Carboncoin(CARBON)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

Carboncoin
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

近年、仮想通貨が大きな盛り上がりを見せていますが、それに伴ってビットコインなどのマイニングにかかる消費電力が大きな問題となっています。

そんなマイニングなどの消費電力を大きく抑え、環境問題に配慮しているプロジェクトとしてCarboncoin(カーボンコイン)が挙げられるでしょう。

この記事では、Carboncoinの特徴や今後の動向・見通し、Carboncoinを取引する方法などをご紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • Carboncoinとは、非常に少ない消費エネルギーで運営が行われている仮想通貨プロジェクトのこと
  • Carboncoinでは、白熱電球数個程度の消費エネルギーで取引を処理することができる
  • Carboncoinは、ビットコイン(BTC)の仕組みを模倣した仮想通貨となっている
  • Carboncoinでは、プロジェクトで得た収益の90%を環境保護団体などに寄付している
  • これからCarboncoinを取引したいという方は、まずBITPointなどの国内取引所で原資となる仮想通貨を準備する必要がある

2023年9月現在、残念ながらCarboncoinは国内の仮想通貨取引所では取り扱いがされていません。

Carboncoinを取引するためには、まず国内取引所でビットコインなどを準備し、海外取引所に送金する必要があるでしょう。

ぜひこの機会に国内取引所の中でもユーザーからの評判が良い、BITPointの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Carboncoinとは

Carboncoin公式サイト
引用:Carboncoin公式サイト
名称Carboncoin
シンボルCARBON
現在の価格(2023年10月現在)¥1.36
時価総額(2023年10月現在)¥41,722,828
時価総額ランキング(2023年109月現在)1597位
入手できる取引所YoBit
詳細Carboncoin公式サイト

Carboncoinとは、環境問題に配慮されている仮想通貨プロジェクト、およびそのネイティブトークンです。

非常に少ない消費電力で運営ができるような設計がされており、ビットコインなどのマイニングで発生する電力よりも大幅に少ない電力消費量で稼働しています。

また、Carboncoinの運営で得た収益を環境保護団体に寄付しているなど、プロジェクトを通して地球環境保護に取り組んでいると言えるでしょう。

これからCarboncoinの保有・取引を考えている方は、取扱い銘柄数が豊富なBITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinの特徴

ここでは、Carboncoinの特徴を3つに絞って解説していきます。

Carboncoinの特徴を詳しく把握しておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Carboncoinの特徴
  • 非常に少ないエネルギーで運用が行われている
  • ビットコイン(BTC)の仕組みを模倣している
  • プロジェクトの利益の90%を環境保護団体に寄付している

非常に少ないエネルギーで運用が行われている

先ほどもご紹介したように、Carboncoinは非常に少ない消費エネルギーで運用が行われている仮想通貨プロジェクトです。

現在、大きな消費電力が問題となっているビットコインですが、マイニングでかかる年間の消費電力はタイなどの国家が年間で消費する電力と同等とも言われています。

しかし、Carboncoinでは、トランザクション処理に必要な電力が白熱電球数個程度とされており、かなりの電力削減を実現していると言えるでしょう。

こういった地球環境への影響の少なさは、Carboncoinの最も大きな特徴となっています。

ビットコイン(BTC)の仕組みを模倣している

そんなCarboncoinですが、仮想通貨の仕組みとしてはビットコイン(BTC)を模倣していることで知られています。

この理由としては、ビットコインが世界でも非常に優れている仮想通貨・ブロックチェーンであるため、新しい技術を開発する必要がないという考えに基づいています。

つまり、ビットコインを利用している一部の方が、ビットコインとよく似たCarboncoinを使うだけで地球環境を保護できることを意味します。

プロジェクトの利益の90%を環境保護団体に寄付している

Carboncoinの最後の特徴として、プロジェクトで得た利益の90%を環境保護団体に寄付していることが挙げられます。

収益の一部をこういった慈善団体に寄付しているケースがよくありますが、90%もの収益を寄付しているプロジェクトはかなり少ないと言えるでしょう。

Carboncoinを利用することで間接的に環境保護を行っていることになるため、環境保全に興味がある方や団体に好意的に受け止められるプロジェクトとなっています。

これからCarboncoinの取引に少しでも興味を持っている方は、ぜひこのタイミングでユーザーからの評判が良いBITPointの公式サイトにもアクセスしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinの現在の価格動向

Carboncoinの現在の価格動向
引用:CoinMarketCap

ここでは、Carboncoinの現在の価格推移を確認していきましょう。

上記は2022年のCarboncoinの価格推移を表したチャートとなっていますが、年初から下落相場が継続していることがわかります。

この下落相場が継続している理由の一つとして、FRB(アメリカ連邦準備制度)による利上げ政策が影響しており、仮想通貨をはじめとしたリスク資産全体が大きく下落しています。

また、2022年2月から始まったロシアとウクライナ間の戦争に関しても、市場の先行きを不安にさせている要因と考えられるでしょう。

しかし、ここ最近ではFRBによる利上げ政策が鈍化するのではないかとの見通しが出てきており、少しずつリスクオンムードに変わってきている状況となっています。

市場全体がリスクオンムードに傾けば、Carboncoinをはじめとした仮想通貨も大きな価格変動を起こす可能性は十分にあるとい考えれます。

これからCarboncoinの取引を少しでも考えている方は、ぜひこのタイミングでBITPointの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinのこれまでの価格動向

次に、Carboncoinの過去の価格推移についてもチェックしていきましょう。

Carboncoinのこれまでの価格の変化を知りたい方は、ぜひ参考にしみてください。

Carboncoinのこれまでの価格動向
  • 2020年のCarboncoinの価格動向
  • 2021年のCarboncoinの価格動向

2020年のCarboncoinの価格動向

2020年のCarboncoinの価格動向
引用:CoinMarketCap

まずは、2020年のCarboncoinの価格動向を確認していきましょう。

2020年1月〜9月ごろまでは、ほとんど値動きを見せていないCarboncoinでしたが、9月の後半に大きな価格上昇を見せました。

この価格変動の明確な理由はわかりませんが、出来高も大幅に増えているため、Carboncoinへの大きな買い注文が入っていることがわかります。

最終的には約0.0006ドルから約0.03ドルまでの大幅な上昇を見せ、2020年を締め括っています。

2021年のCarboncoinの価格動向

2021年のCarboncoinの価格動向
引用:CoinMarketCap

次に、2021年のCarboncoinの価格動向をご紹介していきます。

上記のチャートの通り、2021年のCarboncoinはかなりの乱高下を見せた相場となりました。

特に2021年2月〜10月までは、0.01ドル〜0.03ドルの価格帯のレンジ相場で乱高下しており、かなりのボラティリティを記録したと言えるでしょう。

しかし、10月には最終的にレンジ相場を上抜けし、0.07ドルまで高騰しました。

今後、Carboncoinの保有を少しでも検討している方は、ユーザーからの評判もよく人気が高いBITPointの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinの今後の見通し・予想

ここでは、Carboncoinの今後の見通しや動向などをご紹介していきます。

Carboncoinに長期的な目線を持っている方は、詳しく確認していきましょう。

Carboncoinの今後の見通し・予想
  • SDGsなどの環境保護運動がさらに推進されることで注目を集める
  • 新しい仮想通貨取引所で取り扱いされる

SDGsなどの環境保護運動がさらに推進されることで注目を集める

今後、SDGsをはじめとした環境保護運動がさらに推進されることで、Carboncoinが大きな注目を集める可能性があります。

実際、ここ最近ではビットコインの採掘時に発生する消費電力が大きな問題となっており、環境への影響が懸念されていることで知られています。

また、イーサリアムはPoWからPoSへと移行する「The Merge(ザ・マージ)」と呼ばれるアップデートが完了し、消費電力を大幅に削減することに成功しました。

イーサリアムの環境への影響の少なさが多くの機関投資家から注目されているように、省エネで運用できるCarboncoinにも注目が集まる可能性はあるでしょう。

新しい仮想通貨取引所で取り扱いされる

上記のような理由でCarboncoinの需要が高まれば、新しくCarboncoinをリスティングする仮想通貨取引所が現れてもおかしくありません。

もし新しい仮想通貨取引所でCarboncoinが上場されれば、一定数の新しい資金が流入することになるため、価格が変動する一つの要因となるでしょう。

今後、Carboncoinの取引を少しでも考えている方は、ぜひこの機会に取扱い銘柄数が豊富なBITPointの公式サイトも詳しく確認してみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinの買い方

次に、Carboncoinを取引する手順をご紹介していきます。

これからCarboncoinの保有を検討している方は、詳しく確認していきましょう。

Carboncoinの買い方
  • 国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する
  • Carboncoinを取り扱う海外取引所に仮想通貨を送金する
  • 海外の仮想通貨取引所でCarboncoinを取引する

国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する

Carboncoinを取引するためには、まず国内取引所でビットコインをはじめとした仮想通貨を準備する必要があります。

数ある国内取引所の中でも、取扱い銘柄数が豊富なBITPointが使いやすいでしょう。

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

アカウントの作成ができたら、日本円の入金を行いビットコインなどを取引していきましょう。

Carboncoinを取り扱う海外取引所に仮想通貨を送金する

国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引したら、次にCarboncoinを取り扱う海外取引所に送金していきます。

2023年8月現在、Carboncoinを取り扱う海外取引所としては、以下を挙げることができます。

Carboncoinを取り扱う海外取引所
  • YoBit(ヨービット)

上記の取引所のアカウントを作成したら、国内取引所から仮想通貨を送金していきます。

なお、送金手続きを行う際には、必ず入力するアドレスに間違いがないかどうか確認するようにしてください。

もし入力したアドレスに1文字でも誤りがあれば、ほぼ100%の確率で送金した仮想通貨が失われてしまうので、十分注意するようにしましょう。

海外の仮想通貨取引所でCarboncoinを取引する

海外取引所にビットコインなどの仮想通貨を送金できたら、最後にCarboncoinを取引していきます。

自分が取引したい数量や金額を入力し、間違いがないか確認してから注文を行うようにしましょう。

今回ご紹介したように、Carboncoinを取引するためには、まず国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を用意する必要があります。

数ある国内取引所の中でも非常に使いやすいことで知られているので、ぜひこの機会にBITPointの公式サイトにもアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

Carboncoinに関するQ&A

記事の最後に、Carboncoinに関するよくあるQ&Aに回答していきます。

まだCarboncoinについて疑問点などがある方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

Carboncoinに関するQ&A
  • Carboncoinが国内取引所に上場する可能性はありますか?
  • Carboncoinはいつから開始されているプロジェクトですか?
  • Carbonshopperとはどういったものですか?

Carboncoinが国内取引所に上場する可能性はありますか?

2023年現在、Carboncoinが国内取引所に上場するといったニュースはありません。

しかし、今後ビットコインなどの消費電力が問題となり、環境保護運動がより積極的に推進された場合には、Carboncoinが大きな注目を集める可能性があります。

Carboncoinに対する需要が増加した場合には、国内取引所に上場する可能性も否定することはできないでしょう。

Carboncoinはいつから開始されているプロジェクトですか?

Carboncoinは、2014年2月から運営が行われているプロジェクトとなっています。

現在ある仮想通貨の中でも、かなり歴史が長いプロジェクトと言えるでしょう。

Carbonshopperとはどういったものですか?

carbonshopperについての説明
引用:Carboncoin公式サイト

Carbonshopperとは、Carboncoinでの支払いを受け付けることができるプラットフォームです。

Carbonshopperを導入することで、どのようなオンラインショップでもCarboncoinでの支払いに対応することができるでしょう。

Carboncoinのまとめ

今回の記事では、非常に小さな消費エネルギーで運営を行っている仮想通貨プロジェクト、Carboncoinの特徴や今後の見通しなどを解説してきました。

記事の最後に、今回の内容をもう一度まとめていきましょう。

この記事のまとめ
  • Carboncoinとは、少ないエネルギー消費で運用されている仮想通貨プロジェクトのこと
  • Carboncoinは、ビットコインなどよりも大幅に消費電力を抑えており、白熱電球数個程度のエネルギーでトランザクションの処理ができる
  • Carboncoinは、世界で最も有名な仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の仕組みを模倣している
  • Carboncoinでは、プロジェクトから獲得した収益の90%を環境保護や気候変動の事前団体に寄付している
  • 今後、Carboncoinを取引したい方は、まずBITPointなどの国内取引所で仮想通貨を用意する必要がある

ご紹介したように、Carboncoinは非常に効率の良いエネルギー消費で運営が行われているプロジェクトであり、環境保護運動の高まりによって大きな注目を集める可能性があります。

特に近年では、ビットコインのマイニングの消費電力が大きな問題となっており、今後需要が高まる可能性があるコインと言えるでしょう。

これからCarboncoinの取引を検討している方は、ぜひ取扱い銘柄数が豊富なBITPointを確認してみてはいかがでしょうか。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次