仮想通貨のセキュリティが重要な理由は?おすすめ取引所や仕組みを徹底解説!

security

仮想通貨取引で最も心配なことは何でしょうか。

そう問いかけたとき、多くの投資家は「セキュリティが心配だ」と答えるのではないでしょうか。

今回は、暗号資産取引所で重視されるセキュリティの内容やセキュリティの高さが重視される理由、セキュリティが高い暗号資産取引所、仮想通貨取引をする際の注意点などについてまとめます。

この記事からわかること
  • 暗号資産取引所は仮想通貨の流出などに備えセキュリティ能力を高めている
  • セキュリティの代表は通信の暗号化や資産の分別管理、コールドウォレットの導入、二段階認証などの本人確認の徹底、防衛プログラムの稼働
  • 顧客資産や個人情報をハッキングから守るためセキュリティ能力を高めることが必要
  • 仮想通貨を取引するときは、セキュリティ能力が高い暗号資産取引所を選び、パスワードなどを漏らさず、VPNなどを使って通信の安全を確保したほうがリスクを減らせる
  • セキュリティが高い取引所の一つがbitFlyerで、7年連続ハッキングゼロの実績あり

セキュリティを重視するなら、過去の実績を見る必要があります。

たとえば、bitFlyerであれば7年連続でハッキンゼロという実績がありますので、こうした暗号資産取引所はセキュリティ能力が高いといえるでしょう。

安心して仮想通貨取引を行いたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

仮想通貨取引所のセキュリティとは?

暗号資産取引所はどのようなセキュリティ対策をとっているのでしょうか。

代表的なセキュリティ対策についてまとめます。

仮想通貨取引所のセキュリティとは?
  • 通信の暗号化
  • 資産の分別管理
  • 二段階認証や二要素認証の徹底
  • 防衛プログラムの稼働

通信の暗号化

1つ目のセキュリティは、通信の暗号化をすることです。

暗号資産取引所の多くでは、個人情報や会社の情報を守るため暗号化された通信が用いられています。

次世代暗号システムであるSSL通信やSHA-256といったハッシュ関数がこれにあたります。

資産の分別管理とコールドウォレットの活用

2つ目のセキュリティは、資産の分別管理とコールドウォレットの活用です。

顧客資産と会社資産を分別し、顧客資産をコールドウォレットで管理します。

コールドウォレットは、インターネットから切り離されたウォレットのことで、ホットウォレットに比べるとハッキングリスクが低くなり安全性が向上します。

二要素認証や二段階認証の徹底

3つ目のセキュリティは、二要素認証や二段階認証の徹底です。

二要素認証とは、二つの要素を使ってログインなどについて認証する仕組みのことです。

たとえば、パスワードと画像から文字を読み取らせる方式の併用やパスワードと指紋認証(生体認証)の併用などが二要素認証にあたります。

二段階認証とは、ログインの際に2回にわたって認証を求める方式で、2種類のパスワードを入力させたり、IDとパスワードをそれぞれ入力させたりなどすることです。

二要素認証であれ、二段階認証であれ、認証を複数回行うことでセキュリティ能力を高めます。

防衛プログラムの稼働

4つ目のセキュリティは、防衛プログラムの稼働です。

外部からの不正なアタックを防ぐため、暗号資産取引所では常時防衛用のプログラムが作動しています。

代表的なものはファイアーウォールです。

こうしたセキュリティ対策をしっかり行っている暗号資産取引所の一つがbitFlyerで、7年連続ハッキングゼロの実績を持っています。

セキュリティ対策が万全な状態で仮想通貨取引を行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所のセキュリティの高さが重要な理由とは

暗号資産取引所のホームページでは、自社のセキュリティ能力の高さをアピールしていることが多いです。

なぜ、セキュリティの高さが重視されるのでしょうか。

仮想通貨取引所のセキュリティの高さが重要な理由とは
  • 顧客資産を守るため
  • 個人情報を守るため
  • 犯罪に利用されないため

顧客資産を守るため

1つ目の理由は、顧客資産を守るためです。

2014年:マウントゴックス470億円相当
2016年:ビットフィネックス65億円相当
2018年:Coincheck(コインチェック)580億円相当
2019年:アップビット53億円相当
2020年:KuCoin65億円相当
2021年:Liquid by Quoine100億円相当

仮想通貨にとって最大の脅威であるハッキングから顧客資産を守るためには高いセキュリティ能力を持たなければなりません。

ビットコインが暗号資産取引所から盗まれたマウントゴックス事件や暗号資産ネム(XEM)が奪われたCoincheck事件などのような被害を出さないため、暗号資産取引所はセキュリティを強化しています。

個人情報を守るため

2つ目の理由は、個人情報を守るためです。

暗号資産取引所には、取引開始時に顧客から集めた大量の個人情報がありますが、これらの情報が流出した場合、どのように悪用されるか想像がつきません。

流出した個人情報を悪用し、フィッシング詐欺や他の金融犯罪に利用される可能性があるため、個人情報保護は暗号資産取引所にとって最重要課題の一つと言えます。

個人情報流出を防ぐため、暗号資産取引所は厳重なセキュリティ構築を求められているのです。

犯罪に利用されないため

3つ目の理由は、犯罪に利用されないためです。

仮想通貨の問題点として、かねてからマネーロンダリングに利用されるのではないかと懸念されており、こうした犯罪の温床とならないよう、本人確認の徹底や資金移動に関する規制が必要です。

国内暗号資産取引所は、金融庁の指導に従いながら犯罪対策としてもセキュリティ強化に尽力しなければなりません。

暗号資産取引所では、セキュリティ強化のため様々な施策を実行しています。

たとえば、bitFlyerでは他社に先駆けてマルチ・シグネチャという仕組みを導入しセキュリティ能力を高めています。

仮想通貨を取引する際に、自分を保護するためにはセキュリティ能力が高いことが重要ですので、仮想通貨取引を始めようとしている方は、まずbitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

セキュリティが高い国内取引所

セキュリティが高い暗号資産取引所はどこでしょうか。

国内暗号資産取引所の中から、bitFlyer、DMM Bitcoin、LINE BITMAX、Coincheckを紹介します。

セキュリティが高い国内取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは2014年に設立された暗号資産取引所です。

最低取引金額が小さく、1円から暗号資産の売買ができるのがbitFlyerの長所です。

また、ビットコインに関しては6年連続で取扱量ナンバー1という実績を持っており、ビットコインの取引や顧客資産を守るためのセキュリティ体制に定評があります。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

少額から取引を行いたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:13種類
レバレッジ取引:20種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループに属する暗号資産取引所です。

DMM Bitcoinでは、会社資産と顧客資産を分離し、日証金信託銀行株式会社へ信託保全する仕組みを採用しています。

このため、万が一、DMM Bitcoinが破綻しても顧客資産は守られるようになっています。

詳しくはDMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXは、LINEのグループ企業であるLVC株式会社が運営する暗号資産取引所です。

LINE BITMAXは顧客資産を100%コールドウォレットで管理しているため、ハッキングリスクをかなり低くできます。

また、LINEアプリと連携しているため、LINE BITMAX用の専用アプリをダウンロードする必要がなく、スムーズに取引できます。

LINEを利用して簡単に取引を行いたい方は、LINE BITMAXの公式サイトをご確認ください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

Coincheck

コインチェック-top
名称Coincheck
暗号資産数17種類
最低取引金額0.005BTC以上 かつ 500円(相当額)以上
売買手数料販売所:無料
取引所:無料
※手数料相当額:0.1~5.0%
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料は顧客負担)
コンビニ入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
クイック入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckはマネックスグループ傘下の暗号資産取引所です。

2018年におきたCoincheck事件は広く報道され、仮想通貨の取引に大きな影響を与えました。

しかし、マネックスグループの傘下に入ってからは、マネックスが持つセキュリティ技術を導入し、セキュリティを抜本的に見直しました。

その結果、現在では完全に立ち直り、積極的に仮想通貨取引を拡大させています。

積極的な仮想通貨取引拡大が気になる方は、Coincheckの公式サイトをご確認ください。

上記以外の仮想通貨取引所が気になる方は、当サイトの仮想通貨取引所おすすめランキングをご覧ください。

仮想通貨取引を行う上で注意するポイント

仮想通貨取引を行ううえで注意すべきポイントは何でしょうか。

3点のポイントをまとめました。

仮想通貨取引を行う上で注意するポイント
  • セキュリティの高い取引所を選んで取引する
  • パスワードや暗証番号、秘密の質問の答えなどを外部に漏らさない
  • VPNなどを使い通信の安全性を高める

セキュリティの高い取引所を選んで取引する

1つ目のポイントは、セキュリティの高い取引所を選んで取引することです。

仮想通貨取引で最も大事なのは、不正アクセスにより自分の財産が他人に奪われないようにすることです。

悪意を持ったハッカーから見れば、暗号資産取引所は宝の山です。

折角、取引で利益を上げたとしても、暗号資産取引所がハッキングされ、暗号資産を奪われては目も当てられません。

こうした被害に遭わないためにも、セキュリティの高い取引所を選んで取引すべきでしょう。

パスワードや暗証番号、秘密の質問の答えなどを外部に漏らさない

2つ目のポイントは、パスワードや暗証番号、秘密の質問などを外部に漏らさないことです。

パスワードや暗証番号、秘密の質問などは仮想通貨の売買に必要な情報であり、これらが流出してしまうと保有する仮想通貨が盗まれてしまいます。

また、1111のような同じ数字の連続や自分の誕生日、所有している車のナンバーといった想像しやすいパスワードや暗証番号設定も改めるべきです。

VPNなどを使い通信の安全性を高める

3つ目のポイントは、VPNなどを使い通信の安全性を高めることです。

せっかく、セキュリティ能力が高い暗号資産取引所を選んだとしても、通信内容が第三者に見られてしまってはパスワードなどを盗まれてしまうかもしれません。

通信の秘密を守るにはVPNを利用するのが最も良い方法です。

VPNはインターネット上に自分だけの仮想空間を作り出し、情報を暗号化して送るため情報漏洩リスクをかなり低くできます。

とはいえ、取引の中心となる暗号資産取引所のセキュリティ能力が低ければ、大切な資産を失ってしまうかもしれません。

bitFlyerのようなハッキングゼロの実績を持つ暗号資産取引所のほうが安心して取引できます。

VPNを利用することによって被害に合わずに安心して取引を行うために、まずはbitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所のセキュリティに関するQ&A

暗号資産取引所のセキュリティについて、どのような質問があるのでしょうか。

質問を3点取り上げます。

仮想通貨取引所のセキュリティに関するQ&A
  • コールドウォレットとホットウォレットの違いは何ですか?
  • 自分でセキュリティを強化するにはどうすればいいですか?
  • セキュリティが甘かったせいで、どのような事故が発生しましたか?

コールドウォレットとホットウォレットの違いは何ですか?

ウォレットとは

コールドウォレットとは、インターネットから遮断されたウォレットのことで、厳重に管理されています。

インターネットにつながっているホットウォレットに比べ、安全性が高くハッキングリスクを大きく下げることができます。

実際、2021年におきたLiquid by Quoineの事件でも、Liquid by Quoine社のコールドウォレットは被害に遭っていません。

自分でセキュリティを強化するにはどうすればいいですか?

自分でセキュリティを強化するには、パスワードや暗証番号を複雑化するか、自分のパソコンにセキュリティソフトを入れるなどの対策が考えられます。

あるいは、VPNを入手し通信を暗号化・非可視化することもできます。

また、公共のWi-Fi(フリーWi-Fi)の使用を避けるといったことでもリスクを低減できます。

しかし、個人レベルでの対策には限界がありますので、セキュリティ能力が高い暗号資産取引所を探す方が良いかもしれません。

セキュリティが甘かったせいで、どのような事故が発生しましたか?

セキュリティが甘かったせいで発生した事故としては、ハッキングによる仮想通貨価格の不正操作やハッキングによる取引所の取引停止、仮想通貨の盗難といったものがあります。

なかでも、仮想通貨の盗難は取引所や投資家に大きな被害を与え、場合によっては暗号資産取引所の倒産につながりかねません。

そうならないためにも、セキュリティ能力が高い暗号資産取引所でアカウントを作成した方が良いといえます。

仮想通貨取引所のセキュリティのまとめ

今回は、仮想通貨取引所のセキュリティについてまとめました。

この記事のまとめ
  • 暗号資産取引所は仮想通貨の流出などに備えセキュリティ能力を高めている
  • セキュリティの代表は通信の暗号化や資産の分別管理、コールドウォレットの導入、二段階認証などの本人確認の徹底、防衛プログラムの稼働
  • 顧客資産や個人情報をハッキングから守るためセキュリティ能力を高めることが必要
  • 仮想通貨を取引するときは、セキュリティ能力が高い暗号資産取引所を選び、パスワードなどを漏らさず、VPNなどを使って通信の安全を確保したほうがリスクを減らせる
  • セキュリティが固い取引所の一つがbitFlyerで、7年連続ハッキングゼロの実績あり

仮想通貨取引をするときに重要視すべき事の一つが暗号資産取引所のセキュリティ能力です。

セキュリティには、通信の暗号化や資産の分別管理、コールドウォレットの導入、二段階認証による本人確認の徹底、防衛プログラムの稼働などがあります。

これらの対策をしっかり導入している暗号資産取引所を選ぶべきでしょう。

bitFlyerは7年連続ハッキングゼロという実績を持っていますが、その実績を生み出せたのは厳重なセキュリティがあってのことです。

安心して仮想通貨取引を行いたい方は、対策をしっかり行っていて、セキュリティ能力が高いと言われるbitFlyer公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる