仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは?今後の見通し・将来性や価格予想を徹底解説

仮想通貨TRX 将来性・見通しを徹底解説
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

トロン(TRON/TRX)とは、動画やゲーム、音楽などのデジタル作品をクリエイターが自由に発表できるプラットフォームを目指しているプロジェクトです。

2021年3月には大手国内取引所であるBitPointに上場したことでも知られており、当時は非常に大きな注目を集めました。

この記事では、そんなトロン(TRON/TRX)の特徴や価格動向、また今後の見通しまで詳しく解説していきます。

この記事からわかること
  • トロン(TRON/TRX)とは、デジタルコンテンツを配信する非中央集権型のプラットフォームを構築するプロジェクト
  • トロン(TRON/TRX)では個人でもICOができるので、クリエイターにとって活動しやすい環境を提供している
  • 2024年4月現在、トロン(TRON/TRX)は上昇相場にあり約18円あたりの価格帯で推移している
  • トロン(TRON/TRX)を保有するなら、大手国内取引所のDMM Bitcoinが利用しやすい

トロン(TRON/TRX)はデジタルコンテンツを公開するためのプラットフォームを目指しており、今後NFTがより一般層にも広まることでトロンに注目が集まることも十分に考えられます。

トロン(TRON/TRX)を手軽に取引してみたい方には、日本円での取引ができるDMM Bitcoinが利用しやすい仮想通貨取引所となります。

まだ国内取引所のアカウントをお持ちでない方は、ぜひ一度DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

目次

トロン(TRON/TRX)とは?

tron公式サイト
名称TRON(TRX)
シンボルTRX
現在の価格(2024年4月現在)¥18.01
時価総額(2024年4月現在)¥1,576,945,169,693
時価総額ランキング(2024年4月現在)15位
調達できる取引所BitPoint
DMM Bitcoin
BitTrade
OK CoinJapan
詳細TRON公式サイト

トロン(TRON/TRX)とは、クリエイターが動画や音楽などのコンテンツを公開できるプラットフォームを目指しているプロジェクトとなります。

簡単に言うとアーティストやクリエイターを支援し、エンタメ業界を盛り上げるためのプロジェクトとも言えるかもしれません。

仮想通貨の中でも特に有名なビットコインでは、中央の管理者に影響されない非中央集権型の取引システムを作ることを目的としています。

しかし、トロン(TRON/TRX)はブロックチェーンのテクノロジーを活用してコンテンツ配信のプラットフォームを作ろうとしているので、そういった特徴は従来の仮想通貨とは大きな違いと言えるのではないでしょうか。

これからトロン(TRON/TRX)を少額でも保有してみたいという方は、この機会にDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

トロン(TRON/TRX)の特徴

ここでは、トロン(TRON/TRX)の特徴についてより詳しく解説していきます。

今後トロン(TRON/TRX)の保有を検討していたり、プロジェクトに関心を持っていたりする方はぜひ参考にしてみてください。

トロン(TRON/TRX)の特徴
  • デジタルコンテンツの配信をメインとした非中央集権型のプラットフォーム
  • 個人でもICOをすることができる
  • トランザクションの処理速度が非常に速い
  • トロン(TRON/TRX)の強力なパートナーシップ
  • クリエイターへのインセンティブ
  • 分散型アプリケーション(Dapps)のサポート

デジタルコンテンツの配信をメインとした非中央集権型のプラットフォーム

先ほども少し解説したように、トロン(TRON/TRX)は動画や音楽などのデジタルコンテンツの配信を目的としたプラットフォームです。

動画や音楽などを配信するプラットフォームでは、すでにYouTubeなどの大きなシェアを獲得しているものがありますが、YouTubeをはじめとした従来のプラットフォームは一企業が所有している中央集権的な運営がなされています。

しかし、トロン(TRON/TRX)のプロジェクトでは中央の管理者がいない「非中央集権型」のプラットフォームを構築することを目的としています。

デジタルコンテンツ配信のプラットフォームを非中央集権にすることで、以下のようなメリットを享受することが可能です。

非中央集権型プラットフォームのメリット
  • クリエイターとユーザーが直接繋がることができるので、運営者による手数料の徴収がない
  • 運営者のサーバーダウンなど、プラットフォームが利用できなくなる問題点を解決できる
  • 再生回数などによる報酬体系ではなくなるので、質の悪いコンテンツは淘汰されていく

また、トロン(TRON/TRX)のように分散型の非中央集権型運営とすることで、理由も分からず突然アカウントがBANされてしまうといった、クリエイター側にとっては死活問題となるリスクを回避できる点もメリットと言えるでしょう。

個人でもICOをすることができる

トロン(TRON/TRX)のプラットフォーム上では、個人でもICO(Initial Coin Offering)をすることができます。

ICOとは、独自のトークンを新規発行して資金の調達を行うことを指しており、様々なDEXやDeFiプロトコルでもICOが行われています。

つまり、個人でICOを行えるということはコンテンツ作成に必要な資金調達が可能であるため、トロン(TRON/TRX)はクリエイターの方にとって非常に活動が行いやすいプラットフォームと言えるでしょう。

また、ICOを行ったクリエイターの作品に人気が出ることで独自トークンの価値が高まることも予想されるので、投資家にとっても好きなクリエイターを直接応援できる環境が整っているとも言うことができます。

トランザクションの処理速度が非常に速い

トロン(TRON/TRX)の最後の特徴として、トランザクションの処理速度が早いことが挙げられます。

特に近年では様々なDappsが開発されているイーサリアムのスケーラビリティ問題が大きな課題となっており、送金詰まりやガス代の高騰などが問題視されています。

以下にトロン(TRON/TRX)やその他の仮想通貨のトランザクション処理速度をまとめたので、ご覧ください。

仮想通貨銘柄トランザクション処理速度
トロン(TRX)2,000件
リップル(XRP)1,500件
ビットコイン(BTC)16件
イーサリアム(ETH)16件

上記のように、トロン(TRON/TRX)は処理速度が速いと言われているリップル(XRP)よりも速いことは大きな特徴と言えるでしょう。

これからトロン(TRON/TRX)の保有を検討している方は、DMM Bitcoin公式サイトでトロンをはじめとした38銘柄(レバレッジ取引を含む)のラインナップを確認してみてはいかがでしょうか。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

トロン(TRON/TRX)の強力なパートナーシップ

トロン(TRON/TRX)は、様々な企業や組織と協力して、ブロックチェーン技術の普及やイノベーションを促進しています。

例えば、以下のようなパートナーシップがあります。

パートナーシップ

Moonstake:ステーキングサービスを提供するウォレットプラットフォームです。トロンと提携して、TRXのステーキング対応やDeFi分野での協力を進めています2。
Samsung:世界的なスマートフォンメーカーです。トロンと提携して、Samsung Blockchain KeystoreにTRXをサポートしたり、Samsung Galaxy Storeに(TRON/TRX)のDAppsを掲載したりしています34。
BitTorrent:世界最大のP2Pファイル共有プラットフォームです。トロンは2018年にBitTorrentを買収し、BitTorrent Token(BTT)を発行して、BitTorrentネットワークにブロックチェーン技術を導入しています 。
Opera:人気のウェブブラウザです。(TRON/TRX)と提携して、OperaブラウザにTRXやBTTのウォレット機能やトロンのDAppsへのアクセス機能を追加しています 。
Swisscom Blockchain:スイス最大の通信会社Swisscomの子会社で、ブロックチェーンソリューションを提供する企業です。(TRON/TRX)と提携して、トロンネットワークの安全性や信頼性を向上させるために、公式バリデーターとして参加しています。


他にも、(TRON/TRX)はPoloniexやSteemitなどの有名なプラットフォームとも協力関係にあります。

トロンは、これらのパートナーシップを通じて、ブロックチェーン技術の可能性や価値を広めていくでしょう。

クリエイターへのインセンティブ

トロンは、インターネットのコンテンツやデータを中央集権的な企業や機関に支配されずに自由に共有できるようにすることを目指しています。

トロンは、エコシステムの拡大やイノベーションの促進のために、開発者やクリエイターを支援するさまざまな取り組みも手掛けているのです。

ユーザーエンゲージメントの報酬を受け取れる

トロンは、インターネットのコンテンツやデータを中央集権的な企業や機関に支配されずに自由に共有できるようにすることを目指しています。

そのため、トロンプラットフォーム上で動作するDAppsやウォレットなどでは、TRXやBTTなどのトークンを使って、コンテンツの提供者やクリエイターに対価を支払ったり、受け取ったりすることが可能です。

しかしBitTorrent Speedのシステムで、コンテンツの消費者や関与者も報酬化する仕組みを提供しています。

分散型アプリケーション(Dapps)のサポート

分散型アプリケーション(Dapps)は中心化されたサーバーに依存せず、ブロックチェーン技術を基に作られます。

これによりユーザー間の直接的なやりとりが可能になり、中間者を排除することができるのです。

トロンはそのネットワーク上でDappsを作成・展開するためのフレームワークを提供しています。

開発者はトロンのブロックチェーンとスマートコントラクト機能を利用して自身のDappsを作り、ユーザーに対して各種サービスや製品を提供することが可能です。

このような支援により、トロンプラットフォームは新たな価値創造とエコシステムの成長を促進しています。

トロン(TRON/TRX)の現在の価格動向

トロン(TRON/TRX)の現在の価格動向
引用:TradingView

上記の画像はトロン(TRX/USDT)の直近約2年の価格動向を表したものですが、画像の通り現在は下落相場に直面している状況から抜け出し、約218円近辺を推移しています。

2022年2月24日には、ロシアがウクライナ領土への侵攻を始めたことで仮想通貨全体の価格が大きく下落し、トロン(TRON/TRX)もその影響を受け価格を落としていました。

まだまだロシアとウクライナの情勢がはっきりして来ないほか、現在はイスラエルとハマスの衝突による中東情勢悪化も懸念されています。

今後もトロン(TRON/TRX)をはじめとした仮想通貨全体で非常にボラティリティの高い期間が継続するかもしれません。

また、2022年5月にはステーブルコインUSTのディペッグ問題で、仮想通貨市場が大きく冷え込みましたが、TRONは底固い動きを見せました。

以下は、2023年~2024年4月に拡大したチャートです。

TRX直近価格動向
引用:TradingView

2023年は仮想通貨市場全体での冷え込みがありましたが、トロンは単独の動きを見せ上昇トレンドを形成しています。

2023年後半はビットコインのETF現物承認期待の高まりも上昇を後押ししたと言えるでしょう。

2024年1月下旬にかけては、仮想通貨市場全体で下落傾向でしたが、トロンは高値を更新中で単独での強さを見せています。

トロンでは高利回りのステーブルコインであるUSDDのローンチをしたことがきっかけとなり、大きな下落を免れて上昇したと考えられています。

現在、なかなか直近の動向が見えにくいトロン(TRON/TRX)ですが、今後取引を検討している方はこの機会にDMM Bitcoin(PR)の公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

トロン(TRON/TRX)のこれまでの価格動向

トロン(TRON/TRX)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

次に、トロン(TRON/TRX)のこれまでの価格動向をチェックしていきましょう。

トロン(TRON/TRX)のこれまでの価格動向で押さえておきたい部分としては、2021年3月〜5月にかけての急騰でしょう。

ここでは、国内の仮想通貨取引所であるBitPointに上場したタイミングとなっており、そこで大きな注目を浴びたことで価格を上昇させた歴史があります。

その後は一度価格も大きく下落してしまいますが、2021年9月にはBitTradeでの取り扱いが発表され、再度価格が上昇しています。

しかし、上昇傾向にはあるので、最高値への挑戦を見せてもおかしくはないでしょう。

これからトロン(TRON/TRX)を少しでも保有しておきたいという方は、この機会に日本円で気軽に取引ができるDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

なお、以下のようなタイミングで価格変動が定期的に発生しています。

TRONのトークンバーニング

TRONは、TRXの市場価値を高めるため、2023年5月に約2.69億TRXのトークンを焼却(バーン)すると発表しました。

この戦略に従って、旧バッチのTRXの約99%が焼却されています。

Justin Sunに対するSECの訴訟

TRONの元CEOであるJustin Sunが米国証券取引委員会(SEC)から訴えられました。

Sunは証券として登録せずにTRON(TRX)を取引したとして告発され、これがTRON(TRX)の保有者に懸念をもたらしています​​。

これによりTRXのホルダーは不安を感じ、一部が売却を始めました。この時点でのTRXの価格は0.069ドルでした。

Justin Sunのミームコイン取引発表

Justin Sunは、公開アドレスを通じてミームコインと有望なプロジェクトをアクティブに取引すると発表しました。

彼はすべての利益を慈善事業に寄付し、これらの取引からの損失はすべて自己負担すると語っています​​。

トロン(TRON/TRX)の今後の見通し・将来性

ここでは、トロン(TRON/TRX)の今後の見通しや予想をご紹介していきます。

トロン(TRON/TRX)のポジティブな面・ネガティブな面の両方の見通しを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

トロン(TRON/TRX)の今後の見通し・予想
  • 新しい大手企業との提携が考えられる
  • 新しい仮想通貨取引所に上場した際は価格が変動することも考えられる
  • 長期的に期待できるプロジェクトであるもののいくつかの課題も残っている
  • ドミニカ共和国での国家通貨として成功するか
  • トロン(TRON/TRX)のロードマップについて

新しい大手企業との提携が考えられる

2024年4月現在、トロン(TRON/TRX)は以下のような大手企業との提携を発表しています。

トロン(TRON/TRX)と提携している企業例
  • Samsung:韓国に拠点を置く世界的な電子製品・家電メーカー
  • Obike:シンガポールに拠点を置く自転車のシェア事業を展開する大手企業
  • Opera:ノルウェーにてソフトウェア開発事業を展開する中国の傘下企業
  • BitTorrent:アメリカのサンフランシスコを拠点としているソフトウェアの開発を行う大手企業
  • Swisscom:スイスのイッティンゲンを拠点としたスイスで最も有名で大きい電気通信事業企業

上記のように、トロン(TRON/TRX)は様々な企業と提携を行っており、中でもObikeといった企業ではトロンをもとに発行された「Ocoin」と言う仮想通貨での支払いも受け付けています。

トロン(TRON/TRX)は様々な企業との提携に積極的なので、今後の見通しとして新しい大手企業との提携も十分に考えられるでしょう。

新しい仮想通貨取引所に上場した際は価格が変動することも考えられる

今後の見通しとして、新しい仮想通貨取引所にトロン(TRON/TRX)が上場することも考えられます。

2024年4月現在、国内の取引所でトロン(TRON/TRX)を取り扱いしているのはBitPointBitTradeOK CoinJapanDMM Bitcoinのみとなっているので、今後新しい取引所に上場されてもおかしくないでしょう。

また、先ほどトロン(TRON/TRX)の価格動向でも解説したように、トロンは新しい取引所への上場をきっかけに上昇相場に転じてきた歴史を持っています。

今後、新規取引所への上場が発表されることで、トロン(TRON/TRX)の価格が変動することも考えられるのではないでしょうか。

長期的に期待できるプロジェクトであるもののいくつかの課題も残っている

ここまでご紹介したように、トロン(TRON/TRX)は非常に今後が期待できるプロジェクトですが、いくつか課題も残っています。

中でもトロンの競合となるYouTubeはGAFAの一つであるGoogleが運営しているサービスとなっており、非常に競合他社が強いことが挙げられます。

また、トロン(TRON/TRX)は中央の管理者がいない非中央集権のプラットフォームなので、投稿された動画を規制する管理者がおらず著作権などの問題に直面する可能性も否定できません。

長期的には非常に期待できるプロジェクトではあるものの、メリットだけでなくネガティブな側面も把握しておく必要があるでしょう。

しかし、2022年5月31日には、トロンのDeFi預け入れ総額が3位に急浮上したことが大きな話題となりました。(参考:仮想通貨トロンのネットワークが急成長、DeFi預け入れ総額3位に)

Defiプロジェクトの中で3番目に食い込んだことは高い将来性に期待を持たせる要因となっています。

ドミニカ共和国での国家通貨として成功するか

TRONプロトコルは、2022年10月にドミニカ共和国のブロックチェーン・インフラとして認定されました。

トロンの創設者であるジャスティン・サン氏もトロン関連の7銘柄がドミニカ共和国で正式なデジタル通貨に公認されたと発表しています。

ビットコイン以外が国家のプロトコルとして採用されるのは初の事例であるため、2023年以降は今回の事例が価格動向に関わってくると考えていいでしょう。

世界的にドミニカの歴史と観光業を宣伝することが目的とされていますが、成功事例となればトロンの価格も上昇すると考えられます。

トロン(TRON/TRX)のロードマップについて

トロンは、2017年から2027年までの10年計画で6段階の開発が進められています。今後の機能拡充により、さらに世の中を変えるサービスとなる可能性があります。

1段階:Exodus(旅立ち) 期間:2017年8月~2018年12月

目的:分散型ストレージ技術を利用して、デジタルコンテンツの配信と消費を可能にする。 成果:Peiwoなどのパートナーと連携して、トロンプロトコルを実装。

2段階:Odyssey(オデッセイ) 期間:2019年1月~2020年6月

目的:投げ銭モデルを導入して、コンテンツ制作者に報酬を与える。 成果:トロンネットワーク上でスマートコントラクトとDAppsを開発できるようにする。

3段階:Great Voyage(大航海時代) 期間:2020年7月~2021年6月

目的:個人ブランドやファン経済を構築するために、個人のICO(Initial Coin Offering)をサポートする。 成果:TRC-20規格のトークン発行機能や、トークン購入者への配当機能などを提供。

4段階:Apollo(アポロ) 期間:2021年7月~2023年3月

目的:トークン発行者に対して、自由度の高いブロックチェーン設定やガバナンス機能を提供する。 成果:未実施

5段階:Star Trek(スタートレック) 期間:2023年4月~2025年9月

目的:オンラインゲームや予測市場などの分散型アプリケーションを開発し、トロンネットワーク上で運営する。 成果:未実施

6段階:Eternity(永遠) 期間:2025年10月~2027年3月

目的:ゲーム開発者やコミュニティに対して、ゲーム資産のクラウドファンディングやゲーム改善の支援を行う。 成果:未実施

以上がトロンのロードマップです。現在は5段階目のApolloに入っていますが、具体的な進捗状況は公式サイトやTwitterで確認できます。

トロン(TRON/TRX)の今後の価格予想

予想サイトや著名人のトロン(TRON/TRX)価格予想を調べてみましょう。

トロン(TRON/TRX)の今後の価格予想
  • Coinpediaの予想
  • Cryptopolitanの予想
  • Libertexの予想

Cryptopolitanの予想

Cryptopolitanによると、TRONの価格は2026年に最大で0.33ドル、2029年に最大で1.06ドル、そして2032年に最大で3.3ドルに達すると予想されています​。

Coinpediaの予想

Coinpediaでは2030年までに最大で0.7259ドルに達する可能性があると述べています​。

Libertexの予想

Libertexでは、2024年には最大で0.17ドル、そして2025年には最大で0.28ドルに達すると予想されています​。

トロン(TRON/TRX)の取引ならDMM Bitcoin

DMMビットコイン
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:28種類
レバレッジ取引:34種類
最低取引数量0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン(PR)公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM BitcoinはDMMグループを親会社に持っています。

国内取引所中でもトップクラスの28銘柄(現物)を取り扱っているため、自分が取引したい銘柄を見つけることができます。

さらに、その中の多くの銘柄がレバレッジ取引に対応しているため、リターンやリスクを自分の裁量に合わせて調節できます。

また、新規口座開設キャンペーンを行っており、口座開設完了後に即時1,000円が入金されます。

トロンを取引したい方はこのお得なキャンペーンを見逃さないように、DMM Bitcoinの公式サイトを確認しておきましょう。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

トロン(TRON/TRX)の購入方法

トロン(TRON/TRX)の買い方について詳しく解説していきます。

トロン(TRON/TRX)の購入方法
  • DMM Bitcoinで口座開設
  • DMM Bitcoinへ入金
  • トロン(TRON/TRX)の取引を行う

国内取引DMM Bitcoinで口座開設

まず元手通貨を取引する必要がありますが、取引はDMM Bitcoinでの取引が便利です。

口座開設の手順は以下の通り。

口座開設手順
  1. DMM Bitcoinの公式ウェブサイトにアクセスします。
  2. サイト上部の「新規登録」ボタンをクリックします。
  3. 必要な情報を入力します。これには、メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、住所、電話番号などが含まれます。
  4. 入力したメールアドレスに確認メールが送られます。
  5. メール内のリンクをクリックして、登録を確認します。
  6. パスポート、運転免許証、住民票など本人確認書類をアップロードします。
  7. DMM Bitcoinがあなたの情報と本人確認書類を確認した後、アカウントが開設されます。

スマホでアカウント作成手続きも取引もできるので、気になる方はDMM Bitcoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

DMM Bitcoinへ入金

DMM Bitcoinのアカウント作成が完了したら、入金手続きを行いましょう。

入金方法には3つあり、クイック入金振込入金暗号資産入金いずれかの方法で入金が可能です。

トロン(TRON/TRX)の取引を行う

アカウントを作成し、資金を入金したら、TRON(TRX)の取引を始めることができます。

レバレッジ取引と現物取引の2つの方法があり、初心者の方は、比較的リスクの低い現物取引がおすすめです。

短期的な大きな利益を追求したい方や、資金が少ないけどレバレッジを活用して取引を行いたい方は、レバレッジ取引がピッタリです。

トロン(TRON/TRX)に関するQ&A

最後に、トロン(TRON/TRX)に関するよくある質問をご紹介していきます。

まだトロン(TRON/TRX)の特徴やサービスの内容について疑問がある方は、ぜひ最後までチェックしてみましょう。

トロン(TRON/TRX)に関するQ&A
  • トロン(TRON/TRX)のサービスが今後普及していくことは考えられますか?
  • トロン(TRON/TRX)の開発者であるJustin Sunとはどんな人物ですか?
トロン(TRON/TRX)のサービスが今後普及していくことは考えられますか?

確実なことはわかりませんが、トロン(TRON/TRX)のプラットフォームが今後広まっていく可能性は十分に予想されます。

というのも、2021年からNFTブームが本格的に始まっており、音楽やアート、動画などアーティストやクリエイターが活躍できる環境が整いつつあるからです。

また、既存のYouTubeといったプラットフォームとは異なり、トロン(TRON/TRX)のプラットフォームではICOによってクリエイター個人で活動資金を集めることができる環境も提供しています。

トロン(TRON/TRX)の今後のマーケティングやブロックチェーンの普及にもよりますが、トロンがデジタルコンテンツの配信の場として一般化する可能性も否定できないでしょう。

トロン(TRON/TRX)の開発者であるJustin Sunとはどんな人物ですか?

トロン(TRON/TRX)は、Justin Sunという人物がプロジェクトの責任者であり、かつ開発者として知られています。

Justin Sunは、日本でも非常に人気の高い仮想通貨であるリップル(XRP)の開発にも携わっていた人物として有名であり、仮想通貨やブロックチェーンに精通している人物となっています。

Twitterでも活発に情報発信をしているので、今後トロン(TRON/TRX)の保有を検討している方はJustin Sun氏の公式Twitterをフォローしてみてはいかがでしょうか。

トロン(TRON/TRX)にはどのような競合他社がいますか?

トロンはデジタルエンターテイメント業界に焦点を当てたブロックチェーンプロジェクトであり、この領域では他のいくつかのプロジェクトと競争しています。

これには、Theta NetworkAudiusなどの他のコンテンツ共有とエンターテイメントプラットフォームを提供するブロックチェーンプロジェクトが含まれます。

トロン(TRON/TRX)のマイニングは可能ですか?

トロンはDelegated Proof of Stake(DPoS)というコンセンサスメカニズムを使用しています。

これは伝統的なマイニングとは異なり、ユーザーはトロンを「ステーキング」することで報酬を得られるのです。

つまり、ユーザーは自分のトロンをロックしてネットワークのセキュリティを支え、その報酬としてトロンを受け取ります。

トロン(TRON/TRX)のブロックチェーンはどのように機能しますか?

トロンのブロックチェーンは、トランザクションの承認とレコード保持を行うためのDPoS(Delegated Proof of Stake)というコンセンサスメカニズムを使用しています。

DPoSは、一定量のトロンを保持(ステーキング)しているユーザー(デリゲートまたはスーパーレプレゼンティティブ)がネットワーク上のトランザクションを承認。

これにより、トロンのブロックチェーンは効率的かつスケーラブルなトランザクション処理を実現しています。

トロン(TRON/TRX)のまとめ

今回の記事では、トロン(TRON/TRX)のプロジェクトとしての特徴や今後の見通し、またトロン(TRON/TRX)を取引する方法をご紹介してきました。

記事のまとめとして、ここまでの内容をもう一度確認していきましょう。

この記事のまとめ
  • トロン(TRON/TRX)とは、動画や音楽などのエンタメコンテンツの配信を目的とした非中央集権型のプラットフォームのこと
  • トロン(TRON/TRX)ではクリエイター個人が独自トークンを発行し、資金調達を行うことができるICOができる
  • 2024年4月現在、トロン(TRON/TRX)約18円あたりの価格帯を推移する上昇相場
  • これからトロン(TRON/TRX)の取引をしたい方は、日本円での取引ができるDMM Bitcoinが利用しやすい取引所

ご紹介したように、トロン(TRON/TRX)はクリエイターが作ったデジタルコンテンツを自由に公開できるプラットフォームを目指しており、今後も大きく期待されているプロジェクトとなっています。

現在NFTが大きな盛り上がりを見せているように、今後はアートや動画などのデジタルコンテンツがより普及していくとも言われているので、それに伴いトロン(TRON/TRX)も大きく注目を浴びるタイミングが訪れるかもしれません。

今後、トロン(TRON/TRX)の取引をしてみたい方は、トロン以外にもビットコインをはじめとした26銘柄を取り扱っているDMM Bitcoinの公式サイトを一度詳しく確認してみてはいかがでしょうか。

\もれなく1000円もらえる/

※キャンペーン期間:2024年9月1日(日)午前6時59分まで

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次