仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?今後の見通し/将来性や購入方法を徹底解説

Zcash

法定通貨と仮想通貨の大きな違いは、通貨の発行元や通貨や管理の仕方です。

法定通貨は、国家が発行し、取引には第三者期間の銀行を介します。

つまり、中央集権型です。

一方の仮想通貨は、発行元は様々ですが、パブリックブロックチェーン上で追跡・管理されています。

つまり、非中央集権的に追跡・管理されているのです。

そのため、取引履歴や保有している資産が全世界に公開されています。

今回は、プライバシーや匿名性を考慮された仮想通貨であるZcash(ジーキャッシュ)について解説していきます。

この記事からわかること
  • Zcash(ジーキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)のような仮想通貨である
  • プライバシーや匿名性が考慮されている
  • Zcash(ジーキャッシュ)アドレスは2種類
  • ゼロ知識暗号の新形式「zk-SNARKs」を初めて広く応用した
  • Zcash(ジーキャッシュ)の価格動向
  • Zcash(ジーキャッシュ)は国内取引所での取り扱いがない

Zcash(ジーキャッシュ)は、MITやジョンズ・ホプキンスなど、尊敬すべき学術・科学機関の科学者たちによって立ち上げられたプロジェクトです。

仮想通貨は、分散化されたパブリックチェーンによって、追跡・管理されています。

よって、ほとんどの取引や資産は全世界に公開されています。

しかし、シールドされたZcash(ジーキャッシュ)の取引は完全に非公開です。

つまり、Zcash(ジーキャッシュ)はプライバシーや匿名性を考慮した仮想通貨とも言われています。

Zcash(ジーキャッシュ)プロジェクトに興味がある方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Zcash(ジーキャッシュ)とは?

仮想通貨には興味があるが、取引や資産がブロックチェーン上に刻まれ公表されるため、敬遠されている方もいるのではないでしょうか。

そういった方が最近注目しているプロジェクトが、エレクトリックコイン株式会社(以下、ECC)が立ち上げた、Zcash(ジーキャッシュ)です。

Zcash(ジーキャッシュ)はプライバシーや匿名性を考慮した仮想通貨です。

Zcash(ジーキャッシュ)とは?
Zcash公式サイト
名称Zcash
シンボルZEC
現在の価格(2022年現在)¥8,036.08
時価総額(2022年現在)¥123,952,143,276
時価総額ランキング(2022月現在)54位
購入できる取引所国内取引所:なし
海外取引所:Airtm,Binance,BITFINEX,coinbase
詳細公式サイト

Zcash(ジーキャッシュ)は、「zk-SNARKs」という新しい形のゼロ知識暗号を実装した最初のプロジェクトです。

「zk-SNARKs」については、特徴部分にて後述します。

Zcash(ジーキャッシュ)、ユーザーにあらゆるデジタル通貨で利用可能な最強のプライバシーを提供しています。

Zcash(ジーキャッシュ)のシンボルはZECで、2022年10月現在、1ZEC=8,036.22円です。

国内取引所での取引銘柄ではないため、海外取引所で入手する必要があります。

仮想通貨をプライバシー高く取引したい方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴

まずは、Zcashにどのような特徴があるのか確認していきましょう。

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴
  • Zcash(ジーキャッシュ)の4つの主な機能
  • プライバシー&匿名性
  • ゼロ知識暗号の新形式「zk-SNARKs」

Zcash(ジーキャッシュ)の4つの主な機能

Zcash(ジーキャッシュ)は、以下の4つの機能があります。

Zcash(ジーキャッシュ)の4つの機能
  • 効率的で使い勝手が良い
  • 監査と規制に強い
  • 分散型であり、攻撃に強い
  • プライベートなアドレスとトランザクション

効率的で使い勝手が良い

Zcash(ジーキャッシュ)は、高速で信頼性が高く、手数料が安価な送金、商品やサービスをデジタルで購入する手段として使用できます。

また、Zcash(ジーキャッシュ)は、主要な取引所やウォレットでサポートされており、使い勝手が良いです。

監査と規制に強い

ユーザーは、情報共有や第三者による監査、規制要件に準拠するために、プライベートアドレスとトランザクションを開示することができます。

分散型であり、攻撃に強い

Zcash(ジーキャッシュ)は、銀行や政府のような中央集権的な組織ではありません。

分散型であり、幅広い人々のネットワークによって維持されています。

ハッキングされる中央のデータベースはなく、単一障害点もないため、システムを停止させたり、利用を妨げたりする当局が存在しません。

プライベートなアドレスとトランザクション

Zcash(ジーキャッシュ)の中核に、プライバシー保護が組み込まれており、送信者や受信者、取引金額を開示することなくZcash(ジーキャッシュ)を送受信することができます。

プライバシーがあることで、デジタル媒体上で安全に取引することが可能です。

プライバシー&匿名性

Zcash(ジーキャッシュ)は、科学に基づき構築された、プライバシー保護のための仮想通貨です。

では、どのようにプライバシーを保護し匿名性を高めているのでしょうか。

Zcash(ジーキャッシュ)のアドレスには、2種類あります。

Zcash(ジーキャッシュ)のアドレス
  • プライベート (z-addresses)
  • 透明型(t-addresses)

プライベートは「z」で始まり、透明型は「t」から始まります。

この2種類のアドレスの間に、以下のように4種類のトランザクションが存在します。

プライバシー&匿名性
Zcash公式サイト

Z-to-Zの取引では、取引が発生したことや手数料が支払われたことが、パブリックブロックチェーンに刻まれます。

しかし、アドレスや取引額、メモ欄はすべて暗号化されており一般には公開されません。

このような暗号化は、ゼロ知識証明の使用によってのみ可能です。

そして、アドレスの所有者は、信頼できる第三者にz-addressと取引の詳細を開示することを選択できます。

T-to-Tの取引では、Bitcoin(ビットコイン)と同じように機能します。

送信者や受信者、取引額は、パブリックチェーンに刻まれ、一般に公開されています。

現在、多くのウォレットや取引所では、T-アドレスのみを使用していますが、ユーザーのプライバシーをより保護するためにシールドアドレスに移行しているものも多くあります。

2種類のZcash(ジーキャッシュ)アドレスは、相互運用が可能です。

つまり、z-アドレスとt-アドレスの間で、資金を移動させることができます。

しかし、ユーザーはこれらの取引を通じて情報をシールドしたり、シールドを解除したりすることのプライバシーへの影響を理解することが大切です。

ゼロ知識暗号の新形式「zk-SNARKs」

ゼロ知識証明とは

Zcash(ジーキャッシュ)は、ゼロ知識暗号の新しい形式である「zk-SNARKs」を初めて広く応用しました。

Zcash(ジーキャッシュ)の強力なプライバシー保証は、シールドされた取引がブロックチェーン上で完全に暗号化され、それに加えてzk-SNARK証明を使用することでネットワークの合意ルールの下で、有効であると検証できることに由来します。

zk-SNARKsは、「Zero-Knowledge Succinct Non-Interactive Argument of Knowledge」の略です。

zk-SNARKsとは、例えば秘密鍵を所有するような情報を、その情報を明らかにせず、また証明者と検証者の間の相互作用なしに証明できる証明構造を意味しています。

例えば、乱数のハッシュ値が与えられたとき、証明者は、それが何であるかを明かすことなく、このハッシュ値を持つ数値が確かに存在することを検証者に納得させることができるということになります。

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴に興味を持たれた方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Zcash(ジーキャッシュ)の現在の価格動向

Zcash(ジーキャッシュ)の現在の価格動向は、どのようになっているのでしょうか。

TradingViewから引用します。

Zcash(ジーキャッシュ)の現在の価格動向
引用:TradingView

2022年4月前半と後半は、1ZEC=20,000円を超えておりましたが、5月に入り下落傾向です。

価格をUSDで見てもあまり変わらない推移のため、円安の影響ではなく、仮想通貨全体の下落トレンドに連動している状況と言えるでしょう。

Zcash(ジーキャッシュ)の価格変動に興味を持たれている方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Zcash(ジーキャッシュ)のこれまでの価格動向

それでは、もう少し長期間で見た際の価格動向はいかがでしょうか。

2020年12月から2022年10月までの推移を紹介します。

こちらも、TradingViewから引用します。

Zcash(ジーキャッシュ)のこれまでの価格動向
  • 2020年12月から2022年10月までの全体像
  • 2020年12月から2021年9月まで
  • 2021年9月から2022年5月まで

2020年12月から2022年10月までの全体像

Zcash(ジーキャッシュ)のこれまでの価格動向
引用:TradingView

2020年12月から2022年5月までの全体像から見ていきましょう。

全体像を見ることで、長期間の価格動向を見ることができます。

この期間では、2021年5月と2021年11月ごろの2ヶ所にピークがあります。

では、それぞれの期間を分けて見ていきましょう。

2020年12月から2021年9月まで

2020年12月から2021年9月まで
引用:TradingView

2020年12月から2021年9月までの価格動向は上記の通りです。

2021年5月11日に、1ZEC=32,992円の価格となっています。

エレクトリックコイン株式会社は、2021年4月12日に以下のプレスリリースを行ないました。

次世代Zcashを立ち上げるための製品群「Halo Arc for Zcash」を発表

上記の製品群や仮想通貨全体への期待感の高まりから価格へ影響を及ぼしたと考えられています。

2021年9月から2022年10月まで

2021年9月から2022年10月まで
引用:TradingView

2021年9月から2022年10月までの価格動向は上記の通りです。

2021年11月25日に、1ZEC=35,188円の価格となっています。

これは、Bitcoin(ビットコイン)を始めとする仮想通貨全体の価格上昇の影響と推測できます。

しかし、2022年からは仮想通貨全体での下落に連動してZECも大きく下落しました。

今後もZcash(ジーキャッシュ)の価格動向が気になる方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の見通し・予想

Zcashの今後の見通しについて解説していきます。

Zcash(ジーキャッシュ)の今後の見通し・予想
  • コンセンサスアルゴリズムが、Proof of WorkからProof of Stakeへ
  • マネーロンダリング対策
  • ECC strategy

コンセンサスアルゴリズムが、Proof of WorkからProof of Stakeへ

Zcash(ジーキャッシュ)のコンセンサスアルゴリズムは、Proof of Workを採用しています。

Proof of Workとは
  • 採掘者(マイナー)が互いに処理能力を競い合い、チェーン上に新しいブロックを生成することを意味する
  • 各ブロックの適切な計算を完了した最初の採掘者には、ネットワーク標準のブロック報酬と、そのブロックに追加した取引にかかる手数料が与えられる

2021年11月19日に、Zcash(ジーキャッシュ)のRoadmapが公表されました。

コンセンサスアルゴリズムが、Proof of WorkからProof of Stakeへ
Zcash公式サイト

このRoadmapの中に、Proof of WorkからProof of Stakeへの移行を検討していることが報告されました。

ただし、リソースを集中させ、人材を追加採用できれば、3年以内に達成可能との見解に留まっています。

マネーロンダリング対策

プライバシーと匿名性によるデメリットは、トラベル・ルールを遵守できない可能性があるということです。

トラベル・ルールとは
  • マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)が定めるルールである
  • 仮想通貨関連事業者による仮想通貨の送金・受金時に、送り主と受取人の個人情報を記録する必要がある

Zcash(ジーキャッシュ)は、仮想通貨取引所OKEx korea上場廃止という過去もあります。

今後も匿名性が故の、マネーロンダリング対策やテロ資金供与対策をどのように説明するのかに注目です。

ECC strategy

ECC戦略は、5つの主要分野で実施されます。

5つの主要分野
  • 研究開発
  • エンジニアリング
  • 規制当局との関係
  • 採択
  • 需要創出
ECC strategy
Zcash公式サイト

研究開発

研究開発
  • 暗号技術
  • 市場
  • モデル

Zcash(ジーキャッシュ)はゼロ知識証明(zkps)の実装に成功した最初のプロジェクトです。

2019年にはECC暗号技術者がzkpsを改良して、あらゆる量のデータを素早くチェックするため、短い証明に圧縮する技術を発見し「Halo」を発表しました。

エンジニアリング

エンジニアリング
  • コアプロトコル
  • リファレンスライブラリ
  • ツール

ECCは、高品質で生産可能なコードを一定の間隔で発表することでことで評判を確立しています。

また、毎年平均して1つ以上のプロトコルネットワークのアップグレードを行っています。

規制当局との関係

規制当局との関係
  • 政策立案者
  • 規制当局
  • インフルエンサーのための教育および洞察力

ECCは、十分な情報と教育を受けた政策立案者が、より良いガイダンスと規制を生み出す予定です。

そのため、一貫したアウトリーチやコラボレーション、提案された法案や規制に関するフィードバック、ブロックチェーン技術や仮想通貨全般、Zcash(ジーキャッシュ)に対する理解を深めるための教育活動を通じて、規制当局や政策立案機関に関与しています。

採択

採用
  • パートナーとの連携とサポート

Zcash(ジーキャッシュ)は、最も広く採用されている仮想通貨の1つです。

世界中の高品質な金融機関や暗号化企業によってサポートされています。

需要創出

需要創出
  • コミュニティの構築と育成

ECCは、公開性と透明性や教育、コミュニティの発展へのコミットメントを続けています。

なぜなら、これらは需要を促進するために不可欠であると考えているからです。

Zcash(ジーキャッシュ)の買い方

Zcash(ジーキャッシュ)は、国内取引所での取り扱いはありません。

よって海外取引所で入手する必要があり、以下の流れとなります。

Zcash(ジーキャッシュ)の買い方
  • 国内取引所:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱っている海外取引所
  • 海外取引所への送金の流れ

内取引所:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数17種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

ビットフライヤーは、ビットコイン(BTC)取引量は6年連続No.1です。

※ Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年〜2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

取り扱い銘柄数は17銘柄と豊富で、幅広い取引にも適している取引所となっています。

販売所での取引手数料が無料であることや出金制限の下限がないという点も特徴です。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱っている海外取引所

Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱っている海外取引所は、以下の通りです。

Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱っている海外取引所
Zcash公式サイト
Zcash(ジーキャッシュ)を取り扱っている海外取引所
  • Airtm
  • Binance
  • BITFINEX
  • coinbase
  • EXMO
  • Kraken
  • Poloniex
  • Bittrex

海外取引所への送金の流れ

海外取引所への送金は、以下の流れになります。

海外取引所への送金の流れ
  • 国内取引所に口座をつくる
  • 国内取引所で、仮想通貨を入手する
  • 海外の取引所に口座をつくり、口座アドレスに入手した仮想通貨を送金する
  • 海外の取引所で、仮想通貨建てで、「Zcash(ジーキャッシュ)」を取引する

Zcash(ジーキャッシュ)に関するQ&A

ここまでで、Zcash(ジーキャッシュ)の特徴や価格動向、今後の予測、買い方を解説してきました。

最後のパートでよくある質問に対して、Q&A方式で紹介していきます。

取り上げる質問は、以下の3点です。

Zcash(ジーキャッシュ)に関するQ&A
  • Zcash(ジーキャッシュ)とBitcoin(ビットコイン)の違いは
  • Zcash(ジーキャッシュ)は、いつローンチされましたか
  • Zcashウォレットをインストールする方法を教えてください

Zcash(ジーキャッシュ)とBitcoin(ビットコイン)の違いは

Zcash(ジーキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)プロトコルのコードフォークであり、独自のブロックチェーンと通貨トークンを有しています。

Zcash(ジーキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)のコアチームによる既存の作業を基に、ゼロ知識証明を使用してプライバシーを保護した取引データを可能にしていることが異なります。

Zcash(ジーキャッシュ)は、いつローンチされましたか

Zcash(ジーキャッシュ)ブロックチェーンは2016年10月28日にローンチし、最初のZcash(ジーキャッシュ)通貨単位が誕生しました。

Zcash(ジーキャッシュ)ウォレットをインストールする方法を教えてください

ZECを保管・送信するためのサードパーティ製ウォレットは、公式にサポートされている「zcashd」などさまざまなものが存在します。

ウォレットを選ぶ際には、カストディ(custodial vs non-custodial)、オペレーティングシステム(デスクトップ、iOS、Android)、シールドサポートなどを基準にしてみてください。

Zcash(ジーキャッシュ)のまとめ

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴や価格動向、今後の予測、買い方、Q&Aを解説してきました。

エレクトリックコイン株式会社が、2016年10月28日にローンチしたプロジェクトで、プライバシーや匿名性を考慮した仮想通貨です。

シールドされたZcash(ジーキャッシュ)の取引は完全に非公開です。

この記事のまとめ
  • Zcash(ジーキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)のような仮想通貨である
  • プライバシーや匿名性が考慮されている
  • Zcash(ジーキャッシュ)アドレスは2種類
  • ゼロ知識暗号の新形式「zk-SNARKs」を初めて広く応用した
  • Zcash(ジーキャッシュ)の価格動向
  • Zcash(ジーキャッシュ)は国内取引所での取り扱いがないため、海外取引所で入手する必要がある

プライバシーや匿名性を考慮したZcash(ジーキャッシュ)に興味を持たれた方は、bitFlyer公式サイトをチェックしてみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる