仮想通貨チャートを徹底解説|分析方法や選び方などを紹介!

仮想通貨のチャート

仮想通貨の取引をする際、重要な判断基準となるのがチャート分析です。

チャート分析のツールは仮想通貨取引所ごとで異なります。

今回は仮想通貨のチャートやチャートの利用方法、チャートの分析方法、チャートを選ぶ際のポイント、おすすめチャートランキング、仮想通貨のチャートの関するよくある質問についてまとめます。

この記事からわかること
  • 仮想通貨のチャートの代表はローソク足チャートとラインチャートである
  • チャート分析とは過去の値動きや出来高から将来の仮想通貨の価格を予測する方法のこと
  • 代表例として移動平均線やパラボリック、MACDなどがある
  • チャートを選ぶポイントは見やすさやテクニカル指標などの豊富さ、注文のしやすさに着目
  • おすすめの仮想通貨取引所はDMM BitcoinbitFlyerLINE BITMAXの3か所
  • チャート分析ができなくても取引は可能だが、運任せのトレードになりがちで利益が安定しない

チャートと同様に重要なのは公式サイトの見やすさです。

たとえば、DMM Bitcoinの公式サイトは画像を多用し、説明がシンプルで初心者でも読みやすいと感じます。

デザインもよく考えられているのでストレスをあまり感じずに読み進められるでしょう。

初心者でツールを利用したいけど使い方がわからない方はまず、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

仮想通貨のチャートとは?

仮想通貨のチャートとは、5分や1時間、4時間、1日、1週間、1か月のように一定期間の仮想通貨の値動きをグラフ化したものです。

代表的なチャートを2種類紹介します。

仮想通貨のチャートとは?
  • ローソク足チャート
  • ラインチャート

ローソク足チャート

ローソク足チャートは「ローソク足」とよばれる独特の表記方法で仮想通貨などの値動きを示したチャートです。

陽線と陰線
https://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/rosoku01.html

緑やオレンジの上下に伸びる線を「ヒゲ」といい、上のヒゲはその期間の最高値を、下のヒゲはその期間の最安値を意味します。

ローソク足チャートはその期間の最高値・最安値も読み取れるので非常に便利です。

Trading View

このチャートの場合、一定期間の間に前の期間より値上がりしたら緑(陽線)、値下がりしたらオレンジ(陰線)で表記されます。

大まかにいえば、緑が連続しているときは上昇トレンドであり、オレンジが連続しているときは下落トレンドであることが読み取れます。

ラインチャート

ラインチャートはその日の最終的な価格である終値だけを結んだチャートです。

ローソク足に比べると得られる情報は少なくなりますが、長期的な傾向をおおざっぱに見極めやすいのが長所です。

このほかにも棒足チャートやバーチャートなどいくつものチャートが存在しています。

どのチャートを表示できるかは仮想通貨取引所のツールごとで異なっていますが、DMM Bitcoinの場合はローソク足・ライン・棒足・バーの各チャートに平均足チャートの5つのチャートが表記可能です。

用途に合わせて様々なチャートを表示できるので、使い勝手が良いといえるでしょう。

利便性の高いチャートを利用してみたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

仮想通貨チャート分析方法

仮想通貨チャートの分析方法とはどのようなことでしょうか。

4点に分けて解説します。

仮想通貨チャート分析方法
  • チャート分析とは何か
  • 移動平均線による分析
  • パラボリックによる分析
  • MACD (マックディー)による分析

チャート分析とは何か

チャート分析とは、過去の値動きや出来高などから将来の価格を予測する分析方法です。

テクニカル分析とも呼ばれ、株価やFX、仮想通貨取引などあらゆる金融取引の場面で活用されています。

チャート分析の手法は数限りなくありますが、移動平均線やパラボリック、MACD(マックディー)などが多用されます。

移動平均線による分析

移動平均線とは、一定期間の価格の平均値を計算し折れ線グラフで表示したものです。

average-figure6
移動平均線による分析
https://www.liquid.com/ja/how-to-see-chart/#average-chart

たとえば、短期線(5日)は過去5日間の平均値をあらわします。

移動平均線の推移をみるだけで、上昇トレンドなのか下落トレンドなのかを見分けることができます。

また、異なる間隔の移動平均線(5日平均線と25日平均線など)を同時に表示し、相関性から売買タイミングを計ることもできます。

パラボリックによる分析

パラボリックはチャートを追いかけるタイプで、チャートの上または下に放物線を描きます。

parabolic-figure4
パラボリックによる分析
https://www.liquid.com/ja/how-to-see-chart/#average-chart

主にトレンドの転換点を探るときに利用されます。

値動きが大きい相場の時にはとても有効ですが、値幅が小さいレンジ相場には不向きです。

MACD (マックディー)による分析

MACDは2種類の移動平均線(短期と中期)を利用して売買タイミングを分析するものです。

macd-figure4
MACD (マックディー)による分析
https://www.liquid.com/ja/how-to-see-chart/#average-chart

移動平均線よりも早く売買タイミングがわかることがあります。

MACDが右肩下がりでシグナルの下にある時は下落相場となり、MACDが上向きでシグナルの上にある時は上昇相場となります。

移動平均線と比較して利用しやすいことや見て目がわかりやすいことで人気がある指標です。

最近はパソコンだけではなくスマートフォンで取引することが増えていますが、DMM Bitcoinのアプリの見やすさは注目に値します。

DMM Bitcoinのアプリ
https://bitcoin.dmm.com/service/tool

シンプルでありながら必要な情報は全て網羅しているため、外出先でもストレスを感じずに取引できます。

アプリについて知りたい方はDMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

仮想通貨のチャートを選ぶ際のポイント

仮想通貨のチャートを選ぶ際のポイントは何でしょうか。

3点とりあげます。

仮想通貨のチャートを選ぶ際のポイント
  • 見やすさ
  • テクニカル指標や描画ツールの種類
  • 注文のしやすさ

見やすさ

1つ目のポイントは見やすさです。

仮想通貨取引はスピード勝負の側面がありますので、一目ですぐに状況を把握できる視認性の良さはとても重要です。

また、操作ミスを減らすインターフェイスの工夫のなど操作する人の立場に立って開発された見やすいツールは取引する人にとってプラスに働くでしょう。

テクニカル指標や描画ツールの種類

2つ目のポイントはテクニカル指標や描画ツールの種類です。

先ほど紹介した移動平均線やパラボリック、MACDは基本中の基本であり、そのほかにもたくさんのテクニカル指標があります。

そして、それらの分析結果を見ながら自分でグラフに書き込みを入れつつ、今後の相場展開を予測します。

多種類のテクニカル指標と書き込みやすい描画ツールの2つは仮想通貨ツールにとって重要な要素です。

注文のしやすさ

3つ目のポイントは注文のしやすさです。

情報を集め、自分なりのチャート分析をしたら仮想通貨の売買を行います。

その際に、注文の手間がかかりすぎたり、ミスを誘発するような発注の仕組み・表示だったりすると得られたはずの利益が得られず、場合によっては損失を被るかもしれません。

売買しやすいツールを選ぶのも重要な要素なのです。

せっかく、良いツールを持っていても肝心の取扱仮想通貨が少なければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

DMM Bitcoinでは現物で13種類、レバレッジ取引で20種類の仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨の数が多ければ、それだけ取引チャンスが増えますので取扱仮想通貨の銘柄数が多い仮想通貨取引所での取引は有利であるといえるでしょう。

取り扱っている銘柄など具体的なことを知りたい方はDMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

使いやすい仮想通貨チャートランキング

使いやすい仮想通貨チャートはどれでしょうか。

ランキング形式で3つの仮想通貨取引所を紹介します。

使いやすい仮想通貨チャートランキング
  • 第1位:DMM Bitcoin
  • 第2位:bitFlyer
  • 第3位:LINE BITMAX

第1位:DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMM Bitcoin
暗号資産数現物取引:13種類
レバレッジ取引:20種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMM Bitcoinの公式サイト
関連記事DMM Bitcoinの評判

第1位はDMM Bitcoinです。

DMM BitcoinはDMMグループに属する仮想通貨取引所です。

先ほど来紹介しているように、DMM Bitcoinのツールやアプリは非常に見やすく、トレードしやすい仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinの長所はツールの良さだけではなく、セキュリティ能力が高いことです。

グループが持っているセキュリティノウハウを利用できるため、安心して仮想通貨取引ができます。

DMM Bitcoinのセキュリティについて知りたい方はDMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

第2位:bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数17種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

第2位はbitFlyerです。

bitFlyerはビットコイン取扱量国内ナンバー1という実績を持つ仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

https://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyerでは通常のツールに加えて、プロ向け取引ツールの「bitFlyer Lightning」を提供しています。

操作性を追求しつつ、あらゆる注文形態にこたえるためのツールで、一般的なツールでは物足りない人向けといってよいでしょう。

bitFlyer Lightningについて知りたい方はbitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

第3位:LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引2倍(売りのみ)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

第3位はLINE BITMAXです。

メッセージアプリLINEの関連会社が運営する仮想通貨取引所で、スマホでの画面の見やすさに限ればトップクラスといってよいでしょう。

情報伝達能力にも優れているため、PCの前で取引する時間が少ない人やスマホの方が取引しやすい人におすすめの仮想通貨取引所です。

LINEアプリを使って手軽に通貨の取引ができるほか、レンディングやレバレッジ取引などの各種機能が備わっています。

特にレンディングは、最大利率8%と業界最高水準となっています。

LINE BITMAXの取扱銘柄や取引ルールについて知りたい方はLINE BITMAXの公式サイトをご確認ください。

仮想通貨のチャートに関するよくある質問

仮想通貨のチャートに関するよくある質問をまとめます。

仮想通貨のチャートに関するよくある質問
  • チャートが分析できなくても仮想通貨取引は可能ですか?
  • どのチャートが最も使いやすいですか?
  • チャート分析で売買のタイミングがわかりますか?

チャートが分析できなくても仮想通貨取引は可能ですか?

可能です。

ただ、チャート分析なしの取引は判断材料に乏しく、勘に頼った感覚的なトレードになるため安定して利益を上げるには不向きです。

面倒に感じてもチャート分析をしっかり学んで仮想通貨取引をしたほうがよいでしょう。

どのチャートが最も使いやすいですか?

最も使いやすいのはローソク足チャートと移動平均線の組み合わせです。

どちらもシンプルで、相場を見るうえでの基本となるからです。

この二つを使いこなせるようになってから、パラボリックやMACD、その他のテクニカル指標を導入したほうがよいでしょう。

チャート分析で売買のタイミングがわかりますか?

すべてではありませんが、売買タイミングの大きなヒントを与えてくれます。

ゴールデンクロスとデットクロスとは

よく知られたヒントとして「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。

一般に、ゴールデンクロスが発生するとその後の価格は上昇しやすく、デッドクロスが発生するとその後の価格は下落しやすいとされます。

ただし、これらのヒントは常に将来を正確に予測してくれるわけではなく、時にはゴールデンクロス(と見えたもの)の直後に急落することもあります。

テクニカル指標のわかりやすさだけにとらわれると、大きな読み違いをしてしまうこともあるので注意しましょう。

仮想通貨チャートまとめ

今回は仮想通貨のチャートについてまとめました。

この記事のまとめ
  • 仮想通貨のチャートの代表はローソク足チャートとラインチャートである
  • チャート分析とは過去の値動きや出来高から将来の仮想通貨の価格を予測する方法のこと
  • 代表例として移動平均線やパラボリック、MACDなどがある
  • チャートを選ぶポイントは見やすさやテクニカル指標などの豊富さ、注文のしやすさに着目
  • 使いやすい仮想通貨取引所はDMM BitcoinbitFlyerLINE BITMAXの3か所
  • チャート分析ができなくても取引は可能だが、運任せのトレードになりがちで利益が安定しない

チャートにはいくつか種類がありますが、最も基本的なロウソク足チャートとラインチャートを読めるようにならねばなりません。

チャート分析(テクニカル分析)は過去の値動きを利用して今後の相場を予想するものです。

そのため、ある程度の制度はありますが、100%予想が的中するわけでもありません。

仮想通貨取引所は、それぞれの会社ごとに異なったツールを使っています。

中でも、DMM Bitcoinのツールはシンプルかつ見やすいので初心者でも使いやすいつくりです。

STモードとEXモードの違い
https://bitcoin.dmm.com/service/tool

スマホアプリに関しては初心者用のSTモードに加えて、レバレッジ取引が可能なEXモードが搭載されています。

自分のニーズに合わせてスマホの機能を調整できるので非常に便利です。

DMM Bitcoinのスマホアプリについて詳しく知りたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

※キャンペーン期間: 2022年8月1日(月)7時00分~2023年2月1日(水)6時59分

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる