサリアムなどを保有する必要があるので、国内取引所の中でも人気の高いBITPointの公式サイト をチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Theta Network(THETA)とは?

ここではTheta Network(THETA)について詳しくみていきましょう。

Theta Network(THETA)とは?
Next generation video and entertainment blockchain powered by you.
引用:Theta
名称Theta Network
シンボルTHETA
現在の価格(2024年5月現在)¥324.81
時価総額(2024年5月現在)¥324,812,769,534
時価総額ランキング(2024年5月現在)50位
入手できる取引所Binance、gate.io、OKEx
詳細公式サイト

Theta Network(THETA)は分散型の動画配信プラットフォームです。

ブロックチェーン技術により、特定の管理者を必要としない仕組みのため、高画質での動画配信や低コストでの運用が実現しています。

そのため、従来の動画配信の課題を解決するプラットフォームとして期待されているといえます。

YOUTUBE共同経営者のSteve Chen氏をアドバイザーとして起用していることからも、プロジェクトとしての信頼度や将来性の高さがうかがえます。

また、Theta Network(THETA)内で発行される「TEHTA」はガバナンストークンとしての役割を持っており、保有することで運営に対する発言権を得られます。

そんなTheta Network(THETA)の入手には、まず国内取引所のアカウント作成を行いましょう。

まずイーサリアムなどを保有する必要があるので、国内取引所の中でも人気の高いBITPointの公式サイト をチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Theta Network(THETA)の特徴

Theta NetworkやTHETAが持つ特徴は次の通りです。

Theta Network(THETA)の特徴
  • 高画質・低コストな動画配信が可能
  • ステーキングに対応している
  • Multi-Level BFTの採用

高画質・低コストな動画配信が可能

Theta Network(THETA)ではより高画質で低コストでの動画配信を可能としています。

なぜならブロックチェーン技術によって、動画配信の負荷を分散できる仕組みになっているためです。

これまでの動画配信サービスでは以下のような課題がありました。

これまでの動画配信サービスのデメリット
  • サーバの維持費用の高さ
  • 4K・8Kの高画質に対応できない
  • 運営の都合によって動画配信が停止される
  • サーバの不具合でアクセスできない

これらの課題は、運営や動画の管理等を全て一点で集中して行う、中央集権的であるために起こる弊害です。

しかし、Theta Network(THETA)であれば、ブロックチェーン技術によって利用するユーザーそれぞれがサーバーの役割を果たすため、動画配信にかかる負荷を分散させられます。

そのため、サーバーにかかるコストを抑えられると同時に、4K・8Kといった高画質の動画を低スペックなPCでも楽しめます。

ステーキングに対応している

Theta Network(THETA)はPoSのコンセンサスアルゴリズムを採用しているため、ステーキングで利益を得られます。

コンセンサスアルゴリズムとは?

ブロックチェーン上での取引を承認する仕組みのこと。

取引内容の正誤を確認し、ブロックチェーンに取引記録の入ったブロックを繋ぎこむ作業を行います。

PoSは通貨を保有しておくだけで利益を得られる仕組みとなっており、処理速度や環境への負荷から現在主流になりつつあるアルゴリズムです。

従来のアルゴリズムに比べて、通貨の保有量や保有期間に比例して獲得できる利益も大きくなります

そのため、Theta Network(THETA)を長期保有しようとする人が増え、価格の上昇に繋がりやすいのが特徴です。

Multi-Level BFTの採用

Theta Network(THETA)では、ブロックチェーン技術にMulti-Level BFTを採用しています。

Multi-Level BFTはブロックの承認作業を高速化し、なおかつ高度なセキュリティを保つための技術です。

従来の動画配信サービスでは、データ量の多い4K・8Kといった高画質な動画はサーバに与える負荷が大きく、再生が困難であるという課題がありました。

しかし、Theta Network(THETA)はMulti-Level BFTの搭載によって、複数の端末間で動画の負荷を分散して処理速度を大きく向上させています。

そんなTheta Network(THETA)は国内取引所を経由して、海外取引所で入手する必要があります。

まずは送金用の通貨を用意するために、国内取引所の中でも人気の高いBITPointの公式サイト をチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Theta Network(THETA)の現在の価格動向

高画質かつ高速な動画配信を可能にしたTheta Network(THETA)ですが、現在の価格動向はどうなっているのでしょうか。

以下は2022年~2024年現在におけるTheta Network(THETA)のチャートです。

Theta Network(THETA)の現在の価格動向
引用:TradingView

Theta Network(THETA)は現在、仮想通貨市場の盛り下がりに影響を受け、価格は下降気味に推移しています。

2022年初こそは$5を保っていたものの、同年1月の後半には価格を$2.5にまで落とし、その後は$2.5〜4あたりを上下しながら推移しました。

2023年に入っても下落の流れは収まりませんでした。

仮想通貨市場全体での下落に連動して、Theta Network(THETA)も価格を下げたと考えていいでしょう。

Theta Network(THETA)の現在の価格動向
引用:TradingView

直近の価格動向に絞って見ると2023年10月後半から上昇を見せていますが、これはビットコインの現物ETF承認による連動した上昇です。

2023年の始値から見ると約80%ほどの上昇を見せており、今後の上昇トレンド継続にも期待が持てます。

そんなTheta Network(THETA)の入手には、まず国内取引所のアカウント作成を行う必要があります。

まずは送金用の通貨を用意するために、国内取引所の中でも人気の高いBITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Theta Network(THETA)のこれまでの価格動向

現在$1ほどで推移し、入手するには手頃な価格となっているTheta Network(THETA)

では、これまではどのような価格動向をしてきたのでしょうか。

ここでは以下の2つの期間に区切って、Theta Network(THETA)の価格動向をチェックしましょう。

Theta Network(THETA)のこれまでの価格動向
  • 2018年1月17日〜2020年12月31日
  • 2021年1月1日〜2021年12月31日

2018年1月17日〜2020年12月31日

2018年1月17日〜2020年12月31日のチャート
引用:TradingView

Theta Network(THETA)は2018年1月に取り扱い開始以降、2020年の終わりにかけて大きな価格変動は見られません。

取り扱い直後は$1を下回っており、出だしとしては少し心配になる価格でスタートしています。

その後も$0.1〜0.2ほどを横ばい状態で推移しますが、2020年9月頃から徐々に価格が上向いてきます。

$0.5、$0.6と小さいながらも上昇を重ね、2020年後期には価格を小刻みに上下させながら右肩上がりに推移していきました。

2021年1月1日〜2021年12月31日

021年1月1日〜2021年12月31日のチャート
引用:TradingView

Theta Network(THETA)は2021年に大きな転機を迎えます。

2020年の後半から徐々に上昇しつつあった価格は、2021年3月をさかいに急上昇を見せ始めます。

3月29日には過去最高額となる$13.1の終値をつけ、取扱当初と比べても100倍以上に価格上昇しました。

この背景には3月に行われたTheta Network(THETA)の大型アップデートが大きく影響したと考えられます。

アップデートによって処理速度が高速化し、ユーザーの利便性が向上したことも価格に影響しているでしょう。

その他にも、

  • 大手企業による100億円単位のTheta Network(THETA)ステーキング
  • Theta Network(THETA)の日本展開のスタート

といった良いニュースもあり、価格の上昇を後押ししました。

その後は価格を落ちつかせ、$4〜8あたりを推移しましたが、Theta Network(THETA)への注目度が高まった年といえるでしょう。

BITPointではTheta Network(THETA)取引に必要になる通貨を入手できるため、興味のある方はBITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Theta Network(THETA)の今後の見通し・予想

ブロックチェーン技術を活用した高画質・低コストでの運用など、Theta Network(THETA)の将来性を判断する明るい要素は豊富にありました。

そのため、Theta Network(THETA)の動向にも期待が持てるでしょう。

Theta Network(THETA)の今後を見通す上では、以下のポイントも重要になってきます。

Theta Network(THETA)の今後の見通し・予想
  • 大手企業からの出資を受けている
  • 動画配信サービスの需要拡大による普及
  • SONYとの提携によるNFTの発表

大手企業からの出資を受けている

Theta Network(THETA)は現在、多くの大手企業から注目を浴びており、多額の出資を受けています。

Theta Network(THETA)に出資している企業の例
  • Google
  • GREE
  • サムスン
  • Binance

Theta Network(THETA)は上記のような、世界を舞台に活躍する企業から一目を置かれています。

また、世界的規模を誇る「Binance」から出資を受けていることも、将来性を感じさせるポイントです。

大手企業の出資は、Theta Network(THETA)の将来に可能性を感じた証拠でもあるため、今後さらに注目度が上昇する可能性は十分であるといえるでしょう。

動画配信サービスの需要拡大による普及

Theta Network(THETA)は動画配信サービスの需要拡大とともに、一般的に普及していく可能性があります。

現在、動画配信市場は急激にその勢いを伸ばしています。

一般財団法人デジタルコンテンツ協会によると、2021年の動画配信市場規模は推計4,320億円であると公表しました。

動画配信サービスの需要拡大による普及
引用:PR TIME

2019年では2,770億円の計算になっており、約1.5倍にまで市場規模が拡大していることがわかります。

特にこれからは4K・8Kといった高画質動画が求められる時代になっており、その需要は今後伸びていくと考えられるでしょう。

Theta Network(THETA)は高画質の先駆けとなり、多くの動画クリエイターや視聴者が流入してくることで、より注目を集める可能性があります。

SONYとの提携によるNFTの発表

2022年5月、Theta Network(THETA)はSONYと提携し、NFTを発表したことでも話題となりました。

具体的には、SONYの最新技術を活用した「Spatial Reality Display」と互換性を持つ3D NFT「The TikiGuy」を発表しています。

SONYとの提携によるNFTの発表
引用:Theta Drop

The TikiGuyはハワイの神々をかたどった像や石像がモチーフとなっており、10個限定での製作予定との計画です。

SONYの持つディスプレイ技術とNFTの融合により、Theta Network(THETA)はさらに知名度を高めています。

今後The TikiGuyの注目次第によっては、Theta Network(THETA)の価格に大きく影響を与える可能性があるでしょう。

Theta Network(THETA)の買い方

Theta Network(THETA)を入手する方法は以下の手順の通りです。

Theta Network(THETA)の買い方
  1. BITPointアカウント作成
  2. 海外取引所のアカウント作成
  3. 海外取引所へ送金を行い、THETAを入手

1.BITPointでアカウント作成

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

2.海外取引所のアカウント作成

次に海外取引所でもアカウント作成を進めましょう。

Theta Network(THETA)の取り扱いがある海外取引所は以下の通りです。

Theta Network(THETA)の取り扱いがある海外取引所
  • Binance
  • gate.io
  • OKEx

海外取引所も国内取引所同様に、アカウント作成を無料で行えます。

しかし、海外取引所の利用は日本の金融庁から警告が出ているため、取引の際は自己責任で行うようにしてください。

3.海外取引所へ送金を行い、THETAを入手

最後に国内から海外取引所へ仮想通貨を送金し、THETAを入手しましょう。

送金の際は送金アドレスを指定して仮想通貨を送りますが、送金アドレスに誤りがないかを必ずチェックしてください。

仮に送金アドレスを間違ってしまうと、仮想通貨の紛失に繋がってしまいます。

送金アドレスはコピペを行い、手入力を避けた上で慎重に作業を行いましょう。

Theta Network(THETA)に関するQ&A

ここではTheta Network(THETA)についてよくある疑問について回答していきます。

Theta Network(THETA)に関するQ&A
  • Theta Network(THETA)ではどんな動画コンテンツを配信している?
  • Theta Network(THETA)の国内取引所上場の可能性はある?

Theta Network(THETA)ではどんな動画コンテンツを配信している?

Theta Network(THETA)が提供している「Theta.tv」はeスポーツ動画の配信をメインとしています。

例えば、League of LegendsやHeathstoneなどの、国内外問わずに話題となっているゲームの配信が多い印象です。

他にもエンタメや仮想通貨情報などの配信を行うチャンネルもあり、今後マルチな分野にも対応していくかもしれません。

また、2020年9月にはLINEブロックチェーン上でサービス展開を行い、日本向けにもサービスをスタートしているため、今後日本での普及していく可能性もあるでしょう。

Theta Network(THETA)の国内取引所上場の可能性はある?

現状、運営からの国内取引所上場の発表はありませんが、今後上場する可能性は十分に考えられます。

Theta Network(THETA)は時価総額ランキングも上位に位置しており、日本へのサービス展開も行っているためです。

今後国内でTheta Network(THETA)が注目されることで、国内取引所での上場が期待できるでしょう。

Theta Network(THETA)のまとめ

この記事ではTheta Network(THETA)の特徴や将来性について解説しました。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • Theta Network(THETA)は管理者のいない動画配信を実現するプラットフォーム
  • ブロックチェーン技術により高画質かつ低コストでの動画配信が可能
  • 大手企業からの出資を受けており、期待度が高い
  • THETAはガバナンストークンとしての役割を持つ
  • Theta Network(THETA)の入手は海外取引所が必要

近年は新型コロナウイルスの影響もあり、自宅で動画配信プラットフォームに触れる時間が増えてきました。

Theta Network(THETA)は既存のプラットフォームと一線を画した特徴から、今後の動画配信市場を牽引していく存在として期待できるでしょう。

現在2ドル程で推移しているTheta Network(THETA)は、海外取引所で入手する必要があります。

BITPointではTheta Network(THETA)取引に必要な通貨を揃えているので、興味のある方はぜひBITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次